メールマガジン

2017年4月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.04.27        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 平成29年度 第2回 オフタイムサロン
┃  『被災地域産業の早期復興を促す 地域産学官連携スタイル
┃  「福島堀切川モデル」の確立を目指した取り組み』開催のご案内
┃  
┃   主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
┃  共 催:いわき市 福島県
┃  後 援:いわき商工会議所 福島県中小企業家同友会いわき地区                    

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇
 
 本事業は関心のあるタイムリーな話題をテーマとした講演会と、講師・参加者同士
の交流を深め、異業種の交流を通した、あらたな事業の創出や「つながり」をつくる
ことを目的に実施しております。
 
 今回の講演では、福島県地域産業復興支援アドバイザーとして5年目の活動を迎える
東北大学の堀切川一男氏を講師に「被災地域産業の早期復興を促す地域産学官連携スタ
イル『福島堀切川モデル』の確立を目指した取り組み」をテーマにご講演頂きます。
 堀切川先生におきましては、「仙台市地域連携フェロー」として次々と新製品の
開発・事業化の成果を生み出し、「仙台堀切川モデル」と呼ばれ全国的にも
広く周知されております。
 中小企業との開発・事業化事例は80件以上に上り、本市においても2社の企業が
堀切川先生のアドバイスを頂き製品開発まで至りました。
 今回は、その福島県の事例も交えて、お話し頂きます。
 聴講は無料となりますので、この機会にぜひご来場ください。

■日 時:平成29年5月18日(木)【講演会】18:00~19:30
                  【交流会】19:30~20:30
                   
■場 所:いわき産業創造館 企画展示ホール
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。   

■講 師:堀切川 一男(ほっきりがわ かずお)氏
     (福島県地域産業復興アドバイザー 東北大学大学院工学研究科 教授)

■定 員:40名程度

■参加費:無 料(交流会参加の方は別途1,000円)

■申込み方法
 FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」・
 「連絡先」・「交流会参加の有無」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/29_offtime_2.pdf
○申込書
(WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/29_offtime_2.doc

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/2017/04/29.html

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.04
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:一般社団法人浜通り生活支援協議会
        
■キャッチフレーズ:お年寄り・障害をお持ちの方々をお手伝い致します!

■事業内容
○成年後見人・保佐人・補助人の受任、左記の監督人受任
○遺言書の作成及び作成支援、遺産分割協議書の作成、相続人及び相続財産の調査、遺言執行者の受任、相続手続代行
○介護施設・老人ホーム・医療機関の調査、入居・入院の支援
○死後事務委任契約、生前贈与、離婚、債務弁済、金銭消費貸借の相談及び支援

■自己紹介
15名の行政書士有志で設立した法人です。
行政書士の資格・経験を活かし、いわき市のお年寄りや障害をお持ちの方々が
安心して暮らせるようサポートしていきます。
お悩みや不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

■一般社団法人浜通り生活支援協議会の問合せ先はこちらです。
担当者:大川原 利美(おおかわら としみ)
TEL:0246-85-5928 FAX:0246-85-5962
E-Mail:h.seikatsushien@gmail.com
URL:http://h-seikatsushien.jimdo.com

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.04.26      
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 「ふくしまロボット産業推進協議会」設立総会のご案内
┃  
┃   主 催:福島県

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆福島県 商工労働部 ロボット産業推進室からのお知らせです◆◇◇
 
 福島県では、産学官連携の下、会員相互交流の活性化と技術基盤の強化に取り組み、
福島県におけるロボット関連産業の集積と取引拡大を図るため、「ふくしまロボット
産業推進協議会」を設立致します。
 このたび、下記のとおり設立総会を開催致しますので、是非ご参加ください。

■日 時:2017年5月22日(月)14:00~17:00(13:30開場・受付開始)

■会 場:ザ・セレクトン福島 西館3階「安達太良」(福島市太田町13-73)

■内 容:
(1)福島県知事あいさつ
(2)来賓あいさつ
(3)基調講演 
   【演 題】「ロボットビジネスの最新動向と地域におけるロボット産業振興」
   【講 師】今堀 崇弘 氏
       (日刊工業新聞社 大阪支社 事業出版部 副部長)

(4)福島県のロボット産業推進事業について
(5)協議会における研究会、検討会の活動計画について
   ○廃炉・災害対応ロボット研究会
   ○ドローン活用検討会
   ○医療・生活支援ロボット検討会
   ○ロボット部材開発検討会
   ○ロボット・ソフトウェア検討会
 
