メールマガジン

2015年4月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.4.30    
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 「ロボット技術を利用したIT人材育成に関する講演会」のご案内

┃  主 催:NPO法人いわき情報技術研究会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆NPO法人いわき情報技術研究会からのお知らせです◆◆

 NPO法人いわき情報技術研究会では、ロボット技術を利用したIT人材育成に
関する講演会を開催します。皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:5月9日(土)(13:30~16:00)

■会 場:いわき明星大学 地域交流館3F 学友会室

■講演概要
〇テーマ:「ロボットを活用したIT人材育成の取り組み」

〇講 師:小林靖英 様
     ((株)アフレル 代表取締役社長/ETロボコン運営委員長/WROJapan実行委員長)

〇講演内容:教育版レゴ マインドストームは、科学技術を学ぶ知育玩具として世界中の
     教育機関や研究機関または企業で幅広く活用されています。特に、日本では
     早くから高等技術機関や企業を中心にIT人材育成の教材として利用されてい
     る特徴があります。今回は、ETロボコンやWROといったロボコンの枠組みを用いた、
     若年層からエンジニアに至るまでの技術者育成の取り組みと効果について、
     各地の事例を含めて紹介します。

■受講料:無 料

※懇親会について
 講演会後、講師を囲んで懇親会を開催します。
 詳細は以下となりますので、こちらもあわせてご参加ください。
 〇日 時:5月9日(土)(17:30~19:30)
 〇会 場:「わたみん家」いわき駅前店
       (いわき市平字白銀町6-1駅前セントラルビル1F)
 〇会 費:4,000円(税込)

■申込方法
 下記のお申込みフォームより、「お名前」「懇親会の有・無」、
「キャンセル用パスワード」をご記載の上、お申込みください。

※こちらのお申込みフォームからお申込みください↓↓
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/291225/

■お問合せ先・お申し込み先
NPO法人いわき情報技術研究会(担当:高山)
TEL: 0246-29-7175
E-Mail: iwakiit@gmail.com 

※詳細はこちらをご覧ください。↓
https://sites.google.com/site/iwakiit/
┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.06
└─────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:工房+ショップ「デザイン ノ 風」

■キャッチフレーズ
 デザインは心を豊かにする魔法 
   伝える・伝わる"ありがとう"の贈り物
     あなたに届け・・・『デザイン ノ 風』
          
■事業内容
 エキシビジョン、博覧会・展示会ディスプレイ・イベントのデザイン、企画、設計
 ※その他、デザイン一般に関する設計等(店舗設計、CIデザイン他)
      
■「デザイン ノ 風」の問合せ先はこちらです。
 担当者:松本 弘志(マツモト ヒロシ)
 TEL:0246-38-7380
 E-mail:kodesign@apricot.ocn.ne.jp
  blog: http://kodesign2288.blog.fc2.com/

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ペヤングの販売再開が決まりましたね!カップ麺を頻繁に食べるタイ
┃プではないですが、ペヤングはときどき無性に食べたくなります(賛
┃同される方も多いのでは)。思い返すと、ペヤングは自分の歴史と共
┃にありました(少しオーバーですが・・・)。進学するため上京し、
┃不安いっぱいの初日に啜ったその味からは、えも言われぬ安心感をも
┃らいました。大学時代に雀荘で初めてペヤングを注文したときは、理
┃由もなく大人になった気になりました。真夜中のキッチンで湯切りに
┃失敗し、こぼれた無残な麺を目の前にして天を仰ぎ、自らの未熟さを
┃呪った夜もありました。サイパンで真っ青な海と空を眺めながら食べ
┃るペヤングは(もちろん日本から持参)、最高に美味しく感じました。
┃いつまでも、あたりまえのようにそばにあると信じていたものが、実
┃は非常に脆いものであること。そして、それがそばにあることに日々
┃感謝しなくては、と思っています。(関)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.29
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  平成27年 5月、6月『特許等無料相談窓口』のご案内
┃ 
┃   主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、特許をはじめとする産業財産権
の取得支援及び戦略的活用を図り、高付加価値の製品・サービスを生み出し、活力あ
る地域経済の実現に寄与するため、月1回弁理士による特許等の無料相談窓口を設置
しております。是非、お気軽にご活用下さい。

■相談日時:平成27年5月29日(金)、6月26日(金)
      「13時~、14時~、15時~」
      (相談時間は、1案件につき原則45分までとなります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関するもの
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 相談室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:
【5月】児島 敦 氏(児島特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】機械/メカトロ/コンピューター関連/商標

【6月】片寄 恭三 氏(片寄特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】半導体/コンピューター(ハード)/電子回路

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局へ
 メール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

 ※所定申込書についてはこちらをご覧下さい↓↓
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h27_tokkyo_m.doc
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

 ※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/tokkyo.html

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.05
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:株式会社エコハイテクコーポレーション
        
■キャッチフレーズ:
「仕事は遊び、遊びは仕事」
 仕事は遊ぶように楽しくやろう。「楽しく無い仕事」は上手くまとまらない。
 遊びは真剣になって遊ぼう。真剣にならない遊びは楽しく無い遊びである。

■会社の特徴:
㈱エコハイテクコーポレーションは、「廃棄物の有効活用」を目的に、
自らの経験を生かした事業を展開しております。
主に、産業資材の研究、開発、製造及び販売。また、再生産業資源からの
有価物の抽出及び加工手法の調査、研究及び開発を実施しております。
現在は、浄水発生度から「塗り壁材」を開発し、「吸着剤」として販売展開を目指しております。
又、杉小径木の有効活用を目的とした「キット式組立間仕切壁材」の販売や、
「杉小径木の加工械」の販売展開を実施いたします。

■自己紹介:
 建築の仕事に長く携わってきておりますが、住むだけの家では納得し得ない。
健康に良い、環境に良い、これからのライフスタイルをどうするか、
又、地域の町作りをどの様にすればよいか等考えると専門書を読みあさり
食らい付いて行く性格ですが、明るさは先天的に持っていると自負しております。
周りからは、「粘り強い」等といわれますが、あきらめる事が嫌いなだけかと思っております。
建築の仕事も当然でありますが、一人では何もまとまりません。
多くの人の力、協力があってまとまって行くと思います。
 私の信念は、どんな物でも無駄な物は無い、どの様な境遇の人でも、出来る事は必ずある。
手を取り合って役に立つ物を創り出していこう。「産業創造」の原点であります。

■株式会社エコハイテクコーポレーションの問合せ先はこちらです。
担当者: 篠崎 良司(しのざき りょうじ)
TEL: 0246-29-8220
FAX: 0246-29-8220
E-mail:shino@wakaba-sks.net
URL:http://eco-hi.jp/

