メールマガジン

2020年11月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.24        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  『令和2年度 起業家チャレンジ応援事業に係るマッチング支援業務 集合研修
┃  「地域中小企業が推進するDXそのメリットと課題」』開催のご案内
┃ 
┃  主 催:福島県
┃  受 託:公益財団法人福島県産業振興センター
┃  運 営:福島県ベンチャー・SOHO・テレワーカー共働機構(うつくしまVST)
┃     公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(経営革新セミナー併催)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 新型コロナウイルス感染拡大後の新たな生活様式への対応に向けた様々な分野で
デジタル化が進んでいる中で、企業規模や産業分野を問わずDXの推進が急務となっ
ています。
 しかしながら、実際に地域の中小企業においてはDX自体の認知度が低く、そのメ
リットについても十分に理解できているとは言い難いのが現状です。
 そこで、今回はDXの理解とその具体的なメリットと課題について、実例をふまえ
ながら理解を深め、自社での事業や業務プロセスの改善を促進します。

※DX(デジタルトランスフォーメーション):
 企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、
 顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革すると共に、
 業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を
 確立すること。(経産省「DXガイドライン」より引用)

■日 時:令和2年12月16日(水)14:00~15:30※受付13:30~

■場 所:いわき産業創造館 企画展示ホール
     (いわき市平字田町120番地LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。

■対 象:地域中小企業、創業間もない事業者、支援機関関係者等

■定 員:30名程度
 ※新型コロナウイルス感染症対策として、来場時のマスク着用、手指アルコール
 消毒、検温を実施。
 ※また、申込みが多い場合には、別途Zoomミーティングによるオンライン配信も
 同時に行うことで、来場できない方の参加も可能とします。
     
■受講料:無 料 (※要事前申し込み)
         
■申込み方法:必要事項をご記入のうえ、E-mailまたはFAXにてお申し込み願います。

 ※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードできます。↓↓
 ○案内チラシ&申込書
 (PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/chirashi_DX.pdf
 ○申込書
 (WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/event/DX_m.docx

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2020/11/DX.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.77
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社タツミ工機

■キャッチフレーズ:油圧部分などミクロン精度の精密加工を短納期で制作

■会社の特徴
当社は株式会社小松製作所開発グル-プの油圧部品の試作品を製作して現在に
至っています。アクリル・アルミから浸炭材と扱う材料は幅広く、材料から
加工⇒焼入れ⇒研磨⇒ラップ仕上げと、油圧部品は内外径のミクロン仕上げの
正確な研磨が必要となり協力企業と連携してお届けしています。
穴加工はΦ0.1からの小径穴から対応可能です。
開発品なので製缶品・スプライン加工(M0.3~)・ホブやピニオンカッタでは
加工不可能なものはスロッタ加工やワイヤ加工また形彫放電などにて対応、
3次元CAD/CAMによる金型加工などあらゆる加工に対応させて頂いています。
高精度の加工を要求され対応してきた技術を生かせれば幸いです。
又テスト治具や製缶品からの加工・テストの水準品づくり・完成品からの追加工など
多機に対応させて頂いております。

■有限会社タツミ工機の連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 立見 洋一
電話番号:0246-43-6980  FAX:0246-43-6981
E-Mail:tatumiyouiti@dolphin.ocn.ne.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.24        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  いわきものづくり塾『デザイン思考による製品開発』開催のご案内
┃ 
┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会・福島県
┃  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本コースでは、「デザイン思考」を活用した新製品アイデア創出のプロセスを、
セミナーとワークショップ形式で皆さまと一緒に実践します。新商品開発や自社の
新サービスにお悩みの方は、この機会に是非ご参加ください。

■日 時:令和2年12月15日(火)14:00~17:00※受付13:30~

■場 所:いわき産業創造館 会議室1
     (いわき市平字田町120番地LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。

■対 象:いわき地域内の製造業に従事する方、
     「デザイン思考」を用いた新製品開発に興味がある方
     ※一般の方の受講も可能  

■定 員:15名
     
■受講料:無 料

■プログラム内容:
 ・デザイン思考による製品開発セミナー
 ・自社技術の整理とアイデア創出ワークショップ

■講 師:高橋 学 氏 (マナブデザイン株式会社 代表取締役) 

■講師からのメッセージ:
 「デザイン思考」、「自社技術の整理」、「ユーザーとの共感ポイント」等をセミ
 ナーとワークショップにより具体的なイメージにするプログラムです。
 自社技術を活かしながら、ユーザーに「欲しい」と思わせる新製品のアイデアを
 一緒に考えていきましょう。 
         
■申込み方法:必要事項をご記入のうえ、E-mailまたはFAXにてお申し込み願います。

 ※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードできます。↓↓
 ○案内チラシ&申込書
 (PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/design_chirashi.pdf
 ○申込書
 (WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/event/design_m.docx

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2020/11/design.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.76
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アド・プラン

■キャッチフレーズ:デザイン『力』が企業の成長を高めます。

■会社の特徴
企業のCI,VIから、ブランド・商品開発、マーケティング創出などの様々なシーン
で、デザイン『力』でもって課題を解決します。
また、地元情報誌「タウンマガジンいわき」を発行する会社でもあり、いわきに密着した
広告立案、そして、取材に基づく地元ならではのコンテンツ制作などで、ありとあらゆる
業種の販促をサポートしています。

■株式会社アド・プランの連絡先はこちらです↓
担当者:広告事業部 田邉
電話番号:0246-29-3154  FAX:0246-29-3151
E-Mail:info@ad-plan.co.jp
URL http://www.ad-plan.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.19   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  あなたの夢の実現に向けて、創業や新規事業展開をご支援します!
┃  12月「創業者・創業予定者向け 起業・経営相談会」のご案内
┃      
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 当協会では、いわき市内での起業・創業の促進を図ることを目的として、新事業
の創出を図ろうとする起業者等の育成や新たな事業分野の開拓を志す中小企業者等
を対象とした相談会を無料で開催しております。
 創業に関心がある方、創業を志す方へのアドバイスや、創業まもない起業家の
方々が事業を軌道にのせるための相談対応など、経験豊富な起業・経営のコンサル
タントが、あなたの疑問にお答え致します。
 是非お気軽にご相談にいらしてください。