 ※ 研究会、検討会への参加については、総会時又は後日に別途希望をお聞きする予定です。

(6)交流会(希望者のみ)
   【日 時】平成29年5月22日(月)17:15~
   【会 場】ザ・セレクトン福島 本館3階「吾妻」
   【参加費】5,000円(1人あたり・税込)

 ※ 参加費は当日受付でお預かりし、領収書をお渡しします。
 ※ 参加申込期限後のキャンセル・追加等は困難ですので、あらかじめ御了承願います。

■申込方法
出席申込書 [Excel]に必要事項をご記入の上、
E-mail(robot@pref.fukushima.lg.jp)又は、FAX(024-521-7932)でお申込みください。

※申込書はこちらからダウンロードできます↓↓
○出席申込書
(EXCEL)https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/212691.xlsx

■申込期限:平成29年5月15日(月)17時迄

※設立総会へのご参加には、ふくしまロボット産業推進協議会への入会が必須となります。
 お申込みがまだの方は、下記ホームページをご覧の上、ご入会ください。↓
 http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021f/conference.html

■お申込み・お問合せ先
福島県 商工労働部 産業創出課 ロボット産業推進室
〒960-8670 福島県福島市杉妻町2番16号
TEL:024-521-8568 FAX:024-521-7932
E-mail:robot@pref.fukushima.lg.jp

※詳細はこちらをご覧ください。↓
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021f/conference-establish.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.03
└───────────────────────────────────
このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!  

■企業名:カノウ機械設計事務所
        
■キャッチフレーズ
『可能性をカタチに』
 可能性を秘めたニーズから、カタチあるものを。確かな設計技術でお応えします。
 
■事業内容
1.産業用ロボットの機械設計
2.工場のライン構成、作業改善のご提案
3.産業用ロボットの機械設計と合わせての電気設計、ソフト開発
(電気設計協力会社)

■自己紹介
産業用ロボット(自動化機械)に二十年以上かかわり、特に機械設計技術者と
しまして多種多様な業種の産業用ロボットを手掛けてまいりました。
機械は動きます。その瞬間、人の気持ちもワクワクと動きます。
経験と勘の良さがモノをいう機械設計を中心として、可能性を感じた時に
一緒に技術を追求できる場所を、ふるさと、いわきに作っていきます。

■カノウ機械設計事務所の問合せ先はこちらです。↓
担当者:吉田 潤治(よしだ じゅんじ)
TEL:090-1398-8305 FAX:024-505-4828
E-mail:j-yoshida@kanou-kikai.com

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.04.26
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  来たれ!起業家~あなたの挑戦を応援します~
┃ 『いわき産業創造館 創業者支援室(インキュベートルーム)入居者募集』のご案内
┃ 募集期間:平成29年4月26日(水)~平成29年5月31日(水)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆いわき産業創造館からのお知らせです◆◇◆

 いわき産業創造館では、館内に設置の創業者支援室(インキュベートルーム)の
入居者を募集いたします。
 いわき産業創造館 創業者支援室(インキュベートルーム)では、創業者や創業
意欲者などの支援、育成を行うことを目的にいわき市が開設した起業家支援施設です。
新規創業者をハード・ソフトの両面からサポートいたします。
 いわき市内で起業や新事業をお考えの方からのお申込みをお待ちしております。
 
■募集期間
 平成29年4月26日(水)~平成29年5月31日(水)※必着

■募集対象者
 再生可能エネルギー関連分野、医療・福祉関連分野等をはじめとする、今後将来性・
成長性が期待されると考えられる産業分野において、現在創業準備中(現在、創業を
考えている方も含む)の方(大学生、主婦の方でも可)、創業後間もない(5年以内)
中小企業等、もしくは新分野・新事業へ進出して間もない(5年以内)中小企業等で、
本市に本社を置くことが可能な方(個人・法人は問いません)。

■募集ルーム数:3室 
(ポストインキュベートルーム2室、メインインキュベートルーム:1室)

■申込み方法
 創業者支援室(インキュベートルーム)に入居を希望される方は、
所定の使用許可申請書等に必要書類を添付して、いわき産業創造館
(指定管理者:いわき産学官ネットワーク協会)まで、持参してお申込ください。

※申請の際は、創業者支援室インキュベーションマネージャによる申請書類の事前確認が
必須となりますので、お申込みの1週間前までに必ず事務局までご連絡ください。

※募集要項・申請書類等はこちらからダウンロードできます。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offering/2017/04/ir.html

