メールマガジン

2018年9月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.09.30   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「上海レポート」でお馴染みの佐藤忠幸氏より
┃ 『今だから話せる佐藤のコラム』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「今だから話せる佐藤のコラム 第19号」(初めての海外生活19)をお届けいたします。

==========================================================================

◇「今だから話せる佐藤のコラム 第19号」(初めての海外生活19)◇

富岡の歴史と初めての中国生活⑤
                              佐藤忠幸
 異常な暑さが続いた後は、すっかり秋の気配というか涼しい毎日です。
富岡川せせらぎ緑道のムクゲは「白い花は殆ど散ってしまい」と先月報告しました。
もう花は全て落ちたかと思いきや、猛暑が過ぎ去ったらすっかり元気を取り戻し、白も薄紫も再び花盛りとなりました。
サルスベリ(百日紅)以上に長寿命だなと驚いています。図鑑で調べたらどちらの花も7月~10月が開花期で同じでした。
一昨年、我が家にもムクゲの苗木を植えやっと今年から咲き始めましたが、散り始めたら花期が終わっただろうと思って9月早々に剪定してしまったことが悔やまれます。

いつものプールへ行ったら、学校の夏休みが終わったというのもありますがガラガラで、このままでは経営破綻するなと要らぬ心配をしています。
プールへの往復道路沿いにはイチョウ並木があります。それが黄色く色づき始めて驚きました。
さらに驚くことは、その銀杏が一面に落ちていたことです。時期的には早すぎるのか殆どが小粒なのが可哀想な気がします。
それらの木の根周りには紅色の彼岸花が満開となっています。
晩秋となるには早すぎるし、植物もさぞかし困惑していることでしょうね。

 「横浜市金沢区富岡西」の歴史は激変していますので、エピソードを報告いたします。
併せて、私の中国生活について報告いたします。

【富岡に飛行場があった】
 前号にて、横浜海軍航空隊基地が富岡に在りその周辺に軍需工場が在ったせいで富岡が空襲に遭ったことを報告しましたら、数名の方から「えーっ、富岡に飛行場があったの!」とのお便りがありましたので、今号はそれについて報告いたします。
航空隊基地というと飛行場を連想するのは当然ですが、ここ横浜海軍航空隊は日本で初めての飛行艇による航空隊ですから長い滑走路はありません。
飛行艇とは、海面や湖面という平らで広大な水面を利用して発着でき、滑走路などの大規模な飛行場設備が必要なく小さな島にも飛べることが特徴です。

 横浜海軍航空隊は、1938年(昭和12年)に創設された帝国海軍最大の飛行艇部隊です。
長距離航続性能を誇る大型飛行艇で編成され、任務は広大な外洋の哨戒偵察です。
この部隊の主力であった二式飛行艇は、当時の世界最高水準の性能を誇り、その高速と火力、防御力ゆえに、連合国軍から「空の戦艦」と恐れられていました。戦後にアメリカ軍が接収した機体の性能確認試験を行い、最優秀の評価を与えた話は有名です。
現在、海上自衛隊に配備されている救難飛行艇US-2は、この二式飛行艇の直系にあたり、やはり世界最高水準の性能として有名です。

 昭和16年の開戦と同時に部隊は、北はアリューシャン列島から、南はガダルカナル諸島まで、太平洋全域に進出し活躍しました。
しかし、昭和17年8月にはガダルカナル諸島での戦闘でアメリカ海軍機動部隊の襲撃で全滅し、大半の兵士が亡くなりました。
富岡基地内に横浜の総鎮守である伊勢山皇大神宮の分霊を遷し「鳥船神社」と称して祀り、戦後は戦没者の鎮魂と恒久平和を祈念して「浜空神社」として復興し富岡総合公園内に造営され、神社には全海軍飛行艇隊の戦没者殉職者約二千柱の御霊(みたま)が合祀されました。
しかし、浜空神社はあくまで民営で政府自治体の補助・保護はありません。
元隊員ら関係者の高齢化に伴い維持が困難となり、平成20年(2008)に追浜(おっぱま)の雷(いかづち)神社に合体移転してしまいました。
現在、富岡には「鎮魂碑」が設置され、英霊の鎮魂の場として慰霊祭が細々と挙行されているだけです。 

 敗戦後の航空隊跡は、米軍の通信基地とされ、朝鮮戦争やベトナム戦争では、近くの日本飛行機株式会社(今も近くに大工場があり)と連携して補給基地ともなりました。
返還後の航空隊跡は、三分割されて国家公務員住宅(何故か今は全て空き家)や、神奈川県警察機動隊の大規模な基地となり、山を含んだ大部分は富岡総合公園となりました。
公園の見晴し台に上れば、眼下に埋立地を見渡し、東京湾を隔てて房総半島の山々を望めます。 
景色そのものは全く平和そのものですが・・・・?

