メールマガジン

2017年11月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.30   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『ふくしま産業応援ファンド事業』
┃ 『ふくしま農商工連携ファンド事業』第2回公募のご案内
┃   
┃  主催:公益財団法人福島県産業振興センター  
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆公益財団法人福島県産業振興センターからのお知らせです◆◆

新商品・新技術等の開発、調査・分析又は販路開拓等に係る経費の一部を助成します。

(公財)福島県産業振興センターでは、県内の農林漁業者や中小企業者等の皆様が、
商品開発・技術開発・販路開拓等の取組みを行うに当たって、その経費の一部を助成
する「ふくしま産業応援ファンド事業」及び「ふくしま農商工連携ファンド事業」を
実施しており、このたび、平成29年度第2回公募を、以下のとおり実施いたします。
 公募開始に先立ち、県内4方部で公募説明会を開催いたします。
 いわき市においては下記の日程で開催いたします。
 皆様、この機会に是非ご参加ください。

■公募期間:平成29年12月19日(火)から平成30年1月31日(水)まで (必着)
     ※平成30年4月1日から開始(事業着手)する事業が対象となります。

■助成総額(予定)
○ふくしま産業応援ファンド事業(製造業集積活用型事業/地域資源活用型事業)
 中小企業者等の皆様が、「東北随一の製造業集積」や「多種多様な地域資源」を
 活用しながら行う、新たな技術の開発や事業可能性の調査、販路開拓等の取組みに対して、
 助成を行います。
 ※平成30年中に事業が終了する見込みのため、今回が最後の公募となります。
 ・助成総額(予定):2,400万円程度
 ・助成率:助成対象経費の2/3以内 
  
 ※事業についての詳細はこちら→ http://www.utsukushima.net/fund/ouen.htm

○ふくしま農商工連携ファンド事業(農商工連携創出事業)
 農林漁業者と中小企業者等の連携体がそれぞれの強みを生かしながら、新商品の開発や
 販路開拓等に取り組む事業に対して助成を行うことにより、地域産業の活性化を図ります。
 ・助成総額(予定):4,600万円程度
 ・助成率:助成対象経費の4/5以内 

 ※事業についての詳細はこちら→ http://www.utsukushima.net/fund/noushoukou.htm

■公募説明会(いわき会場)
日  時:平成29年12月18日(月)13:30~(13:15受付開始)
場  所:いわき産業創造館 会議室1(いわき市平字田町120 LATOV6F)
申込締切:平成29年12月14日(木)

■説明会申込み方法
 所定申込書に必要事項をご記入の上、FAX(024-525-4036)でお申込み
いただくか、申込書記載内容をE-mail(sien@f-open.or.jp)で送信してください。
なお、希望者には、説明会終了後に個別相談を実施いたします。
(参加決定者に対して通知は行いませんので、お申込み後は、そのまま会場へお越しください。
 ただし、定員を超過した場合、人数調整をお願いすることがあります。)

※「所定申込書」・「他会場のスケジュール」のダウンロードはこちらから。↓
 http://www.utsukushima.net/fund/29-2setumeikai.pdf

■公募に関するお申込み・お問合せ先
※選択する事業によってお申込みが異なりますので、ご注意ください。

〇製造業集積活用型事業
公益財団法人福島県産業振興センター 技術支援部 技術総務課
〒963-0215 郡山市待池台1丁目12(福島県ハイテクプラザ内)
TEL:024-959-1929 FAX:024-959-1889
E-Mail:f-tech@f-open.or.jp

〇地域資源活用型事業 または 農商工連携創出事業
公益財団法人福島県産業振興センター 企業支援部 経営支援課
〒960-8053 福島市三河南町1-20 コラッセふくしま2階
TEL:024-525-4035 FAX:024-525-4036 
E-Mail:sien@f-open.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.72
└─────────────────────────────────── 
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■事業者名:一般社団法人浜通り生活支援協議会
         
■キャッチフレーズ:お年寄り・障害をお持ちの方々をお手伝い致します!

■事業内容
○成年後見人・保佐人・補助人の受任、左記の監督人受任
○遺言書の作成及び作成支援、遺産分割協議書の作成、相続人及び相続財産の調査、遺言執行者の受任、相続手続代行
○介護施設・老人ホーム・医療機関の調査、入居・入院の支援
○死後事務委任契約、生前贈与、離婚、債務弁済、金銭消費貸借の相談及び支援

■自己紹介
15名の行政書士有志で設立した法人です。
行政書士の資格・経験を活かし、いわき市のお年寄りや障害をお持ちの方々が
安心して暮らせるようサポートしていきます。
お悩みや不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

■一般社団法人浜通り生活支援協議会の問合せ先はこちらです。
担当者:大川原 利美(おおかわら としみ)
TEL:0246-85-5928 FAX:0246-85-5962
E-Mail:h.seikatsushien@gmail.com
URL:http://h-seikatsushien.jimdo.com

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.30
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃   「第67回 いわき情報技術研究会」講演会開催のご案内

┃  主 催:NPO法人いわき情報技術研究会  
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆NPO法人いわき情報技術研究会からのお知らせです◆◇◇

 NPO法人いわき情報技術研究会では、ITを利用した人材育成や技術者育成に
関する講演会を開催します。皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:平成29年12月9日(土)(13:30~16:00)

■会 場:いわき明星大学 地域交流館 3F 学友会室

■内 容
1. 講 演
演 題:「ラズベリーパイってなに?(初心者向け講習会)」
講 師:バックス情報システム株式会社 鈴木 潤一 様
概 要
昨今、IoT、AIという言葉を耳にすることが多くなってきました。
すると関連用語としてラズベリーパイという言葉も耳に入ってきます。
そこで今回は「ラズベリーパイ」を取り上げ、初心者向け講習会を実施いたします。
実習をメインにした内容になっております。是非ご参加いただき、
「ラズベリーパイ」を体験することで理解を深めていただければと考えております。

2. ライトニングトーク(LT)
話題はなんでもOKです(今考えていること、会社の広報、イベント広報、求人・求職な
ど)。発表時間は5分で、多くても少なくてもいけません。PowerPointなどで資料を見
せることが出来ます(PC持ち込みも可)。
終わりには、研究会参加者が優秀賞を選定します。発表したい方は、12月6日(水)まで
に、このアドレスか事前登録(こくちーず)でタイトルを知らせてください。
奮っての参加をお願いします。

■受講料:無 料(駐車場あり。服装自由。私服OK)

■申込方法
 下記ホームページ内のお申込みフォームより、「お名前」、
「キャンセル用パスワード」、「メールアドレス」をご記載の上、お申込みください。
当日参加も大歓迎ですが、できるだけ事前登録をお願い致します。
※登録はこちらから→ http://kokucheese.com/event/index/497909/