■申込み・お問合せ
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:長瀬)
 いわき市平字田町120番地 LATOV 6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 ※起業をお考えの方はお気軽にご相談ください。

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.02
└─────────────────────────────────     
このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:mizDesigns株式会社
        
■キャッチフレーズ
 地元のイベント/起業/社会貢献活動を資金面から支援する、
 地域密着型「クラウドファンディングサービス」を実現します。

■事業内容
1. クラウドファンディングサービス【新規事業】
福島県内初となる地域密着型のクラウドファンディングサービスを提供する。
サービス名「KickOFF(キックオフ)」。企画者との直接面談や共同での企画検討など
顔の見えるサービスを展開。従来の達成支援コースに加え即時支援コースを導入する事で、
目標金額に達さなくても集まった分の資金を企画者に提供する事が可能。
またデザイン事業と連携する事でリターン品となるノベルティ制作のサポートも展開する。

※クラウドファンディングとは?
企画者(発案者)が立案する企画をインターネットサイト上に公開し、資金提供が可能な
賛同者(支援者)とのマッチングを行い、企画者に資金を提供するサービス。
今回導入する購入型では資金提供者にリターンとして物品/サービスを還元する事で成立する。

2. グラフィックデザイン/イラストレーション【既存事業】

■自己紹介
鳥取県米子市出身。九州芸術工科大学(現九州大学)を卒業後、2000年からいわき市に移住。
アルパイン(株)にて商品企画業務を10年務めた後、イラストレーターとして2010年に独立、
グラフィックデザイン事業を含め、福島県内を中心に県外でも活動。
2009年からは公園イベント「アリオスパークフェス」を主催、現在 実行委員長を務める。
2014年7月に今回のクラウドファンディングサービスを視野に入れmizDesigns株式会社を設立、代表取締役に就任。
ユアサミズキ名義でライブペインティング/壁画制作、オリジナル作品の制作などアーティストとしても活動。
〇クラウドファンディングサイト:http://kickoffjapan.com/fukushima
〇デザイン/イラストサイト:http://mizdesk.com

■mizDesigns株式会社の問合せ先はこちらです。↓
担当者:湯淺 瑞樹(ゆあさ みずき)
TEL:080-5562-9702
E-mail:info@mizdesk.com

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2016.04.21
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃ 『平成29年度 産産・産学連携共同研究活動奨励事業』公募のご案内

┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会 
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆◇ 

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、民間事業者間(産産)及び
民間事業者と研究・高等教育機関(産学)の連携活動のスタートアップ期を支援し、
国県等の支援制度適用につなげることを目的として、協会が認定した産産・産学
連携による研究会に対し活動経費の一部助成や事務局運営の支援など様々なバック
アップを実施してまいります。
 応募に当たっては、公募内容を必ずご確認いただいてからご応募ください。
 
■受付期間:平成29年4月20日(木)から平成29年6月9日(金)

■対象者
 3社(団体・個人含む)以上で構成される産産・産学の連携体であること。
 また、申請主体(研究会代表者)は当協会の企業会員であること。

※本事業は、当協会が認定した研究会の活動を支援する事を目的としていることから、
申請にあたっては、研究会の設置届(様式2)をご提出頂きます。
なお、研究会の代表者は、当協会の企業会員である事が条件となります。

■対象事業
 平成29年度に実施する、産産・産学の連携による研究会活動に係る取り組み
     
■事業期間
 交付決定日から実績報告書等の提出も含め平成30年3月2日(金)まで。
 
■助成金額
 定額20万円(予算総額80万円)
 ※助成金の交付は事業採択時に行い、事業完了時に精算を行います。
           
■応募方法
・申請書を正本一部、及び電子媒体により一部提出してください。
 (電子媒体はWord形式で原則として電子メールで提出してください)
・応募書類は直接持参もしくは郵送により下記応募先まで提出してください。
 
■応募先及び問い合わせ先
(応募先)〒970-8026 いわき市平字田町120番地
    LATOV6階 いわき産業創造館内
    公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局
(問い合わせ先)FAX若しくはメールで問い合わせてください。
    FAX:0246-21-7571  E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

※公募要領・申請書はこちらからダウンロードしてください。↓
【公募要領】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/29sansanyouryou1.pdf
【様式1】申請書類一式 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/28sansansinseisyo.doc
【様式2】研究会設置届 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/H29sansankenkyukaitodoke.doc

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2016/04/sansansangaku.html

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.01
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:Office Genie (オフィスジーニー)
        
