メールマガジン

2014年7月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.27       
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「中国への企業進出セミナー」でお馴染みの
┃  佐藤忠幸氏から『上海レポート』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 現在、中国は上海に事務所を構え、
中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「上海レポート」7月号をお届けいたします。

==========================================================================

◇上海レポート7月号(色々中国)◇

連日35度と暑い日が続いています。
日中関係も怪しく熱くなってきました。
特に今週は、日清戦争(中国では甲午戦争という)開戦120周年記念を7月25日に迎えるためか、中国メディアと軍は異様な雰囲気を感じますが民間レベルではいたって穏やかでありがたいことです。
この数ヶ月は、社員研修委託が3社も重なっています。その合間をぬってマッサージや漢方医、そして床屋や買い物に行ったりと忙しい毎日を過ごさせていただいております。
この忙しさも今月で一段落しますが、忙しさのピークが真夏だったとは失敗ですね。
そんな中国の真夏の話題を報告します。

【中国は寄せ集め大国だ】
最近毎月訪問する3社はいずれも日系企業だが全て場所が違う。
一社は上海、次は江蘇省、そして天津市である。同じ漢民族でありながらこれほど性格が違うかと驚く。

上海人は、何でもしゃしゃり出て俺が俺がという感じである。出来るかどうかは別としてとにかく自信家ばかりである。
競争が激しく、そうしないと生き残れないのかもしれない。

江蘇省(蘇州の様な大都市は除く)の人間は、言われないとやらない。
それも何回も何回も言って初めてやるのである。しかし、やれば出来る。
だったら何故?と思いたくなる。
働く必要性が少ないと見えて、勤労意欲も改善意欲も小さい。

天津人は、口先だけ。
言うことと行動は全く違うのである。注意したり指示したりすると、直ぐに分かったと言うがやらない。
分かっているなら言われなくてもやれば良さそうなものだがやらない。言われても中々やらない。
楽な方向に逃げ込んでしまうのだろう。
最も困る人種である。

これらの比較は、自分自身がお会いした数百人だけからの感想である。
数百人で数千万人を語ってはいけないと思うが、あまりにもそれが顕著であり相違が大きいのでその様に思ってしまう。

これらは何れも漢民族だと書いたが、昔は違う。
大昔は、黄河流域の北方のみが中国であり漢民族であった。
今の江蘇省や浙江省、上海は、呉族や越族であり異国である。
当然広東省など南方は完全に異国である。
近世では、清王朝を作ったのは東北地方を中心とした満州族(古くは女真族)であり、国土は明時代の3倍にも広げ、中国史上最大の国土にしたである。
その後の満州族は全国に散らばり、東北では少数民族となってしまったが、チャイナドレスその他今残る中国文化の多くは満州族の文化である。
その時代に清に加わった他の民族は更に大きく異なる。

現在55ある少数民族の中には中国語も話せないし読めない者もたくさん居る。
広西壮族自治区の三江侗(トン)族村を訪れた時は、日本語⇔中国語、中国語⇔侗族語と2人の通訳兼ガイドを雇ったものである。
とにかく、言葉も文字も宗教も思想も服装や食べ物など全てに異なる。そして最も異なるのが所得である。
これらを数十年の短期間で同化させるべくかなり無理をしているようだ。
そのまま進めるとその民族が消失してしまうという恐れすらある。かつての日本がアイヌを滅ぼしかけたように。
とにかく、統一国家でいられることが不思議に思えるほどの国である。

中国政府は、ソビエト連邦が崩壊し分裂したのを反面教師としている。
1989年の天安門事件をきっかけにソ連とは違う方向に走り出したのが現代中国である。
共産主義は崩壊したが、共産党一党独裁は残すという離れ業をしたのである。
市場経済という名の資本主義国家に生まれ変わったが、共産党一党独裁政権をしっかりと固め、国家主席は、党と政治と軍隊を握ったのである。
非常に大きな権力集中であり、これなくして分裂は避けられないと思っているようだ。
だから三権(司法、立法、行政)分立も中国式であり、自由も民主主義も日本や欧米のそれではなく「共産党のよき指導下」にあると中国政府は公表している。

前記のように、共産党という名前は残っているが、現状は共産主義ではなくなった。
したがって財産法で私有財産を保護し、労働契約法で労働者の権利を守っている(ことになっている)。
しかし、法治よりも人治の性格が強いため、法規法律は有名無実化しているものがたくさんあり国家に対する信頼と忠誠は薄い。
その上で、多民族を抱えてその不満や不信を完全に抑えきっているのは確かである。

一党独裁政権でなくなったら、ソ連がロシアその他の国に分裂したのと同じことになる危険性がある。
どちらがよいのかは、ここでは論評しない。
とにかく国民の目をそこ以外に振り向けることに躍起となっている。
因みに、今週は空軍が猛烈な軍事演習をしている。
今週の25日が冒頭に書いた日清戦争開戦記念日だからであろう。

21日に天津へ行こうと、10時40分発の予定で空港へ9時前に行ったが、他の便も含めて午前中の便は全面的に遅延し、出発したのは2時間遅れの12時半であった。
事情を聞けば「今日は軍事演習だよ」とのこと。
軍事演習で飛行機が遅れたのはこれで何回目かなー。
私は、「またか!!」と、心の中で怒ったが不思議なことに中国人は誰も怒っていなかった。
愛国心かな?
しかし、逆に日本ではこの緊張感がなさ過ぎるのではと思う。
「国を愛せ!」なんてことは言わないが日本が今どう進もうとしているのか、外国との関係がどうなっているのか少しは関心をもち、守るべきことは守って欲しいものだ。
防空壕を作っている人や自治体はどれだけあるのだろうか?
「大丈夫です、密かにちゃんと作ってありますから」と政府に期待しては駄目かな?