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃今年の四月は雨の降る日が多い月だな~、と感じてる方が多いですね。
┃ところで皆さんは「二十四節気:にじゅうよんせっき」という言葉を
┃ご存知でしょうか。「二十四節気」とは1年を春夏秋冬の四季に分け、
┃さらに四季を6期に分けた24期(1年を24期間に分ける)を指し
┃ます。この季節分けでいうと4月20日頃からの2週間を「穀雨:こ
┃くう」と表現するそうで田んぼに雨が降る季節を指しているそうです。
┃このあと5月6日頃からは「立夏:りっか」という時期に入り、いわき
┃地区では5月の連休時期に田植えが始まります。実に自然の摂理に合っ
┃た昔ながらのカレンダーです。興味のある方は、「二十四節気」を検
┃索しては如何ですか。(食寝坊や)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.28   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃   中小企業の皆様の経営課題を解決します!
┃   5月『中小企業者・創業者向け無料経営相談会』のご案内
┃      
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 (公社)いわき産学官ネットワーク協会では、
いわき地域の中小企業等の事業者がかかえる課題の解決や、新規事業創出を支援する
ため、中小企業者・創業者等を対象とした個別相談会を無料で開催しております。
経営全般、金融、雇用等から創業、新規事業を展開しようとお考えの方、
経験豊富な起業・経営のコンサルタントが、あなたの疑問にお答え致します。
 是非お気軽にご相談にいらしてください。

■開催日時
<5月の相談日>

11日(月) 9:00~16:00 
18日(月) 9:00~16:00 
22日(金) 9:00~16:00 
26日(火) 9:00~16:00 
29日(金) 9:00~16:00
 
○相談時間(お一人様 1時間程度)
AM/9:00~、10:00~、11:00~
PM/13:00~、14:00~、15:00~

■相談員
○佐藤  直美 氏
 有限会社インキューブ 取締役社長 中小企業診断士・ITコーディネータ
 会社ホームページ http://in-cube.co.jp/
 
○奥瀬 円 氏
 HRM 総合事務所 代表社員
 中小企業診断士・特定社会保険労務士

■対象分野
 ・中小企業者等のかかえる経営課題全般
 ・ソフト系IT分野およびソーシャルメディア、中小企業をはじめと
  した企業の情報化に関すること
 ・会社設立への想いを形にするビジネスプラン作成
 ・販促に繋がるホームページ構築からインターネットの活用
 ・事業をまわしていくための仕組みづくりに関すること 等

■相談料:無 料

■会 場:いわき産業創造館 創業者支援室内 マネージャー室(LATOV6F)
        
■申込方法
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局まで、E-mailまたはお電話にて
お問合せの上、所定申込書にてお申込みください。

※事前予約が必要となります。ご希望の時間等、事務局までお気軽にお問合せ下さい。

※所定申込書はこちらからダウンロードできます。↓
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/kigyou.html

■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局  
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
  LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

┌───────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.04
└───────────────────────────────
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:渡部DESIGN事務所
         
■キャッチフレーズ:
  お客様が近くに感じ、安心感を提供出来るデザイン事務所を目指しています。

■事業内容
○グラフィックデザイン
チラシ/ポスター/フライヤー/パンフレット/リーフレット/ロゴマーク/
シンボルマーク/ショップカード/メニュー表/パッケージ/ラベル/封筒/
伝票/名刺等 印刷物全般

○看板・パネルデザイン
屋外/室内/切り文字/電飾/スタンド型

○イラスト制作
グラフィック/手書き/ウェルカムボード

○写真撮影
イメージ/ウェディング/料理/画像処理

○webデザイン
ホームページ制作・修正・リニューアル/ECサイト構築・保守・管理/
アクセス解析設定/広告ページ・バナー画像制作/
レンタルサーバー・ドメイン取得代行/SEO対策/
その他メンテナンス・更新サポート

○企画・提案
開業・開店されるお客様のご準備や販売促進等のご相談、ご提案も承ります。

■自己紹介
 10年間に渡り主に印刷会社のデザイン制作現場で研鑽を積んでまいりました。 
内7年間はデザイン業と並行して積極的に営業活動にも取り組んでおりました。 
打ち合せ段階でクライアント様の戦略を理解し、さらに己の思考を巡らせて効果 
的なデザインを起します。自ら打ち合わせる事で回転が早く精度の高い商品提供 
を実現できるようになりました。事前に起こりうる問題や欠点を予測してその場 
でクライアント様へ伝え、解決するケースも多々ございますが、未だに効果的な 
仕事術は最前線にいるクライアント様から無言で日々教わっていると実感してお 
ります。
 新規企業、開業の会社様や店舗様の準備段階から携わる事も多く企画・提案型 
の案件にも対応させていただいておりますので、お困りの際は是非お声がけいた 
だければ幸いです。

■渡部DESIGN事務所の問合せ先はこちらです。↓
担当者:渡部 健児(わたべ けんじ)
TEL:0246-85-5001 FAX:0246-85-5002

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃少し前の話にはなりますが、2月8日に第6回いわきサンシャインマラソンが開催
┃されました。昨年は大雪で中止だった為、私自身2年越しの願いが叶っての初参加。
┃人生初のフルマラソン、期待と不安が交錯する中スタートしました。やはり、普段
┃車でしか通らない車道を自分の足で走るというのは想像以上に気分爽快!沿道の声
┃援もとても賑やかで、序盤は快適なランニングでした。しかし、中盤からは予報通
┃り雨が降り始め、30キロを過ぎた頃には本降りに・・・。そして、私の足も予想
┃通り全く言うことを聞いてくれません。沿道の声援もまばらとなり、まさに自分と
┃の戦い。終盤は修行のような区間でした。その辛く苦しい修行を乗り越えた結果、
┃何とか制限時間内に完走!子供の頃から長距離走が大の苦手だったので、今回の完
┃走は自分でも想定外。とんでもない大事件でした。この感動は実際に完走出来た人
┃しかわからないと思います。皆さんも来年一緒にいわきサンシャインマラソンを走
┃りましょう!!最後に、フルマラソン完走による全身筋肉痛と終了後の祝賀会(ア
┃ルコールの過剰摂取)により、高かった尿酸値が爆発して痛風を発症したのは内緒
┃です(笑)。(HIRO)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.24       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  「中国への企業進出セミナー」でお馴染みの
┃  佐藤忠幸氏から『上海レポート』が届きましたのでお知らせいたします。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 現在、中国は上海に事務所を構え、
中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「上海レポート」4月号をお届けいたします。

==========================================================================

◇上海レポート4月号(ユニー)◇

上海の最近は毎週、初夏と初春が交互に来るという難しい陽気です。
27℃~30℃で暑かったりしたのが急に10数℃に下がったりという訳で外出時の服装に
困ります。

さて、今週になってアパートの前(道路の向う側)に突然緑地公園ができました。
以前は、一階は全てお店だった5階建ての古い下駄履きアパートでした。
環状線道路を拡張するために6年前に壊して道路公団ビルや郵便局、バスターミナルなど
色々なものを作っていました。
我がアパートの前だけは工事らしきことはせず、長い間高いブロック塀があったのですが、
今週になって突然撤去したら公園が出現したというわけです。
公園は未だ完成というわけではなく部分的に工事中であり、ロープで入園出来ないように
なっています。しかし、大部分が気持ちのよい緑地であり本当に嬉しく思います。
だからか、若いアベックがロープをくぐって入園しベンチで語らっていました。
「未だ工事中だろうにー」と腹が立つものの、微笑ましい風景なので見逃して(?)
あげました。
このような街角の緑地公園は、上海には極めて少ないのですから致し方ありません。
2001年のAPECや2010年の万博では、環境に優しい上海という演出のため緑地を急激に
増やし、そのために立退きをさせられた恨み話が沢山ありますが、それでも市民が
憩える所は少ないのが現状です。