■キャッチフレーズ
 企業の『ヒト』『モノ』『カネ』の悩みをスッキリ解決する黒子コンサルです。

■事業内容
1.財務コンサルティング
 (業績改善、資金調達、経営革新)
2.ビジネス人材育成コンサルティング
 (後継者育成、チームビルディング、コーチング)
3.講演・セミナーの開催
 (初心者でもわかる会計講座、部下育成 等)

■自己紹介
学卒後、地方銀行に入行して融資・資産運用業務中心に携わりました。
その後、法人コンサルに興味を持ち、大手経営コンサル会社に30代で転職。
中部、東北企業の数多くの業種のコンサルティングに従事してまいりました。
地元いわき市の中小企業の抱える『ヒト』『モノ』『カネ』の悩みを、
現場密着主義で解決していく所存です。企業の円滑な資金繰りのお手伝いと、
それを可能にする人材の育成中心に取り組み、クライアント企業の社長と
従業員の方々双方の満足を追求していきます。

■Office Genie (オフィスジーニー)の問合せ先はこちらです。↓
担当者: 渡辺 昌治(わたなべ しょうじ)
TEL:0246-85-0235 FAX:0246-85-0236
E-mail:watanabe@office-genie.jp
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.04.17    
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『平成29年度 見本市・展示会出展助成事業』公募のご案内

┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆◇ 

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、
民間事業者が自社製品・サービス等の販路の維持・拡大を図るため、
首都圏等への販路の維持・拡大や風評被害払拭等を行うための見本市・展示会へ
出展する際の費用の一部を助成いたします。
 応募に当たっては、公募内容を必ずご確認いただいてからご応募ください。

■受付期間:平成29年4月14日(金)~6月16日(金)
      
■対象者:いわき地域を中心に事業を展開する民間事業者
 ※ 1年間での採択は1社あたり1件までとなります。
 ※ 2年連続採択の場合には次年度は申請できません。
  (例:平成28年度及び29年度連続採択の場合は平成30年度の申請はできません。)

■対象事業
 応募書類受付日の翌日から平成30年3月31日までに市外で開催される、
原則として公開され、来場が限定されない見本市・展示会で、
自社製品・サービス等の販路拡大に資すると認められるもの。
ただし、即売が主目的であるものを除く。
※公募開始後に開催される展示会が対象となります。
※見本市・展示会開催前に、必ず申請を行っていただきます。
※応募件数にかかわらず、審査会を経て助成対象案件を決定いたします。

■対象経費
 見本市・展示会への出展に要した経費
 (出展料、社員以外の人件費、旅費、展示会製作費、通信運搬費、使用料・賃借料、
  その他必要と認める経費)
 ※経費の支払は平成30年3月30日までに完了してください。

■助成率及び助成金額
 1件当たり20万円を限度とし、対象経費の2分の1以内の額とします。
 ※助成金の交付は、事業完了時に精算とします。

■採択者の義務
 展示会出展のより効果を高めるために展示会ノウハウセミナーを開催予定です。
採択者にはセミナーに必ずご参加いただくこととなります。
また、採択後数年間は成果等を報告及びアンケートのご協力をお願いいたします。

◆応募方法

■応募方法
・申請書を正本一部、及び電子媒体により一部提出してください(電子媒体は
 Word形式で原則として電子メール等で提出してください)。
・応募書類は直接持参もしくは郵送により下記応募先まで提出してください。

■応募先及び問合せ先
(応募先)〒970-8026 いわき市平字田町120番地
    LATOV6階 いわき産業創造館内
    公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局
(問い合わせ先)メールもしくはFAXで問い合わせてください。
    FAX:0246-21-7571  E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com

※公募要領・申請書はこちらからダウンロードしてください。↓
【公募要領】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h29tenjikai_gaiyo_170414.pdf
【申請書】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/h29tenjikai_keikaku.docx
【記載要領】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h29tenjikai_keikaku_kisaiyouryo.pdf

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.05
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アオバサイエンス

■キャッチフレーズ
 社会に貢献できる仕事を通じ、お客様にご満足をいただき、
 その報酬によって社員一同がより豊かな生活の向上を目指す集団です。

■会社の特徴
生命科学・環境計測・工業技術の三大分野~電子・科学・計測機器販売専門商社

当社は生命科学の研究分野と最先端技術を支えます精密測定・新素材研究分野に
関連します、分析機器等の製品を扱う電子・科学・計測機器専門商社であります。
総合的なノウハウを有し、お客様へ積極的な提案営業を展開しております。
地域を支える専門商社として邁進していきますので今後とも宜しくお願い致します。

