メールマガジン

2018年2月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.25   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「上海レポート」でお馴染みの佐藤忠幸氏より
┃ 『今だから話せる佐藤のコラム』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「今だから話せる佐藤のコラム 第12号」(初めての海外生活12)をお届けいたします。

==========================================================================

◇「今だから話せる佐藤のコラム 第12号」(初めての海外生活12)◇

富岡とマレーシア進出前の歴史②
                           佐藤忠幸
 梅の時期となりました。
富岡川せせらぎ緑道に接するお宅の多くで植ええられている白梅や紅梅がほぼ満開となり、私達の目を楽しませてくれています。
枝垂れ梅は3月からでしょうか。でも開花時期の違いは日照時間などによる差なのか品種の違いによる差なのかは不明です。
我が家の梅も植えてある位置により3から8分咲きと随分差が付いています。
嬉しいことにメジロのつがいが梅をつつきに来てくれました。
まだ鳴き声は聞こえませんが〝春近し"を実感しました。

 ところで、ご近所で昨年末から6軒もの住宅工事をしています。
1軒は増築工事、もう1軒は古いお宅を壊してアパート建築、残りの4軒は建売住宅です。
建売住宅は、元々一軒だった土地を再造成し4軒の住宅にしたものです。
この4軒はそれぞれ4千数百万円ですが、驚いたことにあっという間に完売です。
 アパートは既に我が町内だけ4軒も建っていたのでもう建たないかと思っていたのですが・・・。
今工事中のアパートは1階と2階それぞれ4戸の立派なアパートですが、以前記したように我が家近辺の全てが坂道で通勤通学が大変です。
そのアパートは道路から更に階段を20数段ほど登った所にあるので入居者が居るのかなーとつまらない心配をしています。

 この周辺は70数年前に京浜急行が造成した富岡第二期分譲住宅です。
私が買ったのは30年前ですが、その後当地域の老人化は急激に進んでいます。
しかもお子さんは独立したご家庭と住宅を別の所に持っていますので古い一軒家は持ち切れず売りに出されることが多いようです。
昔の分譲地ですので土地が100坪前後と、横浜としては広いため(坪単価は安いものの)価格が高くなり現在のサラリーマンには手が出ません。
そこで、多くのお宅が不動産屋やデベロッパーに売却し、そこに2軒~4軒の建売住宅を建てて売るという訳です。
大きなお宅が現代風の建売住宅に変るのは寂しい限りですが、若いご家族が住まわれお子さんの声が聞こえるのは嬉しいことです。

 以前報告しました様にここ「横浜市金沢区富岡西」の歴史は短く、しかし激変しているようで今年から色々と資料を繰って調べたので、その2として幕末から簡単に報告いたします。
併せて、私が外国で暮らすこととなった経緯について報告いたします。
 
【横浜市金沢区と富岡町の歴史その2】
 長過ぎるので、今号は幕末から昭和10年までを辿ります。

1865年 金沢藩藩校「明允館」開校。
1865年 小泉又次郎(小泉純一郎元総理の祖父)金沢大道に生誕。後に横須賀市へ転居。
1877年~1890年頃 富岡村にある伊藤博文の仮住まい近くに井上薫が建てたのに続き三条実篤などの明治の元勲が次々に別邸を建てる。
1881年 日本の海水浴場のさきがけ富岡海岸にヘボン博士来訪。
1887年 大日本帝国憲法の草案起草。
1889年 明治22年市制町村制施行に伴う合併で金沢村が成立。
1899年 野口英世、入港した船員からペスト患者を発見診断し、国内への蔓延を水際で阻止。
1930年 湘南電車(湘南電気鉄道/のちに京浜急行に合併)が誕生。
1933年 直木三十五 初めて自分の家を富岡に建てる。
 改めて近世の富岡史をひも解くと、美しい海岸線を利用したリゾート地或いは別荘地という面が非常に強く、それが釣り好きの私の憧れた居住地でもあったわけです。
またそれを促進したのが京浜急行電鉄の誕生です。

【富岡に直木三十五が住む】
 1月や2月となると直木三十五を思い出します。
何故なら1月に直木賞の受賞者(今年は「銀河鉄道の父」を書いた門井慶喜)が発表され、もう直ぐ帝国ホテルで贈呈式が行われるからです。
 ところで、直木三十五が富岡に家を建て、彼のお墓も文学碑も富岡にあることはご存知ですか?
彼は一生で唯一、自身の家を建てたのかこの富岡です。
それまで全て借家住まいでしたが、やはり死を意識したのか、横浜市金沢区富岡東にある慶珊寺の裏山の土地を借りて自宅を建てます。
昭和8年5月、直木は慶珊寺を訪ねました。この寺と周囲の環境がいたく気に入り、寺の北側後方の広大な土地を借り受け東京から大工呼び寄せ張り切って家を建てました。
しかし翌年2月に43歳の若さで亡くなってしまったのは残念至極な話です。
その旧居の近くすなわち慶珊寺の左側の坂を上っていくと、"藝術は短く 貧乏は長し"と彫られた「直木三十五文学碑」があります。

 余談ですが、慶珊寺は「孫文」が大正2年の上陸地点としても有名で「孫文先生上陸之地記念碑」がお寺の門前に建てられています。
しかし、実際は横須賀に上陸し、宵闇に隠れて富岡を通り過ぎて東京へ向かったというのが通説です。

 直木三十五のお墓は当初は家のあった慶珊寺に作りましたが、本人の「禅宗の海の見える墓地」という遺志に沿って昭和57年に禅宗の長昌寺へ改葬されました。
慶珊寺にも直木三十五を慕った作家のお墓がいくつか建ったのですが、肝心なご本人が改葬してしまったので取り残されてしまいました。
さぞやお寂しいことでしょう。
長昌寺には、直木三十五の墓と直木賞作家の胡桃沢耕史の墓が並んでいます。
その点胡桃沢耕史は運が良いというかちゃっかりしているなーと感じました。

 ところで、直木三十五の名前の謂れはご存知ですか?
姓は本名「植村」の「植」の字を分解して「直木」と付け、名は31歳の時に作家として目覚め「三十一」と名乗りました。以降毎年1才齢をとるごとに名前を変えていましたが面倒だということと、33や34という数字の縁起が悪いと言われて「三十五」に変えてからは歳とは無関係となりました。

【フューテック㈱もモノづくりを知らない】
 外国で暮らすこととなったいきさつを報告いたします。まずはそのきっかけとなった経緯です。
FT技研社の工場を閉鎖し、後処理を終えたので、今度は昔の仲間と会社を作ろうと思っていました。
FT技研のS社長から、兄弟会社であるフューテック㈱を横浜市の金沢工業団地に作ったばかりなので「佐藤さんが独立する目途が立つまでの間だけでも見てくれないか」と言われて「ではほんの数か月」と片手間気分で応援に通い始めたのが1983年です。
元々フューテックはFT技研のCVC方式VTR用の映像ヘッドを作るための会社です。
しかし、金沢工業団地に新工場が出来た時にはFT技研のVTR生産は終わっており、VHSかベータ―方式のVTR映像ヘッドを作りVTRメーカーに売り込む必要がありましたが、VTRメーカーの大部分は、重要部品の映像ヘッドは社内で生産しており、販売余地は僅かでした。
それも大手部品メーカーが必死に作っている状態で中小企業のフューテックの入り込む隙間は有りません。
仕方なく台湾や韓国に売り込もうとしていました。
 兄弟会社向けの生産から外国のお客様向けと変わったのですから、品質改善と共に大幅に原価低減しなければなりません。
しかし、FT技研もフューテックも研究開発型企業でしたので「ものづくり」は下手くそで非常に原価高でした。