■懇親会
17:30より、別会場:「三代目 鳥メロ いわき駅前店」にて開催致します。
(これまで利用していた「わたみん家」から店名は変わりましたが、場所は同じです。)
 http://www.watamifoodservice.jp/shopsearch/home/detailMap/677
会費:4,000円、女性は3,000円、学生は2,000円
多数の方の参加をお待ちしております。

当日参加も大歓迎ですが、できるだけ事前登録をお願い致します。
※登録はこちらから→http://kokucheese.com/event/index/497909/

■お問合せ先・お申し込み先
NPO法人いわき情報技術研究会(担当:高山)
TEL: 0246-29-7175
E-Mail: iwakiit@gmail.com 

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 https://sites.google.com/site/iwakiit/

┌───────────────────────────────────
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.71
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■事業者名:株式会社カノウ機械設計(旧社名:カノウ機械設計事務所)
         
■キャッチフレーズ
『可能性をカタチに』
 可能性を秘めたニーズから、カタチあるものを。確かな設計技術でお応えします。
 
■事業内容
1.産業用ロボットの機械設計
2.工場のライン構成、作業改善のご提案
3.産業用ロボットの機械設計と合わせての電気設計、ソフト開発
(電気設計協力会社)

■自己紹介
産業用ロボット(自動化機械)に二十年以上かかわり、特に機械設計技術者と
しまして多種多様な業種の産業用ロボットを手掛けてまいりました。
機械は動きます。その瞬間、人の気持ちもワクワクと動きます。
経験と勘の良さがモノをいう機械設計を中心として、可能性を感じた時に
一緒に技術を追求できる場所を、ふるさと、いわきに作っていきます。

■株式会社カノウ機械設計の問合せ先はこちらです。↓
担当者:吉田 潤治(よしだ じゅんじ)
TEL:090-1398-8305 FAX:024-505-4828
E-mail:j-yoshida@kanou-kikai.com

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.23   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「上海レポート」でお馴染みの佐藤忠幸氏より
┃ 『今だから話せる佐藤のコラム』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「今だから話せる佐藤のコラム 第9号」(初めての海外生活9)をお届けいたします。

==========================================================================

◇「今だから話せる佐藤のコラム 第9号」(初めての海外生活9)◇

日本国憲法起草の地とマレーシアの国王
                        佐藤忠幸
 いつの間にか立冬(11月7日)も過ぎ、「冬」になってしまいました。
ご近所のせせらぎ緑道の花は椿が咲き始めて季節を感じますが、最近この樹は随分減りました。毛虫が嫌われたのでしょうね。
その中で目立つのは、狂い咲きサツキの鮮やかなボタン色です。
如何に気候が不順だった分かります。
その代わりに各お庭の柿やミカンが賑やかです。
柿は渋柿が多いのか取らない人が多く、長く目を楽しませてくれます。
先日も我が家にご近所から大量の渋柿をいただき、家内が渋抜きに精を出していました。
我が家にも柑橘類の樹は各種ありますが、手入れが悪いためかどの実も酸っぱくて私以外は小鳥も家族も食べません。
しかし、採らないと野鳥の餌食となってしまう甘いミカンが一本だけあり、これは急いでもぎ取りました。

【11月3日は憲法公布の日】
 11月3日の「文化の日」は昭和23年に制定されました。
しかし、実はこの文化の日という名称もその趣旨も本来の意味とは無関係です。
11月3日は日本国憲法が昭和21年に『公布』(こんな法律が成立したと国民に知らせること)された日だということはご存知ですか?
いや憲法記念日は5月3日だよという方も居られるでしょうが、5月3日は公布半年後に憲法『施行』(実際に実行に移され効力を持つこと)の日です。
この11月3日は元々明治天皇のお誕生日であった『明治節』と呼ばれる祝日でした。
敗戦後GHQは天皇や神道に関わるものを徹底的に排除し『明治節』も廃止させられました。
ですが、明治天皇のに関わる『明治節』はどうしても残しておきたいという意図が日本政府にあったため、日本国憲法の公布を11月3日にして、それを隠れた別の名前で祝日にしたと言われています。
 他にも同様にGHQによって変えられた日は2月11日の「紀元節」が「建国記念の日」に、11月23日の「新嘗祭」が「勤労感謝の日」などがあります。

 ところで、我が富岡町は近代憲法起草の地であることはご存知でしょうか?
以前報告しました様に、この地(横浜市金沢区富岡町)は昭和30年代までは海に面しており、政治家や文人、金持ちが住む別荘地帯でもありました。
その関係で、明治憲法も昭和憲法も当地周辺で起草されたのです。

 明治20年頃に、富岡にて伊藤博文を中心に、井上 毅、伊東巳代治、金子堅太郎の4名が「明治憲法」の草案作りをしました。
途中泥棒が入りお金と一緒に草案が盗まれてしまいました。
しかし、泥棒はお金が目的ですので草案が入ったカバンは捨てられたため無事に戻りました。
心配になった彼らは金沢八景にある伊藤博文の別荘で完成させました。
したがって、富岡と金沢八景の両方に「憲法草創の碑」が建てられています。

 昭和憲法ですが、戦後、日本が二度と戦争を起こさせなくするためと統治をしやすくするために、GHQが草案を示して作らせたものです。
そこで、憲法担当大臣金森徳治郎が、GHQ草案をベースに、それを日本国として恥ずかしくない憲法とするために、富岡の別荘で練りに練ったのです。
金森徳次郎は、自分が起草した新憲法は、その根幹には「日本人の考えを文章化したもの」だ、「押しつけの憲法だとは言われたくない」、という強い思いがあったと思います。
まさに、「日本国憲法の生みの親」と言えます。
さらに金森の偉かったところは、のちに法の番人である法制局長官に就き金森イズムを守り続ける多くの後継者を育成したことです。
その点では富岡の田舎家は「金森塾」だったとも言われています。
富岡の「日本国憲法起草之地」碑は、富岡八幡宮付近の幼稚園隣に子ども達の歓声に包まれてひっそりと立っています。

 実は、自治体や地域団体はこの記念碑を建てようとはしませんでした。
昭和憲法に関しては「押付けの憲法」というイメージが強かったので遠慮したのかもしれません。
この記念碑は、平成に変ってから無いことを嘆いた地元の篤志家によって建てられたものです。
私も富岡に引っ越す前は、昭和憲法と富岡の関係は全く知りませんでした。
憲法改正かどうかの議論が盛んになった今、憲法起草地富岡の存在を見直して欲しいものです。