ところで、日本の大スーパーであるユニーが近くに半年前から開店していましたが、
以前行った高島屋が期待外れだったので行きませんでした。しかし、評判がよいの
で様子を見たくなりやっと買い物に行きました。
今月は、そこで気がついた社員教育について報告します。

ユニーは、地下鉄で我が家の最寄り駅から二つ目の駅の近くに半年前に開店した。
日本的サービスと日本風食品が豊富にあるということが売り物で、上海ではAPITA超市場という
名前で開業している。
日本人の間ではなかなか評判は良いのだが、半年経つと最初の教育が崩れるものである。
現状はどうだろうかと気になり、先週視察(?)を兼ねて買い物に行った。
商品はまあまあというところ、高いが日本製が豊富にあった。お惣菜も日本風のモノが
大量に並べられており、どれも買いたくなった。
2点だけ買ったが、見た目は完璧に日本的だが味は中国人の好みに合わせているようで今一だった。
新鮮な野菜や魚介類、日本のお菓子など買いたいものが一杯あったが、
持ち帰るのに重たくそれを持って電車に乗るのも嫌なので少しだけ買った。
驚いたのはレジの女性。
きちんと手を前に揃えてお辞儀と挨拶をしてからレジを開始する。水気がありそうなモノは
丁寧にビニール袋に入れてから、持参の買い物袋に丁寧に上手に入れてくれる。
お金を渡すときも、途中で持っていかない。他の店だと小銭やお札を別に出すと
その都度持って行ってしまう。
いつも「全てのお金を出すまで勝手に持って行くな」と怒ってしまうが、
ここではそれがなくそれだけでも気持ち良い。
もっと驚いたのはその女性の顔。以前は中国系スーパーのレジ係だったのである。
無愛想で投げやりなサービスでおまけにブスときて腹を立てたことを思い出した。
それがこんなに変わるの!?!
ブスは同じだが、我々お客の受ける感じが全く違うのである。
ここは中国だから構わない、どうせ中国人だから教えても無駄だと思ったら何もできず、
ユニーが日本風マナーの良さを売り物には出来なかっただろう。
他の店でどうしようも無かった無愛想な店員もここに転職したおかげで
良いマナーを身につけてしまった。
逆の転職をすれば、普通の所謂中国人女性の単なるブス女になってしまうのだろう。
どちらの会社に転職するのが良いか、どちらに憧れるか分かるだろう。

ただし、男のマネージャーはどうしようも無い。
お客の万引きを監視しているのか、店員のマナー欠落を監視しているのか、
とにかく無愛想で態度がでかい。管理者教育不足なのは日系企業らしいところだ。

今週は、フランス系巨大スーパーのカルフールに行った。
ユニーがある駅の更に2つ先の駅だがその駅に用事があったので寄ってみた。
しかし、ここはサービス精神はゼロ。買っていただくという気持ちは全く感じなく、
売ってやるのだ!文句があったら来るな!買うな!という精神しか感じない。

ところで、中国での野菜はほとんど量り売りであり、自分で選んだら袋に入れて
量る係の所に持参し、計量後値札を付けてもらう仕組みである。
私は今回キャベツを選んだがビニール袋がなかった。仕方なく、
裸のまま量り係の所に持参した。
そこでビニール袋に入れて量ってくれると思ったのだが考えが甘かった。
そのまま計量器の上に置けと指をさすので置いたらそのまま計量し、
値札をポンとキャベツに直接張付けられた。
レジにそのまま持っていったら、レジでもそのまま金を取られた。
袋に入れようという気は全く無い。
そのままリュックに入れて持ち帰ったが、綺麗なキャベツも外側の
葉は剥がさざるを得なくなり葉っぱ1枚分損をした。
お客の損失はお店には無関係、お店が損しなければよいという精神である。

また、数年前別のカルフールに行った時、フランスからのスタッフが
指導か調査に来ていたのに出会った。
お店の通路を中国人の店員と話しながら3人並んで歩いてきた。
私か彼らかどちらかが避けなければぶつかってしまう。
当然、彼らが避けると日本の常識で思ったが彼らにはその気は全く無い。
仕方なくお客である私が避けたが、どうもフランスと中国の常識は同じらしい。
お客様よりも、親会社からきた指導員の方が偉いのが彼らの常識である。

カルフールは10数年前に日本でも開店したがあっという間に撤退した。
日本ではもたないわけだ。

ところで、先程のユニーでは、持ち帰るのが大変だからたくさんの
買い物はしなかったと書いたが、帰るときによく見たら会員になって
4,000円相当以上の買い物をすれば、無料で自宅へ配達してくれる。
しかも、16時前ならその日19時に配達してくれるというサービスが付いていた。
早速入会したのは当然である。これからは毎月必ず通うだろう。
入会手続きは所定の書類に必要事項を書くのだが、そこにいた事務員が丁寧に「日本語」で教えてくれた。
全部書き終わったら「本日のお買い物のレシートをお見せください」と言う。
何かと思ったらレシートに示してある買物金額を点数に加えてくれたのである。感激した。

中国にある日系企業の高級幹部の多くは日本人である。
しかし、日本人を高級幹部としておく必要性はあるのだろうか、最近ますます疑問になってきた。
経営者を派遣する必要は分る。
「ヒト・モノ・カネ」の内「ヒト・カネ」は握っておかないと危ないからである。
しかし、モノしか管理しない(できない?)経営者が多いのは困ったものだ。
スタッフの採用を中国人幹部に放任し、教育は一切せず、とにかく給与だけはケチる。
それでいて「中国人はだめだー」と嘆く、これではまともな会社になる訳がない。

高級幹部は勤まらなくても、教育係りは勤まる日本人はどの日本企業でもたくさんいる。
それを副社長や工場長・部長などで赴任させず、顧問などという肩書でノウハウ伝授の
ための指導に徹して送りだすのであれば問題はない。
指導・教育する内容がなくなれば帰任させればよいこと。
とにかく、指導・教育と管理とは別物であることを理解して欲しいものだ。

日本本社で高級管理者として尊敬されていない者が、
労務管理の難しい中国で尊敬される管理者になれる訳がありませんね。

ユニーとカルフールのマナーを見ながら、つい愚痴ってしまいました。
中国では後発のお店でも、値段が高くても、強い信念できちんと教育すれば社員は変わり、
お客は付いてくるのだと、嬉しくなった今月です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 佐藤忠幸/Sato Tadayuki
 E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
 SBF.HP::http://www.sbfnet.cn/
 HR研究会HP:http://www.sh-hra.cn/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.24       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃~◇◆ヘッドライン◆◇~
┃【1】「特許出願経費等助成事業(国内出願支援事業)」公募のご案内
┃【2】「福島県中小企業外国出願支援事業」公募のご案内
┃  主 催:公益財団法人福島県産業振興センター
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆公益財団法人福島県産業振興センターからのお知らせです◆◇◇

 公益財団法人福島県産業振興センターでは、下記の公募を行います。
応募に当たっては、公募内容を必ずご確認いただいてからご応募ください。

┌────────────────────────────────────
|【1】「特許出願経費等助成事業(国内出願支援事業)」募集のご案内
└────────────────────────────────────
 (公財)福島県産業振興センターでは、福島県内の中小企業者の皆様が、国内に
おいて特許等の出願をする際に係る費用の一部を助成することで、技術の進歩及
び新事業の早期創出を図ることを目的とする事業を行います。