 フューテックに行ったら、あちこちの壁に「20KP作戦」というスローガンらしきものが貼ってありました。
これは何かと聞いたら「映像ヘッドを早く20,000ペア作りたいからです」とのこと。
技術的なことは省きますが、映像ヘッドは右用と左用の両チャンネルがペアでなければ使えません。だから20,000ペアという目標が設定されていたのです。
 暫くの応援としては格好のテーマだと思いそれを達成すべく動き出しました。
まず製造各グループの責任者の話を聞きました。
製造工程は大きくは5つあり責任者は5人います。
それぞれに次の質問を用意し、各工程の実情を聴きだしました。
 1、自工程の加工(生産)能力は?(人、設備)
 2、自工程の優れたところは?
 3、自工程の問題点・課題は?
聴取結果は、品質(歩留り率)を除いては何も問題無いことが分かりました。
工程ごとの歩留り率が低いため仕込み(投入)数が多くなければ出来高の保証が出来ないこと、そして工程ごとの製造能力バランスが悪いため中々目標の達成が出来なかったのです。
 まずはスローガンの生産数字目標はクリヤーしようと、作業者の移動を数人行って工程能力バランスを取ったら数日で20,000ペアという生産目標の達成ができました。
 S社長はじめ幹部諸侯が驚いていましたが、数字を掴み現場の実態を掴むこと、幹部の意識と知識を掴むだけで多くの課題は達成できるということを自覚してもらいました。
 
【改善活動開始】
 次は最大のネックである、品質の改善です。
前記の各工程責任者からの事情聴取では、歩留りが低いという品質問題があることは承知しているものの、自分の工程に問題があり管理者の自分が悪いという認識は殆ど有りませんでした。
 その原因はデータのとり方と、それを死蔵させ共有していないということにありました。
歩留りとは何個投入して何個出来上がったか、即ち100個投入して20個完成し、80個は廃棄されたとなれば歩留り20%です。
当社で作っていた部品は修理が出来ないので不良率というよりも歩留りという表現が適切でした。
数字は忘れましたが全体の品質(歩留り)イメージは下記の如くです。
《A工程歩留り80%×B工程歩留り90%×C工程歩留り85%×D工程歩留り90%×最終検査通過率(歩留り)80%=総合歩留り44%》
すなわち、各加工工程の歩留りは極端に悪いという数字には見えませんが、全体で考えれば歩留りはたったの44%、56%もの材料と時間・費用を捨てているのです。
これでは生産計画も販売計画もたちませんし、海外で売れる原価となる訳がありません。
このデータをグラフ化して、目標と改善計画を各責任者に作ってもらいました。
議論した結果「半年後には総合歩留りを90%」にするという目標になりました。

 その数字を聞いて一番驚いたのはS社長でした。
過去数年間もかかってやっと40%を超してきたばかり、今も毎日のように開発や技術メンバーを中心に改善打合せをしているのに・・・・・。
私の判断では、現状の不良原因の多くは技術的な問題ではなく製造管理や品質手法の問題であり各管理者の意識改革だけで改善できる。総合歩留りが95%を超えるためにやっと技術部や物理やのアイデアが必要だというものでした。
 さっそく、製造の管理監督者の基本であるQC七つ道具や5W追及活動{何故(Why)・何故(Why)の繰り返し自問自答}などの学習会をしながら意識改革を図り、グループごとに活動を開始しました。
 幸いにして私はアルプス電気時代にそれらを学んでいたので教えることは容易でした。

 各責任者は肩書のない単なる応援の私でも信頼し付いてきてくれましたが、中途半端の立場ではいけないと思い、S社長に「ここへ入社したい」とお願いしたら「よかった!作戦成功!」と喜んでいただけたのが印象に残っています。
そして正式に入社(FT技研から転籍)し、フューテックの改善活動が開始されました。
記憶では半年もかからずに目標達成できたと思います。その結果、同じ働き・労働時間・費用で、生産量が倍増しました。

 そしてこの活動が、中小企業のフューテックでも海外への進出が可能となり、1990年代に入って多数の会社が消えた電子部品業界においても今世紀まで生き延びた大きな原点となったと思います。
 
 またまた長文で申し訳ありません。この続きは次号で。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
TEL&FAX 045-771-1745 
MP 080-5467-4187
E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.24        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  
┃  「いわき市リノベーションまちづくりセミナー」開催のご案内
┃  
┃   主 催:いわき市

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆いわき市からのお知らせです◆◇◇

 「リノベーションまちづくり」とは、空き家・空き店舗などの遊休不動産を
新しい使い方で再生することにより、人やお金の流れの好循環を生み出し、
エリアの価値の向上を目指す民間主導の取組みです。
 先進地では、リノベーションまちづくりによって数多くの物件が整備され、
まちなかの歩行者数が増加傾向にあるなど、まちの賑わいが生まれるとともに、
新たな創業、雇用の場ともなっています。いわき市内においても、新たに
まちづくり会社が設立されるなど、リノベーションまちづくりの機運が高まり
つつあることから、リノベーションまちづくり事業を知っていただき、民間に
よる活発な事業活動の促進を図ることを目的に、下記のとおり「いわき市
リノベーションまちづくりセミナー」を開催しますので、お知らせします。
 皆様、この機会に是非ご参加ください。
 
■日 時:平成30年3月12日(月)18:00~19:30(開場:17:30)

■場 所:小名浜公民館 小講堂(3階)(いわき市小名浜愛宕上7-2)

■演 題:「管理から運営の時代へ
      ~不動産オーナーが変わればまちはかわる家づくり・場づくり・まちづくり~」

■講 師:青木 純 氏
      株式会社nest 代表取締役
          株式会社まめくらし 代表取締役
      株式会社リノベリング 取締役

■対象者:市内商業者、不動産オーナー、創業予定者、まちづくり団体 等

■参加費:無 料

■申込期限:平成30年3月5日(月)

■申込方法
 電話、ファクシミリ、電子メールのいずれかの方法で、必要事項
(「氏名(ふりがな)・性別・連絡先・職業・年代」)を記入のうえ、
 商業労政課へお申し込みください。 

 ※詳細及び案内チラシ・申込書のダウンロードについてはこちらをご参照ください。↓
 http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1519033477354/index.html

■お申込み・お問合せ先
 いわき市産業振興部商業労政課
 〒970-8686 いわき市平字梅本21
 TEL:0246-22-7476 FAX:0246-21-0892
 E-Mail:shogyorosei@city.iwaki.lg.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.100
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社イーストムーン企画

