メールマガジン

「平成28年度 地域復興実用化開発等促進事業費 補助金」2次公募のご案内

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2016.08.16       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 「平成28年度 地域復興実用化開発等促進事業費 補助金」2次公募のご案内

┃   主 催:福島県
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆◆福島県 商工労働部 産業創出課からのお知らせです◆◆◇◇

 福島県では、この度、「平成28年度 地域復興実用化開発等促進事業費 補助金」
の2次公募を開始しましたのでご案内いたします。本事業は、福島県浜通り地域の
15市町村において、福島県の復興促進を目的として実施されるものです。地元企業
等との連携等による地域振興に資する実用化開発等を促進し、同地域の産業復興の
早期実現を図るため、支援を行うとともに、福島イノベーション・コースト構想の
重点分野産業の裾野を広げ、復興の加速化を進めます。
 皆様、奮ってご応募ください。


■公募期間:平成28年8月12日(金)~平成28年9月9日(金)【17:00必着】

■事業概要
(1)補助対象分野(重点分野)
  ロボット、エネルギー、環境・リサイクル、農林水産業、環境回復、住民の健康確保に
  つながる医学(医療機器等)または廃炉・汚染水対策など放射線の知識が必要となる分野等

(2)補助対象地域
  いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、
  川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、新地町、飯館村の15市町村

(3)補助対象内容(実用化開発等)
  原則として、福島県浜通り地域において実施される重点分野に係る研究開発や
  実証など実用化・事業化に向けた取組み

(4)補助対象者
  ○地元企業等:福島県浜通り地域に本社、試験・評価センター、研究開発拠点、
   生産拠点等が所在する企業、国立研究開発法人である研究所、大学若しくは
   国立高等専門学校機構または農業協同組合その他の法人格を有する団体等
  ○地元企業等と連携して実施する企業(全国の企業が対象)


(5)補助率及び補助上限額
  ○中小企業:補助対象経費10.5億円の2/3(7億円)を補助
  ○大企業 :補助対象経費14.0億円の1/2(7億円)を補助
  ※補助上限額:1事業計画あたり7億円(連携支援の場合、合計額)

(6)補助対象経費(以下の経費が補助対象になります。)
 【1】直接経費
  施設工事費、機械設備費、調査設計費、人件費、材料費等、外注費、委託費、その他諸経費
 ※上記の経費については、原則として、福島県浜通り地域において実施される場合に限る。
 ※「施設工事費」は、実用化開発等を行うために不可欠で最低限必要な施設の設備等の経費
 ※「委託費」は、直接経費の30%以下
 ※使用実績の把握が困難な材料等は、補助対象経費とはならない。
 【2】間接経費
 ※直接経費の5%以下


(7)予算額:69.7億円

 ※補助事業実施のため必要となる経費が対象となりますが、次の条件を満たす必要があります。
 ・交付決定後に契約、支出されるもの。
 ・平成29年2月末日までに支払いを終えるもの。
 ・補助事業に要することが明確であるもの。

■応募方法
 所定の申請書類に必要事項を記入の上、添付資料を添えて、
「デロイト トーマツ コンサルティング合同会社」(管理業務委託機関)まで、
郵送にて提出をお願いします。 
 
 ※提出先は福島県産業創出課ではなく、上記管理業務委託団体となります。
 ※郵送時には簡易書留を利用するなど、書類の送付記録が残る方法で提出してください。
 ※持参による受け付けはいたしませんので、締切までに余裕をもっての発送をお願いします。

 ※交付提案書提出の前に管理業務委託団体(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)
  の確認・アドバイスを受けることをお勧めします。

 ※応募の詳細については、以下のホームページをご覧ください。
  http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021b/2jituyoka-hamadori.html

■応募先・お問合せ先
 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(管理業務委託機関)
 地域復興実用化開発等促進事業費補助金担当
 〒963-8042 福島県福島市荒町2-9(熊坂ビル2階)
 TEL:024-572-3352 FAX:024-572-3352 
 E-mail:dtc_f_jitsuyoka@tohmatsu.co.jp

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.13
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:いわきアグリエージェント(IAA)
         
■キャッチフレーズ
 広告は幸せづくりのお手伝い。その商品を囲めばあなたや家族の素敵な時間がはじまります。

■事業内容
・いわきの農業をはじめとする第一次産業に携わる農家・生産者・加工事業者・
 農業法人などの広報・PR活動
・販売促進のためのプロモーション活動及びコンサルティング業務。
 商品開発・イベント企画・補助金申請のアドバイス
・公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会より委託された農商工連連携推進の
 アドバイザー・コーディネーター業務
・広告制作部門アド・シー広告事務所においては、第一次産業以外の部門でも
 広報・PR・販売促進のためのプロモーション活動

■自己紹介
 広報・PR・販売促進等の広告制作のディレクターとして、電通グループの会社を
はじめに広告マンとして25年以上のキャリアがあります。 外資系企業などを担当し、
日本では知名度の低い企業に対しイメージ戦略を提案しました。
商品の直接プロモーションではなく、企業姿勢をPRいたします。
それにより、企業価値を高め広報誌のコンテストでは日本一になった実績もあります。
携わった業種は製薬企業・流通・観光・通信・不動産・メーカー・金融・保険など多業種にわたります。
あなたの持つマインド、商品への想いを教えてください。
表現方法やイメージ作りを通して、消費者との懸け橋になりたいと思います。

■いわきアグリエージェント(IAA)の問合せ先はこちらです。
担当者:代表 永山 泰弘(ながやま やすひろ)
TEL:090-6109-7611 FAX:0246-26-5742
E-mail:adsea.y.n@kdp.biglobe.ne.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.