メールマガジン

2020年8月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.29
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「上海レポート」でお馴染みの佐藤忠幸氏より
┃ 『今だから話せる佐藤のコラム』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「今だから話せる佐藤のコラム 第42号」(初めての海外生活42)をお届けいたします。

==========================================================================

横浜初めて物語と佐藤の中国生活12
                        8月25日     佐藤忠幸
 新型コロナの終息前に猛暑が到来し熱中症の死亡者がコロナ患者を超えているとか。
天然自然の営みがますます狂ってきましたね。
 思い返すと私が子供の頃の我が家は扇風機がありませんでした。
先日姉に聞いたら、寝る時は窓を開放し蚊帳の中でうちわで扇ぎながら寝るのが何処の家でも一般的だったよと言っていました。
エアコンどころか扇風機でも夢の時代でしたそれでも熱中症なんて聞いたことがありません。
貧乏だったということもあるでしょうが、当時と気温が全然違います。
 私でさえもエアコンが無い時代に育ったのですから、先輩方には電力節約以前の問題でエアコンを避けている方もいます。
そういう方には気候と時代背景が変わったことを説いて聞かせなければ使ってくれませんよ。

 富岡川せせらぎ緑道では、サルスベリ(百日紅)が見事に咲き誇っています。
しかし、この暑さのなかで見ていると余計に暑苦しく感じます。
昔はそうは思わなかったのですが何か変ですね。これも気候の違いでしょうか。
 我が家のサルスベリは植えてから30年以上経ちました。
その為か周りの地面から脇芽が出てどんどん株が増えます。20年ほど前にいくつかの株を分けて裏山に植えたり知り合いにあげたりしました、どれも花が咲きませんでした。
ところが今年は根元から出た脇芽にも見事な花を付け足元を華やかにしてくれています。
脇芽がこれほど花を付けたのは初めてかもしれず嬉しくなりました。
 ところが裏山に株分けした樹はもう3mを超し、大人の樹木になっているのですが、昨年まで殆ど花が咲きません。
今年咲かなければ切り倒そうと思っていたら今年はちょこっと咲きました。
ちょこっという意味は花の期間が普通は数か月あるのに裏山の花は2週間ぐらいしか咲きませんでした。切り倒されないようにという自己防衛で形だけ花を付けたのかなと思い、もう少し様子を見ることとしましたが、不思議な木です。

今号は「横浜初めて物語」と中国生活で得たエピソードを送らせていただきます。

【我が国最初のアイスクリーム】
 猛暑の今に欲しいものの代表はアイスクリームですね。
そのアイスクリームを日本で最初に製造・販売されたのが横浜です。
日本人で初めて製造したのは、1860(万延元年)年に日米修好通商条約の最終確認のため徳川幕府が咸臨丸で派遣した使節団メンバーの町田房蔵です。
日本人で初めてアイスクリームを口にしたのは、この万延遣米使節だといわれています。
米国でアイスクリームを口にした使節団メンバーの柳川当清は航海日記に次のように書いています。
「珍しきもの有氷を色々に染め物の形ちを作是を出す味は至てあまく口中に入るゝにたちまち解けて誠に美味なり是をアイスクリンと云」。
 町田房蔵は、その後アイスクリームの研究をして、1869(明治2)年に横浜の馬車道通りに開いた「氷水屋」で販売した「あいすくりん」が日本人による初めてのアイスクリーム製造販売です。
そのお店跡の近くには「アイスクリーム発祥の地」として「太陽の母子像」(本郷新作)銅像が立っています。

 町田房蔵の横浜でのアイスクリーム販売は、前記の様に「日本人としてのアイスクリームの事始め」です。
日本最初のアイスクリーム販売は1865(慶應元年)年の横浜外人居留地のアイス・クリーム・サロンです。
開国で米国から日本にやってきたサーカス興行主リチャード・リズリー・カーライルが中国.天津や米国ボストンから氷を輸入し、アイス・クリーム・サロンを開いたのです。
カーライルは西欧式サーカスを日本で最初に興行した人として有名ですが、サーカスは横浜での興業が許可されないため氷や水の販売に転じた訳です。

ところで、町田房蔵の「氷水屋」は、初年度は大赤字でした。
何しろ小さなガラスの器に一盛りで金二分(今の貨幣価値で約1万円)というべら棒な値段でしたから評判にはなったものの皆物珍しそうに見るだけです。
しかし、町田房蔵は懲りずに翌年の横浜.伊勢山皇大神宮の大祭で茶店を出店。そこでアイスクリンを販売したところ、予想外の大盛況でした。
これをきっかけに、また氷の原価低減が功をそうして横浜の街に「氷水店」が急増しました。
 おかげで町田房蔵は「アイスクリームの父」と言われています。

【アイスクリームの生命.氷】
 当時の「アイスクリ」ンの原料は、もちろん氷が主体であり、それに生乳・砂糖・卵黄で味付けされており現在の「カスタードアイス」に近いものと言われています。
その原料の中で最も必要であり最も入手困難だったのは氷です。
町田房蔵のアイスクリンは、中川嘉兵衛が切り出しに成功した函館氷を使ってやっと出来ました。
 愛知県岡崎市出身の中川嘉兵衛は、初代英国公使・オールコックのもとでコック見習いとして働くうちに、西洋の食文化の普及、流行を予感し、牛肉と牛乳の販売店を開業ました。
さらに函館氷の国内での供給に成功し、清国、韓国、シンガポール、インドなどへの輸出にも着手しています。
しかし、函館での採氷前には、富士山麓、信州諏訪湖、日光山中、奥州釜石、青森県堤川とあちらこちらで採氷を試みたが何れも失敗。さらに北上して北海道の函館に渡り採氷池を設けたがこれも失敗しています。
 1868(明治元)年、事業家・後の動物学者の英国人ブラキストンの忠告により英国人ジョージを雇い入れ、函館五稜郭の外壕で初めて天然氷約500トンの採氷に成功しました。
五稜郭の外壕の水は水質が極めて清冽で運搬にも便利であり「龍紋氷」というブランドでやっと日本一の氷となったのです。
しかし、開削費や京浜地方への運賃、外国商社との販売競争、暖冬、大風などの自然条件による被害で企業的には厳しい状態でしたが開拓使の資金援助をとりつけ、米国から伐氷機を購入し品質の向上を計り、ついに外国商社に勝てるようになったのです。

 1879(明治12)年には、日本初の製氷工場は横浜山手で、米国人のアルバート・ウォートルスによって機械製氷会社「ジャパン・アイス・カンパニー」が設立されています。
元町・中華街駅近くの谷戸坂入口に「機械製氷発祥の地」の碑が立っています。

 この頃からアイスクリームも、庶民の食べ物とは言えないまでも一般国民でも何とか手が出る存在となったのです。

 冒頭に記したように、町田房蔵の「氷水屋」付近(馬車道)に「太陽の母子像」がアイスクリーム発祥記念として作られています。1976(昭和51)年11月、日本アイスクリーム協会が寄贈したものです。
 その像が、色っぽい母娘のヌード像なのでどうしてかなと思ったら、アイスクリームの原料のミルクから、母乳で子供を育む母をイメージして制作されたものだそうですが、それにしても色っぽ過ぎるかなと下らぬ心配をしています。
 なお、日本アイスクリーム協会は、町田房蔵が店を開いた5月9日を「アイスクリームの日」と定めていますが、町田房蔵のアイスクリーム販売は明治2年6月(新暦だと7月)のため、「アイスクリームの日」とは直接関係はありません。これはどうなっているのかなー。
どうもつまらんことが気になる今日この頃です。困ったことです。


