メールマガジン

上海レポート12月号

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.12.27       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「中国への企業進出セミナー」でお馴染みの
┃  佐藤忠幸氏から『上海レポート』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 現在、中国は上海に事務所を構え、
中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「上海レポート」12月号をお届けいたします。

==========================================================================

◇上海レポート12月号(中国は年度末)◇

現在日本でこれを書いています。
本来は上海で書いて先週中に配信してから帰国予定でしたが、急用で下書きのみ書い
て日本へ移動しました。
データをすべてコピーして持参したつもりですが下書きがなくなっており、ショック
ですねー。
ということで、新規に書きおろしました。

12月は、日本では年末(師走)で何となく忙しい気分になる月です。
中国の12月は、クリスマスと年度末の月です。
そんな12月の景色を報告します。
毎年のことで同じだろう?
そうかもしれませんが、私には新発見が毎年あるのが中国です。少々お付き合いくだ
さい。

中国の政府会計年度は、1月~12月。税金もそうであり、徴収もそれで決めている。
企業の会計年度は自由に決めてよいことにはなっているが、税務会計は強制的に12月
で締められるから、会計年度や予算執行年度もそれに合わせざるを得ないのが実状。
名目は自由、しかし、実態は????の中国らしい制度。

中国の年末は来月。
旧暦の正月すなわち春節が今度は2月18日であるので1月が年末。
正月めがけての歳末大セールは当然来月。
したがって、デパートやスーパーは先週のクリスマスセールが売上げのピークだった
ようだ。

12日大セール。
商魂たくましき中国商人はクリスマスだけでは飽き足らず「12.12」の日を作った。
「11.11」を独身の日としてビッグビジネスを作ったことにあやかろうという訳。
「12.12」は、中国語の「要愛.要愛」とほぼ同じ発音のため恋人の日として大セール
を展開したのである。
しかし、11月にすっかり金を使った人たちは2ヶ月連続の引掛けには乗らなかったよ
うで、だいぶ当てが外れた。

その翌日13日は、今年から日本人にとって嫌な記念日となった。
30万人という数字は、愛国教育のおかげで今では中国に完全に定着しており、それを
世界に広めようと頑張っている様だ。
毛沢東さん時代にはなかった数字なのになー。
まあ、上海人は冷静なのが救いか。

22日は冬至。
中国では冬至にお墓参りする習慣があるそうで、高速道路は20日(土)21日(日)か
ら大渋滞だった。
4月5日近辺の清明節に似た意味合いで先祖を祀るため、一族で郊外のお墓地に向か
う。
以前はこんな行事はしなかった。
先祖を祀る精神的ゆとりが出来たというわけであろうか。

上海市長寧区共産党の文明国家推進大キャンペーン実施中
私が住む上海市長寧区では、地下鉄駅の周辺主要道路沿道の街路灯すべてに大きな幟
(のぼり)が結び付けられている。
まるで、万博のときと同じだ。
幟は下記の3種類である。
 ① 愛国 敬業 誠心 友善
 ② 富強 民主 文明 和階
 ③ 自由 平等 公正 法治
それぞれの言葉の意味は、日本なら皆さんご承知だろう。
日本語に無い言葉の意味は次である。
 敬業=会社を愛し、真面目に働け
 誠心=信用を保て
 友善=仲良く、団結して

①の幟は、市民への呼びかけであり、
②は市民と政府両方への呼びかけだろう。
③は明らかに政府への呼びかけの言葉だと思うが如何だろうか。
それにしても③の四種類の言葉「自由 平等 公正 法治」の意味が分からない。
もちろん、日本語の意味はよく知っているが、中国のそれは何だろうか?
それとも、日本語の意味と同じことを共産党長寧支部は目指そうということ?
そんなことをしたら、香港と同じことになるのではと心配してしまう。

それとも、中国にはそれがあるよ、或いはそれを目指しているよという宣伝なのか。
いずれにしても、数百万円を使って大キャンペーンを張ることは中央も承知している
はずである。

「自由 平等 公正 法治」という言葉を意味がどうあれ使ってもよくなったようで
す。
ということは、物凄く大きな進歩だと感じる今日この頃です。
中国国家指導者の昨今の言動は、日本に対する強硬策と対話重視の両面が出ていま
す。
何らかの変化が起こるのでは、と淡い期待を抱いて新年を迎えることといたします。

2015年は羊年で私の干支です。何回目の干支かな?
第三の人生をどうするか考える、節目の年にしたいと思っております。
どうか皆様もよいお年をお迎えください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
 E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
 SBF.HP::http://www.sbfnet.cn/
 HR研究会HP:http://www.sh-hra.cn/
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.