メールマガジン

2016年12月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2016.12.27       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「中国への企業進出セミナー」でお馴染みの
┃  佐藤忠幸氏から『上海レポート』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 現在、中国は上海に事務所を構え、
中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「上海レポート」12月号をお届けいたします。

==========================================================================

◇上海レポート12月号(注意書き)◇

急に寒くなりましたが皆さま如何お過ごしですか。
私は数年ぶりに風邪をひいて四苦八苦しました。
やっと小康状態となり、ホッとしているところです。
日本へ帰国して半年過ぎましたが、困ったことに未だ日本に慣れません。
それは、私が中国で16年間も生活し、各企業で指導してきた内容(日本に見習え!)とかけ離れているからです。
今月は街で拾ったそんな課題を中心に報告いたします。

日本の街に出るとやたらに「注意書き」の張り紙が目に付く。
*交差点に行けば「交差点事故防止中、運転注意」ののぼりが何本も立っていた。
*横断歩道には、歩行者優先。歩行者に注意の表示がある。
*施設の食堂の壁には手の洗い方や食器の洗い方が詳しく書かれていた。
*男子トイレは「一歩前に立て」。洋式トイレなら「使用後は便器カバーをしろ」
*電車などでは優先席の電話禁止や席の譲り合いが書かれていた。
*エレベーターやエスカレーターでも注意書きだらけ。
さらに放送でうるさく指導し、注意喚起している。

しかし、それを守っている人は殆どいない。
誰も守らないから注意書きが必要なのだろうが、注意書きが多すぎて麻痺しているのか効果に疑問がある。

同じような注意書きは中国上海にも多くある。
しかし、最近は少し変わってきたようだ。
本年3月から各所に掲示された張り紙「やってはいけない十箇条」をご覧願う。
①違法駐車しない
②乱れ運転しない(自転車、電動自転車なども交通法を無視していい加減な乗車をしない)
③歩行者も道路横断時に信号無視しない
④外環状線以内はクラクションを鳴らさない
⑤交差点内でむやみに留まらない
⑥違法車線変更しない
⑦一方通行違反しない
⑧公共バス専用車線を走行しない
⑨ナンバー無し、許可証無しの車両を運転しない
⑩白タクに乗らない
注意項目としてはつまらんものばかりだ。
しかし今回の、上海のすごいところは、ただ広告を出し、ポスターを貼っただけでは済まさず、『交通大整治』として、大運動を展開したことである。

まずは、新聞、ラジオ、テレビ、インターネット、雑誌、ウイチャット、液晶ポスター、携帯メッセージ、地下鉄車内テレビなどメディアを総動員しての宣伝活動を今も継続中。
さらに、公安局長自らテレビやラジオに出演しうったえている。
そして、この十カ条は、各企業で社員に「確かに読んで理解した」というサインまでさせている徹底ぶり。
「見ていない」「聞いていない」とは、絶対に言わせない作戦である。

もちろん、現場も厳重取り締まり。
交差点には、過去の公安(警官)と交通指導員(民間人)の他に、公安補助警察という警官そっくりの恰好をした人が4,400名も動員されて取り締まっている。

これらが始まった本年3月からは、意識が急激に高まり渋滞や事故も激減した。
今はやや増えてきてはいるが運動前に比べれば大改善だそうだ。

上海市は節目ごとに大きく改革し近代都市に生まれ変わっている。
最初の都市改革は、2000年に開催された上海APECである。
この時、タクシーは全て新車に変わり同時に他の乗用車も綺麗になった。
公衆トイレが大量に新設されしかも間仕切りのある近代的なトイレとなった。
 同時にトイレ使用マナー教育もなされた。(まだトイレットペーパー常備までには至らないが)
地下鉄も開通し、バス網も充実し通勤地獄からも解放されてきた。
緑化運動にも力を入れ緑地帯は10倍増となった。
海外からの賓客に、「環境に優しい美しい大都市」というイメージを見せたかったのであろうが、半分か1/4は成功したものと思われる。

次の大きな節目は、2008年北京オリンピックと2010年の上海万博である。
いずれも海外からの賓客だけでなく一般人も大量に迎えるつもりで、都市の大改造と再開発をはかった。
公共ビルや施設を作るため、土地を大量に強制収用し庶民を郊外へ郊外へと追い払い、その代わり通勤用の地下鉄網を世界一のレベルまで拡げた。
余談だが、
2008年から「物権法」という日本でいうところの財産法が施行され、私有財産を国や公共の財産と同様に権利を保護されるようになった。
共産国中国の土地は国有であり、個人の所有権は無い。
しかし、使用権という権利は有り、所有権と変わりなく売買できる。
これがべらぼうに上がっており、東京の所有権よりも高いのが現状である。
しかし、北京も上海もその施行前に土地の強制収用をしており、問題なく大量の敷地を確保している。