【マレーシアの憲法と王様】
 憲法に因んで、マレーシアの話題も憲法に絡んだ王制について記します。
マレーシアは立憲君主国家であり、国王はアゴン (Agong) という称号を持っています。
珍しいことに、この国王は任期が5年と決められており、しかも世襲制ではなく選挙で選ばれることが憲法で決められている異色な王様です。
とはいうものの一般国民には選挙権はなく、スルタン (Sultan)と呼ばれる各州の君主の互選で選ばれます。
マレーシアを構成する13の州のうち、スルタンが存在しないペナン州・マラッカ州・サバ州・サラワク州を除いた、9州のスルタンの中から国王を選出します。
各スルタンはもちろん世襲制です。
この制度は、現在のマレーシアが過去の小王国(首長国)の集合体によって構成された経緯によります。
国王の選出は、憲法ではスルタンによる選挙制となっていますが、実際には各州のスルタンが輪番で国王に選出されることが慣習化しています。
たぶん初期のころは王位をめぐって深刻な争いがあったのでしょう。
任期5年で9人の輪番制となると、45年に一回しか国王の機会がまわって来ません。
何歳の時に州のスルタンになるかによっては国王になれなかった運の悪いスルタンが相当数いたことになりますね。
昨年暮れが国王交代時期でして現国王ムハマド5世の即位式が行われました。
王宮で開かれた即位式では、儀式用の短剣やイスラム教の聖典コーランに口づけし、イスラム教の保護と国家の平和の維持を誓ったそうです。

 国王の権限は、立憲君主国家として憲法に規定されており、多くは内閣の助言に基づいて行使されます。
首相の任命についても国王自らが判断することは出来るには出来ますが、内閣は下院に責任を負っているため、下院多数党の党首が首相に任命されています。難しい書き方でごめんなさい。
簡単にいえば色々な権限は、下院の決定や内閣の決定に基づいてのみ履行できるという訳です
日本の天皇陛下の権限とほぼ同じでしょう。
かつては国王とスルタンは、公私共に法的免責特権を有していましたので悪いことをして私服を肥やしたり、暴力事件を起こしたりするスルタンがいたそうですが、1993年の改憲で私的行為についての免責特権が廃止されました。
公務については国王を提訴することはできませんが、国王の公務に対して責任を持つ政府を提訴することができるようになっています。

 マレーシア国王の重要執務は、天皇陛下が祭祀をとり行うことと同じように、国教であるイスラム教の最高指導者としての祭祀です。
イスラム教最大のお祭り「ラマダン(断食)」をイスラム歴の9月(西暦だと毎年変わる)に30日間行いますが、断食明けの第1日目をハリ・ラヤ・プアサと言い、断食を終えたことを盛大に祝います。
この日に合わせて里帰りし、大掃除やごちそうを準備したり、洋服を新調したりと日本の正月とは比べようもない大騒ぎでした。
マレーシアでの正式な断食開始と終了は、国王が肉眼で新月を確認して宣言します。
毎年この時期は嵐で月が見えなくならないことを祈ったものです。
ただし、少々の雲や雨ならどこかで見えるところを探して、無理して見てくれますから大丈夫でした。

 企業の国王とのかかわりは、我が社では社長の私が無関心であったせいかあまり感じませんでした。
しかし、他社を見ると国王と王妃の肖像が飾られていることが多く、ローカル役員の助言もあって我が社も事務所壁に国王夫妻の肖像を飾りました。
地方の会社だと国王ご夫妻に加えてスルタンご夫妻の2枚と首相の写真も加えて飾る企業が多かったと思います。

 王宮は日本の皇居と異なり、フェンス越しにお庭や御殿が垣間見られるため、度々日本からのお客さんを案内したものです。
門扉に立つ衛兵は、普段は門の両側に直立不動で彫像の様にジッと立ち、その右側には騎乗の警備兵が一人立っています。
衛兵の横に観光客が並んで写真を撮ってもニコリとも怒りもせず立っておりそれが評判でした。
さらに毎日数回行われる衛兵の交代式は圧巻で何度も見学しました。

 この王宮は、クアラルンプール市中心部の駅近くにあり観光客にとっては便利な御殿でした。
それというのも元々は約90年前に華僑のスズ成金が建てた豪邸だったからでしょう。
便利で広いということで第二次世界大戦中は日本軍が、戦後はイギリスが官舎として使用していました。
それを新国家ができ現国王制度が出来るのに合わせて、国が買い取り王宮に改築したという歴史の浅い御殿です。
しかし、建てたのが華僑であり、日本軍やイギリスが使用していたという歴史は、マレーシア国家としては複雑な感情を覚えたようで、2011年に新王宮を造り移ったそうです。
新王宮は、私は見ていませんがその、雰囲気や衛兵のいる門の形や行事は変わっていないようなので、行ったら是非、衛兵交代式をご覧ください。
なお、旧王宮は2013年から公開しており、内部も手続きすればガイド付きで見学出来ます。

 見学と言えば、私が滞在していた1996年に中央刑務所が郊外に移転したので、旧刑務所が博物館として見学出來ました。
旧王宮と同じく都心にあり、エックス型の巨大建造物でした。
マレーシア独特のムチ打ち刑や死刑もここで行われておりその生々しい跡も見られました。
惜しいことに、傷みが激しいため1998年に閉鎖され今は商業地区として再開発されたそうです。
私はよいタイミングに滞在したものです。


 ところで、マレーシアの憲法は1957年施行以来50回近くの改正を行っています。
それは憲法条文で政府運営の細目まで決められているため、時代の変化に伴い改正しなければ政府運営が出来ないという事情もあるようです。
それにしてもほぼ毎年の改正とは多いですねー。
憲法改正には、日本と同じく国会の2/3以上の決議が必要ですので選挙戦は必死でした。

日本の現憲法は改正無しで施行されて70年も経ちました。
日本がお手本としている先進国では、ドイツが58回、フランスが27回、カナダが19回、イタリアが13回、アメリカでさえも6回と、日本とは比べようもない多くの改正をしています。
70年間も改正していない国は世界で日本だけの様です。
憲法というのは、政府の行動を縛るもので、それを基にして国民を縛るのは法規法律です。
法規法律は手軽に作り変えるのに、憲法はそのままにし、社会の変化に付いていけなくなると解釈だけ適当に変えるということは如何なものでしょうか。