■キャッチフレーズ:心を動かす「感動」を「創造」する

■会社の特徴
 弊社はお客様のご要望を理解・共有し、広告・企画・印刷・イベント運営など
様々な角度からの提案を心がけています。表現方法は様々ですが、求められるのは
「感動」です。「創造」したメッセージによってお客様の「感動」が私たちの喜びです。
広告業を通じてお客様の夢をカタチにすることで共に成長し、お客様・地域に求められる
企業であり続けたいと考えています。

■株式会社イーストムーン企画の連絡先はこちらです↓
担当者:企画デザイン 水梨 佑紀
TEL:0246-29-5161
FAX:0246-29-5162
E-Mail:eastmoon@if-n.ne.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.19        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  平成29年度"KOSEN4.0"イニシアティブ採択事業
┃  『「福島イノベーション・コースト構想を支える人材育成プログラム」
┃  フォーラム(中間報告会)・専攻科特別研究公開発表』開催のご案内
┃  
┃  主 催:福島工業高等専門学校

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆福島工業高等専門学校からのお知らせです◆◇◇
 
 福島工業高等専門学校では、「福島イノベーション・コースト構想を支える人材
育成プログラム」として、次世代人材の育成に取り組んでいます。今回、本プログ
ラムでの活動や学生の研究成果を発表するフォーラムを下記の通り開催致します。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時:平成30年3月6日(火)14:00~17:15
                                    
■場 所:いわき市文化センター4階 大会議室2(いわき市平堂根町1-4)

■プログラム

○学校長挨拶:中村隆行(福島工業高等専門学校長)

○"KOSEN4.0"イニシアティブ採択事業中間報告会
・基調講演
 演 題:「(仮題)エナジーハーベスティング&バッテリー研究開発推進による人
      材育成と福島高専に期待すること」
 講 師:一般社団法人いわきバッテリーバレー推進機構 代表理事 庄司秀樹 氏
                    (東洋システム株式会社 代表取締役)

・事業概要説明:青柳克弘(福島工業高等専門学校 化学・バイオ工学科 教授)

・事例発表
(1)「エナジーハーベスティング&バッテリー研究開発推進による次世代人材育成」
(2)「アグリイノベーション創出人材育成」
(3)「建設技術の高度化に貢献できるi-CON人材育成」

○専攻科特別研究公開発表
(1)「森林の樹種分類に対するマルチバンド衛星画像の適用効果の検討」
(2)「渦励振を利用したマイクロ発電に関する研究」
(3)「両親媒性アミン中での疎水性有機シリカ粒子のワンポット形成」
(4)「突発的集中豪雨による盛土構造物の破壊メカニズムの解明」
(5)「住民同士の関係が津波避難に与える影響 -いわき市平沼ノ内を事例に-」

■対象者:企業・自治体等関係者、本校の学生及び教職員等

■参加費:無 料

■申込締切:平成30年3月2日(金)

■申込方法
 所定参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX(0246-46-0713)
又は、E-Mail(liaison_office@fukushima-nct.ac.jp)にてお申込みください。

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.fukushima-nct.ac.jp/fk_news/29_kosen40.html

■お申込み・お問合せ先
 福島工業高等専門学校 総務課地域連携係
 〒970-8034 福島県いわき市平上荒川長尾30
 TEL:0246-46-0719 FAX:0246-46-0713
 E-mail: liaison_office@fukushima-nct.ac.jp

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.99
└───────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社太平洋ビジネス

■キャッチフレーズ:書類作成はスピードで対応します。

■会社の特徴
・相続手続き、遺言書の作成手続きなど
・株式会社の設立、NPO法人、一般社団法人の設立など
・建設業の許可申請、産業廃棄物の収集運搬の申請など
・農地転用、開発行為、不動産の売買等、契約書の作成など
以上について伊藤行政書士を通して手続きをします。

■有限会社太平洋ビジネスの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 伊藤 仁平
TEL:0246-63-3518
FAX:0246-63-0660
E-Mail:uedakai@itogyosei.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.19
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『第17回 いわきビジネスプランコンテスト 公開審査&表彰式』開催のご案内
┃ 
┃  主 催:第17回いわきビジネスプランコンテスト実行委員会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆第17回いわきビジネスプランコンテスト実行委員会からのお知らせです◆◇◇

 ビジネスプラン部門の公開審査・表彰式を開催致します。一次審査(書類審査)を通
過した6名の応募者が、熱のこもったビジネスプランのプレゼンテーションを行います。
是非ご参加ください。
 
■日 時:平成30年3月3日(土)13:00~17:00(受付開始12:45)

■場 所:いわきPIT(いわき市平字祢宜町5-13)

■プログラム

1.ビジネスプラン部門公開審査
  ビジネスプラン部門の一次審査(書類審査)を通過した応募者によるプレゼンテ
  ーションが行われます。

(1)芳賀綾香さん
  「身体の不自由な方、高齢者みんなを幸せにしたい
   ~美容はすべての人を豊かにできます。新しい福祉を求めて~」

(2)高萩登志子さん
  「カエルの詩人・草野心平のふるさと小川町に新名所『カエルカフェ』をつくる」

(3)西向宇多子さん
  「野菜とハーブのカフェ Vege Herb cafe」

(4)和田幹之さん
  「福島県産の食材を使った『新しいカレー』の冷凍カレーの開発」

(5)田子恵子さん
   「子供のサポートを通し、親・地域・社会を支える放課後デイサービス」

(6)山野辺みゆきさん
  「育児を頑張っている大切なあなたへ!託児チケットでリフレッシュ」

2.ビジネスアイディア部門入賞者プレゼンテーション
  ビジネスアイディア部門の入賞アイディアを応募者自らが発表します。

3.表彰式

4.交流会

■入場料:無料/申込み不要

■お問合せ先
第17回いわきビジネスプランコンテスト実行委員会 事務局
(いわきリエゾンオフィス企業組合)
〒970-8026 いわき市平作町2-1-9 エスビル2F 
TEL:0246-35-1430 FAX:0246-35-1431
E-mail:info@ibpc.jp
URL:http://www.ibpc.jp/

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.ibpc.jp/new/59159/

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.98
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:クニミネ工業株式会社

■キャッチフレーズ:顔料、その他粉末原料の分散にお困りの方はお声かけください!

■事業内容:粘土鉱物を原料とした分散剤、増粘剤などの製造・販売

■主要製品:精製粘土(商品名:クニピア)、合成粘土(商品名:スメクトン)

精製ベントナイトや合成スメクタイトは、様々な目的で利用されています。
特に分散や
増粘を目的とした用途は幅広く、物質の安定性、安全性も高いことから、
化粧品・トイ
レタリー、農薬、塗料、ナノコン、セラミックスなど多く
の分野で
採用されています。
弊社では、それぞれ有機化品
もご用意しておりますので、お客様のニーズに合った
製品
を提案させていただきます。

■クニミネ工業株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:化成品事業部 山田 剛也
TEL:0246-44-7100  FAX:0246-44-7102
E-Mail:takaya-yamada@kunimine.co.jp
URL http://kunimine.co.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.18   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 中小企業の皆様の経営課題の解決、創業や新規事業展開をご支援します!
┃ 3月『中小企業者・創業者向け 起業・経営相談会』のご案内
┃      
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