【スローガンに向かう】
 上海T社は「中国NO1の容器会社になる」という大それたスローガンに向かって走り出しました。
そのために「QCDVS活動の徹底で活力ある工場作り」をしました。
QCDVS活動とは次の5つです。
「①Quality:品質向上、②Cost:原価低減、 ③Delivery:納期厳守、④Variety:品揃え、⑤Service:お客の心を掴む」

[品質向上]のために、工場改装と社員の意識改革を柱とした改革と社員教育を徹底したことは既報のとおりです。

[原価低減]のためにやったことは簡単です。
 まず、月次決算と製品原価の監督者以上への公開です。
それまでの財務(会計)課は、決算書を作成して社長および本社財務部に提出し、納税するだけだった役割を、決算数字の解説と課題・対策案を各管理監督者へ説明することを主たる役割に変えました。
これによって財務責任者の成長も著しいものがありましたが、決算数字を初めて見た管理監督者の意識改革と成長は素晴らしかった様に思います。
そして初めて「自社意識」が芽生えました。決算数字は社外秘であり取り扱いには注意が必要ですが、だからと言って財務課長と社長以外は「見ない、見せない」というのは大きな間違いだと思います。
さらに、原価の中身を監督者の皆が理解し、それらを自分たちのものとして改善意欲が出てきたことは大きな進歩で、無駄な出費は劇的に減りました。
細かい指示は不要でした。

[納期厳守と品揃え]は難しい課題でした。
 いくらよい物を安く早く作っても、顧客がその時に欲しがる物でなければ売れません。
欲しがってもらえる物をタイミングよく次から次に出さなければ売り続けることは出来ません。
特に容器はデザインが勝負でもあり、変化が激しいものですから尚更です。
このため、デザインは日本本社中心にやってもらいましたが、それの金型は中国調達に変えました。
頻繁にタイムリーに格安に金型を入手するためには中国現地で調達することがカギになると考えたからです。
しかし金型を自社で作ることは一朝一夕には無理ですので、金型業者開拓を私が中心となって行いました。
何故自分自身で?それは次の機会に。

[お客の心を掴む]ことは意外に簡単でした。
 サービス精神のない中国人にそれを教えることは難しいように見えますが、実は日本人に教える方が大変でした。
以前にも書いたように、T社の中国人は何の意識もなく惰性で働いているだけでしたので、「こうする!」、「こうあるべきだ!」、「こうすべきだ!」の私の声に共鳴したら直ちに行動に移してくれました。
日本人は「我が社の伝統はこれだ」、「こうすべきと先輩から教わっている」、「方法や方針を変えてそれで失敗した責任は誰がとるの?」などと行動の前に議論ばかりで、結局新しいことは何もしません(出来ません?)。
お客様への姿勢も同じで「買っていただく」というのは言葉だけで本音は「何としても納期どおり納入し、金を稼ぐ」だけです。

だから日本では、大会社であっても出荷検査データを誤魔化すことに抵抗が無いのかもと思ってしまいます。
そこで、日本人を中心とした幹部教育が始まりました。

【幹部教育の開始】
 中国人管理者と日本人出向者への教育は次の「管理者の必須条件七つ」を基本として勉強会を行いました。
1 伝達能力:部下・同輩・上司からの依頼・指示事項の納期管理・経過確認・報告厳守。・・・「伝える」とは、相手がそれによって行動する、或いは、相手が変化(影響)して初めて完了。
2 目標指向能力:常に、より高き(努力し、工夫すれば達成可能な)目標を掲げてそれに挑戦。・・・会社や職場の目標と、自分の目標との常時擦り合わせ。
3 方法発見能力:目標を達成する為の障害を如何に取り除くか、その解決策または方法を発見する力。
4 部下育成能力:部下の(欠陥を補う)良いところを発見しそれを伸ばす。・・・粘り強い根気と周りから尊敬される人格・知識が必要。
5 組織能力:集団化及びチーム活動の強化。・・・個人の力より、チームの中にいる個人の力は大きくなければならない。
6 動機付け能力:個人個人のやる気を引っ張り出す。・・・どの方向へ向うか指導。
7 自己革新能力:自分が欠けているところを如何にして直そうとするか,決意と実行・学習。
これらの研修には「グループディスカッション」が絶大なる効果を発揮しました。

【幹部教育に続いて管理監督者教育も】
 管理監督者向けの教育内容は、以前報告したとおり当時の日本では当たり前のものばかりですが、中国人だけでなく日本人出向者にも受講させました。
日本では研修教育は無かったようで、最初は「何で今更」という姿勢でしたが、その内に未知の内容でしかも必須内容ばかりであったことに気付き熱心に受講してくれました。
彼らはやっと、T社以外でも働けるスカウトの対象レベルになったといえます。
そして、特に中国人管理監督者は学んだことは直ぐに実行に移してくれたことが何よりも助かりました。
彼らには、伝統も過去の習慣も、何も縛られるものがないからでしょうね。
特に優れた行動は5S運動でした。日本で生まれた世界に誇る運動ですが、日本では大会社でも(大会社ほど)名目だけの運動となっていたからです。
工場見学・視察に来られた顧客は感心して帰られ直ぐに受注につながりました。
工場がきれいかどうか、管理状態が良いか悪いか、だけでな働く社員の目つきや意気込みは外部の人(第三者)であれば直ぐに分かったようです。