11月は3日と23日の2日間祝日がありますが、この2日間ともにGHQによって祝日の名前も趣旨も(基は明治節と新嘗祭)変えられたものです。
本来のものに戻し、そして国民全員で祝日の本当の意味を再確認し、学校でもキチンと教える必要があると思います
いつが真の独立日なのか曖昧ですが、国家が独立して数十年経った今でも、憲法を含めて何故日本固有のものにしないのか不思議に思う11月です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
TEL&FAX 045-771-1745 
MP 080-5467-4187
E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.20     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  平成29年度 いわき市産業人財育成支援事業
┃  『いわきものづくり塾「廃炉コース(4)」』受講生募集のご案内
┃ 
┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 いわきものづくり塾『廃炉コース』では、廃炉、原子力安全に係る人材の育成を目
的として、東京都市大学原子力安全工学科と連携し、廃止措置や環境回復・放射線計
測等に関する知見習得を図るほか、同大原子力研究所(神奈川県川崎市)での視察実
習を実施しております。※全4回【講座3回/見学1回】
 今回は、廃炉コース最終回となります「東京都市大学 原子力研究所(王禅寺キャン
パス)」の見学会について、以下の通りご案内致します。
一般の方をはじめ、興味・関心がある方は、この機会に是非お申し込み下さい。

■日 程:平成29年12月8日(金)7:30~20:00 ※移動時間含む

■見学先:東京都市大学 原子力研究所 (神奈川県川崎市麻生区王禅寺971)

■概 要:
 今回の見学会は、研究用原子炉「武蔵工大炉」(熱出力100kW)の概要や、廃止措置
の現状を紹介します。
 また、運用中の放射性同位元素取扱施設において展開されている、放射線・放射能
に関する研究事例から、本学の設備や技術について学んで頂きます。

【行 程】
--------------------------------------------------------------
~ 7:30  ミスタードーナツいわき駅前ショップ前 集合
 7:30~  ミスタードーナツいわき駅前ショップ前 出発(バスにて移動)
12:00~ 東京都市大学 原子力研究所 到着
     昼食を召し上がりながら、研究所の概要説明・質疑応答
     ※1,000円程度/1名(各自負担・現地支払)のお弁当を手配します。
13:00~ 放射線管理区域内の実験室の見学
     ・廃止措置中の研究用原子炉施設 ・研究用原子炉TRIGA-II
     ・施療室(小型静電加速器)   ・放射性同位元素取扱施設
     ・Ge半導体検出器による低バックグラウンド放射能測定
     ・高温化学実験 ・サーベイメータによる汚染検査の実演・体験
     ・原子炉シミュレータ室(制御室)、環境放射能に関する測定設備
15:00~ 質疑応答・意見交換(30分)
15:30~ 東京都市大学 原子力研究所 出発
20:00  いわき 到着
--------------------------------------------------------------

■対象者:福島県浜通り地域内事業所に従業する方、大学・高専等の学生
     ※一般の方も受講可能です。

■募集人員:20名程度(申込み先着順で、定員になり次第締め切らせて頂きます)

■募集締切:11月30日(木)迄

■受講料:【会員】無料  【非会員】3,000円
※【会員】については、当協会の企業会員の所属員及び個人会員を対象と致します。
※初回受講時に受付にて申し受けます。

■申込方法
 所定申込書に必要事項をご記入の上、FAX・電子メールのいずれかにて
下記申込先へお申込ください。

※申込書兼案内チラシはこちらからダウンロードして頂けます。↓
【PDF版】http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/mousikomi_hairo04.pdf
【EXCEL版】http://www.iwaki-sangakukan.com/event/mousikomi_hairo04.xlsx

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2017/09/29mono-hairo.html

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:横山)
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-Mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.69
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■事業者名:Office Genie (オフィスジーニー)
         
■キャッチフレーズ
 企業の『ヒト』『モノ』『カネ』の悩みをスッキリ解決する黒子コンサルです。

■事業内容
1.財務コンサルティング
 (業績改善、資金調達、経営革新)
2.ビジネス人材育成コンサルティング
 (後継者育成、チームビルディング、コーチング)
3.講演・セミナーの開催
 (初心者でもわかる会計講座、部下育成 等)

■自己紹介
学卒後、地方銀行に入行して融資・資産運用業務中心に携わりました。
その後、法人コンサルに興味を持ち、大手経営コンサル会社に30代で転職。
中部、東北企業の数多くの業種のコンサルティングに従事してまいりました。
地元いわき市の中小企業の抱える『ヒト』『モノ』『カネ』の悩みを、
現場密着主義で解決していく所存です。企業の円滑な資金繰りのお手伝いと、
それを可能にする人材の育成中心に取り組み、クライアント企業の社長と
従業員の方々双方の満足を追求していきます。

■Office Genie (オフィスジーニー)の問合せ先はこちらです。↓
担当者: 渡辺 昌治(わたなべ しょうじ)
TEL:0246-85-0235 FAX:0246-85-0236
E-mail:watanabe@office-genie.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.16  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『ふくしまみらいビジネス交流会 [医療機器分野] 
┃  ~田村市や浜通りエリアで新たなビジネス機会の創出を目指して~』
┃  開催のご案内 
┃   
┃   主 催:経済産業省、福島県
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆ふくしまみらいチャレンジプロジェクト事務局からのお知らせです◆◇◇

 福島イノベーション・コースト構想は、田村市や浜通りエリアへ最先端技術を
活用した新たな産業を生み出す可能性を秘めています。
 今回は、地元企業と医療機器分野で活躍する企業とのビジネス機会を創出する
ための交流会を開催します。この機会に是非ご参加ください。

■日 時:平成29年11月21日(火)14:00~16:30(予定)
     ※開場 13:30

■会 場:迎賓館辰巳屋 ベルサイユの間
     (田村市船引町船引字源次郎128)

■プログラム
○14:00~ 開 会

○14:10~
【第1部】登壇企業プレゼンテーション
 今後注力していく事業や新たに取組むプロジェクトに対して、田村市・浜通り
エリアの"地元企業"へ求めるモノ・コトなど、ビジネス機会の創出の可能性に
ついて発表いたします。
 <登壇企業>
 ・株式会社朝日ラバー(事業実施場所:白河市)
 ・株式会社金子製作所(事業実施場所:いわき市)
 ・コニカミノルタ株式会社(事業実施場所:いわき市)   
 ・サイバーダイン株式会社(事業実施場所:郡山市)
 ・有限会社品川通信計装サービス(事業実施場所:いわき市)

○15:10~
【第2部】 交流会
 プレゼンテーション発表企業と、ご来場の皆様との交流・マッチングの機会を
設けます。ご来場の皆様の技・サービスなどをプレゼンテーション発表企業へ
直に伝えていただき、ビジネス機会の創出の可能性を見出せます。

○16:30 閉 会

■参加費:無 料

■申込方法
FAX、E-mailでお申込みの場合は、必要事項(「お名前」「所属」「業種」「TEL」
「FAX」「E-mail」)をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。
お電話でお申込みの場合は、必要事項を口頭にてご連絡ください。