過去の大きな節目ごとに近代都市化は確実に図られ鮮やかに成長が見られる。
しかし、残念ながら市民の意識はそれについて行っていなかった。
北京オリンピックや上海万博でのマナーのひどさは日本ではご承知の通り。
もっとも上海人に言わせると「マナーの悪いのは田舎から来たお上りさん」だというが、どっちもどっちだ。
施設などハードに人(ソフト)がついていってないのが現状だろう。

加えて、高度成長の恩典で、マイカーやバイクなどが急激に普及してきた。
マイカーを持てばそれで通勤したくなるのは一昔前の日本と同じ。朝夕の交通渋滞は目を覆うばかり。

この対策として行われたのが今年の前記「交通大整治」。
今ではややマンネリ化しておりレベルが落ちてはいるそうだが、元の状態に比べればマシにはなっている。

まあ上海の躾やマナーが変わるには、百年かかることを覚悟すべきでしょうが、
「私は注意しました」
「わが署は注意書きを掲示しました」
「わが都市はポスターの予算を増額しました」
で終わらせて、何の効果も出していない「どこか」よりかはマシでしょう。

さて、今年も後数日となりました。
心残りのないよう、しっかりと遊び、有効に過ごして善き新年をお迎えください。

その前にメリークリスマスですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
TEL&FAX 045-771-1745 
MP 080-5467-4187
E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2016.12.23        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  年末・年始休業のお知らせ 
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◆◇年末・年始休業のお知らせ◇◆◇

 当協会及びいわき産業創造館は、下記の期間につきまして、
年末年始の休業とさせていただきます。

1.年 末 :2016年12月29日(木)より休業
2.年 始 :2017年  1月  4日(水)より通常営業(9:00~21:00)

 上記期間中に頂きましたメール・FAXなどのご返信は1月4日以降になりますので、
予めご了承ください。
 また、来年の各種相談会及び、セミナー、イベントを下記の通り予定しております。
 皆様からのお申し込みをお待ちしております。 

◆各種相談会◆

<中小企業者・創業者向けの経営相談会>
1月6日(金)、10日(火)、13日(金)、20日(金)、23日(月)、31日(火)
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/kigyou.html

<知財専門家派遣相談会>
1月19日(木)13:00~17:00
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/tokkyo.html

<特許相談会>
1月27日(金)13:00~17:00
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/tokkyo.html

<東京都市大学(TCU)「産学連携いわきサテライトセンター」技術相談会>
1月27日(金)13:30~17:30
 http://www.iwaki-sangakukan.com/2016/08/tcu.html 

<弁護士等相談会>
2月24日(金)9:00~12:00
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2015/07/lawyer.html

◆各種セミナー・イベント◆

<第3回技術連携・事業化検討研究会(平成28年度地域中核企業創出・支援事業)>
 日 時:1月31日(火)13:30~15:35 ※予定
 演 題:『医療関連(医療・福祉・介護・健康)産業分野の市場動向と新規参入に向けて(仮称)』
 講 師:日吉 和彦 氏(公益財団法人医療機器センター附属医療機器産業研究所 上級研究員)
     寺島 誠人 氏(株式会社東鋼 代表取締役社長)

◆ラトブ臨時休館日◆

2月7日(火)
 ラトブ全館休館日に伴い、いわき産業創造館はお休みとなります。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News 2016.12.12
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  いわきものづくり塾 特別編『廃炉コース』受講生募集のご案内
┃ 
┃  主 催:いわき商工会議所(伴走型小規模事業者支援推進事業)
┃      いわき市
┃      公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆いわき商工会議所・(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 いわき商工会議所及び(公社)いわき産学官ネットワーク協会では、いわき市内で製造業に
従事する人材を育成することを目的として、『いわきものづくり塾』を実施しております。
 本年度につきましても、昨年に引き続き、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の
協力のもと、特別編として廃炉産業を担っていく人材を育成することを目的とした
「廃炉コース」を実施いたします。是非、この機会にお申し込みください。

■日 程:【廃炉コース/講義研修3回・見学1回】
      平成28年12月20日(火)~平成29年2月頃

■内 容
(1)施設見学会
 日  時:平成28年12月20日(火)14:00~15:00
 見学場所:楢葉遠隔技術開発センター

(2)楢葉遠隔技術開発センターにおける研究開発と施設利用
   ~地元企業との協働~
 日  時:平成29年1月18日(水)18:00~20:00
 講  師:川妻 伸二 氏
     (国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 楢葉遠隔技術開発センター)

(3)(仮称)現在の1F廃炉に向けた研究開発と主な成果
 日  時:平成29年2月9日(木)18:00~20:00
 講  師:奥住 直明 氏
     (技術研究組合国際廃炉研究開発機構 開発計画部 部長(運営統括))

(4)(仮称)1F廃炉に向けて必要な技術的課題、課題解決に向けた提案等(CuuSoo)
 日  時:平成29年2月中旬~下旬予定
 講  師:東京電力ホールディングス株式会社 担当者