<12月の相談日>
  1日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
  3日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)
  8日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 17日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)
 22日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)

○相談時間(お一人様 1時間程度)
 午 前/ 9:00~、10:00~、11:00~
 午 後/13:00~、14:00~、15:00~
 夜 間/16:00~、17:00~、18:00~(※)
 ※夜間は奥瀬氏のみ対応となります。

■相談員
○佐藤 直美(さとう なおみ)氏
 有限会社インキューブ 取締役社長
 中小企業診断士・ITコーディネータ
 (会社ホームページ http://in-cube.co.jp/ )

○奥瀬 円(おくせ まどか)氏
 HRM総合事務所 代表社員
 中小企業診断士・特定社会保険労務士

■対象者
・これから創業・起業をしようと考えている方
・すでに創業・起業の準備を始めている方
・創業・起業してから間もない方
・新規事業の立ち上げを考えている方
・経営課題を抱える中小企業者等の方
 ※創業10年以上の事業者の方には相談回数等に制約があります。

■対象分野
・創業・起業に必要な知識
・創業・起業にかかる準備や課題解決についてのアドバイス
・創業・起業のアイデアについてのアドバイス
・会社設立への想いを形にするビジネスプラン作成
・創業・起業に関する融資、助成金制度に関する相談
・ビジネスに関する各種相談(税務・経理、労務、販売促進など)
・中小企業者等の方が抱える経営課題解決のアドバイス
・新型コロナウイルス感染拡大による経営・資金繰り等の各種相談 等
 ※既に創業・起業されている方もご利用できます。
 ※創業10年以上の事業者の方もご利用いただく事が出来ますが、相談回数に制約が
    あります。以降の相談については、個別にコンサルタントとご契約いただくこと
    となりますので予めご了承願います。

■相談料:無 料

■相談方法
 下記の通り、通常の対面相談のほか、web会議システム(Zoom)での相談が可能です。
 1. 対面による対応
 2. Web会議システムによる対応
   事業者様で、事前にカメラ・マイクの利用可能な端末(PC、スマホ等)を
     ご準備ください。
   接続方法を別途メールにてご連絡致します。

■会 場:いわき産業創造館 創業者支援室内 マネージャー室(LATOV6F)

■申込方法
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局まで、E-mailまたはお電話にて
お問合せの上、所定申込書にてお申込みください。

※事前予約が必要となります。ご希望の時間等、事務局までお気軽にお問合せ下さい。

※所定申込書のダウンロード、及び詳細についてはこちらのホームページをご覧
 ください。↓

【申込書(Word)】
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/kigyo_keiei_2020_m.docx
【ホームページ】
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/04/kigyou.html

■お申込み・お問合せ先
 (公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局  
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.75
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:山幸電機株式会社

■キャッチフレーズ
プリント基板一枚から設計製作。早い!安い!高品質!

■会社の特徴
当社は、電子機器製造業で、主にプリント基板の設計から
電気試験機の設計製作をしております。
小ロット多品種を得意とし、実験・試作等、一台から製作いたします。
製品開発等の電気回路試作のお手伝いもさせて頂きます。
お気軽にご相談ください。
ISO9001・KES環境マネジメントシステム認証取得

■山幸電機株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:南日 賢次(なんにち けんじ)
電話番号:0246-56-0148
E-Mail:nannichi@sanko-dk.co.jp
URL http://www.sanko-dk.co.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.18         
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2020」開催のご案内
┃ 
┃  主 催:福島県

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆福島県からのお知らせです◆◇◇

 福島県では、11月27日(金)、28日(土)に郡山市ビッグパレットふくしま
で第6回目となる「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2020」を開催いたします。
 ロボット・航空宇宙フェスタは、全国の関連企業の皆様に、技術展示、出展者プレ
ゼン等を通じた技術・情報の発信、並びに商談・交流の場を提供する展示会です。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来場にあたっては、事前登録が必要です。
 また、講演や出展者プレゼンテーションは、オンライン配信も行いますので、ぜひ
ご視聴ください。
 ビジネスや新規開発に繋がる絶好の機会です!皆様のご来場やオンラインでのご視
聴を心よりお待ちしております。

■日 時:令和2年11月27日(金)10:00~17:00 ビジネス向け展示会
     令和2年11月28日(土)10:00~16:00   一般向け展示会

■場 所:ビッグパレットふくしま(福島県郡山市南二丁目52番地)
 【オンライン配信の実施】
 ・講演や出展者プレゼンテーションなどは、オンライン配信も行います。
  ・ご自宅や職場からでもご視聴いただけます。

■出展内容
・ロボット本体ならびにシステム
・ロボット要素技術
・関連素材・部材供給
・ロボット・ドローン関連サービス
・航空宇宙関連産業に関わる企業・大学等研究機関・団体等
 ※「withコロナ時代」にマッチする技術、商品の展示もございます

《ご来場には事前登録が必要です》
 ・フェスタHPの専用フォーム「事前登録はこちら」からお申し込みの上、ご来場
  ください。(事前申し込みのない方は入場できません。)
  
■お問合せ先
 フェスタふくしま事務局
 TEL:024-953-8014(受付時間:平日10時~17時)
 E-mail:festa-fukushima@r-fukushima.jp

※イベントスケジュールなど詳細はこちらをご覧ください↓↓
 ロボット・航空宇宙フェスタ公式HP
  URL:http://www.robotfesta-fukushima.jp/

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.74
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社品川通信計装サービス

■キャッチフレーズ
 メカ・電気/電子回路・ソフトウェア開発
 「設計から製造まで」

■事業内容:ODM製品の受託開発、医療系ソフトウェア開発

■主要製品
 医療現場で使用するプリンター、医療系ソフト
 ロボットを組み込んだ省力化自動機等
 工場向け生産設備データロギングソフト

■特徴
 弊社は、計測・通信・制御・機械・ソフトの5つの分野の設計開発技術者を有し、
レーザーカセットプリンタやスライドガラスプリンタ等の病院向けのプリンターや
人と協働できるアーム型ロボットを組み込んだ自動機、試作から量産までのシステム
開発をご提供いたします。