※お申込み多数の場合、会場定員の関係上、抽選となる場合がございます。
 抽選となった場合のみ、開催日前日までに抽選結果をTELもしくはE-mailにてご連絡を差し上げます。
※1~2部のいずれかのみの参加も可能です。
※会場および周辺の駐車場には、駐車可能台数の限りがございます。ご来場時は公共交通機関をご利用ください。

■お申込み・お問合せ先
ふくしまみらいチャレンジプロジェクト事務局(平日 10:00~17:00)
TEL:03-6380-5490 FAX:03-6380-6805
E-mail:innovation@fukushima-mirai.jp

※本事業は、経済産業省の「平成29年度地域経済産業活性化対策委託費 6次産業化
等へ向けた事業者間マッチング・経営者の右腕派遣事業」の受託企業である
株式会社ジェイアール東日本企画が運営を行なっております。

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.68
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社イーストムーン企画

■キャッチフレーズ:心を動かす「感動」を「創造」する

■会社の特徴
 弊社はお客様のご要望を理解・共有し、広告・企画・印刷・イベント運営など
様々な角度からの提案を心がけています。表現方法は様々ですが、求められるのは
「感動」です。「創造」したメッセージによってお客様の「感動」が私たちの喜びです。
広告業を通じてお客様の夢をカタチにすることで共に成長し、お客様・地域に求められる
企業であり続けたいと考えています。

■株式会社イーストムーン企画の連絡先はこちらです↓
担当者:企画デザイン 水梨 佑紀
TEL:0246-29-5161
FAX:0246-29-5162
E-Mail:eastmoon@if-n.ne.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.15       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  平成29年度 第3回 経営革新セミナー
┃  『見本市・展示会活用セミナー
┃   ~成功事例から、効果的な展示会活用方法を学ぼう!~』開催のご案内

┃   主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 本セミナーは、時間・労力等を費やし出展する展示会や商談会を、単に宣伝の場と
するのではなく、戦略的な「顧客獲得手段」の場として捉えて、より効果的な成果を
得られるよう、展示会におけるノウハウを学び、ビジネスチャンスに繋げることを
目的として実施します。
 講師には、これまで老舗の上場企業からベンチャー企業まで、数多くの展示会出展
のサポートを行っている、株式会社ステラ 代表取締役 飯野健二 氏をお招きし、
効果を高める具体的な展示会の活用手法から、ブースの装飾におけるポイント等に
ついてご紹介頂きます。
 皆様、この機会に是非、ご参加ください。

■日 時:平成29年12月6日(水)18:00~19:30(受付17:45~)
                   
■場 所:いわき産業創造館 IT研修室(いわき市平字田町120 LATOV6階)

■講 師:飯野 健二(いいの けんじ)氏
    (株式会社ステラ 代表取締役)

~講師プロフィール~
埼玉県出身。20年に渡り、有名企業だけでも2250社の展示会を支援してきた実績を持ち、
展示会の持つポテンシャルを引き出し、多くのクライアントを成功に導いている。
近年では、多くの行政や自治体からの依頼で、セミナーや講演会を行っている。
<保有資格>
1級イベント業務管理士/日本展示会協会 人材育成委員会・実行委員/中小機構ビ
ジネスマッチングイベント・フォローアップ調査委員会・実行委員

■定 員:10名(先着順)

■参加費:無 料

■申込み方法
FAX又はメール、お電話にて「氏名」・「企業名」・「所属・役職」・「TEL」・
「FAX」・「E-mail」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/1206mihonichi.pdf (PDF)
○申込書
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/1206mihonichi.docx (WORD)

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2017/11/29-keiei-03.html

■お申込み・お問合せ先
公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.67
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社太平洋ビジネス

■キャッチフレーズ:書類作成はスピードで対応します。

■会社の特徴
・相続手続き、遺言書の作成手続きなど
・株式会社の設立、NPO法人、一般社団法人の設立など
・建設業の許可申請、産業廃棄物の収集運搬の申請など
・農地転用、開発行為、不動産の売買等、契約書の作成など
以上について伊藤行政書士を通して手続きをします。

■有限会社太平洋ビジネスの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 伊藤 仁平
TEL:0246-63-3518
FAX:0246-63-0660
E-Mail:uedakai@itogyosei.jp

◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 皆さんは空き缶の「プルタブ」集めに協力した事はありますか?
┃空き缶にくっついていて、グリグリと金属疲労で折り曲げて取り外すアレです。
┃自分も、何だかんだで缶コーヒーや炭酸飲料を飲み終わった後、プルタブを取
┃り外してましたが、最終的に何に役立つのか分からないまま、集めては寄付を
┃繰り返していました。最近になって、それが一定量集まるとリサイクル出来て、
┃車椅子と交換できる、ということをテレビの情報バラエティー番組で知り、
┃「へぇ~そうだったんだ~。」と思ったのもつかの間、実際は「空き缶そのま
┃まの状態の方がリサイクル率が高く、出来ればプルタブは取り外さないほうが
┃良い。」という事も知りました。どうやら、まだプルタブが完全に取り外せる
┃時代に、それで指を切って怪我をした人がいたり、また、道端にゴミとして捨
┃てられたりした事が問題となって、その対策として「プルタブ集め」を始めた
┃そうで、現在の缶はプルタブが取り外し出来ない形態に改良されたそうです。
┃しかし、特段、プルタブ集めがいけないという風潮になっているわけでは無く、
┃企業グループ間の繋がりや、団結する達成感などを強化する目的で今も続けて
┃いるところはあるそうです。ただ、純粋に資源リサイクルの観点から考えた場
┃合は、プルタブが付いたままの缶の方が資源回収率が高いようです。皆さんも、
┃プルタブを外した後は鋭利な箇所で怪我しないように気を付けてください。(洋)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.10  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「ロボットフェスタふくしま2017」開催のご案内
┃ 
┃    主 催:福島県
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆福島県 商工労働部 ロボット産業推進室からのお知らせです◆◇◇

 福島県では、「ロボット産業革命の地」を目指す福島において、ロボット本体のみ
ならず、センサーなどの要素技術、ネジ、ハーネス、CFRPなどの部材/素材製造
技術、ドローン関連サービス等を一堂に紹介する展示会を開催します。
 また、航空宇宙関連産業に関する製品・技術を展示する「航空宇宙フェスタふくしま
2017」も同時開催致します。
 皆様の御来場を心よりお待ちしております。

┌──────────────────────────────────────
|【1】『ロボットフェスタふくしま2017』開催のご案内
└──────────────────────────────────────
■日 時
 平成29年11月22日(水)  (10:00~17:00)<ビジネス向け展示・商談会>
 平成29年11月23日(木・祝)(10:00~16:00)<ビジネス&一般向け展示会>