■会 場
(1)施設見学:楢葉遠隔技術開発センター(双葉郡楢葉町山田岡仲丸1-22)
(2)~(4)講義研修:いわき産業創造館 会議室1(いわき駅前LATOV6階)

■対象者:福島県浜通り地域内事業所の従業員及び大学・高専等の学生

■募集人員:30名程度(定員となり次第、締め切らせていただきます。)

■受講料:無 料

■締切日:平成28年12月16日(金)

■申込方法
所定申込書に必要事項をご記入の上、FAX・電子メール、直接持参のいずれかにて
下記申込先へお申し込みください。

※所定申込書はこちらからダウンロードして頂けます。↓
【PDF】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/hairo_JAEA.pdf

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2016/12/post-21.html

■お申込み・お問合せ先
 いわき商工会議所(担当:中小企業振興部 産業振興課)
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地LATOV6階
 TEL:0246-25-9151 FAX:0246-25-9155
 E-Mail:j-ono@iwakicci.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.85
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:マイナーズジャパン株式会社

■キャッチフレーズ:コネクタ製造経験 25 年!かゆい所に手の届く生産技術を提供します。

■会社の特徴
当社は、主にコネクタを製造する自動機械や治工具を設計・製造、またコネクタや
ケーブルアッセンブリ加工もしています。最近ではコネクタが超小型になってきており、
コネクタ組立用自動機なくしてコネクタの製造は出来ません。
当社ではコネクタ組立用自動機をお客様の用途に合わせ設計を行い、
コネクタの試作から量産までの生産技術を提供しています。

■マイナーズジャパン株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:事業本部長  古泉 孝
電話番号:0246-26-2350  FAX:0246-26-2358
E-Mail:koizumitk@minors.co.jp
URL:http://www.minors.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃ LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL : 0246-21-7570 FAX : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News 2016.12.07
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  平成28年度 
┃  『再生可能エネルギーコース(2)「風力発電とスマートグリッド」』
┃  受講生募集のご案内
┃ 
┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 『いわきものづくり塾』は、いわき市の製造業に従事する若手社員の基礎力向上や、
中核人材のボトムアップを図ることを目的に「ものづくり」には欠かせない基礎的な
講義を開催しております。
 「再生可能エネルギーコース」では、風力発電などの自然エネルギーによる発電
設備の増加に向けて、今後導入が期待される『スマートグリッド(次世代送電網)』の、
基本的な仕組みや導入のメリット、今後の課題等を学びます。
 今回の講義では、天候や時間帯で発電量が左右されるため、電力供給が不安定な自然
エネルギーを活用するには不可欠な、スマートグリッド(電力貯蔵技術を含む)について、
東京都市大学 工学部 電気電子工学科 准教授 太田豊氏に、詳しく解説頂きます。
 皆様、この機会に是非ともご参加ください。

■講座名:再生可能エネルギーコース(2)「風力発電とスマートグリッド」
     ※本コースは全4講座を予定しています。

■日 時:平成28年12月22日(木)(18:00~20:00)

■会 場:いわき産業創造館 会議室1(いわき市平字田町120 LATOV6F)

■対象者
風力関連産業に興味、関心がある企業経営者・事業者。
いわき地域内の製造業に従事する方、入社まもない若手社員の方、
「ものづくり」における基礎知識を学びたい方。
※一般の方の参加も受付可能です。

■募集人員:20名(※申込先着順で、定員になり次第締め切らせて頂きます。)

■受講料:会員1,000円/1コース 非会員3,000円/1コース
※【会員】については、当協会 企業会員の所属員及び個人会員を対象と致します。
※初回受講時に受付にてお支払い頂きます。
 お支払い頂いた方については、今後予定している、同コース内での受講料の
 徴収はございません。
※受講のための交通費等については、受講される方でご負担願います。
 なお、LATOV駐車場は2時間以上になりますと、駐車料金がかかります。
(30分100円)

■申込方法
所定参加申込書に必要事項をご記入の上、「FAX」または「E-mail」にて、
下記申込先へお申込みください。

※申込書はこちらからダウンロードして頂けます。↓
【EXCEL】http://www.iwaki-sangakukan.com/event/1222_mousikomi.xlsx
【PDF】http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/1222_mousikomi.pdf

※詳細はこちらをご覧ください。↓
http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2016/12/28mono-saiene.html

--------------------------------------------------------------------------
<< 講座開催延期のお知らせ >>

 下記講座については、11月22日(火)に発生した地震の影響により、
開催が延期となりました。実施日については、改めてご案内致します。

【再生可能エネルギーコース】
(1)風力発電の保守メンテンナンス
 講 師:吉田 悟 氏(株式会社 北拓)
--------------------------------------------------------------------------