■公募期間:平成27年4月24日(金)~ 平成27年6月12日(金)(必着)

■助成対象者
 福島県内に事業所を有する中小企業者又はそのグループが、
 出願人となり日本国特許庁へ特許等の出願を行う場合。
※発明者(又は考案者、創作者)が、県内の事業所に所属することを条件とします。
※いわゆる「みなし大企業」については、本事業の対象となりません。

■対象要件
 平成27年度(平成27年4月1日~28年3月31日)に出願及び経費支払いを
 行うもの(年度内であれば、申請前に出願又は支払を行っている場合でも対象となります)。

■支援内容:
 特許権・実用新案権・意匠権・商標権の国内取得に係る費用が対象となります。

■助成対象経費
(1)弁理士等への報酬
   先行技術調査に係る費用、各種手数料(書類作成・検討に係る費用等)、
   当該年度内に特許査定・登録査定となった場合の成功謝金、及びそれらに係る源泉徴収税。 
(2)特許庁費用
   出願料、特許出願に係る出願審査請求料、当該年度内に特許庁へ納付が確認された
   特許料・登録料。
(3)その他の経費
   電子化手数料、その他理事長が特に必要と認める経費。

 ※対象外経費
  「対象外経費」が予算計上に含まれる場合には、精査の上、除外させていただきます。
   ・日本国内における消費税及び地方消費税。
   ・当該年度外に支払を行った経費
   ・その他出願に直接関係しない経費

■助成率
 助成対象経費の2分の1以内。
 ※助成対象者以外の者との共有に係る特許等である場合、
  持分比率又は費用負担割合のうち、いずれか低い方に応じて、助成対象経費が減額となります。
  
■1企業当たりの上限額
 特許出願の場合は上限30万円、それ以外の場合は上限15万円。

■支援までの流れ
 ① 申請書及び添付書類のご提出。
 ② 審査会の実施(7月2日予定):プレゼンテーションを行っていただきます。
 ③ 助成案件の決定・通知。
 ④ 採択企業により代理人へ対し、出願経費の支払(採択前の支払でも構わない)。
 ⑤ 採択企業より、支払内訳が明確な領収証等のご提出。
 ⑥ 当センターにより対象経費を確定し、助成金額(対象経費の2分の1以内)を、採択企業へお振込み。

■お申込み・お問合せ先
 公益財団法人福島県産業振興センター
 技術支援部技術総務課(担当:齋藤)
 〒963-0215 郡山市待池台1-12(福島県ハイテクプラザ内)
 TEL:024-959-1929  FAX:024-959-1889
 E-mail:f-tech@f-open.or.jp

 ※申込方法・詳細はこちらをご覧ください↓
  http://fukushima-techno.com/news/2015/04/post-10.php

┌────────────────────────────────────
|【2】「福島県中小企業外国出願支援事業」公募のご案内
└────────────────────────────────────
 (公財)福島県産業振興センターでは、福島県内の中小企業者の皆様が、外国への
特許等を出願する際に係る費用の一部を助成することで、外国への戦略的な産業財
産権の活用を促進することを目的とする事業を行います。

■公募期間:平成27年4月24日(金)~ 平成27年6月12日(金)(必着)

■助成対象者
 福島県内に事業所を有する中小企業者等又はそのグループで、出願人となり外国
 特許庁へ産業財産権(特許、実用新案、意匠、商標(冒認対策商標含む))の出願を行う方。
 ※いわゆる「みなし大企業」については、本事業の対象となりません。
 ※事業協同組合、商工会、商工会議所、NPO法人において、地域団体商標の出願を行う場合、
  本事業の対象となり得ます。

■対象要件
 〇申請書提出時点において日本国特許庁に既に特許出願等(PCT出願含む)を行っており、
  年度内に外国特許庁への出願を行う予定であることが必要です(マドリッド協定議定書に
  基づく国際商標登録出願については、既に日本国特許庁に対し商標出願を終えており、
  年度内に日本国特許庁に対し国際登録出願を行う予定があること)。
 〇すでに出願手続きが完了してしまっている場合には対象となりません。
  交付決定後から28年2月末までの間に出願及び経費支払いの手続きを行うことが必要となります。

■支援内容:
 特許権・実用新案権・意匠権・商標権の外国出願に係る以下の費用が対象となります。
 (なお、採択前に支出した経費については対象となりません)


■助成対象経費
(1)外国特許庁への出願手数料
   外国特許庁への出願に要する経費 
(2)現地代理人費用
   外国特許庁に出願するための現地代理人に要する経費
(3)国内代理人費用
   外国特許庁に出願するための国内代理人に要する経費
(4)翻訳費用
   外国特許庁に出願するための翻訳費用に要する経費

 ※「対象外経費」が予算計上に含まれる場合には、精査の上、除外させていただきます。
 ・日本国内における消費税及び地方消費税。
 ・国内出願及び国内出願に要する代理人費用。
 ・PCT国際出願に要する費用のうち、国際段階の手数料、日本国特許庁への国内移行手数料、
  それらに関する代理人費用。
 ・ハーグ出願において、日本国特許庁を経由して間接出願を行う場合の送付手数料、
  日本国を指定締約国とするために支払う個別指定手数料。
 ・マドプロ出願に要する経費のうち、日本国特許庁(本国官庁)へ納付する手数料。
 ・マドプロ出願における個別手数料
  (WIPOへ納付する国際手数料として基本手数料と同時に支払う場合は対象)。
 ・出願後の中間手続費用・登録料等(審査請求や補正などを出願と同時に行う場合は対象)。
 ・採択前、又は対象期間外に支払を行った経費。
 ・その他出願に直接関係しない経費。

■助成率
 助成対象経費の2分の1以内。
 ※助成対象者以外の者との共有に係る特許等である場合、持分比率又は費用負担割合のうち、
  いずれか低い方に応じて、助成対象経費が減額となります。

■1出願当たりの上限額
 特許出願は150万円、それ以外は60万円、ただし冒認出願対策の場合は30万円。
 1企業当たりの上限額は300万。

■支援までの流れ
 ① 申請書及び添付書類のご提出。
 ② 審査会の実施(7月2日予定):プレゼンテーションを行っていただきます。
 ③ 助成案件の決定・通知。
 ④ 採択企業により代理人へ対し、出願経費の支払。
 ⑤ 採択企業より、支払内訳が明確な領収証等のご提出。
 ⑥ 当センターにより対象経費を確定し、交付決定額(対象経費の2分の1以内)を、採択企業へお振込み。

■お申込み・お問合せ先
 公益財団法人福島県産業振興センター
 技術支援部技術総務課(担当:齋藤)
 〒963-0215 郡山市待池台1-12(福島県ハイテクプラザ内)
 TEL:024-959-1929  FAX:024-959-1889
 E-mail:f-tech@f-open.or.jp

 ※申込方法・詳細はこちらをご覧ください↓
  http://fukushima-techno.com/news/2015/04/post-17.php

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.16    
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 平成27年度 予算「創業・第二創業促進補助金」公募のご案内

┃   主 催:創業・第二創業促進補助金事務局(株式会社電通)
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆創業・第二創業促進補助金事務局(株式会社電通)からのお知らせです◆◇◇

