メールマガジン

2015年7月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.31       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「中国への企業進出セミナー」でお馴染みの
┃  佐藤忠幸氏から『上海レポート』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 現在、中国は上海に事務所を構え、
中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「上海レポート」7月号をお届けいたします。

==========================================================================

◇上海レポート7月号(バスで見る上海)◇

暑中御見舞い申し上げます。
昨年よりかはいくらか涼しいようですが、雨が多くて過ごしやすいとは言えない上海
です。

夏には必ず帰国するため、毎年6月か7月に、中国人民元を日本円へ両替しています
が、元高、円安を実感します。
2012年 7月には、30万円を両替するのに24,300元必要でした。すなわち1元が12.53
円にしかならず、1万円を得るには800現必要でした。
その後、毎年ほぼ1000元ずつ下がってきて、今年は(6月現在)30万円を両替するの
にたった15,300元で済みました。
すなわち1元が19.61円、1万円を得るには510元で済みます。
輸入品は安くなっていますが、輸出で支えられている中国では厳しい経済運営を強い
られているようです。輸入品なんぞに手を出せない庶民も厳しい生活を強いられてい
ます。
その影響かどうかはしれませんが、株価は私の予想通り暴落しています。
2007年の高騰2008年の暴落の姿を追いかけているようですが、中国人の大方の予想よ
りも早い暴落のようです。
秋までは大丈夫とか年内は大丈夫とか、皆さん自信満々でしたが、早まった暴落をど
ういう心境で迎えているのかな?
しかし、7年前と違って(表面上は)冷静なのが不思議です。

さて、最近は上海市内をバスで回ることが多くなったのでそれから得た雑感を報告し
ます。

【何故バス利用が増えたのか】
最近は、朝夕のラッシュ時間帯はタクシーを全く拾えない。スマホを使った会員制の
タクシー呼び出し制度が発達し、ラッシュ時には純粋な空車が走らなくなったからで
ある。

ところで、スマホは便利なようでそれに頼りすぎた中毒状態の者が多すぎる。地下鉄
車内でも6人掛けシートで平均5人はスマホらしきものをいじり、覗いている。
だからそれに反発した私は、携帯は電話機能のみとしている。メールも受信のみだ。

脱線したが地下鉄は、行先によっては駅までの距離が長過ぎるし、駅の乗り換えが極
めて不便な場合が多く、利用出来るところには限りがあるため、バスを使うことが増
えたのである。

【上海の地下鉄総延長は世界一だが】
地下鉄は、年々路線が増え16路線となり、総延長は600Km近くになった。これは2位ロ
ンドン、3位ニューヨーク、4位東京を超えたダントツの世界一である。
しかし、上海は世界一の大人口都市でありながら、近郊電車が無く地下鉄だけに頼っ
ており、明らかに通勤が不便な都市である。
東京なら、山手線、京浜東北線、中央線、埼京線、常磐線その他のJRの鉄道網が充実
しており、その主要駅からは、東急、東武、京急、京成、西武、京王、などの各私鉄
の支線が網の目のように出ており、その下を地下鉄でつないでいる。
上海は、これらのJRや私鉄の全てが無い。
近年のマイカーブームにより主要道路は慢性的渋滞であり、公共乗り物の需要はます
ます高まっているがそれに到底追いつけないのが実情。
最初に地下鉄が開通したのは、上海は1995年(東京は1927年)とたった20年前であ
り、2012年には総延長が世界一とした都市開発意欲には感服するが、近郊通勤電車が
皆無というのは痛すぎるし、都市開発が遅すぎた。
まあ、発展途上国として仕方がないのかな?それとも日本の先見性が有り過ぎるのか
な?

【バス乗車の感想】
バスの話に戻そう。
上海をバスで回った感想を改めて報告する。
バスは思った以上に路線が充実しており、1つか2つ乗り換えれば市内の何処にでも
行けそうである。うまく探せば楽に乗り換えられる。しかし、何処で乗り換えればよ
いのか探すのが大変である。以前は路線バス乗り換え案内書なる2百数十ページの本
を売っていたが地下鉄が増えてきたら廃刊となってしまったのが残念である。
バスの長所は、地下鉄のように乗換駅の歩行が少なくて済むことである。降りた同じ
停留所で違うバスに乗り換えることが出来る場合が多い。
そして安い。郊外に行く長距離バス以外の冷房車は全て2元である。冷房が入ってい
ないバスは1元(約20円)だが、最近はお目にかからなくなった。
ちなみに、地下鉄は初乗り3元と50%も高い。

【バスには問題が3つ】
問題の一は時間がかかること。
バス停は小まめにあるのでそこまでの歩行時間は短いが走行時間にかかり地下鉄の2
倍である。朝夕の急いでいる時時間帯は、道路も大混雑であるので絶対に乗れない。
そのため、都心部には路線バス専用通行帯があるのだがそんな交通ルールは意味が無
い。
全く無視されている。
だから、客よりも先に運転手がイライラする。急発進・急ブレーキ・クラクションの
連続である。運悪く座れない場合は柱にしがみつかなければ危険である。これが問題
の二。
そして最後の問題は、バス停で待っていてもバスはいつ来るか分からないこと。バス
のダイヤはあるらしいがバス停には掲示してない。始発と終車時間しか書いてない。
延々と待っていたら、同じ時間に同じ路線バスが2台来ることもありとにかく不規則
である。

【バスで市内を走っての感想】
バスは地下鉄と違って走行中に窓から市街を見渡せられる。しかも、タクシーと違っ
てやや高いところから見られるのが有り難い。
そんなわけで、上海の変化をつぶさに観察できる。
新しい高層ビルの工事はそこかしこでされているが、そんなに増やして電力やガス・
水道・排水などのインフラは大丈夫かと勝手に心配している。
しかし、意外なのは、都心では古いビルの外観を大事にしていることが目立つ。格好
よく言うと歴史的建造物の景観保護をきちんとしており、有り体に言うと歴史の浅い
上海では古い外観を持つビルは貴重であり家賃を高く取れるということであろう。

とにかく、古い街を壊し、高層ビル群に都市改造が進む中、由緒あるビルの外壁を
使った新しいビルが次々に建てられている。そういう洒落たビルの多くが、ショッピ
ングモールであり、レストラン専用ビルである。そんなに増えて客の入りは大丈夫か
と他人事ながら心配してしまう。
中に入っているレストランは、もちろん中国料理が最も多いが、外国料理では日本料
理(風?)が最も多い。ところによっては中の全てのレストランが日本料理というビ
ルもある。寿司、鰻丼、焼鳥、トンカツ、カレー、ラーメン、うどん、そして居酒屋
に会席料理と、ありとあらゆる日本料理が食べられる。
値段はほとんど日本と同じ。「あの給料でよく食べられるな~」と感心する。
3~4年ごとの反日騒動で痛めつけられたお店も拡張しているが、それが再度起きない
保証は無いがどうするのかな?

【交通マナーは相変わらずひどい】
最近目立つのは、交差点での人の斜め横断が増えたこと。
自動車向けに右折専用あるいは左折専用の信号が出ると、直進車がいないので人も自
動車と一緒になって斜め横断をするのである。バスの運転手がイライラするのも致し
方ない。
おかげで、横断歩道の信号が青になっても渡るのは老人と子供だけ。変に知恵が付い
たものである。

中国人は、とにかく急いでいるようだ。交差点だけでなく、歩くスピードも速く、遅
い人がいればどんどん追い越す。そして、追い越したらその人の直前に入るのは当た
り前。追い越された人は急ブレーキを掛けない限り追い越した人の靴を踏んでしまい
喧嘩になる。この場合中国では、靴を踏んだ後ろの人の方が悪いそうだ。
横断歩道で並んで信号待ちしていても隙を見てサッと横入りする。
何れも悪気はないようだ。
急いでいるから。そして国際的なマナーを知らないだけ。
自動車に乗っても同じ。だから交通事故は日本の10倍以上。

だから国際紛争になり易いのです。
そういうお国でそういう人を中心として会社を興すのは並大抵のことでは有りませ
ん。
それなりの覚悟と投資をすべきです。特に人材をね。
それが嫌なら、騒動を起こす前に撤退すべきです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 佐藤忠幸/Sato Tadayuki
 E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
 HR研究会HP:http://www.sh-hra.cn/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.29        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 平成27年度 第3回 オフタイムサロン
┃ 『福島ガイナックスと考える 地域活性化の仕掛けづくり
┃  ~コンテンツの力が地域を変える~』開催のご案内
┃  
┃   主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
┃  共 催:いわき市
┃  後 援:いわき商工会議所 福島県中小企業家同友会 いわき地区                    

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇
 
 本事業は関心のあるタイムリーな話題をテーマとした講演会と、講師・参加者同士
の交流を深め、異業種の交流を通した、あらたな事業の創出や「つながり」をつくる
ことを目的に実施しております。
 