■お申込み・お問合せ先
公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:横山)
〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7571 FAX:0246-21-7571
E-Mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.83
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アド・プラン

■キャッチフレーズ:デザイン『力』が企業の成長を高めます。

■会社の特徴
社内にグラフィックデザイナー、WEBクリエイターを擁する提案型の広告会社です。
企業のCI,VIから、ブランド・商品開発、マーケティング創出などの様々なシーンで、
デザイン『力』でもって課題を解決します。

■株式会社アド・プランの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役社長 相馬 光宏
電話番号:0246-29-3154  FAX:0246-29-3151
E-Mail:info@ad-plan.co.jp
URL http://www.ad-plan.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 紅葉時期終盤の奈良旅行で、目の保養と気分転換と共に久しぶりに刺激を受け
┃てきた。幸先良く新幹線の車窓からは富士山の雄姿を眺めることができたが、現
┃地で待っていたガイドさんは奈良の都にふさわしい( ? )方であった。しかし、
┃道中の話は我々を飽きさせることなく楽しませていただいたが、行く先々の観光
┃名所は溢れる人の波で大変であった。特に先人の匠の技は素晴らしく、国宝や世
┃界遺産に登録された神社・仏閣・仏像だけでなく、飛鳥時代の古墳等も紅葉に良
┃くマッチングして見ごたえがあった。特に明日香村にある石舞台古墳は、7世紀
┃初めに造られた我が国最大級の方墳と言われている。古墳上部に盛土はなく巨大
┃な石室が露出した状態で、石室の中へ入ると巨石が整然と積み重ねてあり、その
┃雄大さが実感できる。古墳は30数個の巨石で造られており、天井に使われてい
┃る一番の舞台石は約77トンと言われ、巨石の総重量は2300トンとのこと...。
┃古墳内は全て盗掘され埋葬品が残っていないため被葬者は明らかでないが、6世
┃紀後半にこの地で実権を握っていたという蘇我馬子の墓ではないかと言われてい
┃る。飛鳥時代にこれらの巨石をどのように運び重ねたのか、先人の運搬技術や造
┃営能力の高さがうかがえ、古代の技術に改めてロマンを感じた旅行となった。(UGM)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News 2016.12.07
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  「いわき市女性活躍推進企業認証制度」についてのご案内
┃ 
┃    主 催:いわき市

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆いわき市 市民協働部 男女共同参画センターからのお知らせです◆◆

 あらゆる分野において女性がその個性を十分に発揮することは、地域社会を活性化
させる大きな力となると考えられることから、いわき市では、女性の登用・育成及び
ワーク・ライフ・バランスの推進等、職場における女性活躍や男女共同参画に積極的
に取り組み、男女がともに働きやすい職場環境の整備を図るなどの取組を行う企業に
対する認証制度を創設しましたのでご案内いたします。

■認証の要件等
〇常用雇用従業員数が300人以下のいわき市内に本社・支店等を有する事業所、
 公益法人及び個人事業主
〇関係法令遵守のための就業規則等の整備(必須)
〇以下から複数の項目を満たしている場合(いくつかの取組から選択)
 ・育児介護休業法に関する法を上回る制度の整備
 ・女性の活躍推進に関する取組
 ・仕事と家庭の両立支援に関する取組
 ・男女共同参画センターが指定する講座の受講(※)など
 ※講座開催日程
 (1)日 時:平成28年12月14日(水)15:00~
    会 場:総合保健福祉センター3階 健康学習室
 (2)日 時:平成28年12月19日(月)15:00~
    会 場:小名浜公民館 会議室
 (3)日 時:平成28年12月22日(木)15:00~
    会 場:いわき産業創造館 会議室1

■認証によるインセンティブ
 認証を受けた企業等に対し、市からインセンティブを付与します。
 ・認証書・認証プレートの交付
 ・市広報紙や公式ホームページ、男女共同参画情報紙「Wing」での紹介
 ・就職応援サイトでの紹介
 ・企業が認証企業である旨を車に掲示
 ・女性活躍のための人材育成研修等への講師派遣


■申請受付期間及び認証書交付式
 認証するにあたり、申請書等必要書類を提出いただき、審査後に要件を
満たしている企業を認証します。

【申請受付期間】平成29年1月4日(水)~1月31日(火)
        ※平成29年2月に認証書交付式を開催予定

■認証期間:認証を受けてから3年度となります。

■申請方法
 所定「新規申請書」に必要事項をご記入の上、下記申込先へお申し込みください。

※新規申請書はこちらからダウンロードして頂けます。↓
 http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1480834638291/files/ninnshouseidoyousiki1.pdf

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1480834638291/index.html

■お申込み・お問合せ先
 〒970-8686 いわき市平字梅本21番地
 いわき市 市民協働部 男女共同参画センター
 TEL:0246-27-8694 FAX:0246-27-8641

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.82
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:山幸電機株式会社

■キャッチフレーズ
プリント基板一枚から設計製作。早い!安い!高品質!