■株式会社アオバサイエンスの連絡先はこちらです↓
担当者:いわき営業所 所長 若生 弘行
TEL:0246-58-0105
FAX:0246-76-0506
E-Mail:iwaki@aoba-science.co.jp
URL:http://www.aoba-science.co.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.04.13        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 「ふくしまロボット産業推進協議会」会員募集のご案内
┃  
┃   主 催:福島県

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆福島県 商工労働部 ロボット産業推進室からのお知らせです◆◇◇
 
 福島県では、県内のロボット関連産業基盤強化とネットワーク形成を図るため、
産学官で構成される協議会を設立します。
 協議会では、ロボット関連産業の集積を目指し、廃炉・除染、災害対応、インフラ点検、
物流、医療・介護、農業など多分野で活用が期待されているロボット・ドローンについて、
当該分野への会員の進出等を促進するとともに、会員相互交流の活性化、グループによる
実用化開発推進、取引拡大等に向けた取組を行います。
 県内外からの参加を広く受け付けておりますので、関心のある企業・団体の皆様、
是非積極的に参加願います。

■活動内容
・関連分野参入や最新技術情報収集に向けたセミナーの開催
・取引拡大のためのマッチング会の開催や展示会への出展
・開発者、ユーザーが連携した実用化開発の提案
・関連技術情報の共有化 など

■研究会設置
 平成25年度より活動を行ってきた「福島県廃炉・除染ロボット技術研究会」について、
 今後も事業を継承して活動を行うため「福島県廃炉・災害対応ロボット研究会」を
 設置します。

■検討会設置
 今後県内で発展が見込まれる以下の4つの分野について検討会を設置し、
各分野に焦点を当てた取組を行います。
・ドローン活用検討会
・医療・生活支援ロボット検討会
・ロボット部材開発検討会
・ロボット・ソフトウェア検討会

■会 費:無 料

■申込期間:平成29年3月14日より随時

■入会方法
 所定の申込書に必要事項を記入し、E-mail又はFAXにて送付ください。

※入会申込書はこちらを御覧ください↓
 http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021f/conference.html

■お申込み・お問合せ先
福島県 商工労働部 ロボット産業推進室
〒960-8670 福島県福島市杉妻町2番16号
TEL:024-521-8058 FAX:024-521-7932
E-mail:robot@pref.fukushima.lg.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.05
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社シンテック

■キャッチフレーズ
『貴金属へのメッキ』『異種金属の接合』はお任せ下さい!!
~最新のイオンコーティング設備で各種ニーズに対応します~

■会社の特徴
 当社は、特殊部品(Ni-Ti形状記憶合金やTi合金など)に対し貴金属メッキを施し、
製品の付加価値を向上しています。ロジュウムメッキや金メッキ、イオンコート、
フッ素樹脂へのメッキも得意です。それら特殊メッキ技術を駆使した各種加工により、
歯列矯正ワイヤーや体内固定ケーブル等の医療関連製品の製造・販売を行っております。
(医療機器製造業許可、第1種医療機器製造販売業許可、ISO13485取得)
【事業内容】貴金属メッキ及び異種金属接合
【主要製品】歯列矯正機器及び体内固定ケーブル等の医療関連製品

■株式会社シンテックの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 赤津 和三
電話番号:0246-77-0110
E-Mail:k-akatsu@syntec-jp.co.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.04.13   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃  「平成29年度ロボット関連産業基盤強化事業費補助金」公募のご案内

┃   主 催:福島県
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆◆福島県 商工労働部 ロボット産業推進室からのお知らせです◆◆◇◇

 福島県では、東日本大震災からの復興を促進することを目的とし、ロボット関連
産業の集積を目指し、県内企業のロボット産業への参入を促進するため、ロボットの
要素技術の開発や実証を行う事業者に対して必要経費を補助します。
 この度、平成29年度補助事業の公募を下記の通り行いますのでお知らせします。

■公募期間:平成29年4月12日(水)~平成29年5月12日(金)

■事業概要
(1)補助対象者
  県内に本社、試験・評価センターまたは研究開発拠点、
  研究成果を用いた生産拠点のいずれかが所在する企業。

(2)補助対象となる事業
・ロボットの要素技術の開発や実証試験等
・要素技術を組み合わせたロボット開発
 ※要素技術の区分は「センサ」「知能・制御系」「駆動・構造系」「その他」となります。
 ※次の事業も対象となります。
  ・既にロボットに実装されている部品の改良
  ・自動車や家電等の他製品用の部品のロボット部品への転用に向けた研究開発
 ※ なお、機材の更新等の経営効率の改善が目的の場合は対象となりません。

