メールマガジン

2018年6月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.06.05     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  『新製品・新技術開発促進事業』公募のご案内

┃  主 催:公益財団法人福島県産業振興センター

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆公益財団法人福島県産業振興センターからのお知らせです◆◇◇

 公益財団法人福島県産業振興センターでは、本県産業の活性化、本県産業の自立
的発展を図ることを目的に、県内の中小企業者のみなさまが、新製品・新技術及び
その構想について、市場調査、事業可能性調査及び開発に必要となる費用の一部を
助成しております。応募に当たっては、公募内容を必ずご確認いただいてからご応
募ください。

■公募期間:平成30年5月16日(水)~平成30年6月29日(金)必着

■助成対象者
 本事業における助成対象者は福島県内に本社、研究開発拠点、生産拠点等が所在
 する中小企業者とします。
 ※いわゆる「みなし大企業」については、本事業の対象となりません。 

■事業期間:交付決定日(7月下旬予定)~平成31年1月31日(木)

■助成対象経費
 1. 事業可能性等調査事業
 (1)旅費
    調査に係る職員旅費等
 (2)調査・分析費
    新商品や新サービス、開発シーズの有効性に関する調査・分析、先行技術
    の調査・分析、市場調査・分析など、新たな技術の開発や既存技術を活用
    した新商品・新サービスの開発、試作品の開発・改良等に必要な情報、
    意見等収集のための調査又は分析に要する経費
 (3)その他の事業費
    その他、理事長が特に必要と認める経費

 2. 技術開発事業
 (1)原材料費
    主要原料、主要材料、副資材の購入に要する経費
 (2)機械装置・工具器具費
    機械装置又は工具器具の購入、試作、改良、据付、修繕、借上に要する経費
   (ただし、生産設備の購入等に要する経費は認められません。)
 (3)外注加工費
    原材料の再加工、設計等の外注加工に要する経費
   (ただし、技術開発等に要する経費の全部又は技術開発等の主要な部分を外注
    加工費に計上することはできません。)
 (4)技術指導費
    外部からの技術指導等に要する経費
 (5)その他の事業費
    その他、理事長が特に必要と認めた経費

■助成率
 助成対象経費の2分の1以内。
 ※予算の範囲内で採択を決定するため、交付決定額がこれに満たない場合があります。

■1件当たりの上限額
 1. 事業可能性等調査事業:100万円

 2. 技術開発事業:300万円

■支援までの流れ
(1)申請書及び添付書類のご提出(6月29日締切)。
(2)審査会の実施(7月中旬を予定):必要に応じてプレゼンテーションを実施。
(3)助成案件の決定・通知(7月下旬を予定)。
(4)事業着手、1月末までに事業完了(支払まで含む)。
(5)事業終了後30日以内もしくは2月10日のいずれか早い日までに実績を報告。
(6)実績を精査し助成金額を確定。採択企業へお振込み。

※詳細は下記ホームページをご参照ください。↓
 http://fukushima-techno.com/news/2018/05/post-107.php

■申請先・お問合せ先
 公益財団法人福島県産業振興センター 技術支援部 技術振興課(担当:齋藤)
 〒963-0215 郡山市待池台1-12(福島県ハイテクプラザ内)
 TEL:024-959-1951  FAX:024-959-1889
 E-mail:f-tech@f-open.or.jp

※申請方法、詳細についてはこちらをご覧ください。↓
 http://fukushima-techno.com

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.20
└───────────────────────────────    
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社バイクオフコーポレーション

■キャッチフレーズ:もっと自転車を使おう!