■会社の特徴
当社は、電子機器製造業で、主にプリント基板の設計から
電気試験機の設計製作をしております。
小ロット多品種を得意とし、実験・試作等、一台から製作いたします。
製品開発等の電気回路試作のお手伝いもさせて頂きます。
お気軽にご相談ください。
ISO9001・KES環境マネジメントシステム認証取得

■山幸電機株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:三浦 博行(みうらひろゆき)
電話番号:0246-56-0148
E-Mail:hiro_miura@sanko-dk.co.jp
URL http://homepage3.nifty.com/sankodenki

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2016.12.06   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『ふくしま産業応援ファンド事業』
┃ 『ふくしま農商工連携ファンド事業』第2回公募のご案内
┃   
┃  主催:公益財団法人福島県産業振興センター  
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆公益財団法人福島県産業振興センターからのお知らせです◆◆

 (公財)福島県産業振興センターでは、県内の農林漁業者や中小企業者等の皆様が、
商品開発・技術開発・販路開拓等の取組みを行うに当たって、その経費の一部を助成
する「ふくしま産業応援ファンド事業」及び「ふくしま農商工連携ファンド事業」を
実施しており、このたび、平成28年度第2回公募を、以下のとおり実施いたします。
 公募開始に先立ち、県内4方部で公募説明会を開催いたします。
 いわき市においては下記の日程で開催いたします。
 皆様、この機会に是非ご参加ください。

■公募期間:平成29年1月4日(水)から平成29年1月31日(火)まで (必着)
     ※平成29年4月1日から開始(事業着手)する事業が対象となります。

■助成総額(予定)
○ふくしま産業応援ファンド事業
(製造業集積活用型事業/地域資源活用型事業):5,200万円程度
 
 ※事業についての詳細はこちら→ http://www.utsukushima.net/fund/ouen.htm

○ふくしま農商工連携ファンド事業(農商工連携創出事業):3,400万円程度

 ※事業についての詳細はこちら→ http://www.utsukushima.net/fund/noushoukou.htm

■公募説明会(いわき会場)
日  時:平成28年12月20日(火)13:30~(13:15受付開始)
場  所:いわき市社会福祉センター5F 第1会議室(いわき市平字菱町1-3)
     ※無料駐車場あり
申込締切:平成28年12月16日(金)

■説明会申込み方法
 所定申込書に必要事項をご記入の上、FAX(024-525-4036)でお申込み
いただくか、申込書記載内容をE-mail(sien@f-open.or.jp)で送信してください。
なお、希望者には、説明会終了後に個別相談を実施いたします。
(参加決定者に対して通知は行いませんので、お申込み後は、そのまま会場へお越しください。
 ただし、定員を超過した場合、人数調整をお願いすることがあります。)

※「所定申込書」・「他会場のスケジュール」のダウンロードはこちらから。↓
 http://www.utsukushima.net/fund/h28/2fundsetumeikai.pdf

■公募に関するお申込み・お問合せ先
※選択する事業によってお申込みが異なりますので、ご注意ください。

〇製造業集積活用型事業
公益財団法人福島県産業振興センター 技術支援部 技術総務課
〒963-0215 郡山市待池台1丁目12(福島県ハイテクプラザ内)
TEL:024-959-1929 FAX:024-959-1889
E-Mail:f-tech@f-open.or.jp

〇地域資源活用型事業 または 農商工連携創出事業
公益財団法人福島県産業振興センター 企業支援部 経営支援課
〒960-8053 福島市三河南町1-20 コラッセふくしま2階
TEL:024-525-4035 FAX:024-525-4036 
E-Mail:sien@f-open.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.81
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社品川通信計装サービス

■キャッチフレーズ:技術で応える確かな未来

■会社の特徴:弊社ではマイクロコンピュータ・電子電気応用技術を核として計測・
通信・制御・機械・ソフトの5つの分野の設計開発技術者を有し、それらの技術融合から
商品化やシステム開発を行う会社です。
 未知への技術分野に常に向き合い、開拓精神と独創確実の技術魂で営業部門・技術部門
共に顧客満足度の向上を目指します。

■有限会社品川通信計装サービスの連絡先はこちらです↓
担当者:田中 信也
電話番号:0246-58-3334
E-Mail:info@sinagawa-tsushin.co.jp
URL:http://www.sinagawa-tsushin.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2016.12.05       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「中国への企業進出セミナー」でお馴染みの
┃  佐藤忠幸氏から『上海レポート』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 現在、中国は上海に事務所を構え、
中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「上海レポート」11月号をお届けいたします。

