メールマガジン

『平成28年度 産学官連携・技術開発支援事業』採択案件が決定しました!

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2016.08.02
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃ 『平成28年度 産学官連携・技術開発支援事業』採択案件が決定しました!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、産学官連携等による事業化の
実例・成功例を創出し、地域経済の更なる発展と地域産業の振興を目的とした各種
事業を実施しております。
 本事業はその一環として、民間事業者と高等教育機関の連携や国の新成長戦略に
基づく成長産業分野等において、新たな商品やサービス、技術の開発など、地域
産業の活性化に貢献することが見込まれる取組みを公募し、委託による資金補助や
産学官連携コーディネータによる進捗管理など、事業化に向けた総合的な支援を
行います。
 このたび次の10件が採択されましたので、お知らせいたします。     

■実施者及び事業名称【採択件数10件】※五十音順

(1)アルプス電気株式会社
  (『蓄電池内蔵自立型太陽光発電WiFi街灯』に搭載する蓄電池の実用性の評価)

(2)いわきエフアールピー工業株式会社
  (小型風力発電機ブレードの県内生産に向けた製造研究及び試作開発)

(3)エコエネルギーシステムズ株式会社
  (施設園芸向けハイブリット地温制御システムの開発と実証試験)

(4)株式会社エコハイテクコーポレーション
  (銅スラグを鉄源にした金属系排水の浄化剤の開発)

(5)株式会社サンズエンジニアリング
  (介護食等の製造現場で硬さと流動性を簡単に数値化出来る小型動的粘弾性測定装置の開発)

(6)株式会社シンテック
  (歯列矯正ワイヤーの海外向けグローバル化製品の共同開発事業)

(7)バックス情報システム株式会社
  (電池メンテナンスサイクルを改善する低消費電力制御モジュールの開発)

(8)福島工業高等専門学校
  (螺旋水車型マイクロ水力発電システムの開発及び試作)

(9)北都オーディオ株式会社
  (レーザー刻印機で二次元コードのナンバリングを行う為の生産システム構築)

(10)マイナーズジャパン株式会社
  (太陽光発電用モジュールを接続するジャンクションボックスの自動機製作の実用化研究)

※詳細はこちらをご覧ください。
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/gizyutsukaihatsushien.html

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.07
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:Office Genie (オフィスジーニー)
         
■キャッチフレーズ
 企業の『ヒト』『モノ』『カネ』の悩みをスッキリ解決する黒子コンサルです。

■事業内容
1.財務コンサルティング
 (業績改善、資金調達、経営革新)
2.ビジネス人材育成コンサルティング
 (後継者育成、チームビルディング、コーチング)
3.講演・セミナーの開催
 (初心者でもわかる会計講座、部下育成 等)

■自己紹介
学卒後、地方銀行に入行して融資・資産運用業務中心に携わりました。
その後、法人コンサルに興味を持ち、大手経営コンサル会社に30代で転職。
中部、東北企業の数多くの業種のコンサルティングに従事してまいりました。
地元いわき市の中小企業の抱える『ヒト』『モノ』『カネ』の悩みを、
現場密着主義で解決していく所存です。企業の円滑な資金繰りのお手伝いと、
それを可能にする人材の育成中心に取り組み、クライアント企業の社長と
従業員の方々双方の満足を追求していきます。

■Office Genie (オフィスジーニー)の問合せ先はこちらです。↓
担当者: 渡辺 昌治(わたなべ しょうじ)
TEL:0246-85-0235 FAX:0246-85-0236
E-mail:watanabe@office-genie.jp

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 当協会でも、7月~9月の毎週金曜日(水曜日は任意)はアロハシャツを着用
┃して業務に当たっております。微力ながら「フラガールが生まれた街・いわき」
┃の定着を後押しいたします。今回、そのアロハシャツについて少し調べてみまし
┃た。起源は、1930年代、日本人移住者が持っていた和柄の着物を、シャツに
┃仕立て直したものという説が有力です。その後、1940~50年代にアロハシ
┃ャツを主体とするアパレル産業がハワイの基幹産業として発展しましたが、発展
┃当初に生産されたレーヨン素材のアロハシャツは、そのデザインと素材の光沢や
┃肌触りが秀逸で非常に貴重となり、現在「ヴィンテージアロハ」として数万円~
┃数十万円といったプレミア価格で流通しています。調べてみて、私もヴィンテー
┃ジアロハに興味を持ちましたが、購入する勇気・費用共にありませんでした。(HIRO)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.