 新たな需要を創造する新商品・サービスを提供する創業者に対して、店舗借入費や
設備費等の創業に要する費用の一部を支援します。
 また、事業承継を契機に既存事業を廃止し、新分野に挑戦する等の第二創業に対して、
人件費や設備費等(廃業登記や法手続費用、在庫処分費等廃業コストを含む)に要する
費用の一部を支援します。
 
■募集期間 :平成27年4月13日(月)~ 平成27年5月8日(金)17:00必着
       ※電子申請の場合も平成27年5月8日(金)まで

■対象者
 本補助金の募集対象者は、以下の(1)から(6)の要件をすべて満たす者であることが必要です。

(1)「新たに創業する者」又は「第二創業を行う者」であること。
①「新たに創業する者」とは、平成27年3月2日以降に創業する者であって、補助事業期
 間完了日までに個人開業又は会社(以下、会社法上の株式会社、合同会社、合名会社、合
 資会社を指す。)・企業組合・協業組合・特定非営利活動法人の設立を行い、その代表と
 なる者。この場合の応募主体は、個人となります。

②「第二創業を行う者」とは、個人事業主、会社又は特定非営利活動法人であって、
 平成27年3月2日の6か月前の日(平成26年9月3日)から、公募開始日以降6か月以内
(平成27年10月12日)かつ補助事業期間完了日までの間に事業承継を行った者又は行う
 予定の者が対象となります。また、平成27年3月2日から補助事業期間完了日までに既
 存事業以外の新事業を開始することが必要です。なお、代表者の承継は親族に限りません。

(2) みなし大企業でないこと。

(3) 応募者が個人の場合、日本国内に居住し、日本国内で事業を興す者であること。
   応募者が法人の場合、日本国内に本社を置き、日本国内で事業を興す者であること。    

(4) 産業競争力強化法に基づく認定市区町村(第5回認定に向けて申請している市区町村を
   含む。)における創業であること。
   ※いわき市は認定を受けております。

(5) 訴訟や法令順守上の問題を抱えている者ではないこと。

(6) 応募者又は法人の役員が、暴力団等の反社会的勢力でないこと、
   また、反社会的勢力との関係を有しないこと。
    また、反社会的勢力から出資等の資金提供を受ける場合も対象外とします。    

■事業期間
 本補助事業期間は、交付決定日から最長で平成27年11月15日までとなります。    
 
■補助対象経費
 1.人件費、2.事業費、3.設備費、4.原材料費、
 5.知的財産権等関連経費 国内・外国特許等取得費 、6.謝金 、7.旅費、
 8.マーケティング調査費(自社で行うマーケティング調査に係る費用)、
 9.広報費(自社で行う広報に係る費用)、10.外注費、11.在庫処分費、
 12.修繕費 、13.解体費及び処分費、14.原状回復費、15.委託費
 16.その他の費用
 
 補助事業実施のために必要となる経費となりますが、以下の①~③の条件を
すべて満たすものを対象とします。

① 使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費
② 交付決定日以降の契約・発注により発生した経費(※)
③ 証拠書類等によって金額・支払等が確認できる経費
     
■補助金額
 ○創業促進補助金
  新たなニーズを興す創業プランを応援する補助金です。
  補助率:2/3 補助金額の範囲:100万円以上~200万円以内
 
 ○第二創業促進補助金
  家業を活かす第二創業プランを応援する補助金です。
  補助率:2/3 補助金額の範囲:100万円以上~200万円以内
  (既存事業を廃止する場合は、廃止費用として800万円)

■申請手続方法
 事務局への応募書類の提出は、郵便又は宅配便等にて行ってください。
 締切日の17時迄に受付できるように余裕をもって提出してください。
 時間を過ぎますと受付できませんので、ご注意ください。なお、提出の
 際は、封筒等の表面に「創業・第二創業促進補助金応募書類在中」と朱書きしてください。

※書類を郵送する場合には、簡易書留や特定記録などを利用し、配達されたことが
 証明(確認)できる方法によってお送りください。なお、「FAX」・「持参」に
 よる提出は受付できません。

※本公募要領は「創業・第二創業促進補助金」特設ホームページからダウンロードできます。
 http://sogyo-hojo.jp/27th/

※補助金の申請に際しては、認定支援機関による事業計画の策定から実行までの支援内容について、
 当該認定支援機関の確認を受けている必要があります。
 認定支援機関の具体名、連絡先等については、以下の中小企業庁のウェブサイトをご覧頂くか、
 最寄りの各経済産業局まで、お問合せください。
 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/kyoku/ichiran.htm

■申請書の提出先・問い合わせ先
 創業・第二創業促進補助金事務局
 〒104-0045 東京都中央区築地3-16-9アーバンメイツビル2F
 TEL:03-5550-1311
 お問い合わせ時間:10:00~12:00、13:00~17:00/月曜~金曜(土日祝除く)
 お問い合わせは、お電話にてお願いします。

※公募要領・申請書はこちらからダウンロードしてください。↓
 http://sogyo-hojo.jp/27th/download.html

〇公募説明会
 公募に関する説明会を下記の内容で開催致しますので、
ご興味ある方は、この機会に是非、ご参加ください。

■日 時:4月21日(火) (受付開始:13:00~ 開催時間:13:30~15:00)
■会 場:TKPガーデンシティ仙台21階ホールA-1
     (宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER 21階)

※説明会へのご参加をご希望の方は、以下の参加申し込みフォームから、お申込みください。↓
 https://sogyo-hojo.jp/27th/guidance/form/3

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.16   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 【急募】福島県緊急雇用創出事業
┃ 『再生可能エネルギー海外連携コーディネータ人材育成事業』・
┃ 『いわき工業製品PR事業』担当員募集のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◇◆◇ 

 (公社)いわき産学官ネットワーク協会では、
福島県緊急雇用創出事業 地域人づくり事業(雇用拡大プロセス)の採択を受け、
再生可能エネルギー海外連携コーディネータ人材育成事業及び
福島県緊急雇用創出事業 震災等緊急雇用対応事業の採択を受け、
いわき工業製品PR事業を実施する事となりました。
 つきましては、本事業における担当員として勤務していただける方を、
下記の通り募集いたします。業務に意欲を持ってあたっていただける方の応募を
お待ちしております。 
 また、会員の皆様には、適任と思われる方がいらっしゃいましたら、
ご応募をお勧めくださるようお願いいたします。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃再生可能エネルギー海外連携コーディネータ人材育成事業募集内容
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■職種・業務内容

【地域産業支援業務】

(1)コーディネータ/1名
・地元企業のドイツでの産業展示会出展支援業務
・県内開催の産業展示会における海外企業との情報交換の
  仲介および技術ニーズに係る情報収集
・海外販路拡大を目的とするセミナーの企画・運営
・その他、上記に付帯する業務

(2)サブコーディネータ(翻訳・通訳業務)/1名
・企業情報の収集・整理・翻訳(英→日・日→英)
・県内開催の産業展示会における海外企業との情報交換の支援
・その他、上記に付帯する一般事務

(3)事務職員業務/1名
・一般事務処理業務
・企業情報の収集・整理業務 

■就業時間:8:30~17:30(休憩1時間含む)

■賃金:時給制
(1)1,600円/時     
(2)1,000円~1,500円/時(能力に応じて決定)
(3)1,000円/時

■休日:週休二日制(休日は勤務シフトによる)、毎月最終月曜日、年末年始休暇

■雇用期間:(予定)平成27年4月下旬から平成28年3月31日迄 

■必要な経験:PC操作全般(MS-OFFICE、メール、インターネット等)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃いわき工業製品PR事業募集内容
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■職種:いわき工業製品PR事業 担当員/1名
   (福島県緊急雇用創出事業)