 戦後日本の高度経済成長を支えたのは、敗戦を反省し謙虚にアメリカから学び様々なものを導入したことが大きな要因だと思っています。
特に電気・電子・機械などの技術と「社員教育システム」です。
その詳細はまたの機会に報告しますが、現在はその教育精神を忘れていることが残念です。
そして、日本にとって何よりも惜しかったことは、経営方式や経営精神を輸入しなかったことです。
だから崇高な精神で経営していた創業者が亡くなり数代目になるとダメな会社になってしまったような気がします。
ジョージアのコーヒー飲料のCMを見て「経営者にものを言える社員がいたとは嬉しいなー」その苦言を「経営者が素直に聞く姿勢があるとは日本も大丈夫だなー」と一安心しましたが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
TEL&FAX 045-771-1745 
MP 080-5467-4187
E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.09.30
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ いわき市起業家サポートネットワーク
┃ 『平成30年度 いわき産業創造館 創業者支援室入居式』開催のご案内
┃ 
┃ 主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会(いわき市創業者支援事業)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◇◆◇ 

 当協会で管理・運営を行っておりますいわき産業創造館創業者支援室において、
今年度新たに3名の方が入居いたしました。つきましては、下記日時にて入居式及び
新規入居企業の事業紹介を開催いたしますのでご案内いたします。

 当日は新規入居企業の方々に、事業展開と今後の抱負について発表いただき、
入居式終了後には入居企業の方々や各関係機関の方々との交流会も開催いたします。
地域の創業者、関係機関の方々との新たな交流を図ってみませんか?
 これから起業や独立を志す方はもちろん、社会へ復帰しようと考えられている
主婦の方、創業間もない経営者の方など、皆様のご参加をお待ちしております。

■日 程:平成30年10月10日(水)
     【入居式】16:00~17:00(※15:30受付開始)
     【交流会】17:10~18:00
         
■場 所: いわき産業創造館 企画展示ホールA面
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。
     (当協会事務所にて無料パンチを押すことにより、入庫から2時間まで無料)

■内 容

(1)いわき産業創造館 創業者支援室入居式(16:00~17:00)
 平成30年度にいわき産業創造館 創業者支援室に入居された3名の方の入居式、
 および事業紹介を行います。
【入居者】
 (1):山内 美樹 さん(ワンダーフード株式会社 代表取締役) 
 (2):大谷 志保 さん(株式会社クリプトメリアギガンデア 代表取締役)
 (3):吉田 潤治 さん(株式会社カノウ機械設計 代表取締役)
    
(2)交流会(17:10~18:00)
 創業者および創業予定者と、地元企業、先輩創業者および金融機関・支援機関等との
 ネットワーク構築、既存課題解決のアドバイスを目的とした交流会を開催します。
 (参加費:1,000円/名)

■対象者:市内創業者、創業予定者、事業者、支援機関関係者、高等教育機関関係者 等
     ※一般の方も参加いただけます。

■定 員:30名程度

■参加費:無 料 ※交流会参加の方は別途1,000円

■申込方法
 件名を「10/10 創業者支援室入居式 参加申込」とし、
本文に必要事項(氏名・E-mail・TEL・交流会参加の有無)を記載の上、
メール(icsn@iwaki-sangakukan.com)または、FAX(0246-21-7571)にて
下記申込先までお申込みください。
お電話(0246-21-7570)でも受付いたします。

----------------申込フォーム----------------

件名:「10/10 創業者支援室入居式 参加申込」

本文
(1)氏 名:
(2)E-mail:
(3)TEL:
(4)交流会参加の有無:

--------------------------------------------

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます。↓
〇案内チラシ&申込書(PDF)
 http://www.iwaki-sangakukan.com/docs/h30_ks_1010.pdf
〇申込書(WORD)
 http://www.iwaki-sangakukan.com/h30_ks_1010_m.docx

■お申込み・お問合せ先
公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:長瀬)
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.50
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社ジョイント

■キャッチフレーズ:オフィスに関わることなら、すべてお任せください。

■会社の特徴:弊社は、いわきを中心に金融、製造、食品、医療、サービス等業種を
問わず大手、中小、個人などで150社を超える通常取引をおこなっており、OA機器や
オフィス家具の販売やシステム開発まで、オフィスに関わるトータルな提案を行って
おります。

■株式会社ジョイントの連絡先はこちらです↓
担当者:田村
電話番号:0246-22-3170
E-Mail:s.tamura@joint-net.jp
URL:http://www.joint-net.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.09.26
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  平成30年度ビッグデータを活用した地域中核企業等育成支援事業(いわき地域)
┃ 『東京都市大学(TCU)産学連携いわきサテライトセンター』開設のご案内

┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆

 (公社)いわき産学官ネットワーク協会では、福島県からの採択を受け、「平成30
年度ビッグデータを活用した地域中核企業等育成支援事業(いわき地域)」を実施致
します。
 本事業は、地域経済活性化のため地域を牽引する「地域中核企業」の創出と育成に
資するネットワークの形成を図り、いわき地域の強みを活かし、且つ、今後大きな成
長が期待できる産業分野(バッテリー・水素等のエネルギーの有効利用に関する産業
分野や、福島イノベーション・コースト構想の重点分野等)での、新事業・事業化を
目指す地域中核企業や有望企業等の発掘や産学連携等によって取り組む新事業プロジ
ェクトの創出、具体的な事業化等に向けた様々な支援を進めて参ります。