【中国人はソフトに金を使わなかった】
 前号にて2000年頃に中国の子会社でパソコンを次々に買い増ししたことを書きましたが、その時代のソフトについて報告いたします。
 日本のパソコンは、当時はソフトとセットで売っていましたが、当時の中国はハードとソフトは別々に売っていました。ハードを注文すると「ソフトはどうしますか?」と聞かれます。
それは単なる形式的なもので、答えの大部分は当然の様にソフトは無料の偽物を頼み、ハード販売業者にインストールしてもらっていました。
 個人のパソコンならいざ知らず、業務用に偽物を使うことには心配ですし、ソフトに投資しないことは私の性分として気に入らないため、全部正規ソフトを入れようとして中国人幹部に猛反対されました。
その調整のために、幹部との話し合いに随分時間がかかったことを思い出します。
結局、間をとって半分は偽物、半分は本物としました。
自分としては不満でしたが、中国人幹部も、無料で済むものを何で高い金をつぎ込むのかと、不満だったようです。
 後に、知り合いの中国人大学教授に「何故中国はソフトに金をつかわないのか?」と聞いたところ
「先進国の日本がソフト代を払うのは当然でしょう。発展途上国の貧乏な中国がハンディキャップとして無料ソフトを使うのは致し方のないことだよ」とのお答えでした。
そして、更に「中国が何年後かに先進国の仲間入りをしたらソフト代を払うのは当然です」とのことです。
 ほぼ先進国入りし世界第二位の経済大国の今の中国は、
 キチンとソフト代を払っているのでしょうか?
 偽物ソフトは市場から消えているのでしょうか?
 そう言えば、当時の上海や蘇州では屋台でDVDソフトを沢山売っており、日本の映画も随分売っていました。
 恥ずかしながら、私も買いましたが表に並べているDVDは1,500円以上のものばかりです。
「もっと安いのは無いの?」と聞くと、売り台の下からこれなら150円だよと必ず出してくれます。
勿論、偽物DVDですが、画質はそれほど悪くありませんのでもっぱらそればかり買いました。
中国人に、10倍もする本物を誰が買うのかと聞いたところ「誰も買わないよ、高いものを表に並べているのは警察対策だよ」とのことでした。
 ちなみに、警官も自宅で見るのは全て偽物だそうです。
 今はどうなっているのかなー。

【偽物DVDには2種類あり】
 偽物ソフトはどうやって作るのかは素人の私には分かりませんが、映画やドラマのDVDの偽物の作り方は何となく分かりました。なお、2000年当時はDVDではなくVCDでしたが、それもDVDに含めます。
 最も多い偽物は、古い映画やドラマなら日本で発売されたDVDを数枚買って、それをコピーし中国語の字幕を入れたものです。コピーされたDVDに新たに作った目次を貼り付けてケースに入れれば中国語のオリジナルDVDのようになります。
黒澤明や小津安二郎全集など日本で買えば数万円のものが数千円で買えました。
もちろん単発の映画なら数百円です。

 日本でまだDVDが発売されてない新しい映画はどうするか?
これは映画館で映画を撮影しそれをDVDに編集します。
だから少々高くなりますが、日本でさえも見られない映画を、中国の自宅で見られるなんてすごいことですね。
その典型が、2003年に上映された「ビートたけしの座頭市」でした。
これは東京で初上映されたその月に上海でもDVDが出たので喜んで買ったものです。
でも、時々映画館で鑑賞している観客が画面の下の方に映っていておかしいというか面白かったことを覚えています。

 今の中国ではパソコンソフトも含めて偽物はどうなっていますかねー。
 ITノウハウ全てに関して厳しく監視・管理されている中国ですから、当然偽物も追放されてることを期待してやみません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
TEL&FAX 045-771-1745 MP 080-5467-4187
E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.28
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  9月「弁護士無料相談会」のご案内
┃  (知財総合支援窓口運営事業/福島県発明協会)
┃ 
┃   主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 ~専門コンサルタントが貴方の事業化をサポートします!~
 
 当協会では、特許や商標をはじめとした知的財産に関する契約、訴訟、取引など、
事業に関連した課題の解決をはかるために、弁護士の無料相談窓口を設置しており
ます。知財を専門分野とする弁護士が、自社製品の模倣品が出回った際の対策、侵
害警告を受けた場合の対応、知的財産を巡る訴訟、権利活用上の留意点等の知的財
産に関する問題について無料でご相談に応じます。是非、お気軽にご相談下さい。
(個人的な案件や、過払い金、原発補償等はご遠慮ください)。

■相談日時:令和2年9月18日(金)(13時~、14時~、15時~)
      (相談時間は、1案件につき原則1回45分までとなります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関する知財に係る法務等の相談
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 産学官交流室 または 中小企業支援室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:湊 一将(みなと かずゆき)氏(湊法律事務所 弁護士)
      ~プロフィール~
        磐城高校卒業後、明治大学法学部入学
       平成18年10月 弁護士登録
        平成20年 2月 湊法律事務所開設
        〔ホームページ〕http://www.minato-law.com/

■相談方法
 また、通常の派遣による対面相談のほか、web会議システムやお電話での相談が
 可能です。
 1. 対面による対応
 2. お電話での対応 当日事業者様にお電話差し上げます。
 3. Web会議システム(zoom)による対応
   事業者様で、事前にカメラ・マイクの利用可能な端末(PC、スマホ等)を
     ご準備ください。
   接続方法を別途メールにてご連絡致します。

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局
 へメール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
 ○案内チラシ&申込書(PDF)
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R2_lawyer.pdf
 ○申込書(WORD)
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R2_lawyer_m.doc

■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会 事務局 
 〒970-8026いわき市平字田町120番地LATOV6階
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/04/lawyer.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.49
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:マイナーズジャパン株式会社

■キャッチフレーズ:
  コネクタ製造経験 30 年!かゆい所に手の届く生産技術を提供します。

■会社の特徴
当社は、主にコネクタやリレー等の電子部品を組立する自動機械や治工具を設計・
製造、またコネクタやケーブルアッセンブリ加工もしています。最近ではコネクタ
が超小型になってきており、コネクタ組立用自動機なくしてコネクタの製造は出来
ません。
当社ではコネクタ組立用自動機をお客様の用途に合わせ設計を行い、コネクタの
試作から量産までの生産技術を提供しています。

■マイナーズジャパン株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:事業本部長  古泉 孝
電話番号:0246-26-2350  FAX:0246-26-2358
E-Mail:koizumitk@minors.co.jp
URL:http://www.minors.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃ LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL : 0246-21-7570 FAX : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.28     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃    
┃  「福島県中小企業等外国出願支援事業」第2回公募のご案内