 大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」や「天元突破グレンラガン」などの
アニメ制作会社「ガイナックス」が、福島県三春町にアニメ制作スタジオと中学校の
校舎を活用した他に類を見ないユニークなアニメミュージアムを開設しました。
 東日本大震災の復興に向け、福島から世界に向けた情報発信をはじめ、今後、
様々な事業を展開していく、株式会社福島ガイナックスの代表取締役 浅尾芳宣様を
お招きしまして、アニメ制作を中心に据えたガイナックスの事業概要はじめ、
街づくりやコンテンツ事業の開発事例等の取り組みから、今後の福島における地域を
巻き込んだ事業展開についてお話し頂きたいと思います。
 皆様、この機会に是非ともご聴講ください。

■日 時:平成27年9月15日(火)【講演会】18:00~19:30
                  【交流会】19:30~20:30
                   
■場 所:いわき産業創造館 企画展示ホール
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。   

■講 師:浅尾 芳宣(あさお よしのり)氏
     (株式会社福島ガイナックス 代表取締役)

■定 員:40名程度

■参加費:無 料(交流会参加の方は別途1,000円)

■申込み方法
 FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」・
 「連絡先」・「交流会参加の有無」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF)http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/tirashi3.pdf
○申込書
(WORD) http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/moushikomi3.doc
(PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/moushikomi3.pdf

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/2015/07/post-8.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.25
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アド・プラン

■キャッチフレーズ:デザイン『力』が企業の成長を高めます。

■会社の特徴
社内にグラフィックデザイナー、WEBクリエイターを擁する提案型の広告会社です。
企業のCI,VIから、ブランド・商品開発、マーケティング創出などの様々なシーンで、
デザイン『力』でもって課題を解決します。

■株式会社アド・プランの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役社長 相馬 光宏
電話番号:0246-29-3154  FAX:0246-29-3151
E-Mail:info@ad-plan.co.jp
URL http://www.ad-plan.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ いわき地区も梅雨明け間近と感じさせる天気が続いています。晴天率、日照
┃時間が長いこの地方は太陽光発電には適していることもあり、このところ身近
┃に発電設備を見ることが多くなりました。民間の大小の事業者の逞しさを感じ
┃ます。バイオマス発電、地中熱利用などまだまだ普及の遅れている分野も情報
┃提供等により、適切な選択がされ普及が進むことを期待します。(ヨシ)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.29       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 『ビッグデータを活用できる人材育成支援研修~応用研修~』開催のご案内
┃  
┃  主 催:福島県
┃  地域戦略策定を担う人材育成支援事業受託団体:(一財)日本立地センター               

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆福島県からのお知らせです◆◇◇
 
 福島県では、地域経済分析システム(RESAS)を活用した産業振興施策の検討プロ
セスを理解し、そのスキルを身に付けるための研修を下記の通り開催致します。
 内容は基礎と応用のSTEP別研修に加え、他地域との意見交換により、RESASの
活用例等について意見交換を行います。皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時:平成27年7月30日(木)(9:55~16:40)
                   
■会 場:道の駅 南相馬(南相馬市原町区高見丁2丁目30-1)

■スケジュール
  9:55~10:00 主催者挨拶

10:00~14:30 講 演

(1)10:00~12:00
 【テーマ】「創造とチャレンジによる中小企業の経営戦略」
 【講 師】松本 茂樹 氏(松本工業株式会社 代表取締役) 
   ~講師プロフィール~
     慶應義塾大学法学部卒業後、1976年三井物産株式会社入社。
     1983年8月松本工業株式会社へ入社し、1989年常務取締役就任、
     1991年取締役副社長就任、1992年代表取締役社長に就任し、現在に至る。
     自動車用シートフレーム部品やマフラー部品等の自動車部品を製造すると共に、
     住宅部門や流通事業部(食品スーパー)等も多角的に経営。
     2013年1月には中国の湖北松本有限公司の工場が本格稼動。

(2)13:00~13:30
 【テーマ】「東日本大震災復興支援活動を通して見えてきたこと」
 【講 師】大川 あおい 氏
      (日本立地センター エネルギー部課長兼復興支援センター企画部長)         

(3)13:30~14:30
 【テーマ】「地域戦略策定のための地域データ分析応用編」
 【講 師】加藤 譲 氏(日本立地センター 立地総合研究所主任研究員)

14:50~16:30 グループディスカッション&プレゼン&講評
 【テーマ】「地域データより地域の強みと課題を分析し、課題解決策を検討する」
 【アドバイザー】加藤 譲 氏(日本立地センター 主任研究員)
         大川 あおい 氏(日本立地センター エネルギー部課長)
 【モデレーター】林 聖子 氏(日本立地センター 総括研究主幹)
 
16:30~16:40 自己評価

■対象者:福島県職員及び県内町村職員
※(1)の午前の講演会は企業の皆様もご参加いただけます。
※RESASのID取得者以外にもビッグデータを産業振興に活用して
  いくことに関心のある職員も参加できます。

■参加費:無 料

■申込方法
 所定受講申込書に必要事項を記入のうえ、E-mailまたはFAXにて、下記お申込み先へ
 お申し込みください。

 ※所定受講申込書はこちらからダウンロードもできます↓
  http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/124498.xlsx

■お申込み・お問合せ先
 福島県商工労働部企業立地課(担当:佐々木)
 〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16
 TEL:024-521-8523 FAX:024-521-7935
 E-mail:investment@pref.fukushima.lg.jp   

 ※詳細はこちらをご覧ください。↓
  http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021a/bigkennsyuu.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.24
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!
■企業名:山幸電機株式会社

■キャッチフレーズ
プリント基板一枚から設計製作。早い!安い!高品質!

■会社の特徴
当社は、電子機器製造業で、主にプリント基板の設計から
電気試験機の設計製作をしております。
小ロット多品種を得意とし、実験・試作等、一台から製作いたします。
製品開発等の電気回路試作のお手伝いもさせて頂きます。
お気軽にご相談ください。
ISO9001・KES環境マネジメントシステム認証取得

■山幸電機株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:三浦 博行(みうら ひろゆき)
電話番号:0246-56-0148
E-Mail:hiro_miura@sanko-dk.co.jp
URL http://homepage3.nifty.com/sankodenki

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 子供たちが夏休みに入り、毎日宿題のチェックに追われています。毎年恒例で、
┃「夏休みの友」は終わったものの、自由研究や読書感想文、絵画などは手つかず...
┃子供の宿題といえど、結局親の手が必要になるものが必ずあって困ります。その中
┃で、娘の宿題の「昆虫観察」という宿題に頭を抱えていました。なぜなら、私、虫
┃が大っ嫌いなんです!!触れないし、見たくもない...虫を避けようとして足の骨にヒ
┃ビを入れた経験があるくらい本当に嫌いなんです。それなのに、昆虫観察という宿
┃題が終わっていない!!「昆虫なんて観察しなくても...」と、内心思いつつも、宿題
┃なのでやらせないわけにはいかない。もう本当に地獄の宿題です...という事で、こ
┃ういう事は父の出番!!と、「お父さんと一緒に出来る宿題があって良かったね。」
┃と、主人の前で笑顔で子供に言った私(笑)鬼嫁発言が隣から聞こえましたが、そ
┃れは聞こえないフリで、とにかく「昆虫観察」を押し付け、私は安泰です(真)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.28  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  食品安全の第一人者、米虫節夫先生が分かりやすく解説する
┃  『今からすぐに取り組むことのできる食の安全安心...
┃   食品衛生7Sの取り組み』開催のご案内

┃  主 催:いわき商工会議所「いわきブランド推進委員会」拡大委員会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆いわき商工会議所「いわきブランド推進委員会」拡大委員会
                        からのお知らせです◆◇◇

 いわき商工会議所「いわきブランド推進委員会」では、震災後、大きく信用を
失ってしまった、いわき産の産品や農産物の信頼回復を目指して、活動を行って
おります。今回の拡大委員会は、風評被害を被っている市内食品事業者の皆様が、
市内はもとより首都圏において、どのようにすれば自社製品の安全安心を確保する
ことができるのかについて、具体的な情報提供をさせていただき、更なる商品開発、
販路開拓を目指して頂くことを目的の1つとしています。これまで、各事業者の
皆様が取り組んでこられた施策に加えて、日本の食品安全の第一人者である、
米虫節夫先生が実践の中で長年蓄積されてこられたノウハウを加えて、更なる信頼
の向上と風評被害の払拭にお役立て頂ければと考えております。なお、先生は、
食品安全ネットワークの最高顧問を兼任されており、大変多忙な中、現在のいわき市
の状況に鑑み、風評被害払拭を推進するためにお越しいただけることになりました。
この機会に是非ともご参加ください。

■日 時:平成27年7月30日(木)(10:00~11:30)

■会 場:いわきワシントンホテル椿山荘(いわき市平字一町目1 TEL:0246-35-3000)

