メールマガジン

平成28年度 新産業分野経営力強化・技術者育成講座開催事業「いわきものづくり塾~新産業分野経営力強化・技術者育成コース~」受講者募集のご案内

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News 2016.09.16
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  平成28年度 新産業分野経営力強化・技術者育成講座 開催事業
┃  『いわきものづくり塾 ~新産業分野経営力強化・技術者育成コース~』
┃  受講生募集のご案内
┃ 
┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 いわきものづくり塾は、製造業に従事する若手社員の基礎力向上や、中核人材の
ボトムアップを図ることを目的に「ものづくり」には欠かせない基礎的な講義をはじめ、
再生可能エネルギー等の先進的な講座も行い、地域内企業における技術力の向上を目指します。
 今回、~新産業分野経営力強化・技術者育成コース~として、原子力災害により避
難指示の対象となった12市町村の避難解除区域への進出、または、再開事業所を中心に、
今後、需要が見込まれる先端産業の基礎講座を実施し、製造業における人材の育成を支援
することで、中小企業及び事業者の底上げをはかり、被災地での雇用の拡大につなげます。
 皆様、この機会に是非お申し込みください。

■日 程:平成28年10月21日(金)~12月14日(水)

■会 場:いわき産業創造館(いわき市平字田町120 LATOV6F)

■カリキュラム
○機械加工コース
(1)CAD/CAM技能習得講座
 CAD/CAMが統合されていて、1台のPCで処理出来てしまう、大変使い勝手が良く、
 圧倒的なシェアを誇るソフトウェア【solidworks】。今回は、実習用システムを使用し、
 2DCADをもとに簡単な部品作製の3DCADモデリングから加工データ作成までの捜査演習を通して、
 CAD/CAMの主要機能等に関する知識と操作方法を習得します。
 日 時:10月21日(金)(13:00~17:00)
 講 師:長谷山 良典 氏(株式会社TEK)

○ロボット工学コース
(2)福島第一原子力発電所の事故対応および廃止措置におけるロボット技術の活用と今後の課題
 東京電力福島第一原子力発電所の事故対応において、調査、瓦礫除去、除染などで、
 すでに30種類以上、40台以上のロボットや遠隔操作機器が導入されており、多大なる
 貢献を果たしている。本講座では、これまでに活用されたロボット技術とその実績と
 明らかになった課題について紹介するとともに、今後の燃料デブリの取り出しを含め、
 廃止措置に向けて、重要となるロボット技術、遠隔基盤技術について述べる。
 また、これらの経験に基づき、今後の災害に対する備えとして、ロボット技術に関して
 何が求められるのかについて解説する。
 日 時:11月2日(水)(18:30~20:30)
 講 師:淺間 一 氏(東京大学 大学院工学系研究科 精密工学専攻 教授)

(3)屋外環境で活かされるフィールドロボット技術とその実用化
 噴火による火山災害の危険が存在する火山環境においては、立入制限区域内における
 遠隔調査が求められる。そこで、無人ヘリコプタや小型移動ロボットを用いて遠隔調査を
 行うため、ロボットシステムに必要となる技術や、この技術を用いたフィールド試験に
 ついて紹介する。さらに、国土交通省が、2014年から2015年にかけて進めてきた「次世代
 社会インフラ用ロボット現場検証」について紹介し、ロボットの実用化のために超えなければ
 ならない技術的なハードルについて理解を深める。
 日 時:11月14日(月)(18:30~20:30)
 講 師:永谷 圭司 氏(東北大学 未来科学技術共同研究センター開発研究部
            無人探査用フィールドロボット 研究開発プロジェクト 准教授)

○再生可能エネルギーコース
(4)木質バイオマス利用拡大へ向けての課題と方策
 太陽光・風力発電に次ぐ、再生可能エネルギーとして近年注目が集まっている
 バイオマスですが、実際の事業化や運用、普及促進には、さまざまな課題があります。
 本講座では、木質バイオマス利用の背景から、最新の動向までを学習し、
 熱利用を中心としたバイオマスの技術と実践方法を学びます。
 日 時:10月24日(月)(18:30~20:30)
 講 師:泊 みゆき 氏(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事長)