(公社)いわき産学官ネットワーク協会では、いわき地域の中小企業等の事業者が
かかえる課題の解決や、新規事業の創出を支援するため、中小企業者・創業者等を
対象とした相談会を無料で開催しております。
 経営全般、金融、雇用等に関するご相談、創業、新規事業を展開しようとお考え
の方へのアドバイスなど、経験豊富な起業・経営のコンサルタントが、あなたの
疑問にお答え致します。是非お気軽にご相談にいらしてください。

■開催日時
※予約受付可能な開催日のみ記載しております。

<3月の相談日>
 1日(木) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 6日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 8日(木) 9:00 ~ 16:00 (相談員:奥瀬 氏)
13日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
15日(木) 9:00 ~ 16:00 (相談員:奥瀬 氏)
22日(木) 9:00 ~ 16:00 (相談員:奥瀬 氏)
27日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
29日(木) 9:00 ~ 16:00 (相談員:奥瀬 氏)

○相談時間(お一人様 1時間程度)
AM/9:00~、10:00~、11:00~
PM/13:00~、14:00~、15:00~

■相談員
○佐藤 直美(さとう なおみ)氏
 有限会社インキューブ 取締役社長
 中小企業診断士・ITコーディネータ
 (会社ホームページ http://in-cube.co.jp/ )

○奥瀬 円(おくせ まどか)氏
 HRM総合事務所 代表社員
 中小企業診断士・特定社会保険労務士

■対象分野
・中小企業者等のかかえる経営課題全般
・ソフト系IT分野およびソーシャルメディア、中小企業をはじめとした
 企業の情報化に関すること
・会社設立への想いを形にするビジネスプラン作成
・販促に繋がるホームページ構築からインターネットの活用
・事業をまわしていくための仕組みづくりに関すること 等

■相談料:無 料

■会 場:いわき産業創造館 創業者支援室内 マネージャー室(LATOV6F)

■申込方法
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局まで、E-mailまたはお電話にて
お問合せの上、所定申込書にてお申込みください。

※事前予約が必要となります。ご希望の時間等、事務局までお気軽にお問合せ下さい。

※所定申込書のダウンロード、及び詳細についてはこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2017/04/kigyou.html

■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局  
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com 
URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.97
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アオバサイエンス

■キャッチフレーズ
 社会に貢献できる仕事を通じ、お客様にご満足をいただき、
 その報酬によって社員一同がより豊かな生活の向上を目指す集団です。

■会社の特徴
生命科学・環境計測・工業技術の三大分野~電子・科学・計測機器販売専門商社

当社は生命科学の研究分野と最先端技術を支えます精密測定・新素材研究分野に
関連します、分析機器等の製品を扱う電子・科学・計測機器専門商社であります。
総合的なノウハウを有し、お客様へ積極的な提案営業を展開しております。
地域を支える専門商社として邁進していきますので今後とも宜しくお願い致します。

■株式会社アオバサイエンスの連絡先はこちらです↓
担当者:いわき営業所 所長 若生 弘行
TEL:0246-58-0105
FAX:0246-76-0506
E-Mail:iwaki@aoba-science.co.jp
URL:http://www.aoba-science.co.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.16
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  平成29年度 地域中核企業創出・支援事業(経済産業省委託事業)
┃ (いわき地域ものづくり中核企業創出支援ネットワーク形成事業)
┃ 『TCU産学連携いわきサテライトセンター』2月開所日のご案内

┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
┃  共 催:経済産業省東北経済産業局、東京都市大学
┃  後 援:いわき市、いわき商工会議所

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆

 (公社)いわき産学官ネットワーク協会では、経済産業省からの採択を受け、
「平成29年度地域中核企業創出・支援事業(いわき地域ものづくり中核企業創出支援
ネットワーク形成事業)」を実施しております。本事業では、地域経済活性化のため、
地域を牽引できる「地域中核企業」の創出を目的として、ものづくり分野で新事業・
新分野への挑戦を目指す「地域中核企業候補」の発掘を行うとともに、広域的な支援
ネットワークの形成により、それらの企業グループが産学連携等によって取り組む
新事業プロジェクトの創出や具体的な事業化に向けた様々な支援を進めて参ります。
 その一環として、東京都市大学(略称:TCU)との連携により、同学産学官交流
センターの「いわきサテライトセンター」を、いわき産業創造館・中小企業支援室内に
開所しましたのでご案内いたします。

 本サテライトセンターでは、定期的に同学の研究者等を配置して、地域ものづくり
企業との産学連携・共同研究の促進や、技術的課題の解決等に迅速に対応できる体制を
整備して参ります。第8回目となる2月の開所日程は下記の通りとなりますので、
皆様、この機会に是非、本サテライトセンターをご活用ください。

<2月「東京都市大学(TCU)産学連携いわきサテライトセンター」開所概要>

■開所日程:平成30年2月23日(金)

■利用時間:13:30~17:30

■担当教員(専門領域等)
 東京都市大学 環境学部 環境マネジメント学科 教授 伊坪 徳宏 氏(環境解析・環境影響評価)
 【研究内容と目指すもの】
 ライフサイクル(資源採掘から原材料、生産、使用、輸送、リサイクル、廃棄まで)の視点から
 環境影響を評価するための手法やデータベースの開発に従事している。
 環境影響の評価開発では、自然科学の知見をもとに気候変動、水、生物多様性等を対象とした
 被害量評価や、社会科学の分析を駆使して、複数の環境影響を統合化するための手法開発を行う。
 データベースの開発では、産業関連表や各種統計を用いて、国内外のウォーターフォトプリント、
 カーボンオフセットプリント用データセットを開発し、産業界と連携した事例研究を進めて、
 CSR経営の円滑な推進を支援している。

【最近の研究テーマ】
 ・グローバルサプライチェーンを網羅した影響評価手法(LIME3)の開発
 ・環境ホットスポット分析手法の開発

※専門領域に限らず、幅広い分野の相談に応じます。
 東京都市大学が全学を挙げてサポートしますので、お気軽にご相談ください。

■開所場所:いわき産業創造館 中小企業支援室内(いわき市平字田町120番地 LATOV6階)

■主な相談範囲
(1)技術相談: 企業の技術的課題や産官学連携等の相談を受付けます。
(2)試験・分析・調査: 技術開発・製品開発等に係る各種試験・分析等を行います。
(3)受託研究: TCUの教員等が委託を受けて研究を実施し成果を報告します。
(4)共同開発: TCUの教員等が企業と共同で研究を実施します。
(5)特許情報: TCUの保有する特許等から技術移転可能な発明を紹介します。

■相 談 料:無 料

■申込方法
 所定の相談申込書に必要事項をご記入のうえ、
Eメール(icsn@iwaki-sangakukan.com)または
FAX(0246-21-7571)等にてお申し込みください。

※所定相談申込書はこちらからダウンロードできます。↓
【WORD】http://www.iwaki-sangakukan.com/tcu_moushikomi.docx
【PDF】http://www.iwaki-sangakukan.com/docs/tcu_moushikomi.pdf

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/2017/08/tcu.html

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
  「産学連携いわきサテライトセンター」相談申込受付係
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV 6階 いわき産業創造館内
  TCU産学連携いわきサテライトセンター
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-Mail:icsn@iwaki-sangakukan.com
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.16
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  『第68回 いわき情報技術研究会』開催のご案内