■講演概要
【テーマ】今からすぐに取り組むことのできる食の安全安心...食品衛生7Sの取り組み
【講  師】大阪市立大学大学院 工学研究科 客員教授(食品安全ネットワーク最高顧問)
     米虫 節夫(こめむし さだお)氏     
~講師プロフィール~
 大阪大学工学部発酵工学科卒業、工学博士(大阪大学)。近畿大学農学部教授
 (1997年~2009年)などを経て、現在、大阪市立大学大学院工学研究科客員教授。
 微生物制御が専門,食品安全ネットワーク最高顧問。主な学会活動:日本科学技術
 連盟・日本規格協会のTQC/TQM講師、「食品安全ネットワーク」設立・元会長、
 PCO微生物制御システム研究会設立・会長、日本防菌防黴学会理事・会長などを
 歴任。日経品質管理文献賞など各種受賞多数。

■参加対象者:事業者(※一般の方は参加頂けません)
 
■受講料:無 料(※事前申込みが必要です)

■申込方法
FAX(0246-43-2993)にて必要事項(「事業所等名」「お役職名・
お名前」「TEL」「FAX」「E-mail」を記載の上、お申込みいただくか、
お電話(0246-43-6521)にてご連絡の上、お申し込みください。

※参加票等は発行致しません。当日、直接会場へお越し下さい。
 
■お問合せ・お申込み先
 いわき商工会議所常磐支所(担当:小野)
 〒972-8321 いわき市常磐湯本町天王崎33-1
 TEL:0246-43-6521 FAX:0246-43-2993
 E-Mail:web@iwakicci.or.jp
 URL:http://www.iwakicci.or.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.28         
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  『ふくしまベンチャーアワード2015』起業家募集のご案内

┃  主 催:福島県
┃  共 催:東邦銀行

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

~福島県内で高い志をもって、
 果敢にチャレンジしている皆様のビジネスプランを広く応募します~

『ふくしまベンチャーアワード2015』は、福島県内のベンチャースピリットを
持った起業家や企業の、地域資源を活用したり、地域の社会的課題に取り組む事業を
募集・表彰することにより、創業の意識を高めるとともに、独自の産業を創出し、
地域経済の復興・活性化を図ることを目的としています。
 応募対象者は、県内に主たる事業所を有し、起業・創業から概ね10年以内の
中小企業等の代表者または個人事業主を対象として、募集しております。
 皆様のご応募をお待ちしております。

■募集概要
(1)募集締切:平成27年9月24日(木)※17時必着

(2)最終審査会・表彰式:平成27年12月 1日(火)

(3)場  所:コラッセふくしま 多目的ホール
       (福島市三河南町1番20号 コラッセふくしま4F)

(4)応募資格:福島県内に主たる事業所を有する中小企業等の代表者または
        個人事業主であって、起業・創業から概ね10年以内の方

■審 査
有識者などからなる審査会により、書類審査(一次、二次)を行います。二次審査通過者は
公開プレゼンテーションを実施し、その評価により各賞受賞者を決定します。

■審査基準
(1)起業の動機・意欲 (2)独創性・新規性 (3)成長の可能性(4)社会性・地域性

■応募方法
所定の応募用紙に必要事項を記入の上、添付書類と合わせて、郵送または持参により
お申し込みください。

※募集要項及び応募用紙は、下記URLよりダウンロードしてください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/2015/07/va.html

■審査結果及び賞金について
(1) 最優秀者に福島県知事賞と東邦銀行賞・・・表彰状及び100万円贈呈
(2) 準優秀者に福島県商工労働部長賞・・・・・表彰状及び20万円贈呈
 ほか、準賞2点程度
※賞金は、株式会社東邦銀行にすべてご協賛をいただいております。

■受賞者に対する支援について
(1)県や事務局が各種媒体で広報します。以下は、過去の広報の一例です。
 ○受賞者による副知事等表敬訪問
 ○県や関係機関が主催するセミナーでの講師
 ○県内テレビ局による取材
 ○ホームページへの掲載

(2)「とうほう次世代経営塾」への参加
 受賞者のうち希望者は、「とうほう次世代経営塾」へ参加することができ、通常20万円
の受料が免除されます。若手経営者が1年間のカリキュラムで経営の心構えやノウハウを学
び、人脈を築く場として活用されています。

■受賞後の特典について 
(1)「ふくしま起業家ガイドブック」への掲載
(2)「とうほう起業家応援相談会」による継続的な経営相談
(3)「とうほう次世代創業支援ファンド・ローン」の相談対応
(4)交流会への出席

■お申込み・お問合せ先
 ふくしまベンチャーアワード事務局((公社)いわき産学官ネットワーク協会)
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
  LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.23
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社品川通信計装サービス

■キャッチフレーズ:技術で応える確かな未来

■会社の特徴:弊社ではマイクロコンピュータ・電子電気応用技術を核として計測・
通信・制御・機械・ソフトの5つの分野の設計開発技術者を有し、それらの技術融合から
商品化やシステム開発を行う会社です。
 未知への技術分野に常に向き合い、開拓精神と独創確実の技術魂で営業部門・技術部門
共に顧客満足度の向上を目指します。

■有限会社品川通信計装サービスの連絡先はこちらです↓
担当者:田中 信也
電話番号:0246-58-3334
E-Mail:info@sinagawa-tsushin.co.jp
URL:http://www.sinagawa-tsushin.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 日本人として誇りに思います。今の時代、スマートフォンやiPadなどの
┃IT機器が爆発的に普及していますが、そのほとんどの技術は日本で発明され
┃たもので、IT社会を支えているのは日本の高度な科学技術です。ところで皆
┃さん、フラッシュメモリーをご存知でしょうか?FETでホットエレクトロン
┃を浮遊ゲートに注入し、データ記録を行う半導体不揮発性メモリのことで、現
┃代のデジカメ、携帯電話、PCで活躍する製品です。実は、これは某国内企業
┃T社が発明したもので、従来のDRAMは電源を切ると全て記憶した情報も消
┃えてしまいましたが、フラッシュメモリーは電源を切っても情報が残る優れも
┃ので、この発明なしには今日のIT産業は考えられないのです。凄いぞ日本!
┃(平)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.23  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  食品安全の第一人者、米虫節夫先生が分かりやすく解説する
┃  『今からすぐに取り組むことのできる食の安全安心...
┃   食品衛生7Sの取り組み』開催のご案内

┃  主 催:いわき商工会議所「いわきブランド推進委員会」拡大委員会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆いわき商工会議所「いわきブランド推進委員会」拡大委員会
                        からのお知らせです◆◇◇

 いわき商工会議所「いわきブランド推進委員会」では、震災後、大きく信用を
失ってしまった、いわき産の産品や農産物の信頼回復を目指して、活動を行って
おります。今回の拡大委員会は、風評被害を被っている市内食品事業者の皆様が、
市内はもとより首都圏において、どのようにすれば自社製品の安全安心を確保する
ことができるのかについて、具体的な情報提供をさせていただき、更なる商品開発、
販路開拓を目指して頂くことを目的の1つとしています。これまで、各事業者の
皆様が取り組んでこられた施策に加えて、日本の食品安全の第一人者である、
米虫節夫先生が実践の中で長年蓄積されてこられたノウハウを加えて、更なる信頼
の向上と風評被害の払拭にお役立て頂ければと考えております。なお、先生は、
食品安全ネットワークの最高顧問を兼任されており、大変多忙な中、現在のいわき市
の状況に鑑み、風評被害払拭を推進するためにお越しいただけることになりました。
この機会に是非ともご参加ください。

■日 時:平成27年7月30日(木)(10:00~11:30)

■会 場:いわきワシントンホテル椿山荘(いわき市平字一町目1 TEL:0246-35-3000)

■講演概要
【テーマ】今からすぐに取り組むことのできる食の安全安心...食品衛生7Sの取り組み
【講  師】大阪市立大学大学院 工学研究科 客員教授(食品安全ネットワーク最高顧問)
     米虫 節夫(こめむし さだお)氏     
~講師プロフィール~
 大阪大学工学部発酵工学科卒業、工学博士(大阪大学)。近畿大学農学部教授
 (1997年~2009年)などを経て、現在、大阪市立大学大学院工学研究科客員教授。
 微生物制御が専門,食品安全ネットワーク最高顧問。主な学会活動:日本科学技術
 連盟・日本規格協会のTQC/TQM講師、「食品安全ネットワーク」設立・元会長、
 PCO微生物制御システム研究会設立・会長、日本防菌防黴学会理事・会長などを
 歴任。日経品質管理文献賞など各種受賞多数。

■参加対象者:事業者(※一般の方は参加頂けません)
 
■受講料:無 料(※事前申込みが必要です)

■申込方法
FAX(0246-43-2993)にて必要事項(「事業所等名」「お役職名・
お名前」「TEL」「FAX」「E-mail」を記載の上、お申込みいただくか、
お電話(0246-43-6521)にてご連絡の上、お申し込みください。

※参加票等は発行致しません。当日、直接会場へお越し下さい。
 
■お問合せ・お申込み先
 いわき商工会議所常磐支所(担当:小野)
 〒972-8321 いわき市常磐湯本町天王崎33-1
 TEL:0246-43-6521 FAX:0246-43-2993
 E-Mail:web@iwakicci.or.jp
 URL:http://www.iwakicci.or.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.23
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃   平成27年度『弁護士等無料相談会』開催のご案内
┃  (特許等取得活用支援事業/福島県発明協会)
┃ 
┃   主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 ~専門コンサルタントが貴方の事業化をサポートします!~
 