┃   主 催:公益財団法人福島県産業振興センター

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆公益財団法人福島県産業振興センターからのお知らせです◆◇◇

 公益財団法人福島県産業振興センターでは、福島県内の中小企業者等のみなさま
が、外国への特許等(特許、実用新案、意匠、商標(冒認対策商標含む))を出願
する際に係る費用の一部を助成することで、外国への戦略的な産業財産権の活用を
促進することを目的とする事業を行います。

■募集期間
  令和2年8月31日(月)~10月2日(金)午後5時まで(必着)

■支援対象企業等:福島県内に本社等を有する中小企業者等又はそのグループ
※事業協同組合、商工会、商工会議所、NPO法人において、地域団体商標の出願を
行う場合には、本事業の対象となります。

■支援対象となる内容
 既に日本国特許庁に出願済みの特許権・実用新案権・意匠権・商標権(冒認対策
商標含む)の外国出願に係る費用

■事業実施期間
  交付決定後から令和3年2月26日(金)まで

■補助率
 事業実施期間内に出願及び経費支払の事実が認められた出願経費(助成対象経費)
の2分の1以内
  
■1出願当たりの上限額
 特許は上限150万円
 実用新案、意匠、商標は上限60万円
 ただし、冒認対策商標の場合は上限30万円
 ※1企業当たりの上限額は300万円

※詳細は下記ホームページをご参照ください。↓
 http://fukushima-techno.com/

■お申込み・お問い合わせ先
 公益財団法人福島県産業振興センター 技術支援部 技術振興課(担当:長尾)
 〒963-0215 郡山市待池台1-12(福島県ハイテクプラザ内)
 TEL:024-959-1951  FAX:024-959-1889
 E-mail:f-tech@f-open.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.48
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社タツミ工機

■キャッチフレーズ:油圧部分などミクロン精度の精密加工を短納期で制作

■会社の特徴
当社は株式会社小松製作所開発グル-プの油圧部品の試作品を製作して現在に
至っています。アクリル・アルミから浸炭材と扱う材料は幅広く、材料から
加工⇒焼入れ⇒研磨⇒ラップ仕上げと、油圧部品は内外径のミクロン仕上げの
正確な研磨が必要となり協力企業と連携してお届けしています。
穴加工はΦ0.1からの小径穴から対応可能です。
開発品なので製缶品・スプライン加工(M0.3~)・ホブやピニオンカッタでは
加工不可能なものはスロッタ加工やワイヤ加工また形彫放電などにて対応、
3次元CAD/CAMによる金型加工などあらゆる加工に対応させて頂いています。
高精度の加工を要求され対応してきた技術を生かせれば幸いです。
又テスト治具や製缶品からの加工・テストの水準品づくり・完成品からの追加工など
多機に対応させて頂いております。

■有限会社タツミ工機の連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 立見 洋一
電話番号:0246-43-6980  FAX:0246-43-6981
E-Mail:tatumiyouiti@dolphin.ocn.ne.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.24
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃ 『起業・創業支援事業「Fukushima Tech Create」
┃   ビジネスアイデア事業化プログラム』参加者二次募集のご案内

┃   主 催:株式会社クリーク・アンド・リバー社
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆◆株式会社クリーク・アンド・リバー社からのお知らせです◆◆◇◇

 公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構が実施するFukushima
Tech Createの「ビジネスアイデア事業化プログラム」の参加者二次募集が開始い
たしました。
 福島県の浜通りで実施するビジネスアイデア・技術シーズをお持ちの、全国の起
業および個人を対象としたプログラムで、事業化のための(1)ワークショップ
(2)伴走型個別メンタリング(3)ピッチイベントを提供いたします。
 新たなビジネスのアイデアや技術を活かしたい企業や個人の方で、「福島の復興
・再生に貢献したい」「福島で起業/新規事業をしたい」「福島のシーズや資源を
利用したい」などといったご希望をお持ちの方におすすめです。
 ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

■Fukushima Tech Createとは
 福島県浜通り地域等15市町村において「起業・創業」を目指す企業や個人等を支
 援する3つの事業から構成されています。専門家による支援プログラムに加え、
 実現に向けた助成金、行政機関、金融機関、大学等のサポーターによる支援から
 なるものです。
 https://www.fipo.or.jp/ftc

■3つの支援プログラム
(1)ビジネスアイデア事業化プログラム
(2)地域未来実現プログラム
(3)アクセラレーションプログラム

■ビジネスアイデア事業化プログラムとは
 福島イノベ地域において、重点6分野で起業や事業化等の新たなチャレンジを志
 向する企業や個人等を、福島を中心とした東北地域や首都圏を中心とした東北地
 域以外から募集し、「起業・創業」へ向けた支援を実施します。

■重点6分野
(1)廃炉
(2)ロボット・ドローン
(3)エネルギー・環境・リサイクル
(4)農林水産業
(5)医療関連
(6)航空宇宙

■福島イノベ地域とは
 福島県の浜通り地域等に位置するいわき市、相馬市、田村市、南相馬市、
 川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、
 葛尾村、新地町および飯舘村の15市町村のこと。

■福島イノベーション・コースト構想推進機構とは
 東日本大震災および原子力災害等により産業基盤が失われた福島県浜通り地域等
 の復興及び再生を目的に構想された国家プロジェクト「福島イノベーション・コ
 ースト構想」推進する中核的な機関として、2017年に福島県によって設立された
 公益財団法人です。
 https://www.fipo.or.jp/

■二次募集期間
 令和2年8月18日(火)~9月7日(月)

■プログラム実施期間
 令和2年9月下旬~令和3年1月末(予定)

■本プログラム委託企業(主催)
 株式会社クリーク・アンド・リバー社
 
▼オンライン説明会の様子
 https://youtu.be/LvQJJ0XcVEE

▼「ビジネス事業化プログラム」の詳細・お申し込み
 https://seeds-commercialize.jp/
 
【本プログラムに関するお問い合わせ】
 担当者:株式会社クリーク・アンド・リバー社
     「Fukushima Tech Create」ビジネスアイデア事業化プログラム 担当
 連絡先:seadas@hq.cri.co.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.47
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アド・プラン

■キャッチフレーズ:デザイン『力』が企業の成長を高めます。

■会社の特徴
企業のCI,VIから、ブランド・商品開発、マーケティング創出などの様々な
シーンで、デザイン『力』でもって課題を解決します。
また、地元情報誌「タウンマガジンいわき」を発行する会社でもあり、いわきに
密着した広告立案、そして、取材に基づく地元ならではのコンテンツ制作などで、
ありとあらゆる業種の販促をサポートしています。

■株式会社アド・プランの連絡先はこちらです↓
担当者:広告事業部 田邉
電話番号:0246-29-3154  FAX:0246-29-3151
E-Mail:info@ad-plan.co.jp
URL http://www.ad-plan.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.20
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  経営に関する課題やお悩み事は、私たち専門家にお任せ下さい!
┃  「震災復興支援アドバイザー制度」による無料相談窓口開設のお知らせ

┃  主 催:独立行政法人中小企業基盤整備機構
┃      公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆独立行政法人中小企業基盤整備機構、
   公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 東日本大震災で被災された中小企業者や自治体、支援機関の方々に対して、復興
に向けた様々な経営課題の解決に向けたアドバイスを行うため、専門家による無料
相談窓口を開設致します。
 この機会に実務経験豊富なアドバイザーをご活用下さい!!