==========================================================================

◇上海レポート11月号(独身の日)◇

めっきり寒くなり、体調管理の難しい時季となりましたが如何お過ごしですか?
遅くなりましたが11月号を送らせていただきます。

中国ではここ数年の恒例行事となった11月11日の「光棍節(独身者の日)」も派手に終え、今年も売り上げ新記録を作りました。
EC(電子商取引)最大手のアリババ集団がネット通販の普及を目的に7年前から開始した行事で、"数字の1が横一列に並ぶ(双十一)"ことから「独身の日」と呼んで、11月11日に、特別セールを実施しています。
そして、いつの間にか独身の男女が独身であることを祝い、かつ自分のためにご褒美を買う記念日として定着したもので今年も24時間限定販売商戦を実施しました。
今年は販売開始後の5分間だけで10億ドル(約1070億円)という大記録を出し、決済額はその後も伸び続け、総取引額が1207億元(約1兆8900億円)となり、前年比で32%増加です。
この日の24時間での売上は、米国にて11月下旬のThanksgivingからCyber Mondayまでの5日間に行われた米国最大のオンラインショッピングをもしのぐ売り上げです。
デパートやスーパーなどの便乗販売も含めばこの日一日だけで、小国の国家予算をしのぐ売り上げです。
中国は、景気が陰ったとはいえやはり大国です。
中国市場を侮ってはいけませんよ。

【ユニクロ中国商法】
ユニクロ中国もアリババの「独身の日」販売商戦に積極参加し、3分間で1億元を超える新記録を作った。
その秘訣の一つは、EC注文から2時間以内の配送を目指したということ。
ユニクロ日本は24時間以内配送を目指して有明に倉庫機能を集約したが、ユニクロ中国は最寄り店舗から配達することでそれを可能にしたのである。
ユニクロ中国の社長が中国人となり、ユニクロは劇的に伸びた。
そして、ECの責任者はアリババ出身の中国人であり、ユニクロ経営陣からも大きく権限移譲されているので、自分で望めば何でも取り組めるそうだ。本人も「新しいチャレンジをするにはユニクロは最適な会社だから移籍してよかった」と喜んでいるそうだ。
おかげで企業収益も大幅に改善されたといわれる。
日本にある親会社のユニクロでは「1日に1年分近く一気に売り上げても、配送・返品・クレーム処理をどうするのだ」という現状維持派からの批判や懸念も多かったようだが、問題に耐える仕組みを作った結果、中国ECの物流システムはたった数年で、日本を追い越し、世界的なる存在となったのである。

ユニクロ中国の取り組みの全てがあたっているわけではないが、現場に任せ挑戦させ続けているからこそ、優秀な人材が定着し奮起してくれるのだろう。そして、新しい商機が生まれるのであろう。

中国に対する世界からの投資は相変わらず増加し続けており、昨年でも5.6%増である。
もちろん製造業は減少傾向で。
増加分の全てが非製造業であり、投資総額全体の2/3以上である。
しかし、日本からの直接投資は相変わらず2/3以上が製造業。
世界は中国を消費基地と見て非製造業やIT関係などが積極的に投資をしているのだが・・・、日本は遅れを取っており心配だ。

10数年前、中国にある日系大商社の方とずいぶんと交流があったがその時の話。
定年近くなると移籍先を一生懸命探すのは、会社も認めていること。
そして多くの方が取引先の中国子会社へ社長や役員で移っているが、その大部分が製造業である。
その中で、ユニクロの営業として転職した方が「商社と全く違うやり方で、戸惑うばかりだよ。しかし、最終的にはユニクロ商法が勝つだろうな」とのことであった。
何が商社流と違うのか?
決裁・情報ルートの短縮、そして物流費や間接費の削減など全てが異なり、大胆に革新がされているそうだ。
今では当たり前のことも、ユニクロは10数年前からやっていたということ。

ところで、商社から社長を迎えた中国の日系企業はその後どうなったのだろうか。
製造経験ゼロの方が、いきなり製造業の社長を勤めた結果はどうなるか、火を見るよりも明らかである。
昨今の冷えこんだ製造業ということも重なって、それらの会社は全て中国から消えている。
当然だろうな。

【カタガナ用語】
前号で、カタガナ用語の大半が外国語とは異なり、外国では通用しない日本だけの新語である。と報告しましたがその続きです。

カタガナ用語の多さは、新しく入ってきた外国語を日本語の中から文字を当てはめることを抜いた手抜き作業の結果でもある。
そして、その方がハイカラだと思っている輩が多いということである。
そのために迷惑をこうむっている方が多数居られることをわきまえて欲しいものだ。