 本事業の一環として、工学系の幅広い分野に知見の蓄積を有する、東京都市大学
(略称:TCU)との連携により、同学産学官交流センターの「いわきサテライトセン
ター」を産学連携サテライト拠点として、いわき産業創造館「中小企業支援室」内に
開設しましたのでご案内致します。
 本サテライトセンターでは、定期的に同学の研究員等を配置して、地域ものづくり
企業との産学連携・共同研究の促進や、技術的課題の解決等に迅速に対応できる体制
を整備して参ります。開所日程は下記の通りとなります。
 皆様、この機会に是非、本サテライトセンターをご活用ください。

<「東京都市大学(TCU)産学連携いわきサテライトセンター」開所概要>

■開所日程:平成30年9月27日(木)~平成31年3月11日(月)(月1回開所)

■利用時間:13:30~17:30

■開所場所:いわき産業創造館「中小企業支援室」内
     (〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階)

■主な相談範囲
(1)技術相談: 企業の技術的課題や産官学連携等の相談を受付けます。
(2)試験・分析・調査: 技術開発・製品開発等に係る各種試験・分析等を行います。
(3)受託研究: TCUの教員等が委託を受けて研究を実施し成果を報告します。
(4)共同開発: TCUの教員等が企業と共同で研究を実施します。
(5)特許情報: TCUの保有する特許等から技術移転可能な発明を紹介します。

■相 談 料:無 料

■申込方法
 所定の相談申込書に必要事項をご記入のうえ、
Eメール(icsn@iwaki-sangakukan.com)または
FAX(0246-21-7571)等にてお申し込みください。

※所定相談申込書、案内チラシはこちらからダウンロードできます。↓
 ○相談申込書
  (WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/h30tcu_moushikomi.docx
 ○相談申込書&案内チラシ
  (PDF)http://www.iwaki-sangakukan.com/docs/h30tcu_annnai_moushikomi.pdf

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/2018/09/tcu.html

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 「TCU産学連携いわきサテライトセンター」相談申込受付係(担当:阿部・横山)
 〒970-8026
 いわき市平字田町120番地 LATOV 6階(いわき産業創造館「中小企業支援室」内)
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-Mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.48
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社バーチャル・ハーモニー

■キャッチフレーズ:
3次元学習ソフトでは世界でオンリーワンの3DCGコンテンツ制作会社です。

■会社の特徴:
創業以来、3次元コンピュータグラフィックスを使用して、いろいろなたくさんの
コンテンツを開発・製作してきました。「磐城平城下町」をはじめ、いわきの歴史の
DVDや常磐炭田の歴史第1巻~第3巻などなどです。また、3次元学習ソフトは、
医学部へ多数入学する暁星学園、豊島岡女学園や早稲田大学高等学院をはじめ、総務省
認可の全生徒にタブレットPCを配備した小学校のフューチャースクール実施校でも使用
されており、また、企業の製品のプレゼンテーションなどにも大いに利用されています。

--- お知らせ ---
◎ 新刊本  想像から創造へ! 十歳の壁があなたの子ども学力をダメにする
を出版しました。立ち読みができます。小中学生のいる親御さん、必見です。
自分の能力を伸ばしたい人、必見です。
http://3dedusoft.com/book.html 
定価800円のところ、600円にて販売中。
発行所は株式会社バーチャル・ハーモニーです。
バーチャル・ハーモニーは本作りもお手伝いします。

◎ 3次元学習ソフトWEB版を開設しました。
都内有名校で使用されている3次元学習ソフトをWEB上で使用できるようにしました。
このサイトは「想像から創造へ」を目標とした学習を伸ばすためのサイトです。
http://3dedusoft.com/ 
よろしくお願いします。

■株式会社バーチャル・ハーモニーの連絡先はこちらです↓
サイト担当者:山野辺 久生
いわき市小名浜諏訪町4-1
電話番号:0246-52-0222  携帯:090-1775-6844
E-mail:yamanobe@3dedusoft.sakura.ne.jp
ホームページ:http://3dedusoft.com/ 
ショップサイト:http://3dedusoft.com/onlineshop/index.html

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.09.21
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃  『平成30年度 産産・産学連携共同研究活動奨励事業』公募のご案内

┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会 
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆◇ 

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、民間事業者間(産産)及び
民間事業者と研究・高等教育機関(産学)の連携活動のスタートアップ期を支援し、
国県等の支援制度適用につなげることを目的として、協会が認定した産産・産学
連携による研究会に対し活動経費の一部助成や事務局運営の支援など様々なバック
アップを実施してまいります。
 応募に当たっては、公募内容を必ずご確認いただいてからご応募ください。
 
■受付期間:平成30年9月18日(火)から平成30年10月5日(金)

■対象者
 3社(団体・個人含む)以上で構成される産産・産学の連携体であること。
 また、申請主体(研究会代表者)は当協会の企業会員であること。

※本事業は、当協会が認定した研究会の活動を支援する事を目的としていることから、
申請にあたっては、研究会の設置届(様式2)をご提出頂きます。
なお、研究会の代表者は、当協会の企業会員である事が条件となります。

■対象事業
 平成30年度に実施する、産産・産学の連携による研究会活動に係る取り組み
     
■事業期間
 交付決定日から実績報告書等の提出も含め平成31年3月1日(金)まで。
 
■助成金額
 定額20万円(予算総額60万円)
 ※助成金の交付は事業採択時に行い、事業完了時に精算を行います。
            
■応募方法
・申請書を正本一部、及び電子媒体により一部提出してください。
 (電子媒体はWord形式で原則として電子メールで提出してください)
・応募書類は直接持参もしくは郵送により下記応募先まで提出してください。
 