■開催日程
 <9月の開催日> 
   2日(水)13:00 ~ 16:00(相談員:柳沼 氏)
  16日(水)13:00 ~ 16:00(相談員:齋藤 氏)

■相談時間:50分/回
 ※各相談日とも3回【13:00~、14:00~、15:00~】

■相談員
 各専門家のプロフィールにつきましては、下記リンク先又は案内チラシをご覧下さい。

■会 場:いわき産業創造館 中小企業支援室
    (いわき市平字田町120番地LATOV6階)

■費 用:無 料

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

※詳細・お申込みはこちらをご覧下さい。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/04/smrj-ad.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.46
└───────────────────────────────────
 
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:山幸電機株式会社

■キャッチフレーズ
プリント基板一枚から設計製作。早い!安い!高品質!

■会社の特徴
当社は、電子機器製造業で、主にプリント基板の設計から
電気試験機の設計製作をしております。
小ロット多品種を得意とし、実験・試作等、一台から製作いたします。
製品開発等の電気回路試作のお手伝いもさせて頂きます。
お気軽にご相談ください。
ISO9001・KES環境マネジメントシステム認証取得

■山幸電機株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:南日 賢次(なんにち けんじ)
電話番号:0246-56-0148
E-Mail:nannichi@sanko-dk.co.jp
URL http://www.sanko-dk.co.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃ LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL : 0246-21-7570 FAX : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.19
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  8月「特許等無料相談会」のご案内
┃  (知財総合支援窓口運営事業/福島県発明協会)
┃ 
┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 当協会では、特許をはじめとする産業財産権の取得支援及び戦略的活用を図り、
高付加価値の製品・サービスを生み出し、活力ある地域経済の実現に寄与するため、
月1回弁理士による特許等の無料相談窓口を設置しております。是非、お気軽にご
活用下さい。

■相談日時:
 令和2年8月28日(金)(13時~、14時~、15時~)
 (相談時間は、1案件につき原則1回45分までとなります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関する相談
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 産学官交流室 または 中小企業支援室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:
【8月】片寄 恭三 氏(片寄特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】半導体/コンピューター(ハード)/電子回路

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局
 へメール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
 ○案内チラシ&申込書(PDF)
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R2_tokkyo_ver3.0.pdf
 ○申込書(WORD)
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R2_tokkyo_mver3.0.doc
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

 ※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/04/tokkyo.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.45
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社品川通信計装サービス

■キャッチフレーズ
 メカ・電気/電子回路・ソフトウェア開発
 「設計から製造まで」

■事業内容:ODM製品の受託開発、医療系ソフトウェア開発

■主要製品
 医療現場で使用するプリンター、医療系ソフト
 ロボットを組み込んだ省力化自動機等
 工場向け生産設備データロギングソフト

■特徴
 弊社は、計測・通信・制御・機械・ソフトの5つの分野の設計開発技術者を有し、
レーザーカセットプリンタやスライドガラスプリンタ等の病院向けのプリンターや
人と協働できるアーム型ロボットを組み込んだ自動機、試作から量産までのシステム
開発をご提供いたします。

■連絡先
 担当者  営業部 田中 信也
 所在地  いわき市小名浜島字高田町44-7
      郡山市富久山町八山田申田2-4(郡山R&Dセンター)
 電話番号 0246-58-3334
 FAX  0246-58-3335
 E-Mail  info@sinagawa-tsushin.co.jp
 URL    http://www.sinagawa-tsushin.co.jp/  

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.19
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  9月「知財専門家派遣相談会」のご案内
┃ 
┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 中小企業・個人事業主の皆様を対象として、知的財産を経営の中で活かして頂く
ため、当協会が保有する知財専門家が、直接企業を訪問しまして、知的財産に関す
る御用聞き相談会を実施しております。
 この機会に、是非とも、ご活用ください。

■日 時:令和2年9月17日(木) (13時~、14時~、15時~)
     (相談時間は、1案件につき原則45分までとなります。)

■相 談 料:無 料

■相 談 員:鈴木 俊二 氏(創成国際特許事務所 弁理士)

■相談分野
〇特許・実用新案等の出願準備に関する支援
 知財専門家が特許・実用新案等の出願準備に関する、アドバイスを行う。
〇商標・意匠等に関する支援
 ネーミング・マークの権利化などに関する支援。また、地域団体商標に関しても
 支援する。
〇海外展開を支援
 海外展開における戦略の策定や契約の際に必要な知財に関するアドバイスを行う。
〇幅広い相談に対応
 知財に関する相談 (補助金、技術支援、試作支援等)に関しての相談支援。

■相談方法
 お申し込みいただいた企業様、事業者様の工場、事務所等にお伺い致します。
 
 また、通常の派遣による対面相談のほか、web会議システムやお電話での相談が
 可能です。
 1. 通常の派遣による対応
 2. お電話での対応 当日事業者様にお電話差し上げます。
 3. Web会議システム(zoom)による対応
   事業者様で、事前にカメラ・マイクの利用可能な端末(PC、スマホ等)を
     ご準備ください。
   接続方法を別途メールにてご連絡致します。

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局へ
 メールまたはFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申し込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
 ○案内チラシ&申込書(PDF)
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R2_chizai.ver2.pdf
 ○申込書(WORD)
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/R2_chizai_m.ver2.docx
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

 ※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/04/tokkyo.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.44
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社テクノサンショウ

■キャッチフレーズ:「サンショウは小粒でもピリリと辛い」の精神で技術に
裏づけされた製品を提供いたします。

■会社の特徴:当社は、1990年の創立以来、OA機器、光通信の精密部品を生産。
近年は半導体装置および、光学機器、医療機器などの分野にも製品を提供し、
また、精密機械加工のみではなく、協力工場との連携により、表面処理や組立まで
付加した形での製品を提供しています。

■有限会社テクノサンショウの連絡先はこちらです↓
担当者:山野邉 勝之
電話番号:0246-83-2625
E-Mail:k-yamanobe@t-sansho.com
URL:http://www.t-sansho.com/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.18    
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『令和2年度 販路開拓助成事業』公募のご案内

┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆◇ 

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、新型コロナウイルス感染症の
影響により、市内の事業者の売上減少などの経営不安が広がる中、新たな日常・新
たな生活様式に対応した販路開拓に取り組む事業活動について必要経費の一部を助
成します。
 皆様からのご応募をお待ちしております。

■受付期間:令和2年8月17日(月)~令和2年9月18日(金)
      
■対象者:いわき地域を中心に事業を展開する民間事業者
 ※1年間での採択は1社あたり1件までとなります。

■対象事業
 下記、(1)又は(2)に該当する事業活動であること
(1)非接触型・非対面型による新たな日常・新たな生活様式に対応した販路開拓
   の取り組み
 (以下のような取り組み等を対象とする)
 ・非接触型・非対面型での販路開拓に係る取り組み、ビジネスモデルへの転換
 ・自社PRツール(電子媒体)等の制作 