■連絡先
 担当者  営業部 田中 信也
 所在地  いわき市小名浜島字高田町44-7
      郡山市富久山町八山田申田2-4(郡山R&Dセンター)
 電話番号 0246-58-3334
 FAX  0246-58-3335
 E-Mail  info@sinagawa-tsushin.co.jp
  URL    http://www.sinagawa-tsushin.co.jp/  

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.10
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  11月「特許等無料相談会」のご案内
┃  (知財総合支援窓口運営事業/福島県発明協会)
┃ 
┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 当協会では、特許をはじめとする産業財産権の取得支援及び戦略的活用を図り、
高付加価値の製品・サービスを生み出し、活力ある地域経済の実現に寄与するため、
月1回弁理士による特許等の無料相談窓口を設置しております。是非、お気軽にご
活用下さい。

■相談日時:
 令和2年11月27日(金)(13時~、14時~、15時~)
 (相談時間は、1案件につき原則1回45分までとなります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関する相談
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 産学官交流室 または 中小企業支援室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:
【11月】児島 敦 氏(児島特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】機械/メカトロ/コンピューター関連/商標等

■相談方法
 下記の通り、通常の対面相談のほか、web会議システムやお電話での相談が
 可能です。
 1. 対面による対応
 2. お電話での対応 当日事業者様にお電話差し上げます。
 3. Web会議システム(skype)による対応
   事業者様で、事前にカメラ・マイクの利用可能な端末(PC、スマホ等)を
     ご準備ください。
   接続方法を別途メールにてご連絡致します。

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局
 へメール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
 ○案内チラシ&申込書(PDF)
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R2_tokkyo.pdf
 ○申込書(WORD)
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R2_tokkyo_m.doc
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

 ※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/04/tokkyo.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.73
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社テクノサンショウ

■キャッチフレーズ:「サンショウは小粒でもピリリと辛い」の精神で
技術に裏づけされた製品を提供いたします。

■会社の特徴:当社は、1990年の創立以来、OA機器、光通信の精密部品を生産。
近年は半導体装置 および、光学機器、医療機器などの分野にも製品を提供し、
また、精密機械加工のみではなく、協力工場との連携により、表面処理や組立まで
付加した形での製品を提供しています。

■有限会社テクノサンショウの連絡先はこちらです↓
担当者:山野邉 勝之
電話番号:0246-83-2625
E-Mail:k-yamanobe@t-sansho.com
URL http://www.t-sansho.com/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.08 
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  「第92回 いわき情報技術研究会」講演会開催のご案内

┃  主 催:NPO法人いわき情報技術研究会  
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆NPO法人いわき情報技術研究会からのお知らせです◆◇◇

 NPO法人いわき情報技術研究会では、ITを利用した人材育成や技術者育成に
関する講演会を開催します。皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:令和2年11月14日(土)(13:30~16:00)

■会 場:いわき産業創造館 IT研修室 および オンライン開催(Zoom)
     住所:福島県いわき市平字田町120番地 ラトブ 6F
     TEL:0246-21-7570
     URL:http://www.iwaki-sansoukan.com/

■内 容
〇講 演1
演 題:
『『コロナに負けるな! あなたもYouTuber(ユーチューバ―)を始めてみませんか?』』

講 師:
「いわき」謎の"見習いYouTuber" K4(ケイ・フォー)@顔出し/声出し無し系

概 要
 コロナ禍で給与ダウン/ボーナスカットなど収入が減少している中、新たな収入源
  を求めてYouTubeへの動画投稿を始める「YouTuber(ユーチューバー)」「Vlogger
 (ブロガー)」が「いわき市」でも増えています。
 反面「YouTubeを始めたいけどどうやっていいのかわからない」「難しそうだから私
 には無理だ」と思い、諦めてしまっている人のために"見習い"YouTuberの「K4
 (ケイ・フォー)」がどのようにYouTubeを始め今に至るのか、経験を踏まえてお教
  えしたいと思います。
 ・YouTube「K4_Channel」
 https://www.youtube.com/channel/UCHYrerSWDoD3DutsZSkfL3Q
 ・HomePage「人生苦もありゃ楽もあるさ」
 https://sites.google.com/view/k4homepage
 ・Twitter「るろうに K4(Samurai X風)」
 https://twitter.com/k4_n

〇講 演2
演 題:
『ネジセンシング・システムのご紹介』

講 師:
バックス情報システム株式会社 システム開発一部 第ニ課 課長 鈴木潤一様
 
概  要
 本システムは、ネジにセンサーを内蔵し、ネジの歪み、捻じれや経年劣化等を監視し
 て、ネジの破断検知、ネジの緩み具合を計測します。
 現在は、風力発電施設に使用するネジに適用し、風力タワーの倒壊防止やタワーのメ
 ンテナンス効率化に向け開発を行っています。
 その取組について説明させて頂きます。

〇ライトニングトーク
 話題はなんでもOKです(今考えていること、会社の広報、イベント広報、求人・求職
 など)。発表時間は5分で、多くても少なくてもいけません。PowerPointなどで資料
 を見せることが出来ます(PC持ち込みも可)。終わりには、研究会参加者が優秀賞を
 選定し、豪華(?)賞品が贈られます。
 発表したい方は、111日(水)までに、このアドレスか事前登録(connpass)のメッセー
 ジにてタイトルを知らせてください。奮っての参加をお願いします。

■受講料:無 料 (服装自由。私服OK)