■応募先及び問い合わせ先
(応募先)〒970-8026 いわき市平字田町120番地
    LATOV6階 いわき産業創造館内
    公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局
(問い合わせ先)FAX若しくはメールで問い合わせてください。
    FAX:0246-21-7571  E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

※公募要領・申請書はこちらからダウンロードしてください。↓
【公募要領】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/30sansanyouryou3.pdf
【様式1】申請書類一式 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/H30sansanshinseisyo.doc
【様式2】研究会設置届 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/H30sansankenkyukaitodoke.doc

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2018/04/sansansangaku.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.47
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社システムフォワード

■キャッチフレーズ:
ideaに勇気を与え、新しい価値を創出し、Webサイトで実現していく

■会社の特徴:
システムフォワードは、事業の拡大を目指しているお客様に対して、
既存のビジネスに「ソリューション」と「Webサイト」の融合で、
お客様の事業に付加価値を付け総合的にプロデュースして行く会社です。

そのためにシステムフォワードでは、自ら数多くの事業を立ち上げ、
事業化のノウハウや経験の収得に注力してきました。

未曾有の経済危機の中、事業の拡大に活路を見出したいお客様は、
システムフォワードまでご連絡下さい。  

■株式会社システムフォワードの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 大内一也
電話番号:0246-37-4551
E-Mail:info@sysforward.co.jp
URL   :http://www.sysforward.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.09.20
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 平成30年度 第1回 いわき新ヘルスケア産業研究会
┃「正しいお風呂・温泉の入り方と温泉を中心とした健康なまちづくり」のご案内
┃  
┃   主 催:いわき新ヘルスケア産業研究会
┃      (公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆いわき新ヘルスケア産業研究会からのお知らせです◆◇◇
 
 本研究会は、今後、地域活性化の核となる産業としても期待されるヘルスケア産業
分野について、理解を深めるだけではなく、異業種交流の場を創出し、あらたな産学
連携の事業を創出していくことを目的に立ち上がりました。
 今年度1回目の研究会では、温泉療法専門医の早坂信哉先生をお招きし、
「正しいお風呂・温泉の入り方と温泉を中心とした健康なまちづくり」について、
お話し頂きます。

■日 時:平成30年10月9日(火)(14:00~15:30(受付 13:30~))
                   
■場 所:いわき産業創造館 企画展示ホールA
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。   

■講 師:早坂 信哉 ( はやさか しんや )先生
     (東京都市大学 人間科学部 児童学科 教授/温泉療法専門医・博士(医学)) 

■定 員:50名

■参加費:無 料

■申込み方法
FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」
・「連絡先」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(JPEG)http://www.iwaki-sangakukan.com/images/flier.jpg

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2018/09/healthcare.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.46
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社木紅木

■キャッチフレーズ:
 農の未来に大地の恵を~本物と健康を伝承する新農業時代の応援企業~

■会社の特徴:
 弊社では木酢液「木紅木キクノール」やキトサン液などを使用することで、
化学肥料や化学薬品に極力頼らずに栽培した"キクノール育ち"の美味しい野菜や
米、果物などをみなさまに販売しております。
 世界がオーガニックに向かう中、人にも環境にも優しい農法で元気な農作物を
育てることを重点とし、地球環境保全、食の安全と自給率向上を目指して、
揺るぎない理念のもと、農の未来と地域発展に貢献して参ります。

■有限会社木紅木の連絡先はこちらです↓
担当者 :取締役営業部長 菅野 達也
電話番号:0246-36-5016
E-Mail :kiku@kikumoku.co.jp
URL :http://www.kikumoku.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.09.19
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  平成30年9月、10月『特許等無料相談窓口』のご案内
┃ 
┃   主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、特許をはじめとする産業財産権
の取得支援及び戦略的活用を図り、高付加価値の製品・サービスを生み出し、活力
ある地域経済の実現に寄与するため、月1回弁理士による特許等の無料相談窓口を
設置しております。是非、お気軽にご活用下さい。

■相談日時:平成30年9月28日(金) 「13時~、14時~」
      平成30年10月26日(金)「13時~、14時~、15時~」
      (相談時間は、1案件につき原則45分までとなります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関するもの
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 相談室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:
【 9月】児島 敦 氏(児島特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】機械/メカトロ/コンピューター関連/商標
【10月】片寄 恭三 氏(片寄特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】半導体/コンピューター(ハード)/電子回路

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局へ
 メール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

 ※所定申込書についてはこちらをご覧下さい↓↓
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h30_tokkyo_m.pdf
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

 ※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/tokkyo.html
┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.45
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アイディアイ

■キャッチフレーズ:独自の視点から、新しいアイディアを形に!!