┃  主 催:NPO法人いわき情報技術研究会  
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆NPO法人いわき情報技術研究会からのお知らせです◆◇◇

 NPO法人いわき情報技術研究会では、ITを利用した人材育成や技術者育成に
関する講演会を開催します。皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:平成30年2月17日(土)(13:30~16:00)

■会 場:いわき明星大学 薬学部棟 2F 16-201教室

■概  要:
1. 卒業研究発表
(1)発  表:いわきコンピュータ・カレッジ システム設計科
       若松将平様、宮澤祐太様、篠原加奈絵様、鈴木諒様、佐川楓様
   テーマ:T-POTの開発

(2)発  表:いわきコンピュータ・カレッジ システム設計科
             吉村渉吾様、坂本司様、古市悠樹様、山﨑将大様
   テーマ:飯野八幡宮活性化アプリケーション いいはちAR

(3)発  表:福島工業高等専門学校 電気工学科 有我一希様
   テーマ:ランダム性のあるゲームにおける木構造を用いた強いアルゴリズムの開発

(4)発  表:福島工業高等専門学校 電気工学科 伊勢仁博様
   テーマ:タングラムに対する遺伝的アルゴリズムの効率性の研究

(5)発  表:福島工業高等専門学校 電気工学科 大和田遼様
   テーマ:炭素皮膜抵抗学習支援ゲームの作成と初心者への効果

(6)発  表:福島工業高等専門学校専攻科 産業技術システム工学専攻 大塩智規様
   テーマ:縦格子とドット平面を用いた立体錯視現象の研究

(7)発  表:東日本国際大学 経済情報学部 鈴木美優様
   テーマ:屋内位置測位技術IMES

(8)発  表:いわき明星大学 科学技術学部 樋口亮太様
   テーマ:ArduinoにおけるBluetooth通信について

(9)発  表:いわき明星大学 科学技術学部 鵜沼英弘様
   テーマ:RaspberryPi上でのウェブサーバの構築

2. 会員からの告知
発 表:創造家 山本博康様
テーマ:「FAAVO磐城国」のプロジェクトで地球温暖化阻止・脱原発を実現したい。
概 要:
いわき信用組合のご協力を頂き「FAAVO磐城国」のクラウドファンディングでご支援頂
き、その資金で【「新再生可能エネルギー」を全国版新聞広告に載せて地球温暖化阻止
を訴えたい】全国の人々に地球温暖化阻止・脱原発が実現出来る方法が有る事を知って
頂き、是非実現したいです。
現在未使用の排熱(冷房・冷蔵・冷凍・冷却)・太陽熱・温泉と地中に放熱する事で、
50℃程度の温度差で「地産地消で安定発電」が出来ます。

■参加費:無 料(駐車場あり。服装自由。私服OK)

■総 会
月例研究会の後に、総会を予定(16:30~17:30)しています。総会については後日改めて案
内します。

■懇親会
懇親会を18:30より、別会場:「三代目 鳥メロ いわき駅前店」にて開催致します。
(総会が行われるため、開始時間が18:30からとなっていますので、ご注意願います。)
 http://www.watamifoodservice.jp/shopsearch/home/detailMap/677
(会費:4,000円、女性は3,000円、学生は2,000円)
多数の方の参加をお待ちしております。
当日参加も大歓迎ですが、できるだけ事前登録をお願い致します。
※登録はこちらから→ http://kokucheese.com/event/index/507023/

■申込方法
 下記ホームページ内のお申込みフォームより、「お名前」、「懇親会の有・無」、
「キャンセル用パスワード」、「メールアドレス」をご記載の上、お申込みください。
※登録はこちらから→ http://kokucheese.com/event/index/507023/

■お問合せ先・お申し込み先
NPO法人いわき情報技術研究会(担当:高山)
TEL: 0246-29-7175
E-Mail: iwakiit@gmail.com 

※詳細はこちらをご覧ください。↓
https://sites.google.com/site/iwakiit/

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.96
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社シンテック

■キャッチフレーズ
『貴金属へのメッキ』『異種金属の接合』はお任せ下さい!!
~最新のイオンコーティング設備で各種ニーズに対応します~

■会社の特徴
 当社は、特殊部品(Ni-Ti形状記憶合金やTi合金など)に対し貴金属メッキを施し、
製品の付加価値を向上しています。ロジュウムメッキや金メッキ、イオンコート、
フッ素樹脂へのメッキも得意です。それら特殊メッキ技術を駆使した各種加工により、
歯列矯正ワイヤーや体内固定ケーブル等の医療関連製品の製造・販売を行っております。
(医療機器製造業許可、第1種医療機器製造販売業許可、ISO13485取得)
【事業内容】貴金属メッキ及び異種金属接合
【主要製品】歯列矯正機器及び体内固定ケーブル等の医療関連製品

■株式会社シンテックの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 赤津 和三
電話番号:0246-77-0110
E-Mail:k-akatsu@syntec-jp.co.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.15
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  平成29年度『弁護士等無料相談会』開催のご案内
┃ (知財総合支援窓口事業/福島県発明協会)
┃ 
┃   主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 ~専門コンサルタントが貴方の事業化をサポートします!~
 
 当協会では、特許や商標をはじめとした知的財産に関する契約、訴訟、取引など、
事業に関連した課題の解決をはかるために、弁護士の無料相談窓口を設置しております。
知財を専門分野とする弁護士が、自社製品の模倣品が出回った際の対策、侵害警告を
受けた場合の対応、知的財産を巡る訴訟、権利活用上の留意点等の知的財産に関する
問題について無料でご相談に応じます。
是非、お気軽にご相談下さい(個人的な案件や、過払い金、原発補償等はご遠慮ください)。

■相談日時:平成30年2月23日(金)「9時~、10時~」
      (相談時間は、1案件につき原則1時間程度となります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関する知財に係る法務等の相談
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 相談室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:湊 一将(みなと かずゆき)氏(湊法律事務所 弁護士)
      ~プロフィール~
        磐城卒業後、明治大学法学部入学
       平成18年10月 弁護士登録
        平成20年 2月 湊法律事務所開設
        〔ホームページ〕http://www.minato-law.com/

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局へ
 メール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF)http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/H29_bengoshi_tirashi.pdf.pdf
○申込書
(WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/bengoshi_m.doc  
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会 事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2015/07/lawyer.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.95
└───────────────────────────────────
  このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社磐城高箸

■キャッチフレーズ:最高級割箸をいわき産杉間伐材の原木から一貫製造

■会社の特徴
弊社は杉間伐材をいわき市内の山林から原木で仕入れ、独自の画期的設備・工程により
手作業主体で柾目かつ高強度の9寸(24cm)利久割り箸を一貫製造しております。
薪ボイラーにより、製造過程に出た端材や不良品、回収した使用済み割り箸等を燃焼させ、
材料乾燥用の熱エネルギーに変換し環境負荷を極限まで低減しております。
また、障がい者の自立支援の一環として、検品等をいわき市内の施設に委託はじめ、
間伐材割り箸の販売やPR、工場見学等を通して、子供から大人までも木育や森林保護の
啓蒙に広く貢献しております。

