メールマガジン

「上海レポート」10月号

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.10.26       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「中国への企業進出セミナー」でお馴染みの
┃  佐藤忠幸氏から『上海レポート』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 現在、中国は上海に事務所を構え、
中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「上海レポート」10月号をお届けいたします。

==========================================================================

◇上海レポート10月号(上海の物価)◇

すっかり秋となりましたが、なぜかここ数日の昼間は真夏!30℃を超えています。
窓を開けても大汗をかいてしまいます
しかし、窓を開けると騒音でうるさいし、空気は汚いし、空調機をつければ寒いし、
困ったものです。

先週日本から戻りましたが、今回の帰国では東京都内の電車に度々乗りました。
そこで腹が立ったのは、優先席の有名無実。家内は「また怒る!」とあきれています。
誰も席を譲らず、眠ったふりで済ましています。
そして、電車内で目立つのが携帯なのかスマホだか知らないが、それをいじくり回
している者がやたらに多いことです。
優先席では「携帯の電源は切れ」と書いてあるが意味が無いのですか?
意味の無いルールは変えてもよいでしょう。
ペースメーカーを入れている自分としては本当に大丈夫か保証して欲しいものです。
何れにしても、イケナイと書いてあることは守って欲しいものです。
エスカレーターでは「危険だから歩くな」とも書かれているが歩く人に譲るのがマナー
のようになっています。どういうこと?

ところで、私が上海に住み始めて14年を超えました。
この間の賃金上昇も凄いものですが、物価上昇も激しいですね。
発展途上国としての勢いを感じます。しかし、庶民の暮らしはどうなんでしょうか?
14年前の私の調査メモが残っていましたのでそれに現在を書き加えて比較します。

2000年物価レポート⇒の先は2014年
為替レート1元 12~13円⇒16円~17円
<嗜好品>
 日本のタバコ、マイルドセブンが9.5~13元⇒12~20元
 中国タバコ     2~10元⇒4~20元
 ビール(缶)    2.5~6元⇒3~8元
<外食>
 中華レストランの1品料理   10元~⇒15元~
 日本式のラーメン     12~20元 ⇒25~35元
 都心のワンタンショップ 4~6元  ⇒8~12元
 ホテルの中華バイキング  50元   ⇒98元~
 日本料理屋の食べ飲み放題 98元~ ⇒198元~
工場作業者の昼食     5元  ⇒10元
<野菜>
国産野菜  1パック(500g)1~3元⇒3~15元
 輸入野菜  中国産の20倍⇒今は売ってない、
代わりに無農薬・有機野菜が普通野菜の10倍
<日本の食材>
 日本で買う値段の1.5倍から2倍⇒同じ
<サービス>
 タクシー 初乗り料金  10元⇒14元
 散髪(洗髪、カット、洗髪) 25~80元⇒25元~120元
<公共乗り物>
 地下鉄(2路線有り)2~3元 ⇒3元~(15路線有り)
 バス            0.5~2元 ⇒2元~
<マンション価格>
1㎡単価 3,000~5,000元⇒25,000~60,000元

中国人給料
<中国系の普通の会社>
 作業者    700~1000元⇒2000~3000元
 事務員   1000~1200元⇒2500~4500
 監督者   1500~2000元⇒2500~5000
 管理者   2000~3500元⇒5000元~
<日系企業> 上記より20%位高い⇒上記より15%高い
<欧米企業> 日系より更に20%は高い⇒同じ
<日本語通訳>
新人(職務経験無し)2,000~2,500元⇒3,500~5,500元
現在は通訳専門で雇うことは稀、日本語ができる技術者や事務員を採用。
日本語ができる管理者 5,000~6,000元⇒8,000~15,000元

給料は14年前の2倍以上になった。
生活はどうなんだろうか?

昔は、まず賃貸から脱すべくマンションを買い、子供部屋を作り、子供を
大学に行かせることが夢だった。いくら給料が安いといっても、マンションが
20~30万元(500万円ぐらい)程度で買えるのでその夢も実現できた。

中国は将にバブル状態。
現在のマンション価格は郊外でも、80㎡で200万元(3,200万円)、都心なら
500万元(8,000万円)である。
中間層の共稼ぎ夫婦給料(夫婦で1万元)でも200ヶ月(約17年)分の
買い物である。
日本では年収の5年分ぐらいまでに抑えろと言われているが・・・。

現在の若者は持家の夢は消えた、いくら給料が2~3倍になっても、マンションが
10倍以上になり遥かかなたの夢になってしまった。
代わりに自動車を買う人が増えてしまい都市計画に狂いをきたしている。

私も、勧める人がいて買おうと考えたこともあったが、長く駐在するつもり
もなかったので買わなかったが、惜しいことをした。
14年間に支払った家賃は軽く2,000万円を超えているだろう。

注目して欲しいのは野菜など食料品の価格。
およそ3倍になっている。
私も昔は10元か20元野菜を買うと10Kg以上も買うことになり、歩いて帰るのが
しんどく、市場からタクシーで帰ることもあった。
今、そんなに買えば、直ぐに50~100元も必要となるだろう。
現代の金持ちはさらに高い「有機野菜」を買っているが、庶民には夢。
とにかく、食料品の価格高騰は庶民には大打撃である。
工業製品は生産性の向上によりそれほど価格は上がっていないが、生鮮品の
生産性はあまり上がっていないし、冷蔵・冷凍品の輸送手段も進歩がなく、
価格が上がる要素ばかりである。

余談であるが、最近ではリンゴや梨、桃など日本風の美味しい果物が買え
るようになった。これらの皮はむかずに食べろと日本では教わっている。
同じことを中国ですると、中流以上の中国人から止められる。
「絶対に皮をむけ、それでないと危険だよ。皮には農薬が付着しているよ」
皮をむかずに食べられるのは、水道水をそのまま飲める日本だけかも。

加えて、家賃まで上がっているのだから庶民の生活費高騰は凄まじい。
そこで大きく変化したのが出稼ぎの減少である。
昔は、3年出稼ぎをしたら、故郷に家が立った。
現在は給料が上がっても都会の生活費が上がってしまい、故郷への送金額は
それほど増えない。その上、故郷の物価も上がってしまい土地や住宅の高騰を招いて
しまい出稼ぎの価値が減ってしまったのである。
しかも産業の地方移転があり、故郷にも仕事ができた。
給料は安くても故郷で仕事ができるなら(どうせ家が建たないのだから)出稼ぎは
止めようということになった。

出稼ぎ者で成り立っていた沿岸部の工業地帯は悲劇である。
「安くて豊富な労働力」は昔ばなしとなってしまった。

今回の物価比較は、私の周りのしかも実体験から学んだものですので、政府統計とは
違うと思います。
そして、思い返してみると庶民の生活激変はここ5~6年だと思います。14年かかって
徐々に上がったのならまだ救われのですが、急激過ぎます。
結果、数億人もいた出稼ぎ労働者の生活は一変し、出稼ぎが急減しました。
沿岸部の労働者不足は甚だしく、産業構造が一変しました。
奥地に多くの都市が生まれ、多くの農民を都市労働者に(半強制的に)変えさせています。
沿岸都市の庶民生活を犠牲にして労働構造を激変させつつあるのが今の中国です。

そして、これからの中国は何処へ向かうのでしょうか?
一歩間違ったら、香港どころの話ではなくなりますよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
 E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
 SBF.HP::http://www.sbfnet.cn/
 HR研究会HP:http://www.sh-hra.cn/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.