■会社の特徴:
創業30周年のノウハウを活かし、お客様の「必要」を形にし、満足を得られる製品
を提供致します。ソフトウェア開発装置、回路設計、アートワーク、そして製作まで
いろいろな分野のお客様にお役に立てる会社です。
得意分野は超高速画像判定装置です。            

■株式会社アイディアイの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役会長 稲川 上
電話番号:0246-43-4001
E-Mail:nobo@k-idi.co.jp
    
※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.09.14
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 「磐城国」地域振興『連携ビジネス創出支援セミナー』開催のご案内
┃  
┃   主 催:いわき信用組合
┃  後 援:いわき市

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆いわき信用組合からのお知らせです◆◇◇
 
 本セミナーは、「ふくしま産業応援ファンド事業」の採択事業として、いわき市の
後援を受けて実施するオープン型の講座となります。ビジネスマッチングのプロが、
市場開拓の「コツ」を伝授します。
 聴講は無料となりますので、この機会にぜひご来場ください。

■日 時:平成30年10月11日(木)、10月12日(金)、10月18日(木)
     (13:30~16:00)
     ※座学講座のあと、6事業所限定(先着順)で講師が事業現場へ訪問して
      アドバイスを行ないます。
                   
■場 所:カルチェドシャン・ブリアン
     (〒971-8124 いわき市小名浜住吉字飯塚45-1 TEL:0120-58-4122)

■講 師:増田 紀彦(ますだ のりひこ)氏
    (株式会社タンク 代表取締役)
    <講師紹介>
     1959年 生まれ
     1987年 株式会社タンクを設立し、新商品開発支援などに取り組む
     2009年 地域産品応援サロン「なみへい」を創業
     「ふくしま6次化創業塾講師」
     「福島県6次化事業体サポート事業コーディネーター」
     「ふくしま・地域産業6次化イノベーター」「会津ブランド塾講師」を歴任。
     著書に「起業・独立の強化書」「正しく儲ける「起業術」」など。

■受講料:無 料

■申込み締切:平成30年10月9日(火)

■申込み方法
 FAX又はメール、お電話にて「会社名・事業者名」・「氏名」・「連絡先電話番号
 (携帯可)」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

■お申込み・お問合せ先
 いわき信用組合 地域開発部(担当:佐藤)
 〒971-8162 いわき市小名浜花畑町2-5  
 TEL:0246-92-4166 FAX:0246-92-1790
 E-mail: gkikaku@iwaki-shinkumi.com

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.44
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:東北ネヂ製造株式会社

■キャッチフレーズ:
太平洋を望むこの街から、世界水準の品質を発信し続けます。

■会社の特徴:
弊社はボルト製造販売を行う会社です。
常磐炭鉱のトロッコのレールを止めるボルト類の製造会社から始まり、
厳しい品質管理、LOWコストの中で成長してきました。現在はビス、小ネジなど通常の
一般ネジを大量に在庫している他、JRのレールを止めるボルトを中心とした
特殊ネジ・金属部品を生産しています。熱間鍛造とは高温に加熱した鉄をプレス機で
打ちのばして形づくり、ねばり強さを与える技術です。
勤続20年を超える熟練工から若い従業員が一丸となってこの分野での日本一を
目指して取り組んでいます。一般ネジ類については約1万種類の在庫を持ち即納入、
即対応を基本としてお客様の役に立てる取組をしています。

■東北ネヂ製造株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:経営企画部長 佐野洋一
電話番号:0246-56-4751
E-Mail:y.sano@touhokunedi.com

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.09.10   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 中小企業の皆様の経営課題の解決、創業や新規事業展開をご支援します!
┃ 平成30年度 9月・10月・11月『中小企業者・創業者向け 起業・経営相談会』のご案内
┃      
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

(公社)いわき産学官ネットワーク協会では、いわき地域の中小企業等の事業者が
かかえる課題の解決や、新規事業の創出を支援するため、中小企業者・創業者等を
対象とした相談会を無料で開催しております。
 経営全般、金融、雇用等に関するご相談、創業、新規事業を展開しようとお考え
の方へのアドバイスなど、経験豊富な起業・経営のコンサルタントが、あなたの
疑問にお答え致します。是非お気軽にご相談にいらしてください。

■開催日時

<9月の相談日>
 11日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 18日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 20日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)
 26日(水) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
※予約可能な時間についてはお問合せください。

<10月の相談日>
  2日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
  4日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)
 16日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 18日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)
 30日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)

<11月の相談日>
  6日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
  8日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)
 13日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 20日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 22日(木) 9:00 ~ 19:00 (相談員:奥瀬 氏)

○相談時間(お一人様 1時間程度)
午 前/ 9:00~、10:00~、11:00~
午 後/13:00~、14:00~、15:00~
夜 間/16:00~、17:00~、18:00~(※)
※夜間は奥瀬氏のみ対応となります。

■相談員
○佐藤 直美(さとう なおみ)氏
 有限会社インキューブ 取締役社長
 中小企業診断士・ITコーディネータ
 (会社ホームページ http://in-cube.co.jp/ )

○奥瀬 円(おくせ まどか)氏
 HRM総合事務所 代表社員
 中小企業診断士・特定社会保険労務士

■対象分野
・中小企業者等のかかえる経営課題全般
・ソフト系IT分野およびソーシャルメディア、中小企業をはじめとした
 企業の情報化に関すること
・会社設立への想いを形にするビジネスプラン作成
・販促に繋がるホームページ構築からインターネットの活用
・事業をまわしていくための仕組みづくりに関すること 等

■相談料:無 料

■会 場:いわき産業創造館 創業者支援室内 マネージャー室(LATOV6F)