(5)バイオガスを利用した新たな地域エネルギーの創出と事業化に向けた取り組み
 生ごみや家畜排泄物、食品加工残渣、各種汚泥などの有機性資源(バイオマス)を
 原料として、メタン発酵によって生産されるバイオガスは、化石燃料に代わる環境に
 やさしい再生可能なエネルギーです。バイオガスは発電や熱供給の燃料としてだけで
 はなく、発酵工程の副産物である消化液は堆肥・液肥(肥料)として活用できるなど、
 多彩な用途を備えています。本講座では、地域においてバイオガスの循環利用を図る
 「バイオガス事業」について学習します。
 日 時:11月9日(水)(18:30~20:30)
 講 師:岡庭 良安 氏((一社)地域環境資源センター 地域環境研究所
            バイオマスチームリーダー バイオガス事業推進協議会 事務局長)

○地域医療連携コース
(6)医療機器業界の動向及び法規制とリスクマネジメントについて
 医療健康関連産業は、国の成長牽引産業に位置づけられ、異業種からの新規参入や、
 新規事業創出のターゲットとして注目を集めています。
 本講座では、医療分野への参入に向けて知っておくべき法規制やリスクマネジメントに
 ついて理解を深め、医療機器等ビジネスへの参入のポイントについて学びます。
 日 時:12月2日(金)(18:30~20:30)
 講 師:日吉 和彦 氏((公財)医療機器センター附属医療機器産業研究所 上級研究員)

(7)微細・精密切削加工技術を活かした医療分野への参入事例紹介と課題解決
 近年、高度な精密加工技術を利用し、新たな活路の一つとして医療機器分野への
 進出を図る企業が増えています。しかしながら、医療現場のニーズを的確に把握して、
 商品設計開発し、さらに事業化に結びつけるのは容易ではありません。
 本講座では、切削加工の極限を追求し、高度な微細・精密加工技術を生み出し、
 医療分野への参入に成功した株式会社スズキプレシオン 代表取締役会長の鈴木庸介様をお招きし、
 医療機器新規参入の体験を通して、様々な参入の仕方、課題の解決や方法について、お話し頂きます。
 日 時:12月14日(水)(18:30~20:30)
 講 師:鈴木 庸介 氏(株式会社スズキプレシオン 代表取締役会長)

○労務管理コース
(8)「知らぬ間に「ブラック企業」とならないためのポイント」
 昨今、「ブラック企業」という言葉を目にすることが急激に増えました。
 「ブラック企業」=残業代を支払わない会社、長時間労働をさせる会社、
 若者を使い捨てる会社...などの意味で使われていますが、いったんレッテルを
 張られると会社のイメージを大きく損なってしまいます。社員がすぐ辞めてし
 まう・・・、良い人材が来ない・・・、と人に関する悩みは尽きませんが、その原因は、
 本来守るべき労働条件を理解していないばかりに、知らず知らずのうちにブラック
 企業になっていた、ということも少なくありません。
 本講座では、気づいたら自社が「ブラック企業」とされていた!とならないように
 するため、注意すべきポイントをわかりやすく解説します。
 日 時:11月29日(火)、12月8日(木)(18:30~20:30)
 講 師:菊地 紀男 氏(W&Lコンサルティング社労士事務所 代表)

■対象事業所:
 以下のいずれかに該当する事業所
 ・被災12市町村(※)の事業所                
 ・将来的に被災12市町村へ進出を予定している事業所
 ・被災12市町村に就業先がある事業所
 ・将来的に被災12市町村で操業を予定している事業所
  ※12市町村
   田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、
   川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村

■受講料:無 料

■募集人数:各コース30名程度(1コース1社2名まで)

■申込方法
所定申込書に必要事項をご記入の上、FAX・E-mailにて、
下記申込先へお申込ください。

※申込書はこちらからダウンロードして頂けます。
【EXCEL】http://www.iwaki-sangakukan.com/28_mono2_m.xlsx
【PDF】http://www.iwaki-sangakukan.com/docs/28_mono2_m.pdf

※各コース毎のカリキュラム、日程等詳細については下記をご参照ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/2016/09/28-mono2.html

■お申込み先
公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:阿部)
〒970-8026 いわき市平字田町120番地LATOV6F
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-Mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.44
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アイディアイ

■キャッチフレーズ:独自の視点から、新しいアイディアを形に!!

■会社の特徴:
創業30周年のノウハウを活かし、お客様の「必要」を形にし、満足を得られる製品
を提供致します。ソフトウェア開発装置、回路設計、アートワーク、そして製作まで
いろいろな分野のお客様にお役に立てる会社です。
得意分野は超高速画像判定装置です。            

■株式会社アイディアイの連絡先はこちらです↓
担当者:遠藤進一
電話番号:0246-43-4001
E-Mail:endou@k-idi.co.jp
    
※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.