 当協会では、特許や商標をはじめとした知的財産に関する契約、訴訟、取引など、
事業に関連した課題の解決をはかるために、弁護士の無料相談窓口を設置しております。
知財を専門分野とする弁護士が、自社製品の模倣品が出回った際の対策、侵害警告を
受けた場合の対応、知的財産を巡る訴訟、権利活用上の留意点等の知的財産に関する
問題について無料でご相談に応じます。
是非、お気軽にご相談下さい(個人的な案件や、過払い金、原発補償等はご遠慮ください)。

■相談日時:平成27年8月28日(金)、10月30日(金)、12月18日(金)、2月26日(金)
      「9時~、10時~、11時~」
      (相談時間は、1案件につき原則1時間程度となります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関する知財に係る法務等の相談
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 相談室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:湊 一将(みなと かずゆき)氏(湊法律事務所 弁護士)
      ~プロフィール~
        磐城卒業後、明治大学法学部入学
       平成18年10月 弁護士登録
        平成20年 2月 湊法律事務所開設
        〔ホームページ〕http://www.minato-law.com/

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局へ
 メール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/bengoshi_tirashi.pdf
○申込書
(WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/bengoshi_m.doc  
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会 事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
 http://www.iwaki-sangakukan.com/2015/07/lawyer.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.22
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社バイクオフコーポレーション

■キャッチフレーズ:もっと自転車を使おう!

■会社の特徴:当社はいわき市と千葉に拠点があり、首都圏が全体の90%を占めています。
各大学、自治体、不動産管理会社、大規模商業施設の施設管理者様から放置自転車の撤去、
駐輪場に共有自転車提供、イベントや営業での自転車レンタル等の問題解決を柱に事業を
行っております。いわきの店舗にもリサイクルした自転車200台を展示、販売しております
ので、自転車を使いたい場合には是非、ご活用下さい。

■株式会社バイクオフコーポレーション の連絡先はこちらです↓
担当者:稲本勝美
電話番号:0246-34-5685
E-Mail:main_office@bike-off.com
URL:http://www.bike-off.com/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 兄が二人いるせいか、私は昔から虫や両生類などが平気な方でした。むしろ
┃好きな方だったので、夏にはよく早起きをしてかぶと虫やクワガタを捕まえに
┃いったものです。その中でも特に好きだったのが蛙で、学校帰りに道端にいる
┃とよく捕まえてたのですが、友達には思いっきり引かれてました。今はさすが
┃に捕まえたりしませんが、両生類好きは変わっていません。自宅でウーパール
┃ーパーを飼っています。あの独特のフォルムや何となく間の抜けた顔が何とも
┃愛らしく感じます。手に持った時にペタペタと手の上を這う感覚などたまりま
┃せん。飼育もそんなに難しくないので、両生類好きの方にはウーパールーパー
┃オススメです!!(ON)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.18     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃   「ふくしま環境・リサイクル関連産業研究会 設立総会」開催のご案内
┃ 

┃   主 催:福島県商工労働部産業創出課

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆福島県商工労働部産業創出課からのお知らせです◆◇◇

 「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」の主要プロジェクト
の一つとしてスマート・エコパークが提言されたことを踏まえ、福島県では、環境・
リサイクル分野において、産学官によるネットワークを形成し、研究開発と産業人材の
育成等を行うことにより、当該分野への進出や関連企業の県内進出等を促進し、浜通り
地域を中心に新たな環境・リサイクル産業の集積を図ることを目的とした、「ふくしま
環境・リサイクル関連産業研究会」が発足することとなりました。
 このたび、会員の募集を開始するとともに、下記のとおり設立総会を開催することと
しましたので、お知らせ致します。
 皆様のご入会・ご参加を心よりお待ちしております。

■日 時:平成27年8月10日(月) 14:00~16:00

■場 所:杉妻会館 4階 牡丹(福島市杉妻町3-45 TEL:024-523-5161)

■内 容
・設立総会
・記念講演1
 【テーマ】「リサイクルの重要性」
 【講 師】東北大学多元物質科学研究所 リサーチプロフェッサー 中村 崇 氏
・記念講演2
 【テーマ】「太陽光パネルのリサイクル」
 【講 師】東北大学環境科学研究科 教授 白鳥 寿一 氏

■申込締切:平成27年8月6日(木)※研究会の会員は継続して募集します。

■募集定員:120名(先着順、定員になり次第終了)

■参加費用:無 料

■入会・参加申込方法
 所定の「入会申込書兼設立総会参加申込書」に必要事項を記入し、申込締切日までに
郵送またはファクスでお申し込みください。

※所定「入会申込書兼設立総会参加申込書」は下記よりダウンロード頂けます。↓
 http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/life/148706_309722_misc.pdf

※詳細は下記ホームページをご参照ください。↓
 http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021b/recycle-01.html

■お申込み・お問合せ先
福島県商工労働部産業創出課
〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16
TEL 024-521-8286 FAX 024-521-7932
E-mail saiene-sangyo@pref.fukushima.lg.jp

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.21
└───────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社テクノサンショウ

■キャッチフレーズ:「サンショウは小粒でもピリリと辛い」の精神で
技術に裏づけされた製品を提供いたします。

■会社の特徴:当社は、1990年の創立以来、OA機器、光通信の精密部品を生産。
近年は半導体装置 および、光学機器、医療機器などの分野にも製品を提供し、
また、精密機械加工のみではなく、協力工場との連携により、表面処理や
組立まで付加した形での製品を提供しています。

■有限会社テクノサンショウの連絡先はこちらです↓
担当者:浅沼 園枝
電話番号:0246-83-2625
E-Mail:s-asanuma@t-sansho.com
URL http://www.t-sansho.com/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?
    
┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 皆さん、突然ですがブルーベリーをご存じですか。ブルーベリーのジャムや、
┃ジュース等はお口にしたことがあるのではと思います。では、生のブルーベリ
┃ーを食べたことのある方はどの位いるでしょうか。実はいわき市内でもブルー
┃ベリー栽培農家さんは結構多く、「いわき ブルーベリー農家」で検索すると
┃市内のブルーベリー農園が沢山検索されます。現在、日本で販売されている生
┃食用や加工用のブルーベリーは2万トン以上ですが、その内、国内での生産量
┃は全体の1割ちょっとです。しかし、最近は国内での消費量はどんどん増えて
┃おり、これから需要が見込まれる果実と考えられております。市内でも、7月
┃から9月頃までブルーベリー農園で摘み取りの出来る所も有ります。是非一度、
┃畑で摘み取った新鮮なブルーベリーを食べて見て下さい。(食寝坊や)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.13   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃   平成26年度補正
┃   中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業
┃  『ものづくり・商業・サービス革新補助金(新ものづくり補助金)』
┃   2次公募説明会 開催のご案内

┃   主 催:福島県中小企業団体中央会
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆◆福島県中小企業団体中央会からのお知らせです◆◆◇◇

 平成26年度補正 ものづくり・商業・サービス革新補助金は、中小企業が取り組む、
革新的な設備投資やサービス・試作品の開発を支援するものです。
 革新的なサービスの創出や画期的な試作品の開発、生産プロセスの革新に取り組む
中小企業に対し、開発や設備投資等に要する経費の一部を補助するものです。
(補助上限:1,000万円等、数種類あり 補助率:2/3)
 今般、2次公募の開始(公募期間:6月25日(木)~8月5日(水))に伴い、
事業者の方等を対象とした説明会をいわき市において下記のとおり開催いたします。
 事業の利用等を検討している方は、この機会にぜひご参加下さい。

※2次公募の詳細についてはこちら↓
 http://www.chuokai-fukushima.or.jp/monozukuri/h26koubo02.html

■日 時:平成27年7月14日(火)(13:00~15:30)

■場 所:いわき信用組合 5階 会議室(いわき市小名浜花畑町2-5 TEL:0246-92-4111)

■内 容
 13:00~ 開 会

 13:10~
 【第一部】テーマ:「ものづくり・商業・サービス革新補助金について」
      説 明:福島県中小企業団体中央会 ものづくり補助金地域事務局

(14:10~ 休憩)

 14:20~
 【第二部】「個別相談会」
      ものづくり・商業・サービス革新補助金相談コーナー
      (福島県中小企業団体中央会・いわき信用組合)

 15:30 閉 会

※なお、本説明会の内容につきましては、1次公募及び7月10日に郡山で開催された
説明会の内容と同様のものとなります。

■申込方法
所定申込書に必要事項をご記入の上、7月13日(月)までに、
いわき信用組合業務企画部へFAX(0246-53-5381)にて
お申込みください。(ご希望人数によってお受けできない場合がございますので
ご了承ください)

※所定申込書は下記よりダウンロードして頂けます↓
 http://www.iwaki-shinkumi.com/news/2015/pdf/20150708.pdf