■株式会社磐城高箸の連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役社長 髙橋 正行
電話番号:0246-65-0848  FAX:050-6861-0164
E-Mail:info@iwaki-takahashi.biz
URL http://iwaki-takahashi.biz

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃ LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL : 0246-21-7570 FAX : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.14
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ いわき市起業家サポートネットワーク
┃ 『女性&若者起業応援セミナー~地元いわきでの創業!その決意と課題~』開催のご案内
┃ 
┃ 主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会(いわき市創業者支援事業)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◇◆◇ 

起業・開業したいけど、どうすればよいの?起業って大変そう・・・
夢を夢で終わらせない為に、第一歩を踏み出してみてはいかがですか?
起業や独立を志す女性はもちろん、これから社会へ復帰しようと考えられている
主婦の方、創業間もない経営者の方など、皆様のご参加をお待ちしております。
※年齢・性別を問わず、どなたでもご参加いただけます。

■日 程:平成30年2月22日(木)
     【セミナー】15:00~17:00(※14:30受付開始)
     【交 流 会】17:10~18:00
         
■場 所: いわき産業創造館 企画展示ホール
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。
     (当協会事務所にて無料パンチを押すことにより、入庫から2時間まで無料)

■内 容

(1)女性・若者起業応援セミナー(15:00~17:00)

<第一部> パネルディスカッション
【テーマ】『地元いわきでの創業!その決意と課題』
【登壇者】
 パネリスト(1):佐々木 翔 氏
         (いわき市平字五町目 セレクトショップ「Classic Store」オーナー) 
 パネリスト(2):芳賀 絢香 氏
                (いわき市平字佃町「訪問福祉美容May Spa&Eyelash AMANECER」オーナー)
 パネリスト(3):川尻 孝宏 氏
                (ファブ施設のあるコワーキングスペース「アトムビット」代表)
 パネリスト(4):田子 恵子 氏
                (放課後等デイサービス「株式会社あんど」代表取締役)
 コーディネーター:奥瀬 円 氏
         (中小企業診断士/社会保険労務士/いわき産業創造館創業者支援室IM)
【内 容】
これから起業したいと考えている方を主な対象として、起業に向けた第一歩を踏み出して頂く
機会となるよう、地元で活躍が期待される起業者4名をお招きし、起業のきっかけ、
開業までの経緯とその中での苦労、開業後のやりがい等、より具体的な起業プロセスについて、
いわき産業創造館創業者支援室インキュベーションマネージャ―の奥瀬 円 様のコーディネートのもと、
それぞれの立場からお話し頂きます。
    
<第二部>  支援メニュー紹介
【テーマ】『日本政策金融公庫の創業支援メニュー』
【講 師】日本政策金融公庫 いわき支店 融資課長 柿木 基文 氏

(2)交流会(17:10~18:00)

■定 員:40名程度

■参加費:無 料 ※交流会参加の方は別途1,000円

■申込方法
 件名を「女性&若者起業応援セミナー参加申込」とし、本文に必要事項
(氏名・E-mail・TEL・交流会参加の有無)を記載の上、
メール(icsn@iwaki-sangakukan.com)または、FAX(0246-21-7571)にて
下記申込先までお申込みください。
お電話(0246-21-7570)でも受付いたします。

----------------申込フォーム----------------

件名:「女性&若者起業応援セミナー参加申込」

本文
(1)氏 名:
(2)E-mail:
(3)TEL:
(4)交流会参加の有無:

--------------------------------------------

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます。↓
〇案内チラシ&申込書(PDF)
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h29_ks_0222.pdf
〇申込書(WORD)
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/h29_ks_0222.docx

※詳細は下記ホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2012/09/iasn.html

■お申込み・お問合せ先
公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:長瀬)
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.94
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:マイナーズジャパン株式会社

■キャッチフレーズ:コネクタ製造経験 25 年!かゆい所に手の届く生産技術を提供します。

■会社の特徴
当社は、主にコネクタを製造する自動機械や治工具を設計・製造、またコネクタや
ケーブルアッセンブリ加工もしています。最近ではコネクタが超小型になってきており、
コネクタ組立用自動機なくしてコネクタの製造は出来ません。
当社ではコネクタ組立用自動機をお客様の用途に合わせ設計を行い、
コネクタの試作から量産までの生産技術を提供しています。

■マイナーズジャパン株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:事業本部長  古泉 孝
電話番号:0246-26-2350  FAX:0246-26-2358
E-Mail:koizumitk@minors.co.jp
URL:http://www.minors.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.13     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  平成29年度 第5回 オフタイムサロン
┃  第7回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」受賞記念講演
┃  『福島から世界へ、樹脂成形の世界を変える!!
┃           ポリ乳酸(PLA)の射出成形技術への挑戦』開催のご案内
┃  
┃   主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
┃  共 催:いわき市
┃  後 援:いわき商工会議所                    

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇
 
 この度、製造業界の振興に貢献する人を表彰する政府の「第7回ものづくり日本
大賞」において、製品・技術開発部門として、最高賞である内閣総理大臣賞を受賞
された、小松技術士事務所の小松道男氏をお招きします。
 ポリ乳酸とは、自然の力で水とCO2へ分解でき、石油などの化石燃料を一切使用
しないため、持続可能な社会に貢献する技術として注目を集めており、「ポリ乳酸
製品」を耐熱、軽量化、断熱性などを持つ射出成形技術を生み出し、ポリ乳酸を原
料にした耐熱性幼児食器や薄肉成形カップなど量産化に繋げることに成功しました。
国内外で特許発明280個保有。
 今回の講演会では、ポリ乳酸の実用化に向けて、これまで国内企業と取り組んで
きた成形技術の開発秘話や今後の展望についてお話し頂きます。この機会に是非と
もご参加下さい。

※「ものづくり日本大賞」とは、日本の産業・文化の発展を支えてきた「ものづく
り」に着目し、これに携わっている各世代の人材のうち特に優秀と認められた人に
贈られるもので、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や伝統的・文化的な
「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材が選ばれる。

■日 時:平成30年2月27日(火)
    【講演会】18:00~19:30(受付開始17:30)
    【交流会】19:30~20:20
                   
■場 所:いわき産業創造館 企画展示ホールA
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。
  
■講 師:小松 道男( こまつ みちお )氏
    (小松技術士事務所 所長) 
 
■定 員:50名

■参加費:無 料(交流会参加の方は別途1,000円)

■申込み方法
FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」
・「連絡先」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/29_offtime_5.pdf
○申込書
(WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/29_offtime_5_m.doc

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/2018/02/0227.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.93
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社タツミ工機

■キャッチフレーズ:油圧部分などミクロン精度の精密加工を短納期で制作

■会社の特徴
当社は株式会社小松製作所開発グル-プの油圧部品の試作品を製作して現在に
至っています。アクリル・アルミから浸炭材と扱う材料は幅広く、材料から
加工⇒焼入れ⇒研磨⇒ラップ仕上げと、油圧部品は内外径のミクロン仕上げの
正確な研磨が必要となり協力企業と連携してお届けしています。
穴加工はΦ0.1からの小径穴から対応可能です。
開発品なので製缶品・スプライン加工(M0.3~)・ホブやピニオンカッタでは
加工不可能なものはスロッタ加工やワイヤ加工また形彫放電などにて対応、
3次元CAD/CAMによる金型加工などあらゆる加工に対応させて頂いています。
高精度の加工を要求され対応してきた技術を生かせれば幸いです。
又テスト治具や製缶品からの加工・テストの水準品づくり・完成品からの追加工など
多機に対応させて頂いております。