■業務内容
・いわき産業創造館内での工業製品PR等に関する窓口受付対応
・首都圏等において開催される展示会への出店準備の補助および出展企業との
 連絡調整等に関する事務
・展示会での工業製品のPR
・その他事業に必要な事項、一般事務等

■就業時間:8:30~17:30/12:30~21:30
     (※シフト制/8時間勤務)

■賃金:時給制 1,000円/時

■休日:週休二日制(休日は勤務シフトによる)、毎月最終月曜日、年末年始休暇

■雇用期間:採用日~平成27年3月31日迄

■必要な経験:PC操作全般(MS-OFFICE、メール、インターネット等)

■年齢・資格等:普通自動車免許(AT限定可) 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.15
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
┃ 『平成27年度 産産・産学連携共同研究活動奨励事業』公募のご案内
┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会 
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆◇ 

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、民間事業者間(産産)及び
民間事業者と研究・高等教育機関(産学)の連携活動のスタートアップ期を支援し、
国県等の支援制度適用につなげることを目的として、協会が認定した産産・産学
連携による研究会に対し活動経費の一部助成や事務局運営の支援など様々なバック
アップを実施してまいります。
 応募に当たっては、公募内容を必ずご確認いただいてからご応募ください。
 
■受付期間:平成27年4月13日(月)から平成27年6月5日(金)

■対象者
 3社(団体・個人含む)以上で構成される産産・産学の連携体であること。
 また、申請主体(研究会代表者)は当協会の企業会員であること。

※本事業は、当協会が認定した研究会の活動を支援する事を目的としていることから、
申請にあたっては、研究会の設置届(様式2)をご提出頂きます。
なお、研究会の代表者は、当協会の企業会員である事が条件となります。

■対象事業
 平成27年度に実施する、産産・産学の連携による研究会活動に係る取り組み
     
■事業期間
 交付決定日から実績報告書等の提出も含め平成28年3月4日(金)まで。
 
■助成金額
 定額20万円(予算総額60万円)
 ※助成金の交付は事業採択時に行い、事業完了時に精算を行います。
■応募方法
・申請書を正本一部、及び電子媒体により一部提出してください。
 (電子媒体はWord形式で原則として電子メールで提出してください)
・応募書類は直接持参もしくは郵送により下記応募先まで提出してください。
 
■応募先及び問い合わせ先
(応募先)〒970-8026 いわき市平字田町120番地 
    LATOV6階 いわき産業創造館内 
    公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局 
(問い合わせ先)FAX若しくはメールで問い合わせてください。 
    FAX:0246-21-7571  E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 

※公募要領・申請書はこちらからダウンロードしてください。↓
【公募要領】http://www.iwaki-sangakukan.com/offering/docs/27sansanyouryou.pdf
【様式1】申請書類一式 http://www.iwaki-sangakukan.com/offering/docs/27sansansinnseisyo.doc.doc
【様式2】研究会設置届 http://www.iwaki-sangakukan.com/offering/docs/27sansankenkyukaitodoke.doc

※詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offering/2015/04/25.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.14    
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『平成27年度 見本市・展示会出展助成事業』公募のご案内
┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◆◇ 

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、
民間事業者が自社製品・サービス等の販路の維持・拡大を図るため、
首都圏等への販路の維持・拡大や風評被害払拭等を行うための見本市・展示会へ
出展する際の費用の一部を助成いたします。
 応募に当たっては、公募内容を必ずご確認いただいてからご応募ください。

■受付期間:平成27年4月13日(月)~6月12日(金)
      
■対象者:いわき地域を中心に事業を展開する民間事業者(1社あたり1件まで)

■対象事業
 応募書類受付日の翌日から平成28年3月31日までに市外で開催される、
原則として公開され、来場が限定されない見本市・展示会で、
自社製品・サービス等の販路拡大に資すると認められるもの。
ただし、即売が主目的であるものを除く。
※公募開始後に開催される展示会が対象となります。
※見本市・展示会開催前に、必ず申請を行っていただきます。
※応募件数にかかわらず、審査会を経て助成対象案件を決定いたします。

■対象経費
 展示会・見本市への出展に要した経費
 (出展料、社員以外の人件費、旅費、展示会製作費、通信運搬費、使用料・賃借料、
  その他必要と認める経費)
 ※経費の支払は平成28年3月30日までに完了してください。

■助成率及び助成金額
 1件当たり20万円を限度とし、対象経費の2分の1以内の額とします。
(予算総額300万円)
※助成金の交付は、事業完了時に精算とします。

■応募方法
・申請書を正本一部、及び電子媒体により一部提出してください(電子媒体は
 Word形式で原則として電子メール等で提出してください)。
・応募書類は直接持参もしくは郵送により下記応募先まで提出してください。

■応募先及び問合せ先
(応募先)〒970-8026 いわき市平字田町120番地 
    LATOV6階 いわき産業創造館内 
    公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局 
(問い合わせ先)FAX若しくはメールで問い合わせてください。 
    FAX:0246-21-7571  E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 

※公募要領・申請書はこちらからダウンロードしてください。↓
【公募要領】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h27tenjikai_gaiyo_0413.pdf
【申請書】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/h27tenjikai_keikaku.docx
【記載要領】http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h27tenjikai_keikaku_kisai.pdf

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.03
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:青木環境技術士事務所
         
■キャッチフレーズ:『環境配慮経営とコスト削減』両立への多角的アプローチ

■事業内容
環境ソリューション支援による持続可能な循環型社会構築へのコンサルティング事業
環境ソリューション支援の内容は次の通りです。
1.環境経営システム(エコアクション21)構築支援及び審査
2.省エネルギー診断事業
3.廃棄物の処理再生事業の支援(ゼロエミッション、再資源化)
4.水環境改善事業(排水処理、中水利用、雨水利用)
5.再生可能エネルギー導入支援事業
6.環境教育・研修支援事業

■自己紹介
 化学品メーカーに勤務の中、日本の高度経済成長期にローマクラブから発表された
「成長の限界」の論文がインセンティブになり、地球環境のことを考えるように
なりました。40年前の警告が現実味を帯びて迫るとき、ただ手を拱いていては
始まらないと思い、今まで培ってきた知識や経験を持続可能な社会形成に少しでも
役立てたいと思い起業しました。
 事業推進の原動力は、能動的「邂逅」であり、想いを馳せ、気付き、感動、経験や
継続などを大切することがもたらす出会いによって命が熱を帯びる瞬間に導かれながら
事業を進めていきたいと思っています。
 環境配慮経営は、企業の収益性向上に直結し、持続可能な循環型社会に繋がっている
ことを実感できると確信しています。

■青木環境技術士事務所の問合せ先はこちらです。↓
担当者:青木 敏春(あおき としはる)
TEL&FAX:0246-38-3336 
URL:http://aoki-env-pro.eco.coocan.jp 