ある機関の調査による
『日本語で言ったほうがいいと思う「カタカナ用語」TOP10』を見る。

1位 コミットメント(約束、集中する) ・・・抽象過ぎるし、英語でも意味の幅が広すぎる。
2位 ユーザー(利用者、消費者)・・・意味は分かるが、何故日本語ではいけないのかという反発からだろう。
 私も同感だ。
3位 エビデンス(証拠、確証) ・・・これも同じく英語にする意味がない。カッコ付だけだろう。
4位 スペック(能力、性能) ・・・同上
5位 アジェンダ(議題、課題)・・・同上
6位 コンセンサス(合意) ・・・同上
7位 フィックス・・・「決定」という意味で使っているがこれは英語ではないので、外国で用いても通じない。
 正しい英語では"Fixed ~"または"~ is fixedという。
8位 ジャストアイディア・・・これも「思いつき」という意味で使っているが正しい英語では"Just an idea"である。
 外国で使っても通じない和製英語なので、日本でも使うべきではない。
9位 シェア(共有) ・・・わざわざ英語にする意味がない、カッコ付だろう。
10位 ペンディング(保留、中止) ・・・同上

 2位の「ユーザー」と同様に、我々同業者でよく使われるのが「バイヤー」、「カストマー」、「クライアント」、「ビジネスパーソン」という言葉である。
どれも単語自体は簡単で、慣れの問題のような気もするが、これらの単語は、わざわざカタカナ用語で言う必要性はないだろうに、何故使うのか全く理解できない。
さらに、日本のカタカナ用語にしか存在しない言葉もたくさんある。そのまま英語にしても外国では通用できない、文法的に誤った表現であるからだ。
これらを平気で使っていると、英文法を間違える癖が付く可能性もあるので、そのような言葉は使ってはいけないだろう。

明治の先覚者は、西欧諸国から民主主義や政治機構、外交関係など多くのことを学び、日本語に無い新しい思想や概念を発見すると新たな言葉を作ったのである。
それも元からある漢字を使って、新しい組み合わせで新しい言葉を作ったのである。
漢字一つひとつは昔に中国から輸入し、昔から有ったものだから一般市民にも直ぐに理解され溶け込んだ。
その数、数千。代表的なものが前号で記したものである。

現代の知識人は、昔の人と同じ努力をしていません。
外国語そのままで表現し、「インテリならそれぐらいの外国語は理解できるだろう。出来ないやつは阿呆だ」と
上から目線で横着を決め込んでいるとしか思えません。
困った現象です。

先が思いやられます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
TEL&FAX 045-771-1745 
MP 080-5467-4187
E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2016.12.03  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃   第57回 いわき情報技術研究会
┃  「解説:ディープラーニング」開催のご案内

┃  主 催:NPO法人いわき情報技術研究会  
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆NPO法人いわき情報技術研究会からのお知らせです◆◇◇

 NPO法人いわき情報技術研究会では、ITを利用した人材育成や技術者育成に
関する講演会を開催します。皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:平成28年12月10日(土)(13:30~16:00)

■会 場:いわき明星大学 地域交流館3F 学友会室

■講演概要
1. 講演
〇テーマ:「解説:ディープラーニング」
〇講 師:株式会社東日本計算センター R&Dセンター 坂林 亮治 様
〇概 要:最近、人工知能の関連技術として「ディープラニング (深層学習 )」
により実現される様々な技術がニュースで報道され、驚くばかりです。 「凄い」
「すばらしい」などの感想を持つと思いますが、その仕組みはどの様なものなの
でしょうか?また、今までの人工知能の仕組みとは、いったい何が違うのでしょ
うか? 本セミナーでは、講師自身が過去に調べたディープラーニングの調査結果
をもとに、初心者の方でも分かりやすいよう、ポイントを抑えて解説します。

2. ライトニングトーク
話題はなんでもOKです(今考えていること、会社の広報、イベント広報、求人・求職など)。
発表時間は5分で、多くても少なくてもいけません。PowerPointなどで資料を見せること
が出来ます(PC持ち込みも可)。終わりには、研究会参加者が優秀賞を選定します。
発表したい方は、12月8日(木)までに、このアドレスか事前登録(こくちーず)でタイトル
を知らせてください。奮っての参加をお願いします。

■受講料:無 料(駐車場あり。服装自由。私服OK)

■懇親会(忘年会)
講師を囲む懇親会と今年の忘年会として、17:30より、
別会場「わたみん家 いわき駅前店」にて開催致します。
 http://www.watamifoodservice.jp/shopsearch/home/detail/677
(会費:4,000円、女性は3,000円、学生は2,000円)
多数の方の参加をお待ちしております。
当日参加も大歓迎ですが、できるだけ事前登録をお願い致します。
※登録はこちらから→ http://kokucheese.com/event/index/441476/

■申込方法
 下記ホームページ内のお申込みフォームより、「お名前」、「懇親会の有・無」、
「キャンセル用パスワード」、「メールアドレス」をご記載の上、お申込みください。
※登録はこちらから→ http://kokucheese.com/event/index/441476/

■お問合せ先・お申し込み先
NPO法人いわき情報技術研究会(担当:高山)
TEL: 0246-29-7175
E-Mail: iwakiit@gmail.com 

※詳細はこちらをご覧ください。↓
https://sites.google.com/site/iwakiit/

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.80
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社バイクオフコーポレーション

■キャッチフレーズ:もっと自転車を使おう!