(3)補助限度額及び補助率
  中小企業:補助対象事業費の上限額:1,000万円
       補助率:3/4(最大750万円)を補助
  大企業 :補助対象事業費の上限額:1,000万円
       補助率:2/3(最大666万6,000円)を補助

(4)補助対象経費
  以下の経費が補助対象になります。
  1. 旅費  2. 消耗品費  3. 機械設備費
  4. 外注費  5. 人件費   6. 開発費
  7. その他知事が認めるもの

※注意事項
・既にロボットに実装されている部品の改良または他製品(自動車、家電等)用部品の
 ロボット部品への転用に向けた研究開発も本事業の対象です。
・補助対象経費の詳細は、募集要領や事務マニュアルを参考にしてください。
・研究委託費は補助対象外です。
・今年度事業の終了期限は平成30年2月末日となります。

■スケジュール

 4月12日(水) 募集開始(県HP等で周知予定)
 5月12日(金) 募集締切
 5月23日(火) 審査会
 5月下旬(予定) 審査結果通知
 6月上旬(予定) 交付決定通知(補助対象事業開始)


■申込み方法
 所定の申請書類に必要事項を記入の上、添付資料を添えて、
 「福島県 商工労働部 ロボット産業推進室」まで、持参または郵送にて提出をお願いします。 
 
 ※詳細については、以下のホームページをご覧ください。↓
  http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021f/kibankyoka2901.html

■お申込み・お問合せ先
 福島県 商工労働部 ロボット産業推進室
 〒960-8670 福島市杉妻町2-16(県庁西庁舎10階)
 TEL:024-521-8058 FAX:024-521-7932
 E-mail:robot@pref.fukushima.lg.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.04
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社磐城高箸

■キャッチフレーズ:最高級割箸をいわき産杉間伐材の原木から一貫製造

■会社の特徴
弊社は杉間伐材をいわき市内の山林から原木で仕入れ、独自の画期的設備・工程により
手作業主体で柾目かつ高強度の9寸(24cm)利久割り箸を一貫製造しております。
薪ボイラーにより、製造過程に出た端材や不良品、回収した使用済み割り箸等を燃焼させ、
材料乾燥用の熱エネルギーに変換し環境負荷を極限まで低減しております。
また、障がい者の自立支援の一環として、検品等をいわき市内の施設に委託はじめ、
間伐材割り箸の販売やPR、工場見学等を通して、子供から大人までも木育や森林保護の
啓蒙に広く貢献しております。

■株式会社磐城高箸の連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役社長 髙橋 正行
電話番号:0246-65-0848  FAX:050-6861-0164
E-Mail:info@iwaki-takahashi.biz
URL http://iwaki-takahashi.biz

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.04.06
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  平成29年度 4月、5月、6月『特許等無料相談窓口』のご案内
┃ 
┃   主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、特許をはじめとする産業財産権
の取得支援及び戦略的活用を図り、高付加価値の製品・サービスを生み出し、活力
ある地域経済の実現に寄与するため、月1回弁理士による特許等の無料相談窓口を
設置しております。是非、お気軽にご活用下さい。

■相談日時:平成29年4月21日(金)、5月26日(金)、6月30日(金)
      「13時~、14時~、15時~」
      (相談時間は、1案件につき原則45分までとなります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関するもの
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 相談室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:
【4月、6月】片寄 恭三 氏(片寄特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】半導体/コンピューター(ハード)/電子回路

【5月】児島 敦 氏(児島特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】機械/メカトロ/コンピューター関連/商標

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局へ
 メール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

 ※所定申込書についてはこちらをご覧下さい↓↓
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h29_tokkyo_m.pdf.pdf
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

 ※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/tokkyo.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.03
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:マイナーズジャパン株式会社

■キャッチフレーズ:コネクタ製造経験 25 年!かゆい所に手の届く生産技術を提供します。

■会社の特徴
当社は、主にコネクタを製造する自動機械や治工具を設計・製造、またコネクタや
ケーブルアッセンブリ加工もしています。最近ではコネクタが超小型になってきており、
コネクタ組立用自動機なくしてコネクタの製造は出来ません。
当社ではコネクタ組立用自動機をお客様の用途に合わせ設計を行い、
コネクタの試作から量産までの生産技術を提供しています。