(2)展示商談会への出展(オンラインも対象とする)
 (以下の条件を全て満たすこと))
 ・応募書類受付日の翌日から令和3年3月31日(水)までに開催されるもの。
 ・原則として公開され、来場が限定されない展示商談会で、自社製品・サービス
  等の販路拡大に資すると認められるもの。
 ・出展について他の自治体や公的機関から一切の補助・助成を受けていないこと。
 ・物産展など、即売を主目的とするものではないこと。
 ※公募開始後に開催される展示商談会が対象となります。
  (公募期間前に、出展申し込みが完了しているものも対象とします。)
 ※展示商談会の開催前に、必ず申請を行っていただきます。
 ※応募件数にかかわらず、審査会を経て助成対象案件を決定致します。

■対象経費
 販路開拓に取り組む事業活動に要する経費
 (出展料、社員以外の人件費、旅費、販促物製作費、通信運搬費、使用料・賃借料、
 システム等導入費、その他必要と認める経費)
 ※経費の支払は、令和3年3月31日(水)までに完了してください。

■助成率及び助成金額
 1件当たり20万円を限度とし、対象経費の2分の1以内の額とします。
 ※採択件数・助成金額は予算の範囲内において応募内容を考慮して決定します。
 ※助成金の交付は事業完了時に清算とします。採択時の申請額が上限となります。

■採択者の義務
 採択後から数年間は、商談成果等に関するアンケートのご協力をお願い致します。
 当協会が主催する成果報告会へのご参加をお願いする場合もございます。

■審査方法
 書類審査
 ※採点結果(点数)等、内容の一切について申請者本人を含め公表致しません。

■応募方法
 ・申請書を正本一部、及び電子媒体により一部提出してください
  (電子媒体はWord形式で原則として電子メール等で提出してください。)
 ・応募書類は直接持参もしくは郵送により下記応募先まで提出してください。

■応募先・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局(担当:長瀬、横山、柴田)
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

 ※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/08/hanro.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.43
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社ジョイント

■キャッチフレーズ:オフィスに関わることなら、すべてお任せください。

■会社の特徴:弊社は、いわきを中心に業種を問わず大手、中小、個人などで
150社を超える通常取引をおこなっており、OA機器やオフィス家具の販売や
システム開発まで、オフィスに関わるトータルな提案を行っております。
働き方改革、テレワーク、Web会議等々、事業のIT化が必要になってきており、
補助金を利用した導入のお手伝いも可能です。

■株式会社ジョイントの連絡先はこちらです↓
担当者:田村
電話番号:0246-22-3170
E-Mail:s.tamura@joint-net.jp
URL:http://www.joint-net.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.18          
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  いわき知財塾『知的財産管理技能検定3級対策講座』開催のご案内
┃  
┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
┃  共 催:特許業務法人創成国際特許事務所 福島事務所、いわき市

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 当協会では、知的財産に関わるフィールドで幅広く活躍できる専門人材を福島発
で養成することを目的に「いわき知財塾」を開催致します。
 本講座では令和2年11月14日(土)に開催予定の「知的財産管理技能検定3級」に
向けた対策講座となります。
 尚、今年度は【会場受講】【Web配信(ウェビナー)】による同時開催致します。
 この機会に是非お申込みください。

■日時・プログラム:(全4回)18:00~20:30

(1)令和2年 9月17日(木)
  【第1回】特許法(特許法の目的・保護対象・権利化、権利行使、存続期間等)

(2)令和2年10月1日(木)
  【第2回】商標法(ブランドの保護)

(3)令和2年10月15日(木)
  【第3回】著作権法(特許法との相違点)
  
(4)令和2年10月29日(木)
  【第4回】意匠法(デザインの保護)
       不正競争防止法
       その他

■講 師:創成国際特許事務所 弁理士/鈴木 俊二 氏
     創成国際特許事務所 弁理士/破魔 沙織 氏
     青和特許法律事務所 弁理士/齋藤 学  氏
     福田特許事務所   弁理士/高橋 克宗 氏
    
■場 所:いわき産業創造館 セミナー室
     (いわき市平字田町120番地LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
          ※初回9月17日(木)のみ会議室1使用

■定 員:15名(先着順)
     【会場受講】又は【Web配信】※受講形式をお選び頂けます。
     
■受講料:当協会 会員・学生:無料
     当協会 非会員:会場受講/10,000円
             Web配信/ 5,000円
 ※「会員」については、当協会の企業会員の所属員及び個人会員を対象とします。
 ※テキスト代込みの受講料となります。

■受講料支払い方法
(1)Web配信をご希望の方:銀行振込
(2)会場受講をご希望の方:現金支払

■申込み方法
 所定申込書に必要事項をご記入の上、FAX又はメールにて下記申込み先へお申
 込みください。

■申込期限:令和2年9月4日(金)迄

■Web配信の視聴について
 視聴方法など詳細については、受講申込み後、メールにてご案内致します。

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/08/Chizai.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.42
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社 キャレック

■キャッチフレーズ: CAR を ECO に RECYCLE

■会社の特徴:自動車リサイクル工場
       自動車リサイクルパーツ販売(エンジン・ドア・タイヤetc)

<見積り・引取り・抹消書類手続き無料>
リサイクル工場 だ・か・ら の高価買取!!
廃車・事故車・スクラップ車・水没車・多走行車
輸出向け中古車買取り、バン、トラック、重機、フォークリフト、クレーン
機械工具、金属スクラップ等、見積もり無料

■株式会社 キャレック の連絡先はこちらです↓
担当者:渡邊 寛樹
電話番号:0246-47-1170
E-Mail:h.watanabe@carec.co.jp
URL:http://www.carec.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.17
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃ 『令和2年度 産産・産学連携共同研究活動奨励事業』公募のご案内

┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会 
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆◇ 

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、民間事業者間(産産)及び民
間事業者と研究・高等教育機関(産学)の連携活動のスタートアップ期を支援し、
国県等の支援制度適用につなげることを目的として、協会が認定した産産・産学連
携による研究会や実行委員会等に対し活動経費の一部助成や事務局運営の支援など
様々なバックアップを実施してまいります。
 また今年度は、新型コロナウイルスを乗り越えるための新たなビジネスモデルの
構築や、市民生活の安心・安全の確保に向けた、新たな生活様式・ニューノーマル
に対する調査・研究や検討、実証の取り組み等も対象と致します。
 皆様からの沢山のご応募をお待ちしております。
 
■受付期間:令和2年8月17日(月)から令和2年9月18日(金)

■対象者
 3社(団体・個人含む)以上で構成される産産・産学の連携体であること。
 また、申請主体(研究会代表者)は当協会の企業会員であること。

※本事業は、当協会が認定した研究会の活動を支援する事を目的としていることから、
申請にあたっては、研究会の設置届(様式2)をご提出頂きます。
なお、研究会の代表者は、当協会の企業会員である事が条件となります。

■対象事業
 令和2年度に実施する、産産・産学の連携による研究会活動に係る取り組み
     
■事業期間
 交付決定日から実績報告書等の提出も含め令和3年2月28日(日)まで。
 
■助成金額
 定額20万円(予算総額80万円)
 ※助成金の交付は事業採択時に行い、事業完了時に精算を行います。
            
■応募方法
・申請書を正本一部、及び電子媒体により一部提出してください。
 (電子媒体はWord形式で原則として電子メールで提出してください)
・応募書類は直接持参もしくは郵送により下記応募先まで提出してください。
 