■定員:会場15名、オンライン20名
 ※新型コロナウイルス感染予防ならびにオンライン開催の運営上、参加人数を制限
  します。

■申込方法
 今回は、会場での参加に加え、オンラインでも参加できるようにします。
 新型コロナウイルス感染予防ならびにオンライン開催の運営上、当日参加はお断
 りします。
 会場では密集を避けるために、事前登録(connpass)かメールにて申込みをした方
 に限定します。
 オンライン開催については、申込みがあった方にZoomの開催案内を送ります。
 ※登録はこちらから→  https://iitg.connpass.com/event/194145/

■懇親会
 通常月例研究会の後には、講師を囲んで懇親会を行っておりますが、新型コロナ
 ウイルス感染予防の観点で、自粛したいと思います。

■新型コロナウイルス感染予防
・密集を避けるため、会場は定員15名(収容率50%以下)に制限します。
・マスク着用、入室時の手指消毒をお願いします。
・体温37.5℃以上の方は、参加を見合わせてください。
・恒例のおやつは控えます。
・研究会開催中、定期的に換気をします。

■お問合せ先
NPO法人 いわき情報技術研究会
E-Mail:iwakiit@gmail.com
HomePage:https://sites.google.com/site/iwakiit/

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.72
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社ジョイント

■キャッチフレーズ:オフィスに関わることなら、すべてお任せください。

■会社の特徴:弊社は、いわきを中心に業種を問わず大手、中小、個人などで
150社を超える通常取引をおこなっており、OA機器やオフィス家具の販売や
システム開発まで、オフィスに関わるトータルな提案を行っております。
働き方改革、テレワーク、Web会議等々、事業のIT化が必要になってきており、
補助金を利用した導入のお手伝いも可能です。

■株式会社ジョイントの連絡先はこちらです↓
担当者:田村
電話番号:0246-22-3170
E-Mail:s.tamura@joint-net.jp
URL:http://www.joint-net.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.05
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  11月「知財専門家派遣相談会」のご案内
┃ 
┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 中小企業・個人事業主の皆様を対象として、知的財産を経営の中で活かして頂く
ため、当協会が保有する知財専門家が、直接企業を訪問しまして、知的財産に関す
る御用聞き相談会を実施しております。
 この機会に、是非とも、ご活用ください。

■日 時:令和2年11月19日(木) (13時~、14時~、15時~)
     (相談時間は、1案件につき原則45分までとなります。)

■相 談 料:無 料

■相 談 員:鈴木 俊二 氏(創成国際特許事務所 弁理士)

■相談分野
〇特許・実用新案等の出願準備に関する支援
 知財専門家が特許・実用新案等の出願準備に関する、アドバイスを行う。
〇商標・意匠等に関する支援
 ネーミング・マークの権利化などに関する支援。また、地域団体商標に関しても
 支援する。
〇海外展開を支援
 海外展開における戦略の策定や契約の際に必要な知財に関するアドバイスを行う。
〇幅広い相談に対応
 知財に関する相談 (補助金、技術支援、試作支援等)に関しての相談支援。

■相談方法
 お申し込みいただいた企業様、事業者様の工場、事務所等にお伺い致します。
 
 また、通常の派遣による対面相談のほか、web会議システムやお電話での相談が
 可能です。
 1. 通常の派遣による対応
 2. お電話での対応 当日事業者様にお電話差し上げます。
 3. Web会議システム(zoom)による対応
   事業者様で、事前にカメラ・マイクの利用可能な端末(PC、スマホ等)を
     ご準備ください。
   接続方法を別途メールにてご連絡致します。

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局へ
 メールまたはFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申し込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
 ○案内チラシ&申込書(PDF)
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R2_chizai.pdf
 ○申込書(WORD)
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/R2_chizai_m.docx
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

 ※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/04/tokkyo.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.71
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社 キャレック

■キャッチフレーズ: CAR を ECO に RECYCLE

■会社の特徴:自動車リサイクル工場
       自動車リサイクルパーツ販売(エンジン・ドア・タイヤetc)

<見積り・引取り・抹消書類手続き無料>
リサイクル工場 だ・か・ら の高価買取!!
廃車・事故車・スクラップ車・水没車・多走行車
輸出向け中古車買取り、バン、トラック、重機、フォークリフト、クレーン
機械工具、金属スクラップ等、見積もり無料

■株式会社 キャレック の連絡先はこちらです↓
担当者:渡邊 寛樹
電話番号:0246-47-1170
E-Mail:h.watanabe@carec.co.jp
URL:http://www.carec.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.05
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「上海レポート」でお馴染みの佐藤忠幸氏より
┃ 『今だから話せる佐藤のコラム』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「今だから話せる佐藤のコラム 第44号」(初めての海外生活44)をお届けいたします。

==========================================================================

横浜初めて物語と佐藤の中国生活14
                       10月21日     佐藤忠幸
 10月のコラムですから秋の話題から入るつもりでしたが、既に気候は初冬です。
何の話題から入ってよいのか戸惑います。
先週慌てて衣替えをし、奥から暖房器具を出して扇風機をしまいました。
何れも異例の速さです。
報道では12月上旬の気候とか、ですので富岡川せせらぎ緑道の花は全て散って寂しい限りです。
そうかと言ってもイチョウやモミジの紅葉はまだ先で、色づいているのは収穫漏れの柿やミカンだけです。
 ところで、最近の日本語の乱れは目を覆わんばかりです。
何語か分からないカタガナ用語が氾濫しているからです。
何故キチンと日本語に訳さないのか不思議です。
特にそれが顕著なのは役人と政治家です。
外来語を使っていると教養が高いと言われると勘違いしているのでしょうか。
単純に横着だからでしょうか。
 そこで今号の「横浜初めて物語」と中国生活で得たエピソードは、言語に関連した話題を送らせて頂きます。

【横浜で日本初の和英辞典】
 明治に開港して一挙に外国語が入ってきましたが、日本の学者など知識人はそれをそのまま使わず一般人でも分かるように翻訳し、日本語に無い新しい言葉は従来からある漢字を組み合わせ、新しい用語を産み出して分かり易く説明してくれました。
今とはえらい違いです。
例えば「人民」「共和」「民主」「右翼」「左翼」「自由」、など多数を新語として創ってくれました。
封建時代が長かった日本や中国にはそんな熟語が無かったからです。
アメリカの大統領選では共和党と民主党が激しく争っていますが、それも明治の学者がその日本語を作ってくれなかったら新聞記事の表現はどうなったのでしょうか?
 因みに、明治時代に日本へ留学していた中国人留学生がこれらの熟語を中国へ持ち帰って活用しています。
今の国名「中華人民共和国」も和製漢字から生まれたのですよ。
 