■申込方法
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局まで、E-mailまたはお電話にて
お問合せの上、所定申込書にてお申込みください。

※事前予約が必要となります。ご希望の時間等、事務局までお気軽にお問合せ下さい。

※所定申込書(平成30年度版)のダウンロード、及び詳細についてはこちらのホームページをご覧ください。↓

【案内チラシ&申込書(PDF)】
 ○ 9月・10月 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/kigyoukeiei_2018_8_9.pdf
 ○11月・12月  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/kigyoukeiei_2018_10_11.pdf
【申込書(Word)】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/kigyo_keiei_2018_m.docx
【ホームページ】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2018/04/kigyou.html

■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局  
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com 
URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.42
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:トラスト企画株式会社

■キャッチフレーズ
 限りある資源を未来につなげていくことを素材と技術力の融合により創造し、
100年後の未来へもその考えを紡いでいくことを目指します。

■会社の特徴
 当社は産業廃棄物の中間処理業を営んでおります。さらなる社業の発展の為、
新事業に挑戦しております。自社所有の「クッション素材」の用途開発及び
高機能化の為、自社ブランド「MIYAVIE」を立ち上げ、フランスで開催される
インテリア界のパリコレ「メゾン・エ・オブジェ」出展や国内百貨店で発表し好評を
得る事が出来た事により、国内外の多数のメゾンブランドとプロジェクトを開始しました。
さらに、建築資材等の多用途に使用可能な素材です。
 また、これまでの常識を刷新できる新素材「ナノファイバー」の研究開発及び
商品開発と様々な生鮮食品等の鮮度保持に使用可能な「抗菌素材」の開発及び
商品開発も実施しております。

■トラスト企画株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:開発部長 川崎 朝光
電話番号:0246-56-2776
E-Mail:trustk@muse.ocn.ne.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.09.09  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  エネルギー関連産業国際見本市
┃  ドイツ『E-world energy & water 2019』出展企業募集のご案内
┃   
┃  主 催:公益財団法人福島県産業振興センター
┃     『エネルギー・エージェンシーふくしま』
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆エネルギー・エージェンシーふくしまからのお知らせです◆◇◇

 福島県では、再生可能エネルギー関連産業の育成・集積に向けて、県内企業の有
する優れた技術・製品の海外への販路拡大を支援しています。今年度も、福島県が
再エネ分野の連携強化の覚書を締結しているドイツ・ノルトライン=ヴェストファ
ーレン(NRW)州のエッセン市(メッセエッセン)において、エネルギー関連産業国
際見本市「E-world energy and water 2019」が開催されます。
 この見本市は、ヨーロッパ最大級の規模を誇り、毎年多くの出展者や来場者を集
める一大商談の場となっております。福島県では、このE-world energy and water
2019に出展する企業を募集中です。海外への販路拡大を希望される企業の皆様には
またとない機会です。是非この機会をご活用ください。多くの企業の皆様の申込み
をお待ちしております。

■開催日程:平成31年2月5日(火)~7日(木)

■開催場所:ドイツ連邦共和国NRW州エッセン市「メッセ・エッセン」

■スケジュール(予定)
○平成30年9月14日(金)        :出展企業の公募締切
○平成30年9月21日(金)       :審査会
○平成30年10月24日(水)       :第1回出展者会議
○平成30年11月14日(水)       :第2回出展者会議
○平成30年12月12日(水)       :第3回出展者会議
○平成31年1月16日(水)       :第4回出展者会議
○平成31年2月5日(火)~7日(木):"E-world energy & water 2019"出展
○平成31年2月20日(水)       :第5回出展者会議

※事前ヒアリング等により出展にかかるサポートを行います。
出展後においても、現地関係機関と連携し、商談希望のあった企業同士の取引実現
に向けたフォローアップを行います。

■募集対象企業
 1. 福島県内に本社又は製造拠点等を有すること
 2. 再生可能エネルギー分野での独自技術・製品等を保有すること
 3. 海外企業との取引を希望する企業であること
 4. 福島県再生可能エネルギー関連産業推進研究会会員又は参加可能な企業
 5. 以下(1)~(3)を行うこと
  (1)出展者打合せへ参加すること。(月1回程度)
  (2)見本市出展に当たっての各種準備(ブース設営・発送事務の取りまとめ等)
         について、役割の一部を担うこと。
  (3)見本市後の商談成果等追跡調査へ協力すること。

■出展企業(予定):4社程度

■出展形式:「福島県ブース」として、福島県、福島県内企業との共同出展

■選考方法
 出展申込書の内容や技術・製品等について、審査会において書面、プレゼンテー
ションによる審査を行い、出展者を選考・決定します。

■費用負担 
 出展者は、航空券・宿泊費、展示品の空輸費、カタログ当自社販促物の購入費等
及び本事業で開催する会議(月1回程度)にかかる旅費を負担して頂きます。
 展示会出展料、デザイン・設営料、現地での通訳者費用等は福島県が負担します。

■公募締切:平成30年9月14日(金)

■申込方法
所定の申込書に必要事項をご記入の上、持参、下記申込書提出先まで郵送又は電子
メール(kunisada@f-open.or.jp)にて提出してください。
持参の場合の受付時間は、平日8:30~17:15(12:00~13:00を除く)です。