■お問合せ先
福島県中小企業団体中央会 いわき事務所
〒970-8026 いわき市平字梅本15番地(いわき地方振興局 企画商工部内)
TEL:0246-21-0832

┌──────────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.20
└──────────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社ジョイント

■キャッチフレーズ:オフィスに関わることなら、すべてお任せください。

■会社の特徴:弊社は、いわきを中心に金融、製造、食品、医療、サービス等業種を
問わず大手、中小、個人などで150社を超える通常取引をおこなっており、OA機器や
オフィス家具の販売やシステム開発まで、オフィスに関わるトータルな提案を行って
おります。

■株式会社ジョイントの連絡先はこちらです↓
担当者:田村
電話番号:0246-22-3170
E-Mail:s.tamura@joint-net.jp
URL:http://www.joint-net.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ モノに対する価値観を示した、日本発の二つの「言葉」があります。ノーベル
┃賞受賞者のケニアのワンガリ・マータイさんが提唱した「MOTTAINAIもったいな
┃い」と片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんの「ときめくものを残すこと」。
┃一見、相反する言葉のようですが、根底にあるのは「モノを大切にする精神です」。
┃でも、この二つの言葉はモノだけにあてはまるものではないと思います。仕事、
┃日常生活、人間関係、趣味、そして恋。私たちを取り巻く生活環境すべてにこの
┃言葉が当てはまると思います。私もいくつもの失敗(もったいない)やときめき
┃を重ねて成長してきました。モノに対する価値観は自分の進むべき指針でもある
┃かもしれませんね。ちなみに福島県矢祭町では野菜・加工品の「もったいない市
┃場」が開催され好評です。「あの時別れたあのコ、もったいないことをした...」
┃とか、後悔しないよう進んで行きたいですね。皆さんず~っと、ときめきましょ
┃う。(J・ピット)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.10        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 平成27年度 第2回 オフタイムサロン
┃『災害対応ロボットの現状と、福島県におけるロボット産業創造』開催のご案内
┃  
┃   主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
┃  共 催:いわき市
┃  後 援:いわき商工会議所 福島県中小企業家同友会 いわき地区                    

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇
 
 本事業は関心のあるタイムリーな話題をテーマとした講演会と、講師・参加者同士
の交流を深め、異業種の交流を通した、あらたな事業の創出や「つながり」をつくる
ことを目的に実施しております。
 
 福島第一原子力発電所の廃炉を進めるにあたり、廃炉関連の産業集積を加速させ、
福島県内の経済復興を後押しすることを目的に「福島・国際研究産業都市構想
(イノベーション・コースト)研究会」の設置に伴い、いわき市におきましても、
研究会に呼応した会が昨年度設立されました。また、市内企業による災害対応や廃炉
作業に向けたロボット技術の研究開発を推進した「いわきロボット研究会」が立ち上
がるなど、ロボット産業への関心が高まっております。
  この度、当協会では、災害対応ロボットQuinceを開発し、内閣府と科学技術振興機構
(JST)は、総合科学技術・イノベーション会議が推進する革新的研究開発推進プロ
グラム(ImPACT)のプロジェクトマネージャーでもある東北大学大学院 情報科学
研究科 教授の田所諭様を講師にお招きしまして、「災害対応ロボット」の推進と福島県
におけるロボット産業創造」をテーマにご講演頂きます。
 皆様、この機会に是非ともご聴講ください。

■日 時:平成27年8月18日(火)【講演会】16:30~18:00
                  【交流会】18:00~19:00
                   
■場 所:いわき産業創造館 会議室1
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。   

■講 師:田所 諭(たどころ さとし)氏
     (東北大学大学院 情報科学 研究科 教授
      imPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ プログラムマネージャー)

■定 員:30名程度

■参加費:無 料(交流会参加の方は別途1,000円)

■申込み方法
 FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」・
 「連絡先」・「交流会参加の有無」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/2offtime_tirashi.pdf
○申込書
(WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/H27.2.ura.doc
(PDF) http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/docs/H27ura.pdf

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offtime/2015/07/post-7.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.19
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社 キャレック

■キャッチフレーズ: 廃車・事故車・バン・トラック・重機・機械工具 買い取ります。

■会社の特徴:廃車・事故車・スクラップ車・水没車・多走行車 買取いたします。

<見積り・引取り・抹消書類手続き無料>
輸出向け中古車買取り、バン、トラック、重機、フォークリフト、クレーン
機械工具、金属スクラップ等、見積もり無料

■株式会社 キャレック の連絡先はこちらです↓
担当者:渡辺 和寛
電話番号:0246-47-1183
E-Mail:watanabe@carec.co.jp
URL:http://www.carec.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 学生時代を振り返ると、担任の先生には恵まれていたと思っていて、その中
┃でも特に、小学校5,6年の時の担任の先生はとても優しく素敵な先生として記憶
┃に残っています。実は、知り合いの娘さんが通う小学校の学級新聞を見る機会
┃があり、その時の先生の記事が掲載されていました。担当する特別学級を卒業
┃する生徒に向けて素敵なメッセージを送っていて、その内容にとても感動し、
┃十数年経っても変わらず素敵な先生だと改めて思いました。その後の人生に
┃影響を与えるというのは大袈裟かもしれないですが、それでも素敵な先生と
┃の出会いということは、人それぞれにとって、大変重要なことなのではないか
┃と考えさせられました。(横)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.07     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  平成27年度 いわき市産業人材育成事業
┃  『いわきものづくり塾』受講生募集のご案内
┃ 
┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 『いわきものづくり塾』は、いわき市の製造業に従事する若手社員の基礎力向上や、
中核人材のボトムアップを図ることを目的に、「ものづくり」には欠かせない
基礎的な講義をはじめ、再生可能エネルギー等の先進的な講座等も行い、
地域内企業における技術力の向上を目指します。
 是非とも、この機会にご参加下さい。

 本カリキュラムは「金属加工コース」「材料工学コース」「電気・電子コース」
「組込みシステム開発技術者養成コース」「再生可能エネルギーコース」の5コースと、
3回の工場見学を含めた全28講座の実施を予定しております。

■期 間:平成27年9月3日~12月下旬

※各コース毎のカリキュラム、日程等詳細については下記をご参照ください。↓
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2015/07/mono.html    

※「再生可能エネルギーコース」及び「工場見学」におきましては、
 詳細が決定次第ご案内致します。

■会 場:いわき産業創造館 会議室(いわき市平字田町120 LATOV6階)

■対象者:いわき市内企業に従事している方(一般の人でも受講可)

■募集人員:講義研修/20名程度 
※一部講座につきましては、定員に達した場合、受付を締め切らせて頂きます。

■受講料:【会 員】1,000円/1コース 【非会員】3,000円/1コース
※【会 員】については、当協会団体・企業会員の所属員及び個人会員を対象。
※各コースとも初回受講時に受付にてお支払い頂きます。
※受講のための交通費等については、受講される方でご負担願います。
 なお、LATOV駐車場は2時間以上になりますと、駐車料金がかかります。
 (30分100円)

■申込方法
所定受講申込書に必要事項をご記入の上、「FAX」または「電子メール」、
直接持参のいずれかの方法にて下記申込先へお申込みください。

※受講申込書はこちらからダウンロードして頂けます。
【PDF】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/moushikomi.pdf
【EXCEL】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/moushikomi.xlsx

※詳細はこちらをご覧下さい↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2015/07/mono.html   

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:横山)
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地
 TEL:0246-21-7571 FAX:0246-21-7571
 E-Mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.17
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社システムフォワード

■キャッチフレーズ:
ideaに勇気を与え、新しい価値を創出し、Webサイトで実現していく

■会社の特徴:
システムフォワードは、事業の拡大を目指しているお客様に対して、
既存のビジネスに「ソリューション」と「Webサイト」の融合で、
お客様の事業に付加価値を付け総合的にプロデュースして行く会社です。

そのためにシステムフォワードでは、自ら数多くの事業を立ち上げ、
事業化のノウハウや経験の収得に注力してきました。

未曾有の経済危機の中、事業の拡大に活路を見出したいお客様は、
システムフォワードまでご連絡下さい。  

■株式会社システムフォワードの連絡先はこちらです↓
担当者:代表取締役 大内一也
電話番号:0246-37-4551
E-Mail:info@sysforward.co.jp
URL   :http://www.sysforward.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 毎年何かしら小さい家庭菜園をしていますが、今年はきゅうり枝豆とに挑戦中
┃です。きゅうりは既に何本も収穫できましたが、枝豆は発芽はしているものの今
┃一つ大きくなってくれません。栽培難易度は低いはずなんですが...。きゅうりと
┃言えば『デコきゅう』をご存知でしょうか。切ってみると星型やハート型になる
┃きゅうりなんです。スーパーで最近よく見かけるので購入しようかと値段を確認
┃したら通常の約3倍くらいの値がついていました。うーん。では自分で型を作る
┃には何で?うーん。と考えていたら、型はネット販売しているようです。まだ小
┃さいうちに型に入れれば、型通りのきゅうりに育つそうです。今年の収穫に間に
┃合いそうな方、挑戦して食卓を華やかにしてみてください。(奈)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.07  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃   第43回いわき情報技術研究会 講演会開催のご案内