■マイナーズジャパン株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:事業本部長  古泉 孝
電話番号:0246-26-2350  FAX:0246-26-2358
E-Mail:koizumitk@minors.co.jp
URL:http://www.minors.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.04.05        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  平成29年度 第1回 オフタイムサロン
┃  『産産・産学連携の神髄はここにある!
┃   ~産産・産学連携共同研究活動奨励事業 成果報告会~』開催のご案内
┃  
┃   主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
┃  共 催:いわき市
┃  後 援:いわき商工会議所              

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇
 
 当協会では、産学官連携等による新産業の創出や地域産業の振興に向けた
各種支援事業を展開しています。
 今年度第1回目となる今回のオフタイムサロンでは、平成28年度に当協会が
実施した「産産・産学連携共同研究活動奨励事業」の採択事業者様をお招きし、
産学連携や新産業分野において、新たな事業創出に向けた取り組み事例や
その成果等を発表していただきます。
 皆様、この機会に是非ともご参加ください。

■日 時:平成29年4月25日(火)【発表会】18:30~19:30
                  【交流会】19:30~20:30
                   
■場 所:いわき産業創造館 企画展示ホールA
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。   

■発表テーマ(発表者)
 【1】 官民が連携した交通情報の共有・提供システムの構築に向けた研究事業
    (まちなか交通支援情報システム研究会/株式会社いわき市民コミュニティ放送) 

 【2】 いわきロボット研究会
   (会川鉄工株式会社) 

 【3】 Beaconを使った養護学校向けの自立行動支援システム開発
   (株式会社東日本計算センター) 

 【4】初等教育における情報教育の産業化検討事業
   (初等教育における情報教育の産業化検討研究会/株式会社FSK) 

■定 員:40名程度

■参加費:無 料(交流会参加の方は別途1,000円)

■申込み方法
 FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」
 ・「連絡先」・「交流会参加の有無」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/29_offtime_1.pdf
○申込書
(WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/29_offtime_1.word.docx

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/2017/04/post-11.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.02
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社タツミ工機

■キャッチフレーズ:油圧部分などミクロン精度の精密加工を短納期で制作

■会社の特徴
当社は株式会社小松製作所開発グル-プの油圧部品の試作品を製作して現在に
至っています。アクリル・アルミから浸炭材と扱う材料は幅広く、材料から
加工⇒焼入れ⇒研磨⇒ラップ仕上げと、油圧部品は内外径のミクロン仕上げの
正確な研磨が必要となり協力企業と連携してお届けしています。
穴加工はΦ0.1からの小径穴から対応可能です。
開発品なので製缶品・スプライン加工(M0.3~)・ホブやピニオンカッタでは
加工不可能なものはスロッタ加工やワイヤ加工また形彫放電などにて対応、
3次元CAD/CAMによる金型加工などあらゆる加工に対応させて頂いています。
高精度の加工を要求され対応してきた技術を生かせれば幸いです。
又テスト治具や製缶品からの加工・テストの水準品づくり・完成品からの追加工など
多機に対応させて頂いております。

■有限会社タツミ工機の連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 立見 洋一
電話番号:0246-43-6980  FAX:0246-43-6981
E-Mail:tatumiyouiti@dolphin.ocn.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ この度、4月1日付で、いわき産学官ネットワーク協会 事務局長、並びに
┃いわき産業創造館 館長を拝命いたしました。改めて初心に立ち返る思いで、
┃新たな職責を果たせるよう任にあたってまいりたいと思います。
┃ 昨年、協会創設10周年を経て、本年は、私どもが管理運営するいわき産業
┃創造館の開館10周年にあたる節目の年となります。
┃ 職員一同、自らの責務を深く心に刻み、当地の産業振興、そして地域の復興・
┃創生の実現に向け、不退転の覚悟でこれに臨んでまいります。
┃ 今後ともご指導・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。(て)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2017.04.03  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃   「第60回 いわき情報技術研究会」開催のご案内

┃  主 催:NPO法人いわき情報技術研究会 
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆NPO法人いわき情報技術研究会からのお知らせです◆◇◇

 NPO法人いわき情報技術研究会では、ITを利用した人材育成や技術者育成に
関する講演会を開催します。皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:平成29年4月8日(土)(13:30~16:00)