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃誰もが食べ物にこだわりをお持ちと思いますが、私は納豆が大好きです。それも
┃いわき市内食品メーカーの納豆が大好きです。もの心ついた頃(おそらく5歳ぐ
┃らい)にはお小遣いをもらうと、近くの食料品店に出向き、三角の経木に包まれ
┃た納豆を買いに行ったという変わり者の子供でもありました。数えてみれば50
┃年以上、一年のうち360日は毎朝納豆を食しております。そんな私に嬉しいデ
┃ータがあります。2008年の統計ではありますが、日本一の納豆消費県は「福
┃島県」なのです。水戸納豆ブランドのある茨城県を追い越して福島県が納豆消費
┃一位だなんて、嬉しいことではありませんか。栄養価も高く、健康食品の誉れ高
┃い納豆が大好きなのは私だけじゃなかったんですね。(岐)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.08   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『平成27年度 中小企業等向け支援事業(公募事業) 公募説明会』開催のご案内
┃ 
┃  主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、平成27年度も地域産業を
担う中小企業者、農林漁業者等の新たな製品、サービス、技術開発等に係る取組みや
販路の維持・拡大に向けた取組みを全力で応援して参ります。
 
 つきましては、下記のとおり、平成27年度に当協会が実施予定の中小企業、
農林漁業者等向け支援事業(公募事業)の公募説明会を開催いたしますので、
ご案内申し上げます。

 
◆◇開催概要◇◆

■日 時:平成27年4月20日(月) 16:00~

■場 所:いわき産業創造館 企画展示ホール 
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階) 
■内 容:
公募事業説明会(以下の事業の概要説明・質疑応答) (16:00~17:30)
(1)平成27年度 産学官連携・技術開発支援事業について
(2)平成27年度 見本市・展示会出展助成事業について
(3)平成27年度 産産・産学連携共同研究活動奨励事業について
(4)平成27年度 農商工連携推進事業について
(5)平成27年度 中小企業者・創業者向け経営相談会について
(6)平成27年度 アドバイザー派遣制度について
(7)その他事業について

■公募説明会申込み方法
所定申込書に必要事項をご記入の上、FAX又はメール、お電話にて
下記申込み先へお申込みください。

※申込書はこちらからダウンロードしてください↓↓
http://www.iwaki-sangakukan.com/docs/H27_koubosetsumeikai.pdf

■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局
〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
担当:事務局次長/手塚 事業係長/長瀬
E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

※詳細については、下記ホームページをご覧ください。↓↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/2015/04/post-128.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.08     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃    経営・技術上の課題をお持ちの企業の皆様へ 
┃   『アドバイザー派遣事業』のご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 (公社)いわき産学官ネットワーク協会では、経営・技術上の課題をお持ちの
企業の方、新たな事業展開等をお考えの企業の皆様の求めに応じて、豊かな知識、
経験を有する企業OB人材等をアドバイザーとして派遣する「アドバイザー派遣
事業」を実施しております。
 
 現在、技術・製品開発、経営企画・戦略立案、海外展開・国際化、情報化、IT活用、
販売・マーケティング等18分野にわたって、アドバイザーにご登録いただいており、
昨年度は23回33名の皆様のもとへ、アドバイザーを派遣させていただきました。
 経営・技術上の課題をお持ちの企業様、是非、お気軽にご相談下さい。
  
■利用料金:無 料(1アドバイザー・1テーマ原則3回まで)
      ※市外アドバイザーの場合は旅費を半額ご負担いただきます。

■アドバイザー一覧表:こちらをご覧下さい↓
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2014/04/ad.html
※これまでの活動状況などもご案内しております。

■利用方法:所定の申請書・問診票に必要事項を記入の上、お申込下さい。
※様式はこちらをご利用下さい↓
【申請書】(word形式)
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/27hakenshinseisyo.doc
【問診票】(word形式)
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/27monsin.doc

■お申込み・お問合せ先
公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会事務局
〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-Mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.4.7
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  来たれ!起業家~あなたの挑戦を応援します~
┃ 『いわき産業創造館 創業者支援室(インキュベートルーム)入居者募集』のご案内
┃ 募集期間:平成27年4月6日(月)~平成27年5月29日(金)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆いわき産業創造館からのお知らせです◆◇◆

 いわき産業創造館では、館内に設置の創業者支援室(インキュベートルーム)の
入居者を募集いたします。
 いわき産業創造館 創業者支援室(インキュベートルーム)では、創業者や創業
意欲者などの支援、育成を行うことを目的にいわき市が開設した起業家支援施設です。
新規創業者をハード・ソフトの両面からサポートいたします。
 いわき市内で起業や新事業をお考えの方からのお申込みをお待ちしております。
 
■募集期間
 平成27年4月6日(月)~平成27年5月29日(金)※必着

■募集対象者
 情報通信技術(ICT)分野をはじめとして、将来性・成長性が期待されると考えられ
る産業分野において、現在創業準備中(現在、創業を考えている方も含む)の方
(大学生、主婦の方でも可)、創業後間もない(5年以内)中小企業等、もしくは
新分野・新事業へ進出して間もない(5年以内)中小企業等で、本市に本社を置く
ことが可能な方(個人・法人は問いません)

■募集ルーム数:2室 
(メインインキュベートルーム:1室、ポストインキュベートルーム1室)

■申込み方法
 創業者支援室(インキュベートルーム)に入居を希望される方は、
所定の使用許可申請書等に必要書類を添付して、いわき産業創造館
(指定管理者:いわき産学官ネットワーク協会)まで、持参してお申込ください。

※募集要項・申請書類等はこちらからダウンロードできます。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offering/2015/04/ir.html

■申込み・お問合せ
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:関内)
 いわき市平字田町120番地 LATOV 6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 ※起業をお考えの方はお気軽にご相談ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.03
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  平成27年 4月、5月、6月『特許等無料相談窓口』のご案内
┃ 
┃   主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、特許をはじめとする産業財産権
の取得支援及び戦略的活用を図り、高付加価値の製品・サービスを生み出し、活力あ
る地域経済の実現に寄与するため、月1回弁理士による特許等の無料相談窓口を設置
しております。是非、お気軽にご活用下さい。

■相談日時:平成27年4月24日(金)、5月29日(金)、6月26日(金)
      「13時~、14時~、15時~」
      (相談時間は、1案件につき原則45分までとなります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関するもの
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 相談室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:
【4月、6月】片寄 恭三 氏(片寄特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】半導体/コンピューター(ハード)/電子回路

【5月】児島 敦 氏(児島特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】機械/メカトロ/コンピューター関連/商標

■お申込みについて
 所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局へ
 メール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

 ※所定申込書についてはこちらをご覧下さい↓↓
  http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/docs/h27_tokkyo_m.doc
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局 
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

 ※詳細についてはこちらをご覧下さい↓↓ 
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/tokkyo.html

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.02
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:久野システムエンジニアリング
         
■キャッチフレーズ:インターネットを使った効果的な宣伝方法をサポートします!

