メールマガジン

平成29年度第3回経営革新セミナー『見本市・展示会活用セミナー』開催のご案内

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.15       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  平成29年度 第3回 経営革新セミナー
┃  『見本市・展示会活用セミナー
┃   ~成功事例から、効果的な展示会活用方法を学ぼう!~』開催のご案内

┃   主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 本セミナーは、時間・労力等を費やし出展する展示会や商談会を、単に宣伝の場と
するのではなく、戦略的な「顧客獲得手段」の場として捉えて、より効果的な成果を
得られるよう、展示会におけるノウハウを学び、ビジネスチャンスに繋げることを
目的として実施します。
 講師には、これまで老舗の上場企業からベンチャー企業まで、数多くの展示会出展
のサポートを行っている、株式会社ステラ 代表取締役 飯野健二 氏をお招きし、
効果を高める具体的な展示会の活用手法から、ブースの装飾におけるポイント等に
ついてご紹介頂きます。
 皆様、この機会に是非、ご参加ください。

■日 時:平成29年12月6日(水)18:00~19:30(受付17:45~)
                   
■場 所:いわき産業創造館 IT研修室(いわき市平字田町120 LATOV6階)

■講 師:飯野 健二(いいの けんじ)氏
    (株式会社ステラ 代表取締役)

~講師プロフィール~
埼玉県出身。20年に渡り、有名企業だけでも2250社の展示会を支援してきた実績を持ち、
展示会の持つポテンシャルを引き出し、多くのクライアントを成功に導いている。
近年では、多くの行政や自治体からの依頼で、セミナーや講演会を行っている。
<保有資格>
1級イベント業務管理士/日本展示会協会 人材育成委員会・実行委員/中小機構ビ
ジネスマッチングイベント・フォローアップ調査委員会・実行委員

■定 員:10名(先着順)

■参加費:無 料

■申込み方法
FAX又はメール、お電話にて「氏名」・「企業名」・「所属・役職」・「TEL」・
「FAX」・「E-mail」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/1206mihonichi.pdf (PDF)
○申込書
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/1206mihonichi.docx (WORD)

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2017/11/29-keiei-03.html

■お申込み・お問合せ先
公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.67
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社太平洋ビジネス

■キャッチフレーズ:書類作成はスピードで対応します。

■会社の特徴
・相続手続き、遺言書の作成手続きなど
・株式会社の設立、NPO法人、一般社団法人の設立など
・建設業の許可申請、産業廃棄物の収集運搬の申請など
・農地転用、開発行為、不動産の売買等、契約書の作成など
以上について伊藤行政書士を通して手続きをします。

■有限会社太平洋ビジネスの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 伊藤 仁平
TEL:0246-63-3518
FAX:0246-63-0660
E-Mail:uedakai@itogyosei.jp

◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 皆さんは空き缶の「プルタブ」集めに協力した事はありますか?
┃空き缶にくっついていて、グリグリと金属疲労で折り曲げて取り外すアレです。
┃自分も、何だかんだで缶コーヒーや炭酸飲料を飲み終わった後、プルタブを取
┃り外してましたが、最終的に何に役立つのか分からないまま、集めては寄付を
┃繰り返していました。最近になって、それが一定量集まるとリサイクル出来て、
┃車椅子と交換できる、ということをテレビの情報バラエティー番組で知り、
┃「へぇ~そうだったんだ~。」と思ったのもつかの間、実際は「空き缶そのま
┃まの状態の方がリサイクル率が高く、出来ればプルタブは取り外さないほうが
┃良い。」という事も知りました。どうやら、まだプルタブが完全に取り外せる
┃時代に、それで指を切って怪我をした人がいたり、また、道端にゴミとして捨
┃てられたりした事が問題となって、その対策として「プルタブ集め」を始めた
┃そうで、現在の缶はプルタブが取り外し出来ない形態に改良されたそうです。
┃しかし、特段、プルタブ集めがいけないという風潮になっているわけでは無く、
┃企業グループ間の繋がりや、団結する達成感などを強化する目的で今も続けて
┃いるところはあるそうです。ただ、純粋に資源リサイクルの観点から考えた場
┃合は、プルタブが付いたままの缶の方が資源回収率が高いようです。皆さんも、
┃プルタブを外した後は鋭利な箇所で怪我しないように気を付けてください。(洋)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.