■会社の特徴:当社はいわき市と千葉に拠点があり、首都圏が全体の90%を占めています。
各大学、自治体、不動産管理会社、大規模商業施設の施設管理者様から放置自転車の撤去、
駐輪場に共有自転車提供、イベントや営業での自転車レンタル等の問題解決を柱に事業を
行っております。いわきの店舗にもリサイクルした自転車200台を展示、販売しております
ので、自転車を使いたい場合には是非、ご活用下さい。

■株式会社バイクオフコーポレーション の連絡先はこちらです↓
担当者:稲本勝美
電話番号:0246-34-5685
E-Mail:main_office@bike-off.com
URL:http://www.bike-off.com/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2016.12.01         
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  いわきものづくり製品PR事業
┃  ~復興から創生へ!魅せますいわきのものづくり力~
┃  『エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展~』市内企業出展のお知らせ
┃          
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 (公社)いわき産学官ネットワーク協会では、昨年度に引き続き、
市内企業の販路開拓や取引拡大を目的として、首都圏をはじめ、各地で開催される
展示会に本市の優れたものづくり製品を共同出展する事業を展開中です。

 近年、エネルギーミックスや電力・ガスのシステム改革の視点から、ICTを
活用したスマート社会づくりの動きなどが活発化しています。今回ご案内する
「エコプロ2016」は、時代のニーズに即するため、展示会名を昨年度までの
「エコプロダクツ」から「エコプロ~環境とエネルギーの未来展」に改称し、
「地球温暖化対策と環境配慮」「クリーンエネルギーとスマート社会」を2大
テーマに掲げ、アジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会として開催され
ます。ビジネスパーソンをはじめ、行政・公的機関の関係者、NPOや大学・
研究機関などで環境問題にかかわる方々、そして一般の生活者から未来を担う
子ども達までが参加できる展示会となっております。
 当協会でも本展示会にブースを構え、いわき市内のものづくり企業様と共同出展
いたします。一般の皆様をはじめ、環境ビジネスに関心のある方、エコを意識した
ライフスタイルに興味のある方のご来場をお待ちしております。
  
■会 期:平成28年12月8日(木)~10日(土)【計3日間】
     10:00~18:00(※最終日は17:00まで)

■会 場:東京ビッグサイト 東4~6ホール(東京都江東区有明3-11-1)

■出展数:730社・団体/1,650小間(見込み)

■入場料:無 料(登録制 ※名刺を2枚ご用意ください)

■当協会出展場所:【カテゴリー】エコ&エネルギービジネスEXPO
         【ブース番号】5-008   
 
■市内出展企業

 ○常磐パッケージ株式会社  (内郷)
  http://www.jpack.co.jp/

 ○株式会社エコハイテクコーポレーション(平)
  http://eco-hi.jp/

 ○株式会バイクオフコーポレーション(平)
  http://ecochari.com/

■お問合せ先
 (一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社
 TEL:0120-261-122(フリーダイヤル/9時~18時 ※土日祝を除く)
 E-Mail: eco-pro@nikkeipr.co.jp      

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
  http://eco-pro.com/eco2016/

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.79
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社テクノサンショウ

■キャッチフレーズ:「サンショウは小粒でもピリリと辛い」の精神で
技術に裏づけされた製品を提供いたします。

■会社の特徴:当社は、1990年の創立以来、OA機器、光通信の精密部品を生産。
近年は半導体装置 および、光学機器、医療機器などの分野にも製品を提供し、
また、精密機械加工のみではなく、協力工場との連携により、表面処理や
組立まで付加した形での製品を提供しています。

■有限会社テクノサンショウの連絡先はこちらです↓
担当者:浅沼 園枝
電話番号:0246-83-2625
E-Mail:s-asanuma@t-sansho.com
URL http://www.t-sansho.com/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 遠方の親戚の慶弔のお返しで、いわゆるギフト券を戴いた。あれこれ迷ったあ
┃げく、東京湾を食事しながら遊覧船で観光する、ランチクルーズなるものをチョ
┃イスした。機会があれば東京湾海上から東京の街並みを遊覧観光してみたいと思
┃っていたこともあり、遊覧観光予約日を楽しみに待っていた。当日は久しぶりの
┃晴天。湾内も穏やか。絶好のクルーズ日和。イタリアンランチも美食で満足。
┃オペラ歌手の美声に聴き入り、レインボーブリッジ、ゲートブリッジ、コンテナ
┃埠頭、都内の二区で領土の統治権を争っている中央防波堤埋立地、林立する高層
┃ビル群、お台場のフジテレビ等々の眺望を堪能。そして羽田空港から飛び立つジ
┃ェット機の華麗な跡姿、残念ながら富士山の雄姿は雲の中だったが、久久振りに
┃童心に還り心行くまで満喫した晩秋の一日だった。(K)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.