┃  主 催:NPO法人いわき情報技術研究会  
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆NPO法人いわき情報技術研究会からのお知らせです◆◇◇

 NPO法人いわき情報技術研究会では、ITを利用した人材育成や技術者育成に
関する講演会を下記の通り開催いたします。
 皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:平成27年7月11日(土)(13:30~16:00)

■会 場:いわき明星大学 地域交流館3F 学友会室

■講演概要
【講演1】
〇テーマ:「チームスマイル・いわきPITの概要・実施企画中のITイベントについて」
〇講 師: 根本 政嗣 様(一般社団法人 チームスマイル)
〇講演内容
今年7月に「こころの復興」を目的とした多目的シアターホール「チームスマイル・
いわきPIT」がオープンし、現在いわきPITスタッフとして働いています。いわきPIT
とはどんな場所なのか?どう使えるのか?といった施設説明と、私が企画している
「子供たち向けのIT教育イベント」についてもお話しさせて頂きます。
※いわきPIT HP:http://iwaki-pit.team-smile.org/

【講演2】
〇テーマ:「地方で踏ん張るIT活動」
〇講 師:國井 稔 様(Ncraftsmen/IGDA東北 副代表)
〇講演内容
2012年10月からゲームクリエイターとして独立(個人事業主)、自宅でゲームに
限らず何等かの開発を行う毎日ですが、その一方で色々なご縁もありまして、この
2年半でITを通した様々な活動を行ってきました。地方で踏ん張るIT活動の
これまでと、これからについてお話しさせて頂きます。
 
■受講料:無 料

※懇親会について
講演会後、講師を囲んで懇親会を開催します。
詳細は以下となりますので、こちらもあわせてご参加ください。
〇日 時:平成27年7月11日(土)(17:30~19:30)
〇会 場:「わたみん家」いわき駅前店
     (いわき市平字白銀町6-1駅前セントラルビル1F)
〇会 費:4,000円(女性は3,000円、学生は2,000円)

■申込方法
 下記のお申込みフォームより、「お名前」「懇親会参加の有・無」、
「キャンセル用パスワード」をご記載の上、お申込みください。

※こちらのお申込みフォームからお申込みください↓↓
 http://kokucheese.com/event/index/312447/
 
■お問合せ先・お申し込み先
NPO法人いわき情報技術研究会(担当:高山)
TEL:0246-29-7175
E-Mail:iwakiit@gmail.com 

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 https://sites.google.com/site/iwakiit/

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.18
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社バーチャル・ハーモニー

■キャッチフレーズ:
3次元学習ソフトでは世界でオンリーワンの3DCGコンテンツ制作会社です。

■会社の特徴:
創業以来、3次元コンピュータグラフィックスを使用して、いろいろなたくさんの
コンテンツを開発・製作してきました。「磐城平城下町」をはじめ、いわきの歴史の
DVDや常磐炭田の歴史第1巻~第3巻などなどです。また、3次元学習ソフトは、
医学部へ多数入学する暁星学園、豊島岡女学園や早稲田大学高等学院をはじめ、総務省
認可の全生徒にタブレットPCを配備した小学校のフューチャースクール実施校でも使用
されており、また、企業の製品のプレゼンテーションなどにも大いに利用されています。

--- お知らせ ---
◎ 新刊本  想像から創造へ! 十歳の壁があなたの子ども学力をダメにする
を出版しました。立ち読みができます。小中学生のいる親御さん、必見です。
自分の能力を伸ばしたい人、必見です。
http://3dedusoft.com/book.html 
定価800円のところ、600円にて販売中。
発行所は株式会社バーチャル・ハーモニーです。
バーチャル・ハーモニーは本作りもお手伝いします。

◎ 3次元学習ソフトWEB版を開設しました。
都内有名校で使用されている3次元学習ソフトをWEB上で使用できるようにしました。
このサイトは「想像から創造へ」を目標とした学習を伸ばすためのサイトです。
http://3dedusoft.com/ 
よろしくお願いします。

■株式会社バーチャル・ハーモニーの連絡先はこちらです↓
サイト担当者:山野辺 久生
いわき市小名浜諏訪町4-1
電話番号:0246-52-0222  携帯:090-1775-6844
E-mail:yamanobe@3dedusoft.sakura.ne.jp
ホームページ:http://3dedusoft.com/ 
ショップサイト:http://3dedusoft.com/onlineshop/index.html

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 結婚記念日は一般的に「入籍日」と「挙式日」と2通りの選び方がある様です。
┃私の場合は前者ですが、月日が経つのは早いもので今月某日で丸10年が経とうと
┃しています。日本での結婚記念日の風習は、25周年の銀婚式、50周年の金婚式の
┃2つが一般的ですが、実はこれらの呼び名はイギリスの風習からきており、1周年
┃の紙婚式から始まり、70周年のプラチナ式まで全28種類もあるそうで、これには
┃紙(1)→木(5)→銅(7)→水晶(15)→銀(25)→真珠(30)→金(50)→ダイヤモンド(60)
┃の様に、年月を重ねるごとにより強固で貴重なものに変化していく...という意味
┃が込められているそうです。因みに、10周年を祝う式はアルミ婚式、錫(すず)
┃婚式というそうで、「錫」のように美しさと柔らかさを兼ね備えた夫婦の関係性
┃を願う意味があるとの事。自分達に置き換えると余りのギャップに卒倒しそうに
┃なりますが、10年間という数字は強ち軽視できません。小学生は成人してしまう
┃し、オリンピック・ワールドカップは2回も開催されてしまう位の年月です。職
┃場や身の回りには達観した人生の先輩方が沢山おり、ご主人が家族思いなのか、
┃奥様の舵取りが上手なのか、夫婦仲も宜しく頭が下がる思いです。夫婦喧嘩は犬
┃も喰わないを地で行く路線もそろそろ卒業したいので、これを機に色々と見習わ
┃せて頂きたいと思います。(遊)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.06  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 伊達な商談会in福島浜通り『~成約を勝ち取る!商談会対策 実践編~』
┃ 講演会 開催のご案内

┃  主 催:東北六県商工会議所連合会、仙台商工会議所、いわき商工会議所  
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆いわき商工会議所 からのお知らせです◆◇◇

 いわき商工会議所では、昨年度、日本商工会議所、東北六県商工会議所連合会
(仙台商工会議所)の共催により「メイドインFUKUSHIMA展示販売・商談会」を開催し、
一貫した支援により参加事業所においては販路開拓に繋がる成果となったところです。
 今回は、事業連携が進んでおります仙台商工会議所と当所との共催事業として、
いわき地域で新たな販路を目指すための『伊達な商談会in福島浜通り』講演会を開催
いたします。是非ともご出席くださいますようご案内申し上げます。

■日 時:平成27年7月13日(月)(17:30~20:00)

■会 場:いわきワシントンホテル椿山荘 アゼリア
         (福島県いわき市 平字一町目1)

■講演概要
【第一部】講演会(17:30~18:30)
〇テーマ:「成約を勝ち取る!商談会対策 実践編」
〇講 師: 永瀬正彦氏(株式会社バイヤーズ・ガイド代表取締役社長)
(講師プロフィール)
 平成20年『バイヤーズ・ガイド』創刊。
 平成20、21年度、経済産業省『にっぽんe物産市』中央事務局として活躍。
 日本全国を自らの足でたずね歩き、販路開拓支援を続けている。

【第二部】交流会(18:30~20:00)
 
■受講料:無 料(交流会参加の方は別途4,000円)

■申込方法
 下記のお問合せ先・お申し込みの連絡先(0246-25-9153)に
「事業所等名」、「TEL」、「お役職名・お名前」をご連絡きお申し込みください。
 
■お問合せ先・お申し込み先
いわき商工会議所 中小企業振興部産業振興課(担当:伊藤、荒川)
〒970-8026いわき市平字田町120ラトブ6F
TEL:25-9153 FAX:25-9155
E-Mail:web@iwakicci.or.jp
URL:http://www.iwakicci.or.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.05   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃  「第8回TAMA産学官金サミット
┃  ~GNT企業が活躍するTAMAエコクラスターを目指して~」開催のご案内

┃   主 催:一般社団法人首都圏産業活性化協会 国立大学法人電気通信大学
┃  共 催:西武信用金庫
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆一般社団法人 首都圏産業活性化協会(TAMA協会)からのお知らせです◆◇◇

~TAMAブランド企業47社の「先進的な取り組み」をキャッチアップし、
 経営基盤の強化に繋げるために、次の一手へのヒントを掴みませんか?~

 本サミットでは、ものづくり中小企業が更なる発展を遂げるために、専門家や他
社の模範事例からヒントや気づきを得ることが出来ます。また、それらを進めていく
上で、TAMA協会の3つの事業(「産学連携・研究開発」「販路開拓・海外展開」
「人材育成・人材確保」)をどのように活用できるのかについて、実際にご活用頂
いている企業様の事例も交えながら情報をご提供させて頂きます。
 皆様、この機会にぜひご参加ください。