■会 場:ビッグパレットふくしま(福島県郡山市南二丁目52)
     ※当日は郡山駅西口より無料シャトルバスを運行します。

■出展者:74社・団体 100ブース

■出展対象分野
 ○ロボット本体ならびにシステム
  災害対応/廃炉/医療・生活支援/ドローン/コミュニケーション/
  ファクトリー/農林水産/教育/測量・点検
 ○要素技術および関連素材・部材供給
  要素技術(アクチュエーター・センサー・ソフトウェア等)/
  素材(CFRP・チタン等)/部材(ネジ・ハーネス・モーター等)
 ○ロボット・ドローン関連サービス

■入場料:無 料

┌──────────────────────────────────────
|【2】『NEDOセッションinロボットフェスタふくしま2017』参加者募集のご案内
└──────────────────────────────────────
 NEDOドローンプロジェクトへ英知を結集 飛び立て世界へ!
 ~一度にたくさんのドローンが空を飛んだら"ぶつからないの?"の疑問に答えるために~

 NEDOでは、平成29年度よりロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな
研究開発に着手しております。その中で今回、空の産業革命と言われるドローンの将来の
物流や災害現場などへの利用を想定した、目視外飛行や複数機同時飛行のための安全飛行に
必要な運行管理システムや衝突回避技術開発について紹介します。
 最前線の取組が聴講できる貴重な機会ですので、ふるってご参加下さい。

■日 時:平成29年11月22日(水)10:30~12:00

■会 場:ビッグパレットふくしま コンベンションホールA

■プログラム
・オープニング「ドローンが飛び交う未来へ向け!」
・セッション(1)「世界のドローンが熱い!」
・セッション(2)「安心・安全で効率的な物流サービスをドローンで実現!」
・セッション(3)「"ぶつからないクルマ"から"ぶつからないドローン"へ」
・トピックス 「日本発の準天頂衛星技術をドローンに乗せる!」

■参加費:無 料

┌──────────────────────────────────────
|【3】『最新ロボット技術セミナーinロボットフェスタふくしま2017』参加者募集のご案内
└──────────────────────────────────────
 今回、注目を浴びている最新のロボット活用技術について、「産業」、「廃炉」、
「ドローン」、「生活支援」分野に焦点を当てて紹介します。国内の各分野に
精通した方を、講師として招いて開催しますので、ふるってご参加ください。

■日 時:平成29年11月22日(水)13:00~16:50

■会 場:ビッグパレットふくしま メインステージ

■プログラム
・製造現場でのIoT導入の動きについて
・産業用ロボットによる生産システムの動向
・IRIDが取り組む研究開発の状況―ロボットによる燃料デブリの調査・取出し―
・人とドローンの共生する未来社会の実現に向けて
・高齢者福祉施設で活躍する介護ロボットPALRO(パルロ)のご紹介
・生活支援ロボットの安全性評価と認証~ISO13482の概要とリスクマネージメントについて~

■参加費:無 料

┌──────────────────────────────────────
|【1】~【3】お申込み方法について
└──────────────────────────────────────

■申込期限:平成29年11月20日(月)※当日席もご用意しております。

■お申込み・お問合せ先 
 福島県商工労働部ロボット産業推進室
 〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16
  TEL:024-521-8568  FAX:024-521-7932
  E-mail:robot@pref.fukushima.lg.jp

 ※詳細はこちらをご覧ください↓
  http://www.robotfesta-fukushima.jp/

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.66
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:クニミネ工業株式会社

■キャッチフレーズ:顔料、その他粉末原料の分散にお困りの方はお声かけください!

■事業内容:粘土鉱物を原料とした分散剤、増粘剤などの製造・販売

■主要製品:精製粘土(商品名:クニピア)、合成粘土(商品名:スメクトン)

精製ベントナイトや合成スメクタイトは、様々な目的で利用されています。
特に分散や
増粘を目的とした用途は幅広く、物質の安定性、安全性も高いことから、
化粧品・トイ
レタリー、農薬、塗料、ナノコン、セラミックスなど多く
の分野で
採用されています。
弊社では、それぞれ有機化品
もご用意しておりますので、お客様のニーズに合った
製品
を提案させていただきます。

■クニミネ工業株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:化成品事業部 山田 剛也
TEL:0246-44-7100  FAX:0246-44-7102
E-Mail:takaya-yamada@kunimine.co.jp
URL http://kunimine.co.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.10
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  平成29年度 地域中核企業創出・支援事業(経済産業省委託事業)
┃ (いわき地域ものづくり中核企業創出支援ネットワーク形成事業)
┃ 『TCU産学連携いわきサテライトセンター』11月開所日のご案内

┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
┃  共 催:経済産業省東北経済産業局、東京都市大学
┃  後 援:いわき市、いわき商工会議所

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆

 (公社)いわき産学官ネットワーク協会では、経済産業省からの採択を受け、
「平成29年度地域中核企業創出・支援事業(いわき地域ものづくり中核企業創出支援
ネットワーク形成事業)」を実施しております。本事業では、地域経済活性化のため、
地域を牽引できる「地域中核企業」の創出を目的として、ものづくり分野で新事業・
新分野への挑戦を目指す「地域中核企業候補」の発掘を行うとともに、広域的な支援
ネットワークの形成により、それらの企業グループが産学連携等によって取り組む
新事業プロジェクトの創出や具体的な事業化に向けた様々な支援を進めて参ります。
 その一環として、東京都市大学(略称:TCU)との連携により、同学産学官交流
センターの「いわきサテライトセンター」を、いわき産業創造館・中小企業支援室内に
開所しましたのでご案内いたします。

 本サテライトセンターでは、定期的に同学の研究者等を配置して、地域ものづくり
企業との産学連携・共同研究の促進や、技術的課題の解決等に迅速に対応できる体制を
整備して参ります。第4回目となる11月の開所日程は下記の通りとなりますので、
皆様、この機会に是非、本サテライトセンターをご活用ください。

<11月「東京都市大学(TCU)産学連携いわきサテライトセンター」開所概要>

■開所日程:平成29年11月24日(金)(月1回開所)

■利用時間:13:30~17:30

■担当教員(専門領域等)
 東京都市大学 知識工学科 情報通信工学科 教授 柴田随道 氏(電子デバイス・電子機器)
 【研究内容と目指すもの】
 あらゆるものがネットワークにつながることで豊かで生産性の高い生活や新たなユーザ
 エキスペリエンスを生み出す社会を創造します。そのためのキー技術となるセンサー、
 集積回路、電子部品等のシステム集積化技術を研究しております。
 高精度/高速・高周波/省電力といった軸で特徴を発揮するシステムの考案、開発を通して、
 実践的で近未来に役立つ研究を志向します。
 【研究テーマ】
  ・積層セラミックコンデンサの高速信号通過特性評価
  ・ウェアラブルセンサNW連携の研究