■応募先及び問い合わせ先
(応募先)〒970-8026 いわき市平字田町120番地
    LATOV6階 いわき産業創造館内
    公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局(担当:長瀬、横山、柴田)
(問い合わせ先)FAX若しくはメールで問い合わせてください。
    FAX:0246-21-7571  E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

※公募要領・申請書はこちらからダウンロードしてください。↓
【公募要領】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R02_sansanyouryou.pdf
【様式1】申請書類一式 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R02_sansanshinseisyo.doc
【様式2】研究会設置届 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/R02_sansankenkyukaitodoke.doc

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/08/sansansangaku.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.41
└───────────────────────────────────
このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社木紅木

■キャッチフレーズ:
 農の未来に大地の恵を~本物と健康を伝承する新農業時代の応援企業~

■会社の特徴:
 弊社では木酢液「木紅木キクノール」やキトサン液などを使用することで、
化学肥料や化学薬品に極力頼らずに栽培した"キクノール育ち"の美味しい野菜や
米、果物などをみなさまに販売しております。
 世界がオーガニックに向かう中、人にも環境にも優しい農法で元気な農作物を
育てることを重点とし、地球環境保全、食の安全と自給率向上を目指して、
揺るぎない理念のもと、農の未来と地域発展に貢献して参ります。

■有限会社木紅木の連絡先はこちらです↓
担当者 :代表取締役 菊地 祐実子
電話番号:0246-36-5016
E-Mail :kiku@kikumoku.co.jp
URL :http://www.kikumoku.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.17   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃  「2020 福島県×MARELLI 自動車関連技術オンライン商談会」のご案内

┃   主 催:福島県輸送用機械関連産業協議会
┃  (事務局:福島県、福島県産業振興センター)
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆◆福島県輸送用機械関連産業協議会からのお知らせです◆◆◇◇

 このたび、福島県輸送用機械関連産業協議会では、「2020 福島県×MARELLI 自動
車関連技術オンライン商談会」を開催いたします。
 この商談会は、福島県内の企業が有する特徴ある技術を提案することにより、マレ
リ株式会社への新規参入や取引拡大など、協力関係の構築を目指すものです。
 この機会にぜひ、ご参加ください。

■日程:令和2年8月17日(月)~令和2年10月16日(金)までの期間内に
    面談日を設定して実施

■実施方法:Web会議システムを利用したオンライン面談

■お問い合わせ先
 福島県輸送用機械関連産業協議会事務局
 (公財)福島県産業振興センター 取引支援課
 TEL:024-525-4077 FAX:024-525-4079  
 
※詳細はこちらをご覧ください↓
 https://www.utsukushima.net/news.html?id=78

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.40
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アイディアイ

■キャッチフレーズ:独自の視点で新しいアイディアを形に!!

■会社の特徴:
創業40周年のノウハウを活かし、お客様の「必要」を形にし、ご満足頂ける製品を
提供致します。
各種組み込み機器/各種検査装置の仕様検討から、ハード設計、ソフト開発、そして
製作に至るまで様々な分野のお客様にお役に立てる会社です。

■株式会社アイディアイの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 稲川 学
電話番号:0246-43-4001
E-Mail:i-manabu@k-idi.co.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.10
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「上海レポート」でお馴染みの佐藤忠幸氏より
┃ 『今だから話せる佐藤のコラム』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「今だから話せる佐藤のコラム 第41号」(初めての海外生活41)をお届けいたします。

==========================================================================

横浜初めて物語と佐藤の中国生活11
                        7月27日     佐藤忠幸
 もうじき8月というのに梅雨は未だ開けず家内も洗濯物に困っています。
 しかし、洗濯物なんてのんびりしたことを言える横浜市金沢区は幸せです。
豪雨や雷雨によって堤防決壊、崖崩れ.など水害被害が全国的となってきました。
何處も「想定外」の災害ばかりで恐ろしいことですが、これも人間が気温・水温を高めてしまったことが原因のようです。
気温・水温を高めてしまい、昔と常識が変わっていることはその道の知識人ならご承知のはず。
それなのにお役所はいつまで「想定外」とか「何十年ぶり」の災害と言うのか理解できません。

 富岡川せせらぎ緑道では今を盛りとムクゲ(木槿)が咲き誇っています。
残念ながら、我が家のムクゲは剪定時期を間違えてしまい、今年は咲きそうにもありません。
私は秋の花と記憶違いをしたため3月に剪定してしまったのです。
初夏から初秋に咲く花木ですので剪定は冬の間にしなければダメでした。
 この花は、横浜では少ないものの私の生まれ育った愛知県東部には非常に多く咲いていました。
もっとも、50~60年前の日本なら何処にでも咲いていたのかもしれません。
その後の半世紀にもっときれいで育てやすい木が数多く輸入され、育てられ庭木の種類が変わってきたのでしょう。

  今号は「横浜初めて物語」と中国生活で得たエピソードを送らせていただきます。

【国によって味が違うビール】
 以前報告しましたように、私は1990年代の9年間にマレーシアで暮らし、2000年代の16年間中国の上海と蘇州で暮らしました。
 外国での生活の楽しみは何と言ってもお酒です。
お酒が美味ければ料理も美味くなり、食べるものの種類も増えます。
そして仲間も増えます。しかし、体重も増えて困りました。
 お酒と言っても非常に種類がありますが、その中で主流はビールでした。
そのビールにも色々あり、自分の好みのビールを見付けるまでに随分時間とお金がかかりました。
 余談ですが、マレーシアではビールを自国生産はしてなく全て輸入品です。
えーっと、驚く方も居られますが多民族国家のマレーシアでは宗教的・年齢的に酒類を飲める人は数百万人しかいなかったと思いますから自国生産では採算が難しかったのでしょう。
 そういう訳で、マレーシア時代は世界中からの輸入ビールを味わったものです。
一年中夏の気候と少々辛めのマレー料理に合うビールの銘柄は徐々に定まってきました。
何処の国のビールかは忘れましたが多分ヨーロッパです。
 中国時代も同じです。さすが中国は大国ですから自国生産のビールは沢山あります。
その中でも有名なのは青島(チンタオ)ビールです。
昔の宴会は紹興酒や白酒などが主流だったそうですが、私が最初に赴任した2000年当時の宴会の主流は既にビールでした。
そのためか、中国のビール総消費量は、2003年から世界1位を続けており、2位のアメリカと比べても2倍ほど消費しています。その勢いに引っ張られるかのように、アジア全体のビール消費量も増え続けています。
また、中国はビールの生産量も世界一です。
 しかし、私は中国のビールをそれほど美味しいとは思いませんでした。
私には、中国料理には合わなかった様な気がします。そうかといっても、日本のビールは高いのでヨーロッパのビールを飲んでいました。
 外国赴任前の日本では、キリンかアサヒ.サッポロしか飲んでいません。
しかし、あれば必ずキリンを選んでいました。
もちろんその3社の中にも色々な種類がありましたが昔はそれ程なくて選択は簡単でした。
単純に「キリン1本!」だけで済みましたからね。