■有限会社タツミ工機の連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 立見 洋一
電話番号:0246-43-6980  FAX:0246-43-6981
E-Mail:tatumiyouiti@dolphin.ocn.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.07        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  
┃  「平成30年度地域復興実用化開発等促進事業費 補助金」
┃     公募説明会開催のご案内
┃  
┃   主 催:福島県

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆福島県からのお知らせです◆◇◇

 福島県では、福島イノベーション・コースト構想の重点分野について、地元企業等
及び地元企業等との連携等による地域振興に資する実用化開発等を促進し、福島県
浜通り地域等の産業復興の早期実現を図るため、その経費の一部を補助しております。
 つきましては、本補助金の平成30年度公募説明会を開催しますので、是非ご参加
ください。
 なお、本公募は平成30年度予算成立が前提のため、予算の審議状況によっては
事業内容の変更の可能性があることをご了承ください。
 
■開催場所及び日時
【1】いわき会場
 〇日 時:平成30年2月21日(水)10:00~12:00
 〇会 場:いわき市中央公民館 大会議室(いわき市平字堂根町1-4)[定員200名]

【2】南相馬会場
 〇日 時:平成30年2月21日(水)15:00~17:00
 〇会 場:福島県環境創造センター 環境放射線センター 大会議室
    (南相馬市原町区萱浜字巣掛場45-169)[定員100名]

【3】郡山会場
 〇日 時:平成30年2月27日(火)14:30~17:00
 〇会 場:ビッグパレットふくしま 3階中会議室
     (郡山市南二丁目52)[定員210名]

■説明会内容
(1)平成30年度地域復興実用化開発等促進事業費補助金 公募説明
(2)平成30年度ロボット関連補助事業 事業説明
(3)平成30年度再生可能エネルギー関連補助金 公募説明※
(4)個別相談
 ※(3)の説明は、【3】郡山会場のみの説明となります。
  【1】いわき会場、【2】南相馬会場では説明がありませんのでご留意ください。

■申込方法
 下記、県産業創出課ホームページより詳細をご確認の上、お申し込みください。↓
 http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021b/innov-j-30koubosetumei.html

■お問合せ先
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
 〒960-8036 福島県福島市新町4-19 山口ビル3階
 TEL&FAX:024-572-3352

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.92
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アド・プラン

■キャッチフレーズ:デザイン『力』が企業の成長を高めます。

■会社の特徴
社内にグラフィックデザイナー、WEBクリエイターを擁する提案型の広告会社です。
企業のCI,VIから、ブランド・商品開発、マーケティング創出などの様々なシーンで、
デザイン『力』でもって課題を解決します。

■株式会社アド・プランの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役社長 相馬 光宏
電話番号:0246-29-3154  FAX:0246-29-3151
E-Mail:info@ad-plan.co.jp
URL http://www.ad-plan.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News 2018.02.07 
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 『ふくしまみらいビジネス交流会 "ロボット×廃炉・放射線分野"』
┃ 開催のご案内
┃ 
┃ 主 催:経済産業省、福島県、
┃ 一般財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆福島県からのお知らせです◆◇◇

福島イノベーション・コースト構想は、浜通りエリアへ最先端技術を活用した
新たな産業を生み出す可能性を秘めています。今回は、地元企業とロボット×廃炉・
放射線分野で活躍する企業とのビジネス機会を創出するための交流会を開催します。
皆様、この機会に是非ご参加ください。

■日 時:平成30年2月20日(火)13:30~16:30(予定)(開場13:00)

■場 所:富岡町文化交流センター 学びの森 会議室(2階)
(福島県双葉郡富岡町大字本岡字大塚622-1)

■スケジュール(予定)

13:00~ 開 場
13:30~ 開 会
13:40~ 
【第1部】登壇企業プレゼンテーション 
今後注力していく事業や新たに取り組むプロジェクトに対して、浜通りエリアの
"地元企業"へ求めるモノ・コトなどビジネス機会の創出の可能性について発表いたします。
<登壇企業>
 〇株式会社IHI
 〇株式会社アトックス
 〇株式会社タカワ精密
 〇株式会社ふたば
14:40~
【第2部】交流会
プレゼンテーション発表企業と、ご来場の皆さまとの交流・マッチングの機会を設けます。
ご来場の皆さまの技・サービスなどをプレゼンテーション発表企業へ直に伝えていただき、
ビジネス機会の創出の可能性を見いだせます。

16:30 閉 会

■参加費:無 料

■申込締切:平成30年2月14日(水)

■申込方法
◎TELでのお申し込み
必要事項(「お名前」、「所属」、「業種」、「TEL」、「FAX」、「E-mail」)を
口頭にてお伝えください。

◎FAX、E-mailでのお申し込み
必要事項をご記入の上、下記申込先へお申し込みください。

※お申し込み多数の場合、会場定員の関係上、抽選となる場合がございます。
抽選となった場合のみ、開催日前日までに抽選結果をTELもしくはE-mailにてご連絡を差し上げます。
※1部~2部のいずれかのみの参加も可能です。
※会場および周辺の駐車場には、駐車可能台数の限りがございます。
ご来場時は、公共交通機関をご利用ください。

※お申込み方法、詳細についてはこちらのホームページをご覧ください。↓
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/miraibusiness20170220.html 

■お申込み・お問合せ先
ふくしまみらいチャレンジプロジェクト事務局(事務局開設時間:平日10:00~17:00)
TEL:03-6380-5490 FAX:03-6380-6805
E-mail:innovation@fukushima-mirai.jp

※本事業は、経済産業省の「平成29年度地域経済産業活性化対策委託費 6次産業化等へ向けた
事業者間マッチング等支援事業」の受託企業である株式会社ジェイアール東日本企画が運営を行っております。

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.91
└───────────────────────────────────
このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:山幸電機株式会社

■キャッチフレーズ
プリント基板一枚から設計製作。早い!安い!高品質!

