メールマガジン

いわきものづくり塾~新産業分野経営力強化・技術者育成コース~『ロボット工学コース』受講生募集のご案内

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News 2016.10.24
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  平成28年度 新産業分野経営力強化・技術者育成講座開催事業
┃  いわきものづくり塾~新産業分野経営力強化・技術者育成コース~
┃  『ロボット工学コース』受講生募集のご案内
┃ 
┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 いわきものづくり塾は、製造業に従事する若手社員の基礎力向上や、中核人材の
ボトムアップを図ることを目的に「ものづくり」には欠かせない基礎的な講義をはじめ、
再生可能エネルギー等の先進的な講座も行い、地域内企業における技術力の向上を目指します。
 本事業では、『新産業分野経営力強化・技術者育成コース』と題し、原子力災害により
避難指示の対象となった12市町村の避難解除区域への進出、または再開事業所を中心に、
今後、需要が見込まれる先端産業の基礎講座を実施し、製造業における人材の育成を支援
することで、中小企業及び事業者の底上げをはかり、被災地での雇用の拡大につなげます。
 今回、第二段となる、『ロボット工学コース』を、下記の通り実施いたしますので
ご案内致します。
皆様、この機会に是非お申し込みください。

■日 程:(1)平成28年11月 2日(水)18:30~20:30
     (2)平成28年11月14日(月)18:30~20:30

■会 場:いわき産業創造館 会議室1(いわき市平字田町120 LATOV6F)

■カリキュラム
(1)福島第一原子力発電所の事故対応および廃止措置におけるロボット技術の活用と今後の課題
【日 時】11月2日(水)(18:30~20:30)
【概 要】
 東京電力福島第一原子力発電所の事故対応において、調査、瓦礫除去、除染などで、
 すでに30種類以上、40台以上のロボットや遠隔操作機器が導入されており、多大なる
 貢献を果たしている。本講座では、これまでに活用されたロボット技術とその実績と
 明らかになった課題について紹介するとともに、今後の燃料デブリの取り出しを含め、
 廃止措置に向けて、重要となるロボット技術、遠隔基盤技術について述べる。
 また、これらの経験に基づき、今後の災害に対する備えとして、ロボット技術に関して
 何が求められるのかについて解説する。
【講 師】淺間 一 氏(東京大学 大学院工学系研究科 精密工学専攻 教授)

(2)屋外環境で活かされるフィールドロボット技術とその実用化
【日 時】11月14日(月)(18:30~20:30)
【概 要】
 噴火による火山災害の危険が存在する火山環境においては、立入制限区域内における
 遠隔調査が求められる。そこで、無人ヘリコプタや小型移動ロボットを用いて遠隔調査を
 行うため、ロボットシステムに必要となる技術や、この技術を用いたフィールド試験に
 ついて紹介する。さらに、国土交通省が、2014年から2015年にかけて進めてきた「次世代
 社会インフラ用ロボット現場検証」について紹介し、ロボットの実用化のために超えなければ
 ならない技術的なハードルについて理解を深める。
【講 師】永谷 圭司 氏(東北大学 未来科学技術共同研究センター開発研究部
            無人探査用フィールドロボット 研究開発プロジェクト 准教授)

■対象事業所:
 以下のいずれかに該当する事業所
 ・被災12市町村(※)の事業所               
 ・将来的に被災12市町村へ進出を予定している事業所
 ・被災12市町村に就業先がある事業所
 ・将来的に被災12市町村で操業を予定している事業所
  ※12市町村
   田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、
   川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村

■受講料:無 料

■募集人数:各コース30名程度(1コース1社2名まで)

■申込方法
所定申込書に必要事項をご記入の上、FAX・E-mailにて、
下記申込先へお申込ください。

※申込書はこちらからダウンロードして頂けます。↓
【PDF】http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/mono3.pdf

※各コース毎のカリキュラム、日程等詳細については下記をご参照ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/2016/09/28-mono2.html

■お申込み先
公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:阿部)
〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6F
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-Mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.