 外国語をしっかりと和訳し、正しい意味の日本語を創るためには外国語を正しく理解しなければなりません。
それに貢献したのがヘボン博士です。
ヘボン博士は安政6(1859)年にキリスト教宣教師として来日しました。
横浜に33年間暮らし、宣教師や医師、教育者として活躍し、聖書の翻訳と明治学院大学やフェリス女学院の創立にも貢献してくれました。
しかし、来日当時は江戸時代で宣教師としては活動できず、医師や教育者として活躍し夫人は英語塾も開いてくれました。
 そのなかで、患者などから日本語を学び、慶應3(1867)年我が国最初の本格的和英辞典「和英語林集成」を完成させ、日本には印刷所が無かったので上海で印刷して横浜とロンドンで出版しました。
その後、明治維新後に改訂し明治19(1886)年に第三版の改訂・増補版を出しており他の追従を許さない不動の辞書となっています。
もちろん英和辞典も含まれており外国人のみならず日本人学者にとっても欠かせないものとなりました。
和英辞典は、漢字とカタガナで表し、ローマ字で読み方を教え、英語で語訳し、用例と同義語も表す丁寧な辞典です。凄いことに、初版でも和英は2万語、英和は1万語集録です。
出版した当初、遠方に住む日本人が仲間から頼まれたと横浜来て30冊も買っていき、日本人の勉強熱心さに驚かれています。
 ところで、ヘボンというと「ヘボン式ローマ字」が有名ですがヘボンが発明したものではありません。
明治18年(1885)年に設立された日本の羅馬字(ろーまじ)会が編纂した(ヘボン式)ローマ字がなかなか使いやすい、出来が良いとして、ヘボン博士が明治19年出版の和英辞典第三版に活用したのが評判となってヘボン式ローマ字と言われるようになったそうです。

【富岡にもあるヘボンの碑】
 ヘボン博士は33年間横浜に在住しその間3回転居しており、それぞれに「ヘボン博士旧居跡」の記念碑があります。旧居記念碑が3ヶ所もあるのはヘボンだけのようです。
 しかし、数年前にも報告しましたが、我が金沢区富岡にもヘボン博士が推奨したと書かれた「海水浴発祥地の記念碑」という碑があります。
海水浴はイギリスに始まり、欧米諸国へ普及し、医学的な療養行為として医師が普及に一役買っています。元々別荘地として富岡を案内されたヘボンは富岡の風景と海の美しさに感動し、部下や学生を連れて度々通いました。そして医師として水温や成分から「汐湯治」に最適であると感じ、伊藤博文などに「夏に海に入っておくと冬に風邪をひかないからやってごらん」と勧めたことから流行ったそうです。
「汐湯治」は明治中頃から「海水浴」と呼ぶようになり、今につながっています。
京浜急行の開業時には、富岡に駅を作る予定は有りませんでした。
しかし、地元の人々からの「駅を作ってほしい」という強い要望があって、その交渉中に鉄道会社側から「駅を作るなら海水浴場を作ってくれ」との条件を出され、海水浴シーズンだけの富岡駅が駅が開業されたのです。
当時、富岡の青年団が中心になって、海岸にヨシズ張りの小屋が作られ、昭和6(1931)年に華々しく海開きが行われたほどです。
今は人口も増えて駅としては恥ずかしくない乗降客ですが、青年団は殆どありません。
老人団なら幾つもありますがね。
 2018年に近くの小学校にある富岡資料室を個人的に頼んで見学させていただきました。
昔の富岡は、別荘地の面影を残し学校行事として海水浴をした程の素晴らしい海岸と砂浜を持ち、更には沿岸で海苔の養殖が盛んだったことがよく分かりました。
しかし、昭和37(1962)年頃から始まった海岸埋め立てにより激変し、大工業団地と住宅団地が生まれたこともよく分かったものです。
 ヘボンが推奨した海岸の面影は全くなくなり、環境としては非常に残念だなと思います。
しかし、埋め立てて工業団地ができていなければ我がフューテック社もここに移転せず、私も現在地に家を建てなかったでしょう。複雑な気分です。

 なお、「ヘボン」のつづりは「Hepburn」で、あのオードリー・ヘップバーンと同じです。
当時の日本人はヘップバーンだと紹介されてもヘボンと聞こえたのでそのままヘボンとなってしまったのです
近年ではヘボンを「ヘップバーン」と表記することもあるらしいので、そのうち「ヘボン式ローマ字」ではなく「ヘップバーン式ローマ字」と呼ばれるようになるかもしれませんよ。


【中国の漢字】
 2003年からお世話になった四国ソーイングの上海各工場には日本で学んで日本語が堪能な中国人と、長い中国勤務などで中国語が達者な日本人が各工場に必ず居たので、外国語が苦手な私でも困ることはない様に思われました。
しかし、本当のコミュニケーションは言葉で理解するだけでなく心と心を通じ合えることが大切です。
過去の歴史や生活習慣が異なる異国では尚更それが重要です。
語学力の高い四国ソーイングではそれが欠け表面的なコミュニケーションに終わっていたように感じました。
そこで、通訳を通さない一対一の対話を試みましたがほとほと困りました。
時には会話能力を補うために筆談を交えますが、漢字国家の中国だからこそ筆談は難しいと思ったものです。