脱線したが、日清戦争は、中国にとって屈辱的な敗北を喫した戦争である。
それまで宗主であった朝鮮を開放し、遼東半島と台湾そして多額な賠償金まで日本に取られたのである。
遼東半島は西欧の三国干渉で戻したが、これをきっかけに各都市が西欧列強の租界地になってしまった。三等国家を自他ともに認めざるを得なかった屈辱の戦争であり、これを国民に思い出させようとしているのであろう。

21日付の機内で見た新聞は、タブロイド版24ページの内11ページがその関連記事であった。
「甲午再祭 不安倍増」が大タイトルであり、11ページ全てに「不安倍増」が大書されている。
甲午とは中日甲午戦争、すなわち日清戦争であり、それが再度起こる不安が増したということである。
安倍総理の名字を真ん中に取り入れ『不安 倍増』とは、うまいタイトルを考えたものだ。
その記事によると「安倍総理出身の山口県から総理が8人も出ているが、右翼でないのは菅直人氏だけだ、皆右翼だから気をつけろ」だそうだ。

【お気に入り床屋】
話題はがらりと変わって優しい話題をひとつ。
先週いつもの床屋へ行ったら、暫くお休みだった奥さんが赤ちゃんを連れて店番のお手伝いをしていた。
無事に出産したとのこと。
以前は奥さんが洗髪してくれたが、最近は若い男性が洗ってくれる。やはり男性の洗髪は下手だ。
そして、洗髪が終わったら大将に頼んで私の散髪にかかった。
この青年は半年ぐらい前から助手で入店したが、当初は彼が私の散髪をしたいと大将に何度言っても駄目と言われていたが、先月あたりからやっと私の散髪が出来るようになり張り切っている。

しかし、大将はまだまだお気に召さない様子で、もう一度全てに手を入れてくれる。おかげで偉く短いヘヤースタイルになってしまった。
大将の職人魂というか誇りには敬服する。絶対に、中途半端状態では(特に日本人の親爺を)帰したくないという気持ちが伝わってくる。
この大将(とは言っても初めての子供が出来たばかりの30代後半の青年だが)は、私とは「座れ」と「終わった」という以外には口を利いたことが無いし会話が無い。
もちろん他のことを話されても通じないが、何故か以心伝心でやってもらっている。ヘヤースタイルは全てにお任せである。それでいて決して手を抜かない。

洗髪と散髪料金は、数ヶ月前から1元値上げして26元になったが、私は30元渡し(ささやかではあるが)お釣りはチップとしてあげている。
そのようなよい気分にさせてくれる床屋は日本でもそうそうはない。
嬉しくなってしまったので、つい報告させていただいた。

都市によって性格がずいぶん違うなーという感想だけのつもりが、ちょっと筆が滑り過ぎました。
こんな文章を送って大丈夫かなー。
夏の話題にしては、暑過ぎますね。

お身体お大事に夏を乗り切ってください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 佐藤忠幸/Sato Tadayuki
 E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
 SBF.HP::http://www.sbfnet.cn/
 HR研究会HP:http://www.sh-hra.cn/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.24   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  【急募】福島県緊急雇用創出事業
┃  『再生可能エネルギー海外連携コーディネータ人材育成事業』・
┃  『いわき工業製品PR事業』担当員募集のお知らせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◇◆◇ 

 (公社)いわき産学官ネットワーク協会では、
福島県緊急雇用創出事業 地域人づくり事業(雇用拡大プロセス)の採択を受け、
再生可能エネルギー海外連携コーディネータ人材育成事業及び
福島県緊急雇用創出事業 震災等緊急雇用対応事業の採択を受け、
いわき工業製品PR事業を実施する事となりました。
 つきましては、本事業における担当員として勤務していただける方を、
下記の通り募集いたします。業務に意欲を持ってあたっていただける方の応募を
お待ちしております。 
 また、会員の皆様には、適任と思われる方がいらっしゃいましたら、
ご応募をお勧めくださるようお願いいたします。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃再生可能エネルギー海外連携コーディネータ人材育成事業募集内容
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■職種・業務内容
【地域産業支援業務】
(1)サブコーディネータ(翻訳・通訳業務)/2名
 ・企業情報の収集・整理・翻訳(英→日・日→英)
 ・県内開催の産業展示会における海外企業との情報交換の支援
 ・その他、上記に付帯する一般事務