■日 時: 平成27年7月29日(水)(15:00~19:30)

■会 場: 国立大学法人電気通信大学 B棟202教室(京王線 調布駅下車 徒歩7分)

■プログラム
【1】開会式(15:00~15:30)
  組織委員長挨拶:国立大学法人 電気通信大学 学長 福田 喬 様
  運営委員長挨拶:TAMA協会 会長 奥村 次德 氏
  来 賓 挨 拶:経済産業省 関東経済産業局 様(予定)

【2】TAMAブランド事業説明(15:30~15:45)
 ・TAMAブランド事業とは?
 ・第3回TAMAブランド企業認定・大賞表彰事業の公募説明
 ※本年度は、7月29日の産学官金サミット時より公募を開始いたします!
  是非、多くの皆様のご応募お待ち申し上げております。
 ※詳細はこちらをご覧ください。↓
  http://www.tamaweb.or.jp/business-overview/tama-bland

【3】TAMAブランド企業の「飛躍への転機」(16:00~17:30)
 ※分科会形式(事例紹介・パネルディスカッション)

(1)『産学連携・研究開発』分科会
 ファシリテーター:東洋大学 研究推進部長 吉田 善一 様
 演 題:「グローバルレベルの製品・技術をいかに開発するか!」
 内 容:「世界(国内)シェアが高い製品・技術をいかに開発するか」、「多くの認定
     や賞を獲得する秘訣」、「大学と連携するキッカケ」等々について、"連携"
     をキーワードに議論します。どのようにGNT(グローバルニッチトップ)
     製品・技術開発を狙うかご一緒に考えましょう!

(2)『販路開拓・海外展開』分科会
 ファシリテーター:首都圏産業活性化協会(TAMA協会)専務理事 岡崎 英人 氏
 演 題:「海外展開はアライアンスに始まりアライアンスに終わる!」
 内 容:中小企業の海外展開においては、良き海外企業を繋ぐコーディネータの存在や、
     現地ローカル企業を含めたパートナーを探すことが重要です。そのための戦略
     や攻略法をあぶりだします!

(3)『人材育成・人材確保』分科会
 ファシリテーター:株式会社メトロール 代表取締役社長 松橋 卓司 様
 演 題:「今求められる、「ダイバーシティ・マネジメント」とは?~」
 内 容:近年、職場に女性や非正規社員をはじめ、様々な年代やワークスタイルの
     人たちが増えてきました。一部では外国人の活躍も目立っています。多様な
     人材(若者、女性、シニア、留学生)をフル活用し、企業のパフォーマンス
     に繋げるにはどの様に取り組めばよいのか?ダイバーシティ経営企業の事例
     を紐解きます!

【4】懇親会(18:00~19:30)
 会 費:3,000円
 ※過去ブランド認定企業様へのブランドバッチ授与式、ブランド認定企業様との名刺
 交換会を予定しております。

■参加費:無 料(※懇親会参加者は別途3,000円)

■お申込み方法
 下記、所定のお申込みフォームからお申込み頂くか、所定申込書に必要事項をご記入の上、
 E-mailまたはFAXにてお申し込みください。 

 ※お申込みフォームはこちらから↓
  http://www.tamaweb.or.jp/8th-sangaku-summit

 ※所定申込書のダウンロードはこちらから↓
  http://www.tamaweb.or.jp/wp3/wp-content/uploads/2015/06/8th20150729.pdf

■お問合わせ・お申込み先
 一般社団法人首都圏産業活性化協会(TAMA協会)(担当:小林、大崎、小野)
 TEL:042-631-1140 FAX:042-631-1124
 E-Mail:info@tamaweb.or.jp

 ※詳細内容は下記ホームページをご参照ください。↓
  http://www.tamaweb.or.jp/archives/1945

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.03     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ あなたのチャレンジ応援します~あなたのプランで故郷いわきの未来をつくろう!~
┃ 『第15回 いわきビジネスプランコンテスト
┃  説明会&応募用紙の書き方セミナー』開催のご案内
┃ 
┃ 主 催:いわきリエゾンオフィス企業組合

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆いわきリエゾンオフィス企業組合からのお知らせです◆◇◇

~ビジネスプラン・アイディア募集開始!~
 いわきリエゾンオフィス企業組合では、今年も、いわきを豊かで楽しくすることを
目的に、「第15回いわきビジネスプランコンテスト」を開催します。
 募集に当たり、説明会&応募用紙の書き方セミナーを下記の通り開催いたします。
募集内容を説明し、応募用紙の書き方をやさしく、丁寧に指導します。
 応募をお考えの方、この機会に是非ご参加ください。

※「第15回 ビジネスプランコンテスト」についての詳細はこちら↓※
 http://www.ibpc.jp/

■日 時:平成27年7月9日(木)(18:30~)      
 
■会 場:いわき産業創造館 セミナー室
     (いわき市平字田町120番地 いわき駅前LATOV6階) 

■お申し込み方法
 下記(1)~(5)を明記の上、メール(info@ibpc.jp)または
FAX(0246-35-1431)にてお申込みください。
お電話でも受付いたします。

─────────────お申込みフォーム──────────────
(1)ご氏名   :
(2)会社(団体)名:
(3)ご住所   :
(4)電話番号  :
(5)FAX   :
(6)メールアドレス:
───────────────────────────────────

■お申し込み・お問合せ先
「第15回いわきビジネスプランコンテスト」実行委員会事務局
いわきリエゾンオフィス企業組合
〒970-8026 いわき市平作町2-1-9 エスビル2F 
TEL:0246-35-1430 FAX:0246-35-1431
E-mail:info@ibpc.jp
URL:http://www.ibpc.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.03    
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『平成27年度 見本市・展示会出展助成事業』追加公募のご案内

┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆◇ 

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、
民間事業者が自社製品・サービス等の販路の維持・拡大を図るため、
首都圏等への販路の維持・拡大や風評被害払拭等を行うための見本市・展示会へ
出展する際の費用の一部を助成いたします。
 応募に当たっては、公募内容を必ずご確認いただいてからご応募ください。

■受付期間:平成27年6月26日(金)~7月17日(金)
      
■対象者:いわき地域を中心に事業を展開する民間事業者(1社あたり1件まで)
     ※一次募集で採択された事業者は対象外

■対象事業
 応募書類受付日の翌日から平成28年3月31日までに市外で開催される、
原則として公開され、来場が限定されない見本市・展示会で、
自社製品・サービス等の販路拡大に資すると認められるもの。
ただし、即売が主目的であるものを除く。
※公募開始後に開催される展示会が対象となります。
※見本市・展示会開催前に、必ず申請を行っていただきます。
※応募件数にかかわらず、審査会を経て助成対象案件を決定いたします。

■対象経費
 展示会・見本市への出展に要した経費
 (出展料、社員以外の人件費、旅費、展示会製作費、通信運搬費、使用料・賃借料、
  その他必要と認める経費)
 ※経費の支払は平成28年3月30日までに完了してください。

■助成率及び助成金額
 1件当たり20万円を限度とし、対象経費の2分の1以内の額とします。
(予算総額300万円)
※助成金の交付は、事業完了時に精算とします。

■応募方法
・申請書を正本一部、及び電子媒体により一部提出してください(電子媒体は
 Word形式で原則として電子メール等で提出してください)。
・応募書類は直接持参もしくは郵送により下記応募先まで提出してください。

■応募先及び問合せ先
(応募先)〒970-8026 いわき市平字田町120番地
    LATOV6階 いわき産業創造館内
    公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局
(問い合わせ先)FAX若しくはメールで問い合わせてください。
    FAX:0246-21-7571  E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

※公募要領・申請書はこちらからダウンロードしてください。↓
【公募要領】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h27tenjikai_gaiyo_0626.pdf
【申請書】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/h27tenjikai_keikaku.docx
【記載要領】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h27tenjikai_keikaku_kisai.pdf

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://sv6.mgzn.jp/sys/rd.php?m=cuwxFAhITLxApc
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://sv6.mgzn.jp/sys/rd.php?m=suwxFAhITLxEFs
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.02   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃ 「平成27年度 ロボット関連産業基盤強化事業費補助金」(2次募集)のご案内

┃  主 催:福島県
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆◆福島県 商工労働部 産業創出課◆◆◇◇

 福島県では震災からの産業復興のため、次世代の新たな成長分野として
「ロボット産業」の集積を目指しています。
 本事業は、県内のロボット産業の裾野を広げるため、ロボットの要素技術である
「センサ」「知能・制御系」「駆動系」の技術開発や実証を行う事業者に対して必
要経費を補助することで、県内企業のロボット産業への参入を促進するものです。
 この度、第二次募集を実施することとなりましたので、お知らせします。

■公募期間:平成27年7月6日(月)~ 7月23日(木)(17:00 必着)