■会社の特徴:当社はいわき市と千葉に拠点があり、首都圏が全体の90%を占めています。
各大学、自治体、不動産管理会社、大規模商業施設の施設管理者様から放置自転車の撤去、
駐輪場に共有自転車提供、イベントや営業での自転車レンタル等の問題解決を柱に事業を
行っております。いわきの店舗にもリサイクルした自転車200台を展示、販売しております
ので、自転車を使いたい場合には是非、ご活用下さい。

■株式会社バイクオフコーポレーション の連絡先はこちらです↓
担当者:稲本勝美
電話番号:0246-34-5685
E-Mail:main_office@bike-off.com
URL:http://www.bike-off.com/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.06.05     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  ~◇◆ヘッドライン◆◇~

┃  【1】「特許出願経費等助成事業(国内出願・先行技術調査助成)」公募のご案内

┃  【2】「福島県中小企業外国出願支援事業(外国出願助成)」公募のご案内

┃  主 催:公益財団法人福島県産業振興センター

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆公益財団法人福島県産業振興センターからのお知らせです◆◇◇

 公益財団法人福島県産業振興センターでは、この度、下記の通り、国内及び海外
における特許等の出願経費の助成に係る事業の公募を行います。
 応募に当たっては、公募内容を必ずご確認いただいてからご応募ください。

┌────────────────────────────────────
|【1】特許出願経費等助成事業(国内出願・先行技術調査助成)公募のご案内
└────────────────────────────────────

■事業概要
 福島県内の中小企業者のみなさまが、国内において特許等の出願をする際に係る費
 用、産業財産権取得・研究開発等に資するための先行技術調査に係る費用の一部を
 助成することで、技術の進歩及び新事業の早期創出を図ることを目的とする事業です。

■公募期間:平成30年5月16日(水)~平成30年6月29日(金)必着

■助成対象者
 福島県内に本社、研究開発拠点、生産拠点等が所在する中小企業者又はそのグル
 ープが、出願人となり日本国特許庁へ産業財産権(特許、実用新案、意匠、商標)
 の国内出願を行う場合もしくは産業財産権取得、研究開発に資するための先行技
 術調査を行う場合。
 ※申請の対象となる出願の発明者(又は考案者、創作者)が申請企業(県外の本
  社・事業所含む)に所属することが要件となります。
 ※いわゆる「みなし大企業」については、本事業の対象となりません。

■事業期間
 1. 特許等出願事業
   平成30年4月1日(日)~平成31年2月28日(木)に出願及び経費支払い
   を行うもの。
   ※4月1日以降であれば、申請前に出願又は支払いを行っている場合でも対
    象となります。
 
 2. 先行技術調査事業
   交付決定日(7月下旬予定)~平成31年2月28日(木)に調査を完了し、
   経費支払いを行うもの。
   ※交付決定日以前に支払った費用は対象となりません。

■支援内容
 産業財産権の取得に係る費用及び先行技術調査に係る費用が対象となります。

■助成対象経費
 1. 特許等出願事業
 (1)弁理士等への報酬
    先行技術調査に係る費用、各種手数料(書類作成・検討に係る費用等)、
    当該年度内に特許査定・登録査定となった場合の成功謝金、及びそれらに
    係る源泉徴収税。 
 (2)特許庁費用
    出願料、特許出願に係る出願審査請求料、当該年度内に特許庁へ納付が確
    認された特許料・登録料。
 (3)その他の経費
    電子化手数料、その他理事長が特に必要と認める経費。

 2.先行技術調査事業
 (1)弁理士等への報酬
    先行技術調査に係る費用。
 (2)その他の経費
    その他理事長が特に必要と認める経費。

■助成率
 助成対象経費の2分の1以内。
 ※助成対象者以外の者との共有に係る特許等である場合、持分比率又は費用負担額の
  うち、いずれか低い方に応じて、助成対象経費が減額となります。
  
■1企業当たりの上限額
 1. 特許等出願事業:特許出願の場合は30万円、それ以外の場合は15万円
 
  2. 先行技術調査事業:25万円 

■支援までの流れ
(1)申請書及び添付書類のご提出(6月29日必着)。
(2)審査会の実施(7月中旬を予定):プレゼンテーションを行っていただきます。
(3)助成案件の決定・通知(7月下旬を予定)。
(4)採択企業により代理人へ対し、出願経費の支払。
(5)支払内訳が明確な領収証等に基づき、助成金額を確定し、採択企業へお振込み。

