産産・産学連携共同研究活動奨励事業

産産・産学連携共同研究活動奨励事業

令和2年度 産学官連携・技術開発支援事業 採択案件が決定しました!

協会では、民間事業者間(産産)及び民間事業者と研究・高等教育機関(産学)の連携活動のスタートアップ期を支援し、国県等の支援制度適用につなげることを目的として、協会が認定した産産・産学連携による研究会や実行委員会等に対し活動経費の一部助成や事務局運営の支援など様々なバックアップを実施してまいります。
また今年度は、新型コロナウイルスを乗り越えるための新たなビジネスモデルの構築や、市民生活の安心・安全の確保に向けた、新たな生活様式・ニューノーマルに対する調査・研究や検討、実証の取り組み等も対象と致します。

令和2年度は4件採択されましたのでお知らせします。

◆令和2年度採択案件一覧【採択件数:4件】

研 究 会 名
研 究 テ ー マ
実 施 内 容
1
いわきビジネスプランコンテスト実行委員会
 (いわきリエゾンオフィス企業組合)
いわきにおける次世代の産業群・企業群を生み出す種子を見つけ、起業家精神の喚起と育成、新規開業者や起業家(アントレプレナー)の輩出を目指す。 ビジネスプラン部門・ビジネスアイディア部門にてビジネスプランコンテストを開催し、市内の優れた起業家を表彰することで、更なる創業機運の醸成を図る。
2
長距離通信関連技術研究会
(マイナーズジャパン株式会社)
光ファイバー通信や省電力無線通信(LoRa,ELTRES)を利用した長距離安定通信について共同研究し、新技術、新製品の創造を目指す。 長距離通信の必要な風力発電所等をターゲットとし、ニーズを調査し問題解決を提案できるような技術、製品開発を図るべく継続的に共同研究できる体制を整える。
3
いわきバッテリーフェスタ<実行委員会
(一般社団法人いわきバッテリーバレー推進機構)
次世代エネルギー(再エネ・水素・蓄電)をメインとして産業の振興と人財の育成を図るイベント「いわきバッテリーバレーフェスタ」を開催する。 今回の「いわきバッテリーバレーフェスタ」では、低炭素社会構築のための再生可能エネルギーや水素エネルギー利用推進を、防災や災害対応の視点からみせるとともに、新たな技術やサービスを絡めて体験できる場をオンラインで提供する。
4
常磐もの未利用資源研究会
(合同会社はまから)
久之浜漁港で水揚げされる魚介類には、安価な鮮魚や値段がつかないまま捨てられる魚がたくさんある。それらの鮮魚に着目し付加価値をつけブランディング化を図ることで、鮮魚そのものの知名度を高め、ブランディングにつなげていく。 今回は、未利用資源として扱われる「カナガシラ」を中心とした鮮魚のブランディングを図る。商品としての試作品もそうだが、パンフレット等を作成し、魚の知名度を高め、ブランディングにつなげる。
①試作品の開発
②ラベル・パッケージ等の広報物の作成
③展示会、商談会等への出展

 


◆受付期間

令和2年8月17日(月)~ 令和2年9月18日(金)

◆対象者

3社(団体・個人含む)以上で構成される産産・産学の連携体であること。
また、申請主体(研究会代表者、実行委員会代表者)は当協会の企業・団体会員であること。


本事業は、当協会が認定した研究会や実行委員会等の活動を支援する事を目的としていることから、申請にあたっては、研究会の設置届(様式2)をご提出頂きます。なお、研究会の代表者は、当協会の企業会員である事が条件となります。

◆対象事業

令和2年度に実施する、産産・産学の連携による研究会や実行委員会等の活動に係る取り組みであり、且つ、本市の産業振興に資する取組みであること。 

◆対象経費

事業活動に係る取り組みに要した経費(人件費、報償費・旅費、開発費、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、委託料、使用料・賃借料、その他必要と認められる経費)

※消費税、地方消費税は対象経費に含まれません。

◆事業期間

交付決定通知後、実績報告書等の提出も含め令和3年2月28日(日)まで。

◆助成金額

定額20万円(予算総額80万円)

※助成金の交付は事業採択時に行い、事業完了時に精算を行います。

◆採択者の義務

・採択された研究会活動には、当協会の産学官連携コーディネーターまたは関係職員が参画します。
・当協会が主催する成果報告会及び催事等(展示会、マッチングイベント等)に参加いただきます。

◆事業実施にかかる支援

・本事業を実施するうえで、新たな連携先(人材・機関等)が必要となった場合、その橋渡しを支援します。
・本事業の課題等に対し、その解決に向けた専門家等を派遣します。(無料)

◆応募先、問い合わせ先

応募書類については、正本1部を直接持参もしくは郵送により、下記まで提出してください。併せて、電子媒体でもご提出頂きます(word形式、原則として電子メールでご提出ください)。なお、応募書類の内容等について、担当職員が問い合わせをする場合があります。また、お問い合わせは下記までメールにてお願いいたします。

※公募要領、応募書類(様式1、2)は、下記よりダウンロードしてください。

 公募要領【PDF】

【様式1】申請書(助成金交付申請書・実施計画書・収支計画書) 【WORD】

【様式2】研究会設置届 【WORD】 

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局

〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 E-mail:
icsn@iwaki-sangakukan.com

◆参 考

平成28年度 産産・産学連携共同研究活動奨励事業 採択案件一覧(PDF)



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.