【日本でのビール製造発祥地、横浜】
 さてそのキリンの工場はあちらこちらにあるようですが、キリンの発祥地は横浜です。
日本で最も古いビール会社の発祥地が横浜ということはビール製造発祥地も横浜でしょう。
 今のキリン横浜工場は横浜市鶴見区生麦(そう!あの生麦事件の生麦)で、何となくビール生産に向いているような地名ですが、ここは発祥地ではありません。
 そもそも、日本のビールはアメリカ人やドイツ人によって醸造開始されました。その中心が1869(明治2)年ごろに、アメリカ人ウィリアム・コープランドが、横浜山手の湧水の出る天沼(あまぬま)という池の近く(現在の北方小学校付近)に建てられた醸造所です。
ここで試験的に醸造をはじめ、この醸造所がそのまま1870(明治3)年ごろに「スプリングバレー・ブルワリー」として開業したのが日本のビール醸造発祥というわけです。
 奇しくも今年はそこから150年記念という訳です。

 前号まで横浜が近代的な上下水道の発祥地と記しましたがやはり水には縁があるようです。
当時ビール醸造所は幾つか作られ吸収合併を繰り返した挙句、コープランドの醸造所が残りました。
それは天沼でビール醸造に適した硬水の湧水を発見したことが大きな要因だったようです。
その湧水跡地は山手の北方小学校の校庭にあり「ビール井戸跡」の記念碑があります。
その後、経営破綻により、経営者が変わり、三井財閥の岩崎弥之助などの支援を受けドイツの技術と装置の導入により生まれ変わったのが今のキリンビールという訳で、時に1888(明治21)年、その商品名が「キリンビール」です。
 北方小学校のすぐ南側にある「キリン園公園」には大きな「ビール産業発祥」の碑が立っています。

 この工場は相当大きく発展したようで戦前に近くを通っていた京浜急行には「キリンビール前駅」という名前が付けられていたぐらいです。
しかし、1944(昭和19)年に、ビールは贅沢品であるという理由で「キリン駅」に改称させられた挙句、まもなく営業休止そのまま戦後すぐに廃駅となってしまいました。
 そして戦後に新工場が生麦に作られ今に至っています。工場の外塀にはその歴史が詳しく書かれており、道行く人の注目を今でも集めています。また工場見学もさせてくれるので申し込んでは如何?


【中国IT事情・・・中国ではPCを強制的に持たせた】
 私が最初に中国の上海子会社T社に赴任したのは2000年です。
今から20年も前のことですので、日本と違って大きく変化しており全く時代が違います。
それを意識してお読みいただければ幸いです。
何しろ、数カ月上海から離れただけで物凄い変化を実感したものです。

 T社の当時の従業員数は100名にも足らない小さな会社です。
しかし、将来は大会社にするつもりでしたので組織だけは大きく管理監督者も十数名いました。
他に会計や営業などの事務員も数名いましたがパソコンは(日本人も含めて)全部で5台ぐらいしかなく、デジタル化など「夢のまた夢」状態でした。
 管理監督者十数名と書きましたが、管理者と言える者は私の前任社長以外はゼロでした。
そのため、新たに管理者およびその候補者を5名(総務兼経理、営業、製造、品質管理、生産管理)採用し、その全員に否応なくパソコンを持たせました。班長クラスの監督者にも順次持たせあっと言う間に10数台に増やしました。
私は、言葉の問題もあって、パソコンの使い方は教えられませんが活用方法は徹底的に教えて随分感謝されたものです。
 ある課長は、「私はそんなものは使わない。若い部下にやらせる」と頑強にパソコン使用を拒んだので懸命にパソコンすなわちデジタル化の必要性と効用を説いたものです。
その説得と他の管理者のパソコン活用状況を見て、徐々に活用する様になりました。
数カ月後には、当初使用を拒んでいたことが嘘のようにパソコンを放せられない存在となっていたのには驚きました。
もちろん、パソコンにおんぶに抱っこ或いは狂うことはなく仕事の効率を高めることに役立てていました。

 2000年当時に私が赴任した中国現地法人の、日本人出向者は私を含めて5人で、この全てがパソコンの活用ができました。比較的若かったことと技術系が多かったからでしょう。
 ところが、その後日本の孫会社一つがつぶれてその工場長が赴任した時には困りました。
昔の工場管理、昔の日本式徒弟制度を中国に持ち込んだからです。
彼にもパソコンは与えましたが全く使えません。使う気も無かったようです。
しかも、仕事の上では、やたらに経験とキャリアをカサにきて指導をろくにしないで、やたらに叱ったり命令を出したり(命令権はないのに)中国人管理者や日本人技術顧問と度々対立していました。
これが日本企業の姿かと愕然としたことを思い出します。
 この姿は、パソコンも使えない或いは使う気のない古い管理者の姿かもしれませんね。
 
 なんか何処かの国会を思い出します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
TEL&FAX 045-771-1745 MP 080-5467-4187
E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.10   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃   ~新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ~
┃ 「業種別支援策リーフレット」のご案内
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆◆経済産業省からのお知らせです◆◆◇◇
 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者に対して、各種支援制度を
分かりやすくご紹介する「業種別支援策リーフレット」について、8月4日(火)
17時に内容を更新致しました。
 業種別支援策リーフレットでは、下記9業種ごとにご利用頂ける支援策をまとめ
ております。ぜひご活用ください。

■対象業種
 1.飲食業 2.製造業 3.卸売業 4.小売業 5.宿泊業
 6.旅客運輸 7.貨物運輸業 8.娯楽業 9.医療関係

■対応支援策
 1.給付金 2.資金繰り 3.雇用調整助成金 4.税・社会保険料・公共料金
 5.ものづくり補助金 等

※「業種別支援策リーフレット」につきましては、下記URLをご参照ください。
 https://www.meti.go.jp/covid-19/leaflet/index.html

■経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連
 経済産業省HP:https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html
 東北経済産業局HP:https://www.tohoku.meti.go.jp/saigai/covid-19.html

┌──────────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.39
└──────────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:東北ネヂ製造株式会社

■キャッチフレーズ:
太平洋を望むこの街から、世界水準の品質を発信し続けます。

■会社の特徴:
弊社はボルト製造販売を行う会社です。
常磐炭鉱のトロッコのレールを止めるボルト類の製造会社から始まり、厳しい品質管理、
LOWコストの中で成長してきました。現在はビス、小ネジなど通常の一般ネジを大量
に在庫している他、JRのレールを止めるボルトを中心とした特殊ネジ・金属部品を生
産しています。熱間鍛造とは高温に加熱した鉄をプレス機で打ちのばして形づくり、ね
ばり強さを与える技術です。
勤続20年を超える熟練工から若い従業員が一丸となってこの分野での日本一を目指して
取り組んでいます。一般ネジ類については約1万種類の在庫を持ち即納入、即対応を基本
としてお客様の役に立てる取組をしています。

■東北ネヂ製造株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:総務部 米倉健太
電話番号:0246-56-4751
E-Mail: k.yonekura@touhokunedi.com