■会社の特徴
当社は、電子機器製造業で、主にプリント基板の設計から
電気試験機の設計製作をしております。
小ロット多品種を得意とし、実験・試作等、一台から製作いたします。
製品開発等の電気回路試作のお手伝いもさせて頂きます。
お気軽にご相談ください。
ISO9001・KES環境マネジメントシステム認証取得

■山幸電機株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:三浦 博行(みうらひろゆき)
電話番号:0246-56-0148
E-Mail:hiro_miura@sanko-dk.co.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか? 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃ LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL : 0246-21-7570 FAX : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.07
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  来たれ!起業家~あなたの挑戦を応援します~

┃ 募集期間:平成30年2月7日(水)~平成30年2月28日(水)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆いわき産業創造館からのお知らせです◆◇◆

 いわき産業創造館では、館内に設置の創業者支援室(インキュベートルーム)の
入居者を募集いたします。
 いわき産業創造館 創業者支援室(インキュベートルーム)では、創業者や創業
意欲者などの支援、育成を行うことを目的にいわき市が開設した起業家支援施設です。
新規創業者をハード・ソフトの両面からサポートいたします。
 いわき市内で起業や新事業をお考えの方からのお申込みをお待ちしております。
 
■募集期間
 平成30年2月7日(水)~平成30年2月28日(水)※必着

■募集対象者
 再生可能エネルギー関連分野、医療・福祉関連分野等をはじめとする、今後将来性・
成長性が期待されると考えられる産業分野において、現在創業準備中(現在、創業を
考えている方も含む)の方(大学生、主婦の方でも可)、創業後間もない(5年以内)
中小企業等、もしくは新分野・新事業へ進出して間もない(5年以内)中小企業等で、
本市に本社を置くことが可能な方(個人・法人は問いません)。

■募集ルーム数:3室 
(メインインキュベートルーム:3室)

■申込み方法
 創業者支援室(インキュベートルーム)に入居を希望される方は、
所定の使用許可申請書等に必要書類を添付して、いわき産業創造館
(指定管理者:いわき産学官ネットワーク協会)まで、持参してお申込ください。

※申請の際は、創業者支援室インキュベーションマネージャによる申請書類の事前確認が
必須となりますので、お申込みの1週間前までに必ず事務局までご連絡ください。

※募集要項・申請書類等はこちらからダウンロードできます。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offering/2018/2/ir.html

■申込み・お問合せ
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:長瀬)
 いわき市平字田町120番地 LATOV 6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 ※起業をお考えの方はお気軽にご相談ください。

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.90
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社品川通信計装サービス

■キャッチフレーズ
 メカ・電気/電子回路・ソフトウェア開発
 「設計から製造まで」

■事業内容:ODM製品の受託開発、医療系ソフトウェア開発

■主要製品
 医療現場で使用するプリンター、医療系ソフト
 ロボットを組み込んだ省力化自動機等
 工場向け生産設備データロギングソフト

■特徴
 弊社は、計測・通信・制御・機械・ソフトの5つの分野の設計開発技術者を有し、
レーザーカセットプリンタやスライドガラスプリンタ等の病院向けのプリンターや
人と協働できるアーム型ロボットを組み込んだ自動機、試作から量産までのシステム
開発をご提供いたします。

■連絡先
 担当者  営業部 田中 信也
 所在地  いわき市小名浜島字高田町44-7
      郡山市富久山町八山田申田2-4(郡山R&Dセンター)
 電話番号 0246-58-3334
 FAX  0246-58-3335
 E-Mail  info@sinagawa-tsushin.co.jp
  URL    http://www.sinagawa-tsushin.co.jp/  

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2018.02.05        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 第2回 いわき新ヘルスケア産業研究会
┃ 『医療機器関連産業参入への秘訣と医療機器規制の概要』開催のご案内
┃  
┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
┃      いわき新ヘルスケア産業研究会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇
 
 健康寿命の延伸など、健康への意識の高まりにより、今後の成長が期待されている
ヘルスケア産業分野について、理解を深めるだけではなく、異業種交流の場を創出し、
あらたな産学連携の事業を創出していくことを目的とした研究会を定期的に開催しております。
 今回の『医療機器関連産業参入への秘訣と医療機器規制の概要』をテーマとした講演会を開催致します。
 この機会に、是非ともご参加ください。

 ○ヘルスケア産業とは
 ヘルスケア産業とは介護から高齢者の住まい、病気予防、未病改善、健康増進などを
 ひと続きの分野とし、さまざまなサービスを担うサービス産業と、そのようなサービスで
 使われる医療機器、福祉用具、介護用品、医薬品、健康食品などの製造業を含む産業分野となります。

■日 時:平成30年2月28日(水)18:00~20:00(受付開始17:30)
                                    
■場 所:いわき産業創造館 会議室1
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。   

■プログラム
【第一部】基調講演(90分)(18:00~19:30)
 テーマ:「医療機器関連産業参入への秘訣と医療機器規制の概要」
     医療機器産業は、特有の産業構造を有しており、市場の特徴を理解する
     必要があります。また、医療機器を製造販売するための規制要件への
     適合も鍵となり、その概要について解説致します。

 講 師:菊地 康博 氏(プロモーションストラテジー 代表(中小企業診断士))
     <主な所属先>
     ・TUVラインランドジャパン株式会社 製品部 技術専門家
     ・一般社団法人福島県中小企業診断協会 正会員
     ・東北経済産業局 福島県よろず支援拠点 コーディネーター
     <経歴>
     ・オリンパス、会津オリンパス、オリンパスアメリカにて、
      医療機器の製造、生産技術、品質保証の業務に従事
     ・2016年、中小企業診断士の資格取得以降、ISO品質マネジメントシステムを
      活かした中小企業の経営革新業務に従事
     ・元福島県薬事工業会GMP研究員
     ・元福島県薬務課主催医療機器セミナー講師

【第二部】事例発表(30分)(19:30~20:00)
 テーマ:「高齢者施設における見守りシステムの開発と現場での活用」
     高齢者施設等におけるベッドからの転落や歩き出す際の転倒を未然に
     防止するために開発した、超小型のデジタル機器「ガードアイセンサー」の
     開発経緯と現場での活用について紹介します。
 
 講 師:株式会社ガードアイ 代表取締役 藤沢 雅憲 氏
     <経歴>
     母親の在宅独居生活から、見守り用の防犯カメラ「QuickMan」を開発し、
     その後、母親の介護福祉施設入所から、センサーに関心を持つ。
     半導体LSI開発担当時代、開発した再生専用3V Cカセットテープレ
     コーダーチップLSIで、世界市場を席巻した経験を持つ。
     ・半導体LSI開発責任者を経て起業し、現在に至る。
     ・野村マネジメント・スクール 修了(97年)
     ・防犯設備士資格取得(第04-10089)
     ・MOT(Management Of Technology)講座修了(08 半導体理工学センター)
       
■対象者:医療関連産業分野(医療・福祉・介護・健康等)への
     参入・進出を目指す(関心のある)企業、自治体、関係機関等
     ※一般の聴講も可能です。

■定 員:40名

■参加費:無 料

■申込方法
 所定申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-Mailにて下記申込み先へ
お申込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF)http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/healthcare2.pdf

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2018/02/post-27.html

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:阿部)
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.89
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社バイクオフコーポレーション

■キャッチフレーズ:もっと自転車を使おう!

■会社の特徴:当社はいわき市と千葉に拠点があり、首都圏が全体の90%を占めています。
各大学、自治体、不動産管理会社、大規模商業施設の施設管理者様から放置自転車の撤去、
駐輪場に共有自転車提供、イベントや営業での自転車レンタル等の問題解決を柱に事業を
行っております。いわきの店舗にもリサイクルした自転車200台を展示、販売しております
ので、自転車を使いたい場合には是非、ご活用下さい。

■株式会社バイクオフコーポレーション の連絡先はこちらです↓
担当者:稲本勝美
電話番号:0246-34-5685
E-Mail:main_office@bike-off.com
URL:http://www.bike-off.com/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.