 まず一口に漢字と言っても中国の文字は日本とは大分異なります。
何しろ中国から日本へ伝わってもう千数百年も経っているのですからね。
 現在、中国本土で使われている漢字は「簡体字」と言われている文字です。
これは古くから中国で使われてきた漢字を簡略化したもので、1950年代から整理が進められており、日本人では読めない文字や意味が変わっている文字が相当あります。
 それに対するのが「繁体字」です。中国に古くから伝わる伝統ある文字です。
中国本土では、今はそれを習っていませんからもう外国語の存在です。
台湾や香港そしてマレーシア、シンガポールなどの東南アジアの一部は昔からの「繁体字」を使っています。
字画が多くて複雑ですが、日本の昔の漢字とほぼ同じですので日本人でも読めます。
実は中国でも簡体字導入以前、漢字を廃止しようとする文字改革がありました。20世紀初頭の清王朝の崩壊と列強による植民地化という国難の中で出現した漢字廃止論は、漢字を廃止しなければ教育を普及させることができないと、中国語のローマ字化やラテン文字化を主張するものだったといいます。
 国民党、共産党で政治的イデオロギーの対立となった文字改革は、後の文化大革命による混乱で終焉を迎えますが、その間には日本の仮名のような表音文字を取り入れるのはどうかといった議論も繰り広げられたとか。
今の簡体字はそのいきさつから生まれたのでしょう。
 同様な議論は日本でもありました。
漢字を廃止し、全てをローマ字にしようという運動です。
明治時代にもありましたが多くの人の反対からそれはつぶれ、第二次世界大戦後にもアメリカ軍からの指示でそうなりかけました。
しかし、よく調べたら日本人の識字率がアメリカよりも高く90%以上だということが分かって驚き漢字使用続行となり、ほっとしたものです。
 日本がローマ字国家となっていたら今はどうなったでしょうか?

【地方によって異なる中国語】
 中国で昔と漢字が異なるよりも問題なのは、省や地域による漢字や読み方・発音の違いです。
日本の方言などとは違って、国が異なると言ってもよいぐらい言語が異なるからです
上海へ赴任した当初にマレーシアで覚えた中国語を話したら皆に笑われました「佐藤は中国語が話せないのに【広東語】を使った」と。
蘇州市と上海市も僅かな距離でありながら、歴史が異なるため全く異なる言語でした。
地方小都市へ旅行に行くと通訳は北京語と現地語の2人付く時もあった程です。
 シンガポールで聞く中国語は圧倒的に広東語が多く、マレーシアで聞いた中国語は広東語もありましたが福建語や北京語・上海語・客家(ハッカ)語など中国全土の言葉がありました。
それだけ、広い範囲の中国全土から出稼ぎに(中には奴隷で売られて)来ていた国家なので、同じ中国系民族と言っても先祖の出身地が異なれば会話不能でした。
 余談ですが、マレーシア時代の私には中国語(英語もダメでしたが)は殆ど理解できませんでしたので当然地域別言語の区別はつきません。
しかし、漢字だけの中国語新聞だけは平気で読んでいました。
前述の「繁体字」で印刷されていたからです。
それを見た中国系マレー人が「佐藤は中国語が理解できないのに、何故俺たちが読めない中国語新聞を読めるの?」と驚いていました。
彼らの殆どが中国語は話せても読み書きは出来ないからです。
家庭で話しているから会話はできるが、学校では習っていないので読み書きは出来ないのです。
 因みに、マレーシアの公用語は当然マレー語ですが、ビジネス用語は英語です。
したがって、これらは公立学校でも学べますが、中国語やインド語は家庭で習うか特殊私立学校へ行かなければ学べません。複雑な国です。

 日本語を学んでいる外国人が、漢字の読み方が多様すぎると驚くことが話題になりました。
もし日本語がローマ字表記となっていたら、英語でのコミュニケーションは円滑になったかもしれませんが、読み方が多様な漢字や片仮名、平仮名を駆使するからこそ生まれる日本独自の考え方や文化、美的感覚は失われてしまったかもしれません。
 スマホやパソコンの普及で漢字離れは進んでいるとしても、漢字やそれを使うことで育まれた日本語によってできた日本文化と日本人の志しの高さ・豊かさは失いたくありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
TEL&FAX 045-771-1745 
MP 080-5467-4187
E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.04
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃  「ふくしまベストデザインコンペティション」のご案内

┃   主 催:福島県
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 県産品の風評を払拭するためには、既存の市場を取り戻すだけではなく、新しい
市場を開拓できる強い商品力が求められることから、県産品のパッケージデザイン
等の向上による商品力強化を目的に「パッケージデザイン」「ネーミング」「商品
企画」へのデザインの活用を図り、消費者への訴求力の高い商品を創出するため、
優れたデザインを表彰するコンテスト『ふくしまベストデザインコンペティション』
を実施します。

■対象商品:以下のいずれかに該当する商品を対象とします。
 (1)生産、製造または加工の最終段階を県内で行っている商品
 (2)主な原材料が福島県産であって、県外の事業者などにより製造された場合は、
 県内に主たる事業所を有する者が販売を行っている商品

■対象者:対象商品(1)の生産、製造または最終加工を行う事業者で原則として
 県内に主たる事業所を有する者、若しくは(2)の販売を行う事業者

■申込期間:令和2年12月4日(金)まで

■申込方法:別紙応募用紙を作成の上、申込期間内に郵送またはE-mailにてご提出
 ください。
 【応募提出】ふくしまベストデザインコンペティション事務局
                  ((株)トライビート 内)
 〒106-0032 東京都港区六本木3-16-26 ハリファックスビル2階
 E-mail:fbdcentry@fksmdesign.com

■お問合せ先
 ふくしまベストデザインコンペティション事務局
 TEL:024-531-1371 
 
※詳細については、以下のホームページをご覧ください↓↓
 https://fbdc.fksmdesign.com/

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.70
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社木紅木

■キャッチフレーズ:
 農の未来に大地の恵を~本物と健康を伝承する新農業時代の応援企業~

■会社の特徴:
 弊社では木酢液「木紅木キクノール」やキトサン液などを使用することで、
化学肥料や化学薬品に極力頼らずに栽培した"キクノール育ち"の美味しい野菜や
米、果物などをみなさまに販売しております。
 世界がオーガニックに向かう中、人にも環境にも優しい農法で元気な農作物を
育てることを重点とし、地球環境保全、食の安全と自給率向上を目指して、
揺るぎない理念のもと、農の未来と地域発展に貢献して参ります。