■会 場:いわき明星大学 地域交流館 3F 学友会室

■内 容
1. 講演-1
演 題:『検証!OKYA式風力発電フロート』
講 師:OKYA 菅野 優 様 
内 容
海底への着床や係留が不要な浮体式洋上風力発電設備のアイディアを提案しています。
移動も停滞も可能であり、設置位置の水深の制約がなくなります。他にも様々なメリ
ットが期待されます。 簡易的なデモ機の映像も見ていただきながら、当アイディアの
有効性、実現性、経済性、そして活用方法について検証していきます。 海洋での活動
の可能性が拡がります。平成28年度のいわきビジネスプランコンテストアイディア部門
優秀賞受賞。

2. 講演-2
演 題:「Herokuで、Rails + MySQLを動かす」
講 師:吉田 賢司 様
概 要
この度縁あって、いわき市のオープンデータを使用して、WEBアプリを作成することに
なりました。 http://iwkshelter.herokuapp.com
いわき市内の避難場所を、地区や避難場所の区分ごとに検索できるWebアプリです。
プログラム内容は初心者レベルでも制作できるもので、また、MySQL設定およびHeroku
設定方法はPC検索をかければ豊富に得られますので、説明はしません。
今回は、私が「何故、RubyOnRails」、「何故、MySQL」、「何故、Heroku」を選んだか
についてお話します。

3. ライトニングトーク
話題はなんでもOKです(今考えていること、会社の広報、イベント広報、求人・求職など)。
発表時間は5分で、多くても少なくてもいけません。PowerPointなどで資料を見せることが
出来ます(PC持ち込みも可)。終わりには、研究会参加者が優秀賞を選定します。
発表したい方は、4月5日(水)までに、このアドレスか事前登録(こくちーず)でタイトルを
知らせてください。奮っての参加をお願いします。

■受講料:無 料(駐車場あり。服装自由。私服OK)

■定 員:100名

■申込方法
 下記ホームページ内のお申込みフォームより、「お名前」、「キャンセル用パスワード」、
「メールアドレス」をご記載の上、お申込みください。
※登録はこちらから→ http://kokucheese.com/event/index/459673/

■懇親会
講師を囲んで17:30より、別会場:「わたみん家 いわき駅前店」にて開催致します。
http://www.watamifoodservice.jp/shopsearch/home/detail/677
(会費:4,000円、女性は3,000円、学生は2,000円)
多数の方の参加をお待ちしております。
当日参加も大歓迎ですが、できるだけ事前登録をお願い致します。
※登録はこちらから→ http://kokucheese.com/event/index/459673/

■お問合せ先・お申し込み先
NPO法人いわき情報技術研究会(担当:高山)
TEL: 0246-29-7175
E-Mail: iwakiit@gmail.com 

※詳細はこちらをご覧ください。↓
https://sites.google.com/site/iwakiit/

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.01
└───────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アド・プラン

■キャッチフレーズ:デザイン『力』が企業の成長を高めます。

■会社の特徴
社内にグラフィックデザイナー、WEBクリエイターを擁する提案型の広告会社です。
企業のCI,VIから、ブランド・商品開発、マーケティング創出などの様々なシーンで、
デザイン『力』でもって課題を解決します。

■株式会社アド・プランの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役社長 相馬 光宏
電話番号:0246-29-3154  FAX:0246-29-3151
E-Mail:info@ad-plan.co.jp
URL http://www.ad-plan.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃ LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL : 0246-21-7570 FAX : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆「上海レポート」バックナンバーはこちらから↓

最終号 (世界競争力)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
2017年


12月号 (注意書き)
11月号 (独身の日)
10月号 (和製漢語)
9月号 (季節の変わり目
8月号 (中国人留学生)
7月号 (中国の労働組合)
6月号 (変わった中国感)
5月号 (烏鎮へ行った)
4月号 (帰国)
3月号 (値上げの春)
2月号 (春節後)
1月号 (豊田記念館)
正月号 (中国10大ニュース)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年


12月号 (上海の師走)
11月号 (超市場)
10月号 (月が見えた)
9月号 (我が街)
8月号 (政府の2つの顔)
7月号 (バスで見る上海)
6月号 (消えた右乗左歩)
5月号 (部門益大事?)
4月号 (ユニー)
3月号  (帰任時期)
2月号 (団地風景雑感)
1月号 (ドクターXを見た)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年


12月号 (中国は年度末)
11月号 (APECブルーと光棍節)
10月号  (上海の物価)
9月号 (中国のサービス)
8月号 (残暑見舞い)
7月号 (色々中国)
6月号 (北海道へ行った)
5月号 (誰のためか)
4月号 (清明節)
3月号 (静かな日中関係)
2月号 (日本式サービス)
1月号   (小事件報告)
-------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年

~2013年 準備中



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.