※詳細は下記ホームページをご参照ください。↓
 http://fukushima-techno.com/news/2018/05/post-106.php

┌────────────────────────────────────
|【2】福島県中小企業外国出願支援事業(外国出願助成)公募のご案内
└────────────────────────────────────

■事業概要
 福島県内の中小企業者のみなさまが、外国への特許等を出願する際に係る費用の一部
 を助成することで、外国への戦略的な産業財産権の活用を促進することを目的とする
 事業です。

■公募期間:平成30年5月16日(水)~平成30年6月29日(金)必着

■助成対象者
 福島県内に事業所を有する中小企業者等又はそのグループが、出願人となり外国
 特許庁へ特許等の出願を行う場合。
 ※申請書提出時点において日本国特許庁に既に特許出願等(PCT出願含む)を
  行っており、年度内に外国特許庁への出願を行う予定であることが必要です。
 (マドリッド協定議定書に基づく国際商標登録出願については、既に日本国特許
  庁に対し商標出願を終えており、年度内に日本国特許庁に対し国際登録出願を
  行う予定があること)。
 ※すでに出願手続きが完了してしまっている場合には対象となりません。
  交付決定後から31年2月末日までの間に出願及び経費支払いの手続きを行う
  ことが必要となります。
 ※いわゆる「みなし大企業」については、本事業の対象となりません。
 ※事業協同組合、商工会、商工会議所、NPO法人において、地域団体商標の出願を
  行う場合、本事業の対象となり得ます。

■事業期間:交付決定日(7月下旬予定)~平成31年2月28日(木)
 ※交付決定以前の出願及び経費支払は対象とは認められません。

■支援内容
 特許権・実用新案権・意匠権・商標権(冒認対策商標含む)の外国出願に係る必要
  最低限の費用が対象となります。

■助成対象経費
(1)外国特許庁への出願手数料:外国特許庁への出願に要する経費 
(2)現地代理人費用:外国特許庁に出願するための現地代理人に要する経費
(3)国内代理人費用:外国特許庁に出願するための国内代理人に要する経費
(4)翻訳費用:外国特許庁に出願するための翻訳費用に要する経費

 ※PCTの国際段階の手数料、マドプロ出願における本国官庁手数料等については
    対象となりません。詳細は下記ホームページ内の「募集案内」をご覧下さい。↓
  http://fukushima-techno.com/news/2018/05/30-1.php

■助成率
 助成対象経費の2分の1以内。
 ※助成対象者以外の者との共有に係る特許等である場合、持分比率又は費用負担割合
    のうち、いずれか低い方に応じて、助成対象経費が減額となります。

■1出願当たりの上限額
 特許出願の場合は150万円、それ以外は60万円
 ただし冒認対策商標出願対策の場合は30万円
 1企業当たりの上限額は300万円

■支援までの流れ
(1)申請書及び添付書類のご提出(6月29日締切)。
(2)審査会の実施(7月中旬を予定):プレゼンテーションを行っていただきます。
(3)助成案件の決定・通知(7月下旬を予定)。
(4)採択企業が出願経費を支払。
(5)支払内訳が明確な領収書等に基づき、助成金額を確定し、採択企業へお振込み。

※詳細は下記ホームページをご参照ください。↓
 http://fukushima-techno.com/news/2018/05/30-1.php

┌────────────────────────────────────
|【1】・【2】申請先・お問合せ先
└────────────────────────────────────
 公益財団法人福島県産業振興センター 技術支援部 技術振興課(担当:齋藤)
 〒963-0215 郡山市待池台1-12(福島県ハイテクプラザ内)
 TEL:024-959-1951  FAX:024-959-1889
 E-mail:f-tech@f-open.or.jp

※申請方法、詳細についてはこちらをご覧ください。↓
 http://fukushima-techno.com

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.19
└───────────────────────────────    
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社テクノサンショウ

■キャッチフレーズ:「サンショウは小粒でもピリリと辛い」の精神で
技術に裏づけされた製品を提供いたします。

■会社の特徴:当社は、1990年の創立以来、OA機器、光通信の精密部品を生産。
近年は半導体装置 および、光学機器、医療機器などの分野にも製品を提供し、
また、精密機械加工のみではなく、協力工場との連携により、表面処理や
組立まで付加した形での製品を提供しています。

