メールマガジン

『第4回 ふくしま産業賞(ふくしま経済・産業・ものづくり賞)』公募のご案内

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.07.18
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『第4回 ふくしま産業賞(ふくしま経済・産業・ものづくり賞)』公募のご案内
┃ 
┃ 主 催:福島民報社

┃ 共 催:福島県 福島県商工会議所連合会 福島県商工会連合会 福島県中小企業団体中央会
┃     福島経済同友会 福島県経営者協会連合会 福島県中小企業家同友会
┃          JAグループ福島 福島県森林組合連合会 福島県森林・林業・緑化協会
┃          福島県木材協同組合連合会 福島県漁業協同組合連合会

┃ 後 援:東北経済産業局 復興庁福島復興局 中小企業基盤整備機構東北本部
┃          アカデミア・コンソーシアムふくしま 福島県市長会 福島県町村会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇福島民報社からのお知らせです◇◆◇ 

 福島民報社は、産業、ものづくりの振興によって福島県の活力を高めるため、昨年度に
続いて『第4回 ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)』を実施します。
 第3回のふくしま産業賞には、各共催団体の推薦、自薦合わせて118社・団体(109件)
の応募があり、40社・団体が福島県知事賞、福島民報社賞をはじめ各賞を受賞しました。
受賞企業間ではさまざまな交流が生まれ、業種を超えた新たなビジネスチャンスが広がりました。
 ふくしま産業省は経営規模にとらわれず、1人の営みから上場企業までを同じテーブルで
審査します。今回は将来の産業振興、地域づくりの担い手となる若者の意欲的な取り組みを
たたえる「学生奨励賞」を創設しました。
 皆様、奮ってご応募ください。

┌───────────────────────────────────
|『第4回 ふくしま産業賞(ふくしま経済・産業・ものづくり賞)』公募概要
└───────────────────────────────────
■目 的
  福島県内で「独自の光る技術」を持つ企業や「伝統を守り、地域性豊かなものづくり」を
続ける人材などに、社会的な評価を与えることを目的とします。また、その活動の情報を
発信する中で、新たな市場開拓につなげるなど、県内の企業活動・ものづくりを応援し、
人材育成等を通して経済の活性化を図ります。

■表彰対象
  福島県内に本社および主たる事業所、もしくは研究開発拠点などの施設がある企業、
経営者であり、技術継承や人材育成などのソフト面での取り組み、農林水産業に関する
6次化などをはじめとする、「ものづくり」を含めた幅広い活動も対象とします。
これまでの応募企業・団体も対象とします。

■表彰基準
  他社にない製品や技術力の独自性、最新技術を駆使した先進性を評価します。特に地元に
重点を置き、農林水産物や観光など地域資源の積極的な活用についても対象とします。
また、最新技術の開発など事業の直接的な成果、新ビジネスモデルの創出や、それらが生む
地域社会の活性化などの波及効果についても重視します。選考には一次審査と本審査があり、
一次審査は主催、共催団体で構成する専門委員会、本審査は県内外の経済人、学識経験者らで
つくる選考委員会で協議し総合的に判断します。

■表彰
  応募の中から金賞、銀賞、特別賞を選び、金賞の中から最高賞の福島県知事賞、
優秀に福島民報社賞、福島民報社奨励賞を授与します。
12月の選考委員会で各賞を決定し、表彰式は平成31年2月を予定しています。

■選考方法
  主催者および共催各団体(下記参照)と有識者で組織する専門委員会が一次選考を行い、
選考委員会による最終選考で各賞を決定します。

■応募資格(※これまでの受賞企業・団体も応募可)
  日本標準産業中分類(平成25年10月改定版)に基づく業種一般と特定非営利活動法人
(NPO)。ただし、中分類の政治、文化団体、宗教を除きます。

■応募方法
  原則として共催各団体に推薦願を申し出、その推薦をもって応募となります。
なお、所属する団体がない場合は、主催の福島民報社への直接応募も可能です。
応募書類は福島民報社のホームページからダウンロードください。 http://www.minpo.jp/

■応募期間:平成30年7月1日(日)~8月31日(金)まで


【 学生奨励賞について 】
◇表彰対象
  県内の大学、高専、短大、高校、専門学校等の学生による活動
(グループをはじめ個人による活動も含む)。

◇表彰分野
  福島県の産業発展・産業創造、地域づくりにつながる商品開発・流通・販売、
ものづくり、イベント、情報、サービス関連の研究開発など幅広い分野。

◇表彰基準
  地域資源の活用、震災・津波・原発事故からの復興への貢献、地元企業・住民との連携、
他地域との交流促進などを総合的に判断します。
  ※審査方法、応募方法は一般部門と同じ。団体の推薦は必要なし。

■応募先
<郵送の宛先>
  〒960-8602 福島市太田町13-17
  福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係

<メールの宛先>
 E-mail:sangyo@fukushima-minpo.co.jp

■お問合せ先
 福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係
 TEL:024-531-4171(平日9時~17時)

※詳細はこちら、福島民報社のホームページをご参照ください。↓
 http://www.minpo.jp/pub/topics/sangyosyo/

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.02
└───────────────────────────────── 
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきのこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■事業者名:FlatNorm
         
■キャッチフレーズ
 Webで実現したいものを形にするための幅広いサポートをします。

■事業内容
 Webコンテンツの企画・制作・開発・運用

 〇ホームページ制作、リニューアル、レスポンシブ対応
 〇ネットショップ構築・カスタマイズ
 〇ワードプレスの導入・オリジナルテーマ作成カスタマイズ・
  プラグイン導入カスタマイズ・保守・管理方法のサポート
 〇SNSとの連携・導入サポート
 〇サーバー・ドメイン取得管理代行
 〇SEO対策・解析

■自己紹介
 大学卒業後はウェブ制作会社での開発業務に従事しており、様々な業種の
クライアント様のウェブサイトを手がけてまいりました。その後は他業種での
営業職も経験し、さらに視野を広げることができました。事業活動の中でも
重要な役割を担うWeb戦略を検討する上で、技術面・知識面・リソース面での
サポートをいたします。

■FlatNormの問合せ先はこちらです。↓
担当者:小野 夏伊(おの かい)
TEL:050-3708-5257
E-Mail:k.ono@flatnorm.com

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃ LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL : 0246-21-7570 FAX : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.