■有限会社木紅木の連絡先はこちらです↓
担当者 :代表取締役 菊地 祐実子
電話番号:0246-36-5016
E-Mail :kiku@kikumoku.co.jp
URL :http://www.kikumoku.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.04         
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 「令和2年度 風力発電関連 産学連携プロジェクト創出支援セミナー【第2回】」
┃  開催のご案内
┃ 
┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 福島県内では、福島イノベーションコースト構想に基づく風力発電拠点形成プロ
ジェクトなどにより、350機を超える陸上風力発電施設が建設され、年間100億円の
風車メンテナンス市場が誕生する予定です。
 このような中、風車製造のサプライチェーンへの参入については、サプライチェ
ーンが強固であり参入ハードルは高い一方で、産学連携においては、市内企業と大
学による産学連携プロジェクトが創出されており、風車についての一定のノウハウ
が蓄積されつつあります。
 そこで、ハードルが高い参入障壁を乗り越えるためには、産学連携プロジェクト
の創出による風車製造・メンテナンスのノウハウ蓄積が有効であることとともに、
企業の皆様が抱える課題等について、セミナー講師による個別の相談会を行います。
 是非、この機会を最大限に御活用ください!

■日 時:令和2年11月27日(金)(13:00~17:00)

■場 所:いわき産業創造館 企画展示ホール
     (いわき市平字田町120番地LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。

■講演会:13:00~15:00
1.演題:福島沖浮体式洋上風力発電の可能性について
   
 日本における大型風力発電設備の普及に伴い、いずれ設置場所の制約が出て来る。
一方、浮体式洋上風力は景観や騒音問題などから解放され、風況の良い洋上に設置
されるので設置の自由度が高くなる。
 <浮体式洋上風力発電の特徴は以下の通り>
 ・洋上風力発電の年間発電量は、陸上風力発電の2~3倍となる。
 ・福島から東京への送電線の有効活用。他の洋上風力先行地域にはない福島最大
  のメリットがある。
 ・日本での洋上風力発電の普及促進には国内にO&M拠点、部品供給基地、拠点港の
  整備等が必要不可欠であり、今後、大規模浮体式洋上ウインドファーム建設に
  向け、コストダウンを主眼とした技術開発が必要である。
 山積みする諸課題を産学官、協調して解決し、洋上風力発電で福島の持続的復興
に貢献したいと考えている。

 講師:福島大学 共生システム理工学類 再生可能エネルギー寄付講座
    特任教授 佐藤 義久 氏
 略歴:1976年株式会社東芝入社
    新エネルギー技術開発部長、電力品質部長、電力建設部長、電力技術管理
    部長を経て2003年3月退職
    2003年4月大同大学工学部電気電子工学科教授、2015年9月東京工業大学原
    子炉工学研究所特任教授
    2016年1月東京工業大学グローバル水素エネルギーユニット特任教授
    2017年より福島大学共生システム理工学類再生可能エネルギー寄附講座特
    任教授に着任し現在に至る。

2.演題:風車用落雷検出装置の普及と課題、風車雷害対策に係る産学共同研究の紹介

 風車は沿岸部や山の尾根など周辺に風を遮るような高構造物が少ない場所に建設
されるため,落雷の対象となりやすく,雷害対策は必須となっている。最近では,
風車への落雷によりブレードの一部が破損し,その後,風車が回り続けることにより
ブレードが大きく破損する事例も報告されており,落雷検出装置により風車への落雷
を速やかに検出するとともに風車を停止させ,点検後,再稼働する運用がなされてい
る事業者も多くなっている。
 本講演では,風車用落雷検出装置の重要性について説明するとともに,現状の課題
についても紹介する。
 その他,我々の研究室では風車の雷害対策をテーマに様々な研究を行っており,そ
の一部を紹介する。

 講師:中部大学 工学部 電気電子システム工学科 
    教授 山本 和男 氏
 略歴:奈良工業高等専門学校教員,神戸市立工業高等専門学校教員を経て,
    2012年4月より中部大学着任2019年4月 同大学工学研究科電気電子工学専攻
    教授となり現在に至る。
    ※1998年4月~1999年3月:Manitoba HVDC Research Centre(Canada)研究員,
     2011年4月~2012年3月:Electro Magnetic Applications社(USA)客員研究
     員を務める
    主な研究テーマ:風力,太陽光発電システム,鉄道システム,自動車,航空機
    の雷害対策。

■個別相談会:15:00~17:00
 企業の皆様の課題について、セミナー講師による個別の相談会を実施いたします。
 希望者多数の場合には別途ご連絡させて頂きます。(予約制)

■定 員:50名(先着順)
     
■受講料:無 料
         
■申込み方法:必要事項をご記入のうえ、E-mailまたはFAXにてお申し込み願います。

 ※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードできます。↓↓
 ○案内チラシ&申込書
 (PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/R2wind_02.pdf
 ○申込書
 (WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/event/R2wind_m_02.docx

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2020/11/wind.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.69
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アイディアイ

■キャッチフレーズ:独自の視点で新しいアイディアを形に!!