※専門領域に限らず、幅広い分野の相談に応じます。
 東京都市大学が全学を挙げてサポートしますので、お気軽にご相談ください。

■開所場所:いわき産業創造館 中小企業支援室内(いわき市平字田町120番地 LATOV6階)

■主な相談範囲
(1)技術相談: 企業の技術的課題や産官学連携等の相談を受付けます。
(2)試験・分析・調査: 技術開発・製品開発等に係る各種試験・分析等を行います。
(3)受託研究: TCUの教員等が委託を受けて研究を実施し成果を報告します。
(4)共同開発: TCUの教員等が企業と共同で研究を実施します。
(5)特許情報: TCUの保有する特許等から技術移転可能な発明を紹介します。

■相 談 料:無 料

■申込方法
 所定の相談申込書に必要事項をご記入のうえ、
Eメール(icsn@iwaki-sangakukan.com)または
FAX(0246-21-7571)等にてお申し込みください。

※所定相談申込書はこちらからダウンロードできます。↓
【WORD】http://www.iwaki-sangakukan.com/tcu_moushikomi.docx
【PDF】http://www.iwaki-sangakukan.com/docs/tcu_moushikomi.pdf

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/2017/08/tcu.html

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
  「産学連携いわきサテライトセンター」相談申込受付係
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV 6階 いわき産業創造館内
  TCU産学連携いわきサテライトセンター
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-Mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.65
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アオバサイエンス

■キャッチフレーズ
 社会に貢献できる仕事を通じ、お客様にご満足をいただき、
 その報酬によって社員一同がより豊かな生活の向上を目指す集団です。

■会社の特徴
生命科学・環境計測・工業技術の三大分野~電子・科学・計測機器販売専門商社

当社は生命科学の研究分野と最先端技術を支えます精密測定・新素材研究分野に
関連します、分析機器等の製品を扱う電子・科学・計測機器専門商社であります。
総合的なノウハウを有し、お客様へ積極的な提案営業を展開しております。
地域を支える専門商社として邁進していきますので今後とも宜しくお願い致します。

■株式会社アオバサイエンスの連絡先はこちらです↓
担当者:いわき営業所 所長 若生 弘行
TEL:0246-58-0105
FAX:0246-76-0506
E-Mail:iwaki@aoba-science.co.jp
URL:http://www.aoba-science.co.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.09
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  平成29年度『弁護士等無料相談会』開催のご案内
┃  (知財総合支援窓口事業/福島県発明協会)
┃ 
┃   主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 ~専門コンサルタントが貴方の事業化をサポートします!~
 
 当協会では、特許や商標をはじめとした知的財産に関する契約、訴訟、取引など、
事業に関連した課題の解決をはかるために、弁護士の無料相談窓口を設置しております。
知財を専門分野とする弁護士が、自社製品の模倣品が出回った際の対策、侵害警告を
受けた場合の対応、知的財産を巡る訴訟、権利活用上の留意点等の知的財産に関する
問題について無料でご相談に応じます。
是非、お気軽にご相談下さい(個人的な案件や、過払い金、原発補償等はご遠慮ください)。

■相談日時:平成29年11月17日(金)「9時~、10時~、11時」
      (相談時間は、1案件につき原則1時間程度となります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関する知財に係る法務等の相談
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 相談室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:湊 一将(みなと かずゆき)氏(湊法律事務所 弁護士)
      ~プロフィール~
        磐城卒業後、明治大学法学部入学
       平成18年10月 弁護士登録
        平成20年 2月 湊法律事務所開設
        〔ホームページ〕http://www.minato-law.com/

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局へ
 メール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF)http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/H29_bengoshi_tirashi.pdf.pdf
○申込書
(WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/bengoshi_m.doc  
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会 事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2015/07/lawyer.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.64
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社シンテック

■キャッチフレーズ
『貴金属へのメッキ』『異種金属の接合』はお任せ下さい!!
~最新のイオンコーティング設備で各種ニーズに対応します~

■会社の特徴
 当社は、特殊部品(Ni-Ti形状記憶合金やTi合金など)に対し貴金属メッキを施し、
製品の付加価値を向上しています。ロジュウムメッキや金メッキ、イオンコート、
フッ素樹脂へのメッキも得意です。それら特殊メッキ技術を駆使した各種加工により、
歯列矯正ワイヤーや体内固定ケーブル等の医療関連製品の製造・販売を行っております。
(医療機器製造業許可、第1種医療機器製造販売業許可、ISO13485取得)
【事業内容】貴金属メッキ及び異種金属接合
【主要製品】歯列矯正機器及び体内固定ケーブル等の医療関連製品

■株式会社シンテックの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 赤津 和三
電話番号:0246-77-0110
E-Mail:k-akatsu@syntec-jp.co.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃ LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL : 0246-21-7570 FAX : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.08  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃   「第66回 いわき情報技術研究会」講演会開催のご案内

┃  主 催:NPO法人いわき情報技術研究会  
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆NPO法人いわき情報技術研究会からのお知らせです◆◇◇

 NPO法人いわき情報技術研究会では、ITを利用した人材育成や技術者育成に
関する講演会を開催します。今回は今様な話題でロボット技術と地域社会のITです。
第4次情報革命などと言われています。最先端の講演を聞いてみませんか?
 皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:平成29年11月11日(土)(13:30~16:00)

■会 場:中央台公民館 会議室
     http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1454911384197/index.html
     ※いつもと場所が違いますので、お間違えないようお願いします。

■内 容
1. 講 演
演 題:「ロボットにみる情報技術と地方都市のIT化」
講 師:アルパイン情報システム株式会社 斉藤 寿典 氏
概 要
コンピューターの中に閉じ込められていたIT技術が、今、我々のいる現実の空間で
ロボットという形で活躍を始めています。そんなロボットへの世界や日本での取り組み、
そして福島県での取り組みを紹介しながら、これらを実現している情報技術を紐解くとともに、
我々の暮らす地方都市での活用方法について、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
ロボットとはいったい何か?