■事業内容
1.ホームページの分析とリニューアル業務、ホームページの作成業務
2.ブログ、Twitter、Facebok、動画サービスなどのSNSを使った、情報発信等、
  日々、必要とされる更新業務における効果的な宣伝方法のサポート業務
3.集客を目的としたイベントの企画、立案、運営業務
4.イベントの様子を動画による生中継配信業務
5.パソコンの修理、初期設定、各種ツールの使い方の案内

■自己紹介
 福島高専卒業後、東京にて14年間システムエンジニアとして業務に
携わる傍ら、ブログやTwitter、Faecbookの専門家として活動しており
ました。
 東日本大震災もあり、情報発信の重要さは再認識され、ピンポイントで
リアルタイムな正確な情報、お客様にとって必要とされる情報発信業務を
支援できればと創業を決意しました。
 日々、めまぐるしく変わるインターネットサービスの中から効果的に使える
サービスの選択と提案、個人、お店、企業、それぞれに合った役立つインター
ネットを使った宣伝方法をサポートできればと思っております。

■久野システムエンジニアリングの問合せ先はこちらです。↓
担当者:久野 雅己 (ひさの まさみ)
TEL:090-7727-6293
E-mail:hisanosystem@gmail.com
URL
○HPはこちらです↓
 http://www.iwaki-twitter.jp/
○Twitterはこちらです↓
 https://twitter.com/iwakicity
○Facebookページはこちらです↓
 https://www.facebook.com/iwakisomeken
○ブログはこちらです↓
 http://ameblo.jp/iwakicity/

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃先日、国内メーカーのメガネ型ウェアラブル端末を体験できる機会が
┃あった。体験できた機能としては、端末と通して映画ソフトを閲覧す
┃るだけに留まったが、インターネット通信やメールのやり取り、PCデ
┃ータファイルも開く事が可能だ。閲覧画面は半透明になっているので、
┃視界を遮る事は無いのだが一番気になるのが本当の眼鏡を掛けている
┃と、眼鏡の上にメガネを掛けるという事をしなければならず、「この
┃煩わしさは何とかならないのか」と思ったら、早くも解消される日が
┃やってきそうだ。眼鏡の産地で有名な「福井県 鯖江市」が、某有名
┃ブラウザ会社が開発したウェアラブル端末をベースに、度入りレンズ
┃装着させた製品の作成を目指しているようなのだ。ほぼ販売レベルと
┃言っていい出来の商品をテレビで拝見したが、眼鏡を掛けている人間
┃から見たらまさに理想の形で、見た目が普通の眼鏡と変わらなく普段
┃使いも出来そう。もし、個人販売をしたら手に入れたいところだが、
┃各メーカーは法人向け販売にシフトする傾向が強そうなので、いつか
┃手に入れらる日が来たら良いと思います。(洋)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2015.04.01   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 「中小企業等支援施策セミナー」開催のご案内
┃  
┃  主 催:福島県中小企業団体中央会・いわき信用組合
┃      
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆福島県中小企業団体中央会・いわき信用組合からのお知らせです◆◇◇

 福島県中小企業団体中央会・いわき信用組合では、この度、下記の通り補助金に
係るセミナーを開催いたします。

 こんな設備投資をご検討の企業様におすすめです↓↓
 ・新商品を開発するための設備が必要
 ・今まで委託していた作業を内製化したい
 ・業務効率化、短納期化を図りたい
 ・クラウドを活用した新たなシステムを開発したい
 ・最新の省エネ設備に入れ替えたい

 この機会に補助金を活用してみませんか? 
 皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時:平成27年4月9日(木)13:30~17:00

■場 所:いわき産業創造館 企画展示ホール
    (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)

■プログラム
13:30 開 会

13:45 第一部
【テーマ】「平成26年度補正 地域工業・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金
     及び平成27年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金について」
【説 明】東北経済産業局 エネルギー対策課 

14:45 休 憩

14:55 第二部
【テーマ】「ものづくり・商業・サービス革新補助金について」
【説 明】福島県中小企業団体中央会 ものづくり補助金地域事務局 

16:10 第三部
「個別相談会」
○省エネルギー設備導入補助金相談コーナー
(東北経済産業局 エネルギー対策課担当者)
○ものづくり・商業・サービス革新補助金相談コーナー
(福島県中小企業団体中央会・いわき信用組合)

17:00 閉 会

■参加費:無 料

■申込期限:平成27年4月6日(月)

■お申込み方法
 所定参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込ください。
なお、個別相談は事前申し込みいただいた方のみお受けいたします。
ご希望人数によってお受けできない場合がございますのでご了承ください。

※所定申込書は下記よりダウンロードいただけます。↓
 http://www.iwaki-shinkumi.com/news/2015/pdf/20150331_02.pdf 

■お申込み先
いわき信用組合 業務企画部
いわき市小名浜花畑町2番地の5
TEL:0246-92-4111 FAX:0246-53-5381

■お問合せ先
福島県中小企業団体中央会 いわき事務所
いわき市平梅本15番地 福島県いわき地方振興局 企画商工部内
TEL:0246-21-0832

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.01
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:Office Genie (オフィスジーニー)
         
■キャッチフレーズ
 企業の『ヒト』『モノ』『カネ』の悩みをスッキリ解決する黒子コンサルです。

■事業内容
1.財務コンサルティング
 (業績改善、資金調達、経営革新)
2.ビジネス人材育成コンサルティング
 (後継者育成、チームビルディング、コーチング)
3.講演・セミナーの開催
 (初心者でもわかる会計講座、部下育成 等)

■自己紹介
学卒後、地方銀行に入行して融資・資産運用業務中心に携わりました。
その後、法人コンサルに興味を持ち、大手経営コンサル会社に30代で転職。
中部、東北企業の数多くの業種のコンサルティングに従事してまいりました。
地元いわき市の中小企業の抱える『ヒト』『モノ』『カネ』の悩みを、
現場密着主義で解決していく所存です。企業の円滑な資金繰りのお手伝いと、
それを可能にする人材の育成中心に取り組み、クライアント企業の社長と
従業員の方々双方の満足を追求していきます。

■Office Genie (オフィスジーニー)の問合せ先はこちらです。↓
担当者: 渡辺 昌治(わたなべ しょうじ)
TEL:0246-85-0235 FAX:0246-85-0236
E-mail:watanabe@office-genie.jp

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 最近、買い物をしていて感じることは、急激な物価上昇により商品は小さくな
┃り、上げ底になり、また価格も上がっているのに驚かされます。感覚としては、
┃消費税以上の上昇ではないでしょうか。これまでも物価高は常に感じていたこと
┃ですが、これほどの変動は高度成長期でもなかったように思います。高度成長期
┃はそれなりに遅れながらも収入も増えていたためと円高傾向が続いて国力がつい
┃ていたため、乗り越えることができたのでしょうが、最近の物価上昇は、円安傾
┃向に戻りつつまた政府は物価上昇を容認していることもあり、先が見通せない状
┃況ではないでしょうか。急激な物価高に対応する防御方法があるなら、教えて頂
┃きたいのですが、それがないなら「頑張って収入をふやすか」または「家計の支
┃出を見直すこと」になるでしょうが、前者も後者も容易にできものではありませ
┃ん...。来年度もさらに消費税の増税の波が襲ってくるでしょう。しかし、高度成
┃長期のときも、誰もが円高を予測できずに不安を持ちなが生活をしていた様に思
┃います。このような時こそ、やるべき事があると思います。それは自分の技術を
┃磨くこと、勉強をして新しいことを習得して力を蓄えておくことと思います。必
┃ずその力を発揮するときが来るでしょう。また力を付けておけばリストラの対象
┃になることはないでしょう。不況の時など悪い時期が続いているときでも、結果
┃論になりますが、予測されない偶然のような良い出来事も現れてその後は絶好調
┃になったこともありました。自分を信じて、給料が上がることを期待して、仕事
┃を頑張り続けていきましょう。(陽)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.