■事業概要
(1)補助対象者
  県内に本社、試験・評価センターまたは研究開発拠点、
  研究成果を用いた生産拠点のいずれかが所在する企業。

(2)補助対象となる開発内容
  ①要素技術の技術開発や実証試験等
   本事業における要素技術とは、「センサ」「知能・制御系」「駆動系」の3つとし、
   いずれもロボットへの活用を想定(他社への部品供給による活用を含む。)した
   事業を対象とします。
  ②ロボット開発
   上記①の3要素技術を組み合わせたロボットの開発事業を対象とします。

(3)補助限度額及び補助率
  中小企業:補助対象事業費の上限額:1,000万円
       補助率:3/4
  大企業 :補助対象事業費の上限額:1,000万円
       補助率:2/3

(4)補助対象経費
  以下の経費が補助対象になります。
  ①旅費  ②消耗品費  ③機械設備費
  ④外注費  ⑤開発費   ⑥その他

※注意事項
・既にロボットに実装されている部品の改良または他製品(自動車、家電等)用部品の
 ロボット部品への転用に向けた研究開発も本事業の対象です。
・補助対象経費の詳細は、募集要領や事務マニュアルを参考にしてください。
・人件費・研究委託費は補助金の対象外です。
・今年度事業の終了期限は、平成28年2月28日となります。

■申込み方法
 所定の申請書類に必要事項を記入の上、添付資料を添えて、
 「福島県 商工労働部 産業創出課」まで、持参または郵送にて提出をお願いします。 

 ※所定申込書はこちらからダウンロードできます。↓
  http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021b/kibankyouka2015-2.html

 ※申請後、必要に応じて修正を求めることがあります。書類の修正等について連絡を
  することがありますので、都度ご対応ください。
 ※提出は次の宛先に必要書類を郵送してください。郵送時には簡易書留を利用するなど、
  書類の送付記録が残る方法で提出してください。また、持参による受け付けも可とします。
  締切に余裕をもってご提出ください。

■お問い合わせ・お申込み先
 福島県商工労働部産業創出課(担当:伊藤)
 〒960-8670 福島市杉妻町2-16(県庁西庁舎10階)
 TEL:024-521-7283 FAX:024-521-7932
  E-mail: business@pref.fukushima.lg.jp

 ※詳細については、以下のホームページをご覧ください。
  http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021b/kibankyouka2015-2.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://sv6.mgzn.jp/sys/rd.php?m=cuwxFAhITLxApc
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://sv6.mgzn.jp/sys/rd.php?m=suwxFAhITLxEFs
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.02
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃ 『平成27年度 産学官連携・技術開発支援事業』採択案件が決定しました!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、産学官連携等による事業化の
実例・成功例を創出し、地域経済の更なる発展と地域産業の振興を目的とした各種
事業を実施しております。
 本事業はその一環として、民間事業者と高等教育機関の連携や国の新成長戦略に
基づく成長産業分野等において、新たな商品やサービス、技術の開発など、地域
産業の活性化に貢献することが見込まれる取組みを公募し、委託による資金補助や
産学官連携コーディネータによる進捗管理など、事業化に向けた総合的な支援を
行います。
 このたび次の8件が採択されましたので、お知らせいたします。     

■実施者及び事業名称【採択件数8件】※五十音順

(1)あかい菜園株式会社
  (太陽光利用型植物工場の省エネルギーモジュールアグリパネル開発)

(2)株式会社興洋
  (水圧による遠距離操作で駆動可能なロボットの要素技術の開発)

(3)株式会社JNSテクノサービス
  (廃タイヤ解体機の開発とその解体物の商品化)

(4)東北ネヂ製造株式会社
  (次世代型TNフックボルト(P型、ロングアーム型)の共同開発)

(5)トラスト企画株式会社
  (セルロースと樹脂の相溶化による再生樹脂の改質化)

(6)株式会社東日本計算センター
  (Beacon技術を活用した地域活性化アプリの開発と事業化に向けた試験導入と検証)

(7)福島工業高専門学校
  (LEDを活用した水耕野菜栽培の低コスト化および高品質化技術の開発)

(8)有限会社マルサ漬物食品
  (健康に配慮した無添加漬物と表示用容器の開発と商品化)


※詳細はこちらをご覧ください。
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/gizyutsukaihatsushien.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.16
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社木紅木

■キャッチフレーズ:
 農の未来に大地の恵を~本物と健康を伝承する新農業時代の応援企業~

■会社の特徴:
 弊社では木酢液「木紅木キクノール」やキトサン液などを使用することで、
化学肥料や化学薬品に極力頼らずに栽培した"キクノール育ち"の美味しい野菜や
米、果物などをみなさまに販売しております。
 世界がオーガニックに向かう中、人にも環境にも優しい農法で元気な農作物を
育てることを重点とし、地球環境保全、食の安全と自給率向上を目指して、
揺るぎない理念のもと、農の未来と地域発展に貢献して参ります。

■有限会社木紅木の連絡先はこちらです↓
担当者 :取締役営業部長 菅野 達也
電話番号:0246-36-5016
E-Mail :kiku@kikumoku.co.jp
URL :http://www.kikumoku.co.jp/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ いわき新舞子ハイツヘルスプールが再オープンしました!震災前からよく利用
┃していましたので、再開は本当にうれしいニュースです。ランニングマシーン等
┃の運動設備やロッカーなどが一新され、プールの底も張り替えられて綺麗になり
┃ました。懐かしいスタッフの皆さんにも再開できました。震災以降、再開を待ち
┃ながら他の仕事に就いて頑張っていたスタッフも多いようです。来年4月には日
┃本サッカー協会の支援により、人工芝のサッカー場も完成し、いわきのスポーツ
┃振興や健康増進の拠点となるでしょう。一日券もありますので、ぜひ一度体験し
┃てみてはいかがでしょうか。(関)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.07.01
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 来たれ!起業家~あなたの挑戦を応援します~
┃『いわき産業創造館 創業者支援室(インキュベートルーム)入居者募集』のご案内
┃ 募集期間:平成27年7月1日(水)~平成27年8月21日(金)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆いわき産業創造館からのお知らせです◆◇◆

 いわき産業創造館では、館内に設置の創業者支援室(インキュベートルーム)の
入居者を募集いたします。
 いわき産業創造館 創業者支援室(インキュベートルーム)では、創業者や創業
意欲者などの支援、育成を行うことを目的にいわき市が開設した起業家支援施設です。
新規創業者をハード・ソフトの両面からサポートいたします。
 いわき市内で起業や新事業をお考えの方からのお申込みをお待ちしております。
 
■募集期間
 平成27年7月1日(水)~平成27年8月21日(金)※必着

■募集対象者
 情報通信技術(ICT)分野をはじめとして、将来性・成長性が期待されると考えられ
る産業分野において、現在創業準備中(現在、創業を考えている方も含む)の方
(大学生、主婦の方でも可)、創業後間もない(5年以内)中小企業等、もしくは
新分野・新事業へ進出して間もない(5年以内)中小企業等で、本市に本社を置く
ことが可能な方(個人・法人は問いません)

■募集ルーム数:2室 
(メインインキュベートルーム:2室)

■申込み方法
 創業者支援室(インキュベートルーム)に入居を希望される方は、
所定の使用許可申請書等に必要書類を添付して、いわき産業創造館
(指定管理者:いわき産学官ネットワーク協会)まで、持参してお申込ください。

※募集要項・申請書類等はこちらからダウンロードできます。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offering/2015/06/ir.html

■お申込み・お問合せ先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:関内)
 いわき市平字田町120番地 LATOV 6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
 ※起業をお考えの方はお気軽にご相談ください。

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.15
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社アイディアイ

■キャッチフレーズ:独自の視点から、新しいアイディアを形に!!

■会社の特徴:
創業30周年のノウハウを活かし、お客様の「必要」を形にし、満足を得られる製品
を提供致します。ソフトウェア開発装置、回路設計、アートワーク、そして製作まで
いろいろな分野のお客様にお役に立てる会社です。
得意分野は超高速画像判定装置です。            

■株式会社アイディアイの連絡先はこちらです↓
担当者:遠藤進一
電話番号:0246-43-4001
E-Mail:endou@k-idi.co.jp
    
※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 前回、フルマラソン完走後に痛風を発症した話をさせていただきましたが、今
┃は尿酸値も適正値になり、無事に通常の生活を送っています。もともと尿酸値が
┃9以上あり、痛風をいつ発症してもおかしくないと言われていました。自分でも
┃それは認識していて、水を多く飲んで排尿を促したり、ビールをプリン体ゼロに
┃変えたり、高プリン体食品を控えたりといろいろ摂生に努めていましたが、数値
┃はほとんど変化なし。そこで、今回の発症を機会に投薬治療を始める決意をしま
┃した。その効果はすさまじく、上記飲食制限をなくしても、約3か月で尿酸値は
┃6.0まで改善しました。今回、自分なりに高尿酸血症について色々と勉強しま
┃したが、痛風の発症よりも高尿酸血症が続くことによる腎機能障害が怖いと知り
┃ました。尿酸値が高い方は勇気を出して、病院に行ってみることをお勧めします!
┃(HIRO)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.