2. 展示会見学報告 「CEATEC JAPAN 2017 見聞録」
報告者:いわき明星大学 科学技術学部 教授 高山 文雄 氏
概 要
アジア最大級の情報家電の見本市 CEATEC JAPAN 2017 (10月3日~5日)が開催され、
10月5日にセミナーと展示会に参加しました。セミナーでは、(1)Iot 総合戦略(総務省)、
(2)コネクテットカ ーのセキュリティ(PWS 社)、(3) 米国 AI/IoT テクノロジー最前線
(米国大使館)を聴講し、展示会ではいくつかのブース(ローム、KOA、他)を見ました。
ここでは、聴いたり・見たり・感じたこ とをお話ししたいと思います。

3. ライトニングトーク(LT)
3. ライトニングトーク
話題はなんでもOKです(今考えていること、会社の広報、イベント広報、求人・求職など)。
発表時間は5分で、多くても少なくてもいけません。PowerPointなどで資料を見せることが
出来ます(PC 持ち込みも可)。終わりには、研究会参加者が優秀賞を選定します。
発表したい方は、11月8日(水)までに、このアドレスか事前登録(こくちーず)で
タイトルを知らせてください。奮っての参加をお願いします。

■受講料:無 料(駐車場あり。服装自由。私服OK)

■申込方法
 下記ホームページ内のお申込みフォームより、「お名前」、
「キャンセル用パスワード」、「メールアドレス」をご記載の上、お申込みください。
当日参加も大歓迎ですが、できるだけ事前登録をお願い致します。
※登録はこちらから→ http://kokucheese.com/event/index/493761/

■懇親会
講師を囲んで 17:30より、別会場「三代目 鳥メロ いわき駅前店」にて開催致します。
(これまで利用していた「わたみん家」から店名は変わりましたが、場所は同じです。)
 http://www.watamifoodservice.jp/shopsearch/home/detailMap/677
会費:4,000円、女性は3,000円、学生は2,000円
多数の方の参加をお待ちしております。

当日参加も大歓迎ですが、できるだけ事前登録をお願い致します。
※登録はこちらから→http://kokucheese.com/event/index/493761/

■お問合せ先・お申し込み先
NPO法人いわき情報技術研究会(担当:高山)
TEL: 0246-29-7175
E-Mail: iwakiit@gmail.com 

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 https://sites.google.com/site/iwakiit/

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.63
└───────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社磐城高箸

■キャッチフレーズ:最高級割箸をいわき産杉間伐材の原木から一貫製造

■会社の特徴
弊社は杉間伐材をいわき市内の山林から原木で仕入れ、独自の画期的設備・工程により
手作業主体で柾目かつ高強度の9寸(24cm)利久割り箸を一貫製造しております。
薪ボイラーにより、製造過程に出た端材や不良品、回収した使用済み割り箸等を燃焼させ、
材料乾燥用の熱エネルギーに変換し環境負荷を極限まで低減しております。
また、障がい者の自立支援の一環として、検品等をいわき市内の施設に委託はじめ、
間伐材割り箸の販売やPR、工場見学等を通して、子供から大人までも木育や森林保護の
啓蒙に広く貢献しております。

■株式会社磐城高箸の連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役社長 髙橋 正行
電話番号:0246-65-0848  FAX:050-6861-0164
E-Mail:info@iwaki-takahashi.biz
URL http://iwaki-takahashi.biz

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.11.06   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 中小企業の皆様の経営課題の解決、創業や新規事業展開をご支援します!
┃ 11月・12月『中小企業者・創業者向け 起業・経営相談会』のご案内
┃      
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

(公社)いわき産学官ネットワーク協会では、いわき地域の中小企業等の事業者が
かかえる課題の解決や、新規事業の創出を支援するため、中小企業者・創業者等を
対象とした相談会を無料で開催しております。
 経営全般、金融、雇用等に関するご相談、創業、新規事業を展開しようとお考え
の方へのアドバイスなど、経験豊富な起業・経営のコンサルタントが、あなたの
疑問にお答え致します。是非お気軽にご相談にいらしてください。

■開催日時

<11月の相談日> 
 9日(木)11:00~、13:00~(相談員:奥瀬 氏)
14日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
21日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
28日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
30日(木)10:00~、11:00~、13:00~、15:00~(相談員:奥瀬 氏)

<12月の相談日> 
 5日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
 7日(木) 9:00 ~ 16:00 (相談員:奥瀬 氏)
12日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
14日(木) 9:00 ~ 16:00 (相談員:奥瀬 氏)
19日(火) 9:00 ~ 16:00 (相談員:佐藤 氏)
21日(木) 9:00 ~ 16:00 (相談員:奥瀬 氏)

○相談時間(お一人様 1時間程度)
AM/9:00~、10:00~、11:00~
PM/13:00~、14:00~、15:00~

■相談員
○佐藤 直美(さとう なおみ)氏
 有限会社インキューブ 取締役社長
 中小企業診断士・ITコーディネータ
 (会社ホームページ http://in-cube.co.jp/ )

○奥瀬 円(おくせ まどか)氏
 HRM総合事務所 代表社員
 中小企業診断士・特定社会保険労務士

■対象分野
・中小企業者等のかかえる経営課題全般
・ソフト系IT分野およびソーシャルメディア、中小企業をはじめとした
 企業の情報化に関すること
・会社設立への想いを形にするビジネスプラン作成
・販促に繋がるホームページ構築からインターネットの活用
・事業をまわしていくための仕組みづくりに関すること 等

■相談料:無 料

■会 場:いわき産業創造館 創業者支援室内 マネージャー室(LATOV6F)

■申込方法
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局まで、E-mailまたはお電話にて
お問合せの上、所定申込書にてお申込みください。

※事前予約が必要となります。ご希望の時間等、事務局までお気軽にお問合せ下さい。

※所定申込書はこちらからダウンロードできます。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2017/04/kigyou.html

■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局  
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com 
URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.60
└───────────────────────────────  
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社タツミ工機

■キャッチフレーズ:油圧部分などミクロン精度の精密加工を短納期で制作

■会社の特徴
当社は株式会社小松製作所開発グル-プの油圧部品の試作品を製作して現在に
至っています。アクリル・アルミから浸炭材と扱う材料は幅広く、材料から
加工⇒焼入れ⇒研磨⇒ラップ仕上げと、油圧部品は内外径のミクロン仕上げの
正確な研磨が必要となり協力企業と連携してお届けしています。
穴加工はΦ0.1からの小径穴から対応可能です。
開発品なので製缶品・スプライン加工(M0.3~)・ホブやピニオンカッタでは
加工不可能なものはスロッタ加工やワイヤ加工また形彫放電などにて対応、
3次元CAD/CAMによる金型加工などあらゆる加工に対応させて頂いています。
高精度の加工を要求され対応してきた技術を生かせれば幸いです。
又テスト治具や製缶品からの加工・テストの水準品づくり・完成品からの追加工など
多機に対応させて頂いております。

■有限会社タツミ工機の連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 立見 洋一
電話番号:0246-43-6980  FAX:0246-43-6981
E-Mail:tatumiyouiti@dolphin.ocn.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.