メールマガジン

支援情報ヘッドライン_福島県産業振興センターからのご案内

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2020.06.01     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  公益財団法人福島県産業振興センターからのご案内
┃  
┃  ~◇◆ヘッドライン◆◇~
┃  
┃  1.ふくしま産業応援ファンド事業 助成金公募のお知らせ
┃  2.特許等調査・出願経費助成事業 第1回公募のお知らせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌────────────────────────────────────
|1.ふくしま産業応援ファンド事業 助成金公募のお知らせ
└────────────────────────────────────
 研究開発をお考えの福島県内中小企業者の皆様へ
 新商品・新技術等の調査・分析、開発、販路開拓に係る経費の一部を助成します。

■事業概要
 県内中小企業者の皆様の新製品・新技術及びその構想について、市場調査、事業
可能性調査及び開発並びに販路開拓について支援することにより、新産業の創造、
新規市場の開拓、未開拓市場への参入を促進し、本県産業の活性化、本県産業の自
立的発展を図るために実施するものです。

■公募期間:令和2年5月11日(月)~令和2年6月12日(金)必着

■助成対象期間
 【事業可能性等調査事業、技術開発事業】
  交付決定日(7月上旬予定)~令和3年1月31日(日)まで
 【販路開拓事業】
  交付決定日(7月上旬予定)~令和3年3月20日(土)まで

■助成対象者
 次のいずれかに該当する者
 (1)県内に事業所を有する中小企業者、NPO法人等
 (2)助成期間内に県内において創業する者
 (3)(1)、(2)で構成されるグループ
 ※みなし大企業は対象外となります。

■対象経費
 【事業可能性等調査事業】
 旅費、調査・分析費、その他の事業費
 【技術開発事業】
 原材料費、機械装置・工具器具費(生産設備は対象外)、
 外注加工費(主たる研究課題は外注不可)、技術指導費、その他の事業費
 【販路開拓事業】
 展示会出展関連費用、広告宣伝費、印刷製本費、外部委託費、職員等旅費、
 その他の事業費

■助成率
 助成対象経費の2分の1以内。
  
■助成上限額
 【事業可能性等調査事業】 100万円
 【技術開発事業】 300万円
 【販路開拓事業】 100万円

※詳細は下記ホームページをご参照ください。↓
 http://fukushima-techno.com/news/2020/05/post-142.php
 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、本公募にかかる説明会は実施いた
 しません。

┌────────────────────────────────────
|2.令和2年度 特許等調査・出願経費助成事業第1回公募のお知らせ
└────────────────────────────────────
 先行技術調査や産業財産権の国内出願に係る経費の2分の1を助成します。

■事業概要
 県内の中小企業者等の皆様が保有する技術・ブランド等の保護を強化し、その知
的財産の権利化や知的財産の有効活用による事業展開を支援することで、本県産業
の活性化・自律的発展を図るため、「特許等調査・出願経費助成事業」を実施して
おります。

■公募期間:令和2年5月14日(木)~令和2年6月30日(火)必着

■助成対象者
 福島県内に本社、研究開発拠点、生産拠点等が所在する中小企業者等
 ※みなし大企業は対象外となります。

■事業期間:令和2年4月1日(水)~令和3年2月28日(日)
 ※交付決定以前であっても上記期間内の調査、出願及び経費支払であれば対象と
  認められる。

■助成上限額
(1)調査 25万円 (※1、※2)
(2)出願 15万円 (※1)

 ※1 本事業の申請は、(1)のみ、もしくは(1)(2)の同時申請の2パター
   ンが原則となります。
    ただし、申請前に特許等の出願に向けた先行技術調査を実施済みであり、
   調査結果報告書等、調査結果の詳細が分かる資料を提出する場合には、(2)
   の特許等の出願に係る費用のみの申請も可能です。
    また、調査については、簡易な自社調査ではなく、弁理士、特許事務所に
   よる調査を推奨しており、調査結果報告書も弁理士、特許事務所による詳細
   な調査報告書を想定しています。
 ※2 同一の知的財産権について、同一の内容の調査を複数年にわたって実施す
   る場合、助成対象となるのは最初の調査費用のみで、次年度以降の調査費用
   は助成対象となりません。

※詳細は下記ホームページをご参照ください。↓
 http://fukushima-techno.com/post/

┌────────────────────────────────────
|1.2. 申請先・お問合せ先
└────────────────────────────────────
 公益財団法人福島県産業振興センター 技術支援部 技術総務課
 〒963-0215 郡山市待池台1-12(福島県ハイテクプラザ内)
 TEL:024-959-1929  FAX:024-959-1889
 E-mail:f-tech@f-open.or.jp http://fukushima-techno.com
 LINE公式アカウント @157njtwe

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.17
└───────────────────────────────    
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:山幸電機株式会社

■キャッチフレーズ
プリント基板一枚から設計製作。早い!安い!高品質!

■会社の特徴
当社は、電子機器製造業で、主にプリント基板の設計から電気試験機の設計製作
をしております。
小ロット多品種を得意とし、実験・試作等、一台から製作いたします。
製品開発等の電気回路試作のお手伝いもさせて頂きます。
お気軽にご相談ください。
ISO9001・KES環境マネジメントシステム認証取得

■山幸電機株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:南日 賢次(なんにち けんじ)
電話番号:0246-56-0148
E-Mail:nannichi@sanko-dk.co.jp
URL http://www.sanko-dk.co.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.