■会社の特徴:
創業40周年のノウハウを活かし、お客様の「必要」を形にし、ご満足頂ける製品を
提供致します。
各種組み込み機器/各種検査装置の仕様検討から、ハード設計、ソフト開発、
そして製作に至るまで様々な分野のお客様にお役に立てる会社です。

■株式会社アイディアイの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 稲川 学
電話番号:0246-43-4001
E-Mail:i-manabu@k-idi.co.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.02    
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『令和2年度 販路開拓助成事業』二次公募のご案内

┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆◇ 

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、新型コロナウイルス感染症の
影響により、市内の事業者の売上減少などの経営不安が広がる中、新たな日常・新
たな生活様式に対応した販路開拓に取り組む事業活動について必要経費の一部を助
成します。
 皆様からのご応募をお待ちしております。

■受付期間:令和2年11月2日(月)~令和2年11月20日(金)
      
■対象者:いわき地域を中心に事業を展開する民間事業者
 ※1年間での採択は1社あたり1件までとなります。

■対象事業
 下記、(1)又は(2)に該当する事業活動であること
(1)非接触型・非対面型による新たな日常・新たな生活様式に対応した販路開拓
   の取り組み
 (以下のような取り組み等を対象とする)
 ・非接触型・非対面型での販路開拓に係る取り組み、ビジネスモデルへの転換
 ・自社PRツール(電子媒体)等の制作 

(2)展示商談会への出展(オンラインも対象とする)
 (以下の条件を全て満たすこと))
 ・応募書類受付日の翌日から令和3年3月31日(水)までに開催されるもの。
 ・原則として公開され、来場が限定されない展示商談会で、自社製品・サービス
  等の販路拡大に資すると認められるもの。
 ・出展について他の自治体や公的機関から一切の補助・助成を受けていないこと。
 ・物産展など、即売を主目的とするものではないこと。
 ※公募開始後に開催される展示商談会が対象となります。
  (公募期間前に、出展申し込みが完了しているものも対象とします。)
 ※展示商談会の開催前に、必ず申請を行っていただきます。
 ※応募件数にかかわらず、審査会を経て助成対象案件を決定致します。

■対象経費
 販路開拓に取り組む事業活動に要する経費
 (出展料、社員以外の人件費、旅費、販促物製作費、通信運搬費、使用料・賃借料、
 システム等導入費、その他必要と認める経費)
 ※経費の支払は、令和3年3月31日(水)までに完了してください。

■助成率及び助成金額
 1件当たり20万円を限度とし、対象経費の2分の1以内の額とします。
 ※採択件数・助成金額は予算の範囲内において応募内容を考慮して決定します。
 ※助成金の交付は事業完了時に清算とします。採択時の申請額が上限となります。

■採択者の義務
 採択後から数年間は、商談成果等に関するアンケートのご協力をお願い致します。
 当協会が主催する成果報告会へのご参加をお願いする場合もございます。

■審査方法
 書類審査
 ※採点結果(点数)等、内容の一切について申請者本人を含め公表致しません。

■応募方法
 ・申請書を正本一部、及び電子媒体により一部提出してください
  (電子媒体はWord形式で原則として電子メール等で提出してください。)
 ・応募書類は直接持参もしくは郵送により下記応募先まで提出してください。

■応募先・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局(担当:長瀬、横山、柴田)
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

 ※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/08/hanro.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.68
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:東北ネヂ製造株式会社

■キャッチフレーズ:
太平洋を望むこの街から、世界水準の品質を発信し続けます。

■会社の特徴:
弊社はボルト製造販売を行う会社です。
常磐炭鉱のトロッコのレールを止めるボルト類の製造会社から始まり、厳しい品質
管理、LOWコストの中で成長してきました。現在はビス、小ネジなど通常の一般
ネジを大量に在庫している他、JRのレールを止めるボルトを中心とした特殊ネジ・
金属部品を生産しています。
熱間鍛造とは高温に加熱した鉄をプレス機で打ちのばして形づくり、ねばり強さを
与える技術です。
勤続20年を超える熟練工から若い従業員が一丸となってこの分野での日本一を
目指して取り組んでいます。一般ネジ類については約1万種類の在庫を持ち即納入、
即対応を基本としてお客様の役に立てる取組をしています。

■東北ネヂ製造株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:総務部 米倉健太
電話番号:0246-56-4751
E-Mail: k.yonekura@touhokunedi.com

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.11.02         
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「FAAVO磐城国『企業・ひと・技』応援ファンド」新規プロジェクトの
┃  お知らせ
┃ 
┃  主 催:いわき市
┃     いわき商工会議所
┃     いわき信用組合(FAAVO磐城国エリアオーナー)
┃     公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<事業承継や技術承継、ウィズコロナ時代の新たなビジネスモデル構築に前向きに
 取り組む事業者様を応援します!>

 本ファンドは、独自の技術や伝統の技、地域に寄り添うサービスを「次世代」へ
継承している事業者や、ウィズコロナ時代を見据えた、新たなビジネスモデルの構
築に尽力されている事業者への支援を目的としています。

"誇れる いわき"を次世代につなぐため、何卒、ファンドへのご支援・ご協力く
ださいますよう、宜しくお願い致します。

■現在公開中のプロジェクト一覧↓↓ ※今後、プロジェクトが順次公開予定。

1)事業者名 :株式会社かねまん本舗
  コンセプト:かまぼこ屋が始める「場づくり」
  関連ページ:https://camp-fire.jp/projects/view/330847

2)事業者名 :ヤナイコーヒー商会
  コンセプト:新たな価値に出会えるコーヒーショップを
  関連ページ:https://camp-fire.jp/projects/view/330860

※詳細はこちらをご覧ください↓↓
 https://camp-fire.jp/faavo/partner_page/faavoiwakinokuni

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.67
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社日本海水小名浜工場

■キャッチフレーズ
人と海をつなぎ、食と健康、そして人々のよりよい生活に貢献します!!

■会社の特徴:
当社では、技術と英知、長い歴史と伝統を生かし、常に皆様の視点に立ち、安全で、
安心な「塩」を提供しております。また、主に排煙脱硫用途に御使用頂いている
「水酸化マグネシウム」や、水の高度処理化に最適な「リードエフ(READ-F)」
(フッ素、ヒ素、ホウ素等に対して高い選択性を有する吸着剤)の製造をしております。
リードエフは、「2005年に愛知万博にて『愛・地球賞』を受賞、2006年から国連工業
開発機関のバングラディッシュにおける飲料水中のヒ素除去プロジェクトにも採用され、
安全な飲料水確保にも成果をあげています。

■株式会社日本海水小名浜工場の連絡先はこちらです↓
担当者:鵜沼 光岳
電話番号:0246-54-2161
E-Mail:unuma@nihonkaisui.co.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.