メールマガジン

平成28年度地域中核企業創出・支援事業 第1回技術連携・事業化研究会『福島県における風力発電の現況・将来展望とそのメンテナンスについて』開催のご案内

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2016.08.30        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  平成28年度 地域中核企業創出・支援事業 第1回技術連携・事業化研究会
┃  『福島県における風力発電の現況・将来展望とそのメンテナンスについて』
┃  開催のご案内
┃  
┃   主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
┃  共 催:いわき地域風力発電関連産業研究会                    

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇
 
 当協会では、市内事業者等を対象として、技術連携やビジネスマッチングの実現に
必要なスキル・ノウハウ等の習得及び、目指すべきマーケットや事業化を見据えた
市場・業界動向等の情報収集、技術的知見の獲得等を目的とした研究会を開催致します。
 今回の研究会では、いわき市川前町小白井と田村市滝根町にまたがる標高800~
1,000メートルの高原地帯にて、滝根小白井ウインドファームを管理・運営されている
株式会社ユーラスエナジーホールディングスグループ様より講師をお招きし、福島県
における風力発電の現況・将来展望等についてお聞かせいただきます。併せて、
ウインドファームの運転に欠かせないメンテナンスについて、具体的にどのような部分を
どのように実施しているのか、実際に運営されている生の情報をお聞かせいただくことで、
近隣風力発電施設に関する最新動向と関連産業への参入に関する情報提供の場といたします。
 皆様、この機会に是非奮ってご参加ください!

■演 題:『福島県における風力発電の現況・将来展望とそのメンテナンスについて』

■講 師:高木 晋洋 ( たかぎ くにひろ )氏
     (株式会社ユーラステクニカルサービス 国内設備運用管理部長) 

■日 時:平成28年9月12日(月)15:00~16:30(受付14:30~)
                                    
■場 所:いわき産業創造館 会議室1
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。   

■定 員:40名程度

■参加費:無 料

■申込方法
 FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・
「連絡先」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/docs/m_0912.pdf

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:長瀨)
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.35
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社ヤマブン味噌醤油醸造元  

■キャッチフレーズ:安全・安心・美味な醸造  

■会社の特徴:
良質な国産の大豆、小麦、自然海塩を原料とし、しかも醤油の要である「こうじ造り」か
ら「もろみ絞り」まで一貫して手作業で行い、昔ながらの醸造方法や樽、釜などにもこだ
わりをもち、熟成期間にも3年から5年間、四季を通じたゆっくりとした時を費やして醤油
として仕上げています。味噌造りも同様に国産の大豆・米など一切添加物を使用せず、
1年から4年間の間、1人1人皆様の喜ぶ顔を思い浮かべながら製造しております。

■有限会社ヤマブン味噌醤油醸造元
担当者:鈴木 勇雄
電話番号:0246-26-2015
E-Mail:yamabun7@amber.plala.or.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 500Km超で走行する超電導リニアの試験走行を間近で体験することができ
┃た。見学者は一斉にシャッターを押すが、我々の感覚では走行リニアの顔を撮影
┃することは無理なようであった。ここは山梨県立リニア見学センターで、試験走
┃行リニアを窓越しに見ることができ、屋外の見学テラスからは走行車両の衝撃を
┃直に肌で感じられる。施設内には、2003年当時の鉄道最速記録(581Km)
┃を樹立した実車両や、リニア50年の歴史を分かりやすい開発年表等で展示して
┃いる。また、超電導リニアの仕組みを実験や装置を使って体験学習できる機能や、
┃磁気浮上走行が体験できるミニリニア等が設置されている。醍醐味は疾走する走
┃行リニアだが、子供たちには体験学習できるブースが人気のようである。201
┃5年には603Kmの鉄道最高速度を記録しており、将来を担う子供たちには素
┃晴らしい科学に興味を持ってもらうためにも、ぜひ訪れて体験して欲しい施設で
┃ある。(UGM)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.