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.10   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  あなたの夢の実現に向けて、創業や新規事業展開をご支援します!
┃  8月・9月「創業者・創業予定者向け 起業・経営相談会」のご案内
┃      
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 当協会では、いわき市内での起業・創業の促進を図ることを目的として、新事業
の創出を図ろうとする起業者等の育成や新たな事業分野の開拓を志す中小企業者等
を対象とした相談会を無料で開催しております。
 創業に関心がある方、創業を志す方へのアドバイスや、創業まもない起業家の
方々が事業を軌道にのせるための相談対応など、経験豊富な起業・経営のコンサル
タントが、あなたの疑問にお答え致します。
 是非お気軽にご相談にいらしてください。

<8月の相談日>
  4日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 19日(水) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 20日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)
 25日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 27日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)

<9月の相談日>
  1日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 10日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)
 15日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 24日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)
 29日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)

○相談時間(お一人様 1時間程度)
 午 前/ 9:00~、10:00~、11:00~
 午 後/13:00~、14:00~、15:00~
 夜 間/16:00~、17:00~、18:00~(※)
 ※夜間は奥瀬氏のみ対応となります。

■相談員
○佐藤 直美(さとう なおみ)氏
 有限会社インキューブ 取締役社長
 中小企業診断士・ITコーディネータ
 (会社ホームページ http://in-cube.co.jp/ )

○奥瀬 円(おくせ まどか)氏
 HRM総合事務所 代表社員
 中小企業診断士・特定社会保険労務士

■対象者
・これから創業・起業をしようと考えている方
・すでに創業・起業の準備を始めている方
・創業・起業してから間もない方
・新規事業の立ち上げを考えている方
・経営課題を抱える中小企業者等の方
 ※創業10年以上の事業者の方には相談回数等に制約があります。

■対象分野
・創業・起業に必要な知識
・創業・起業にかかる準備や課題解決についてのアドバイス
・創業・起業のアイデアについてのアドバイス
・会社設立への想いを形にするビジネスプラン作成
・創業・起業に関する融資、助成金制度に関する相談
・ビジネスに関する各種相談(税務・経理、労務、販売促進など)
・中小企業者等の方が抱える経営課題解決のアドバイス 等
 ※既に創業・起業されている方もご利用できます。
 ※創業10年以上の事業者の方もご利用いただく事が出来ますが、相談回数に制約が
    あります。以降の相談については、個別にコンサルタントとご契約いただくこと
    となりますので予めご了承願います。

■相談料:無 料

■会 場:いわき産業創造館 創業者支援室内 マネージャー室(LATOV6F)

■申込方法
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局まで、E-mailまたはお電話にて
お問合せの上、所定申込書にてお申込みください。

※事前予約が必要となります。ご希望の時間等、事務局までお気軽にお問合せ下さい。

※所定申込書のダウンロード、及び詳細についてはこちらのホームページをご覧
 ください。↓

【申込書(Word)】
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/kigyo_keiei_2020_m.docx
【ホームページ】
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2020/04/kigyou.html

■お申込み・お問合せ先
 (公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局  
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.38
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社日本海水小名浜工場

■キャッチフレーズ
人と海をつなぎ、食と健康、そして人々のよりよい生活に貢献します!!

■会社の特徴:
当社では、技術と英知、長い歴史と伝統を生かし、常に皆様の視点に立ち、安全で、
安心な「塩」を提供しております。また、主に排煙脱硫用途に御使用頂いている
「水酸化マグネシウム」や、水の高度処理化に最適な「リードエフ(READ-F)」(フッ素、
ヒ素、ホウ素等に対して高い選択性を有する吸着剤)の製造をしております。
リードエフは、「2005年に愛知万博にて『愛・地球賞』を受賞、2006年から国連工業
開発機関のバングラディッシュにおける飲料水中のヒ素除去プロジェクトにも採用さ
れ、安全な飲料水確保にも成果をあげています。

■株式会社日本海水小名浜工場の連絡先はこちらです↓
担当者:鵜沼 光岳
電話番号:0246-54-2161
E-Mail:unuma@nihonkaisui.co.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.08.07
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  「いわき産業創造館 申請受付および施設貸出再開」のご案内
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆いわき産業創造館からのお知らせです◆◇◇

 当館では、「緊急事態宣言」に伴ういわき市からの公共施設の利用停止の指示を
受けて、利用者様の安心安全を考慮し、4月11日より、施設の貸出並びに新規申
請受付業務を中止させていただいておりました。
 この度、本市における公共施設等の利用の緩和・解除の方針を受け、下記の通り、
新規申請受付および施設の貸出を再開致します。

■施設貸出:9月1日(火)9:00より再開

■申請受付
 Web予約/窓口申請受付:8月7日(金)9:00より再開

■窓口(ラトブ6階)申請受付時間
 ・8月7日(金)~8月31日(月)⇒9:00~17:30(平日)
 ・9月1日(火)以降 ⇒9:00~21:00(通常受付時間) 

■各施設の使用定員上限について
 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、各施設の最大使用定員に上
 限が設けられております。再開館後、市内における新型コロナウイルス感染症に
 よる入院患者数や新規発症者数の推移、また、県による緊急事態措置の有無によ
 り、上限は変動しますので予めご了承ください。

■新型コロナウイルス感染拡大防止について
 再開にあたりましては、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、『新型コ
 ロナウイルス感染症 感染拡大防止ガイドライン』を作成し、利用者様とともに、
 感染拡大防止につとめていきたいと考えております。施設のご予約、ご利用にあ
 たりましては、ガイドラインを必ずご確認の上、お申し込みください。

 ※感染拡大防止対策を講じていると認められない場合は、ご利用を取りやめてい
  ただく場合がございますので、予めご留意くださいますよう、お願い致します。

■お問い合わせ先
 いわき産業創造館
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
  E-mail:yoyaku@iwaki-sangakukan.com

 ※詳細についてはいわき産業創造館ホームページをご覧ください。
  http://iwaki-sansoukan.com/

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.37
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:トラスト企画株式会社

■キャッチフレーズ
「捨てる」という行為を「活かす」という行動に変える!

■会社の特徴
弊社は様々な未活用資源の再生・活用を基に次世代環境新素材の開発及び販路拡大に
挑戦しております。
①多機能クッション素材
 自社ブランド「MIYAVIE」を立ち上げ、フランス・イタリアでの展示会出展
 や国内百貨店で好評を得る事が出来た。現在、美術館での採用や国内外の多数の
 メゾンブランドとプロジェクトを進めており、インテリアから建築資材等まで多用途
 に使用可能な素材です。
②ナノファイバー
 繊維径がナノサイズの比表面積が膨大なこれまでの常識を刷新できる新素材
 特性を活かした油吸着材や保温・断熱機能材、高機能フィルターとして幅広く使用
 可能な素材です。
③抗菌素材(貝殻・卵殻由来、植物由来、鉱物由来)
 身の回りの除菌から野菜、果物、生鮮食品等の鮮度保持にも使用可能な素材です。

■トラスト企画株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:取締役業務部長 椎名 弘直
電話番号:0246-56-2776
E-Mail:trustk@muse.ocn.ne.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.