■有限会社テクノサンショウの連絡先はこちらです↓
担当者:浅沼 園枝
電話番号:0246-83-2625
E-Mail:s-asanuma@t-sansho.com
URL http://www.t-sansho.com/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.06.02  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃   「第72回 いわき情報技術研究会」講演会開催のご案内

┃  主 催:NPO法人いわき情報技術研究会  
┃      いわき明星大学大学院理工学研究科藤原研究室
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆NPO法人いわき情報技術研究会からのお知らせです◆◇◇

 NPO法人いわき情報技術研究会では、ITを利用した人材育成や技術者育成に
関する講演会を開催します。皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:平成30年6月9日(土)(13:30~16:00)

■会 場:いわき明星大学 振動・制御実験センター 1F ※6号館奥
    (福島県いわき市中央台飯野5丁目5-1)

■内 容
○講 演
演 題:「少子高齢化社会に貢献するIT技術と応用生体計測の最近事情」
講 師:いわき明星大学大学院理工学研究科 教授
        いわき明星大学健康医療科学部(仮称)開設準備室 室長 藤原 孝之 氏
概 要:
 縁あって昨年4月にいわき明星大学に赴任しました。皆さんご存知のように、
本学は将来、医療系総合大学を目指しております。その中で、来年4月を目標に
「健康医療科学部、作業療法学科・理学療法学科」の開設準備をしております。
ひとの健康に深く関わる高度医療専門職の養成を行います。昨今、高度先進医療
・福祉サービスにITの技術が応用され、本学でも「ヒューマンロボティクス」なる
授業も開講される予定です。当日は国内外の健康、医療、福祉現場で応用されるIT
や先進工学技術を紹介します。今後の研究開発の一助として利用頂ければ幸いです。

○ライトニングトーク
話題はなんでもOKです(今考えていること、会社の広報、イベント広報、求人・
求職など)。発表時間は5分で、多くても少なくてもいけません。PowerPointな
どで資料を見せることが出来ます(PC持ち込みも可)。
終わりには、研究会参加者が優秀賞を選定します。発表したい方は、6月6日(水)
までに、このアドレスか事前登録(こくちーず)でタイトルを知らせてください。
奮っての参加をお願いします。

■受講料:無 料(駐車場あり。服装自由。私服OK)

■申込方法
 下記ホームページ内のお申込みフォームより、「お名前」、
「キャンセル用パスワード」、「メールアドレス」をご記載の上、お申込みください。
当日参加も大歓迎ですが、できるだけ事前登録をお願い致します。
※登録はこちらから→https://kokucheese.com/event/index/523275/

■懇親会
講師を囲んで17:30より、別会場:「三代目 鳥メロ いわき駅前店」にて開催致します。
(これまで利用していた「わたみん家」から店名は変わりましたが、場所は同じです。)
 http://torimero-iwakiekimae.com/

会費:4,000円、女性は3,000円、学生は2,000円
多数の方の参加をお待ちしております。

当日参加も大歓迎ですが、できるだけ事前登録をお願い致します。
※登録はこちらから→https://kokucheese.com/event/index/523275/

■お問合せ先・お申し込み先
NPO法人いわき情報技術研究会(担当:高山)
TEL: 0246-29-7175
E-Mail: iwakiit@gmail.com 

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 https://sites.google.com/site/iwakiit/

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.18
└───────────────────────────────    
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社ジョイント

■キャッチフレーズ:オフィスに関わることなら、すべてお任せください。

■会社の特徴:弊社は、いわきを中心に金融、製造、食品、医療、サービス等業種を
問わず大手、中小、個人などで150社を超える通常取引をおこなっており、OA機器や
オフィス家具の販売やシステム開発まで、オフィスに関わるトータルな提案を行って
おります。

■株式会社ジョイントの連絡先はこちらです↓
担当者:田村
電話番号:0246-22-3170
E-Mail:s.tamura@joint-net.jp
URL:http://www.joint-net.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.