※所定参加申込書は、こちらからダウンロードできます。↓
 https://energy-agency-fukushima.com/topics/1179/

■申込書提出・お問い合わせ先
公益財団法人福島県産業振興センター エネルギー・エージェンシーふくしま 国貞宛
〒963-0215 福島県郡山市待池台1丁目12番地(福島県ハイテクプラザ内)
(E-world出展担当:国貞または清松)
TEL:024-963-0121 E-mail:kunisada@f-open.or.jp
H P:http://energy-agency-fukushima.com

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.41
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:特定非営利活動法人 ザ・ピープル

■キャッチフレーズ:広がれ!古着リサイクルの「環」

■会社の特徴:
当法人では、「元気なまちには、元気な主張を続け 元気に行動する市民がいる」を
理念に、市民から古着を回収しリサイクルする事業を続けてきました。
いわき市内では、市役所関連施設や銀行等に回収BOXを設置させていただき、
皆様のご協力を得て古着の提供を受け、年間190トンを回収しています。
事業者様でモデルチェンジされた作業着の有効活用や従業員の皆様の
社会参加活動としてご協力いただければ幸いです。ある程度量がある場合は、
直接回収にお伺いさせていただきますので、下記担当までご連絡下さい。     

■特定非営利活動法人 ザ・ピープルの連絡先はこちらです↓
担当者:理事長 吉田 恵美子
電話番号:0246-52-2511
E-Mail:vyw00626@ybb.ne.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.09.01  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃   「第74回 いわき情報技術研究会」講演会開催のご案内

┃  主 催:NPO法人いわき情報技術研究会  
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆NPO法人いわき情報技術研究会からのお知らせです◆◇◇

 NPO法人いわき情報技術研究会では、ITを利用した人材育成や技術者育成に
関する講演会を開催します。皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:平成30年9月8日(土)(13:30~16:00)

■会 場:ポリテクセンターいわき 多目的ホール(福島県いわき市内郷綴町舟場1-1)

■内 容
○講 演
演 題:「ITって、「売ってなんぼ!稼いで半人前!儲けて一人前!」でなきゃ!?」
講 師:いわき経営コンサルタント事務所 代表 藤本 誠 氏
概 要:
 高度経済成長国策推進時代の富士通でのIBM追いつけ&ぶったくれ秘話。
M6&M7OS開発部隊から、いわき市スーパーマルトに天国から地獄へトラバーユして、
現在に至るまでの「ITは現場ありき、儲けよう!強か思想がなければならない主義」
の面白主張!
現在もコンサルティングでご縁をいただく倒産寸前企業から東証1部上場を果たした
要因の一つ、ITは「使う人が作る人」「ITは躾づくりの格好の道具」をお話します。

○ライトニングトーク
 話題はなんでもOKです(今考えていること、会社の広報、イベント広報、求人・
求職など)。発表時間は5分で、多くても少なくてもいけません。PowerPointな
どで資料を見せることが出来ます(PC持ち込みも可)。
終わりには、研究会参加者が優秀賞を選定します。発表したい方は、9月6日(水)
までに、下記E-Mail(iwakiit@gmail.com)か事前登録(connpass)でタイトルを
知らせてください。奮っての参加をお願いします。

■受講料:無 料(駐車場あり。服装自由。私服OK)

■申込方法
 下記ホームページ内のお申込みフォームより、お申込みください。
当日参加も大歓迎ですが、できるだけ事前登録をお願い致します。
※登録はこちらから→ https://iitg.connpass.com/event/99756/

■懇親会
講師を囲んで17:30より、別会場:「三代目 鳥メロ いわき駅前店」にて開催致します。
http://torimero-iwakiekimae.com/

会費:4,000円、女性は3,000円、学生は2,000円
多数の方の参加をお待ちしております。

■お問合せ先・お申し込み先
NPO法人いわき情報技術研究会(担当:高山)
TEL: 0246-29-7175
E-Mail: iwakiit@gmail.com 

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 https://sites.google.com/site/iwakiit/

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.40
└───────────────────────────────    
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社 貴千

■キャッチフレーズ:
福島県いわき市から海を中心とした食のつながり、人のつながりを大切に、
心を込めておいしい海の幸をお届けします。

■会社の特徴:
昭和38年創業、いわき市永崎にある、かまぼこ製造販売企業です。
長年『板かまぼこの生産量日本一』を誇ったいわき市で、当社も板かまぼこを
中心に展開しておりましたが、近年はバラエティー豊かな練り物製品を開発、
販売しております。
昨年の11月に販売を開始した『さんまのぽーぽー焼風かまぼこ』は、いわき沿岸部の
さんまを使った郷土料理、『ぽーぽー焼き』をかまぼこで再現した新商品です。
この商品が、小名浜、いわきの復興のシンボルとなるように。と、熱い気持ちを込めて
作りました。

--- お知らせ ---
弊社のショッピングサイトがオープンしました。
http://www.komatsuya3rd.com
サイトでは贈答品用のギフトセットも取り扱っておりますので、是非ご利用くださいませ。
これからも心を込めておいしい海の幸をお届けします。

■株式会社 貴千の連絡先はこちらです↓
サイト担当者:高木市之助
電話番号:0246-55-7005
E-mail:info@komatsuya3rd.com
貴千ショップサイト:http://www.komatsuya3rd.com

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.