(2)事務職員業務/2名
 ・一般事務処理業務
 ・企業情報の収集・整理業務 

■就業時間:8:30~17:30(休憩1時間含む)

■賃金:時給制
(1)1,300円/時(月額換算 約208,000円)
(2)  950円/時(月額換算 約152,000円)

■休日:週休二日制(休日は勤務シフトによる)、毎月最終月曜日、年末年始休暇

■雇用期間:(予定)平成26年8月初旬から平成27年3月31日迄の約8か月間 

■必要な経験:PC操作全般(MS-OFFICE、メール、インターネット等)

■応募締切:平成26年7月29日(火)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃いわき工業製品PR事業募集内容
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■職種:いわき工業製品PR事業 担当員/1名
   (福島県緊急雇用創出事業)

■業務内容
・首都圏等において開催される展示会への出展準備、企業との連絡調整
・展示会での工業製品のPR
・最終報告書の作成
・いわき産業創造館管理業務
・その他、一般事務

■就業時間:8:30~17:30/12:30~21:30
     (※シフト制/8時間勤務)

■賃金:時給制 1000円/時(月額換算 約168,000円)

■休日:週休二日制(休日は勤務シフトによる)、毎月最終月曜日、年末年始休暇

■雇用期間:採用日~平成27年3月31日迄

■必要な経験:PC操作全般(MS-OFFICE、メール、インターネット等)

■年齢・資格等:普通自動車免許(AT限定可)

■応募締切:平成26年8月12日(火)

--------------------------------------

【応募方法】
履歴書(写真貼付)・ハローワークの紹介状を事務局まで持参または郵送にてご提出頂きます。
書類選考後、面接日時等を追ってご連絡いたします。
(応募書類は返却せず、当協会にて廃棄処分いたします。)

※応募の詳細につきましては下記、事務局までお問い合わせください。

<お問合せ先>
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階
 TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571
 E-Mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
 URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.24
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『平成26年度 いわき市環境・エネルギー関連産業創出支援事業補助金』
┃  公募(第2回)のご案内
┃ 
┃  主 催:いわき市

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆いわき市からのお知らせです◆◇◇
 
 いわき市では、『平成26年度いわき市環境・エネルギー関連産業創出支援事業
補助金』の公募(第2回)を下記の通り開始いたします。
皆様のご応募をお待ちしております。
 
■募集期間:平成26年7月24日(木)~平成26年8月15日(金)
 
■補助事業の目的
市内における環境・エネルギー関連産業の振興を図るため、
環境・エネルギー関連に関する新たな事業参入の検討を行う事業者等に
より構成される研究団体活動において、研究団体活動のスタートアップ期の
支援を目的に、研究団体の取り組みに係る経費の一部を補助するものです。
 
■補助対象者
環境・エネルギー関連に関する新たな事業参入の検討を行う事業者等
3者以上で構成される研究団体の代表者
 
■対象となる事業
新たな技術や製品の開発に必要な分析・事前調査、専門家を講師に
招いての勉強会、先進的な取り組みを実施している事業所等の視察等、
環境・エネルギー関連に関する新たな事業参入の検討に必要な研究団体活動
 
■補助金額:定額30万円(予算残額120万円)
 
■申請方法について
申請書類は、直接持参もしくは郵送により、上記募集期間中に下記まで提出してください。
なお、申請書類の内容等について、担当職員が問合せをする場合があります。
 
※申請書類のダウンロード、及び詳細については下記ホームページをご覧ください。↓
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/sangyosinko/13271/018555.html
 
■提出先・お問合せ先
いわき市環境・エネルギー関連産業ネットワーク事務局
(いわき市 商工観光部 産業・港湾振興課 産業振興係)
〒970-8686 いわき市平字梅本21番地
TEL:0246-22-1126 FAX:0246-22-7582
E-Mail:ishii-f@city.iwaki.fukushima.jp
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.24     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  太陽光発電に係る公共施設の屋根等貸し事業の事業者公募について

┃ 【※いわき市ホームページ掲載事項一部訂正につき再度のお知らせです】
┃ 
┃  主 催:いわき市 生活環境部 環境企画課

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 7月10日付で配信いたしました標記メールマガジンにつきまして、
いわき市のホームページ掲載事項(事業実施施設)について一部訂正が公表されました
為、改めて配信いたします。

※詳細は、下記いわき市ホームページをご覧ください。↓
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/bukyoku/seikatsukankyobu/kankyokikaku/018435.html

◇◇◆いわき市 生活環境部 環境企画課からのお知らせです◆◇◇

 いわき市では、公共施設への再生可能エネルギー導入推進に加えて、
自主財源の確保や地域産業の振興という観点から、再生可能エネルギーの
固定価格買取制度により太陽光発電事業を行う者に対し、有償で公共施設の
屋根その他の場所の使用許可を行う「屋根等貸し事業」を実施いたします。
ついては、今般、当該事業の事業者を公募します。

■公募方法
 公募型プロポーザル方式により公募します。

■対象事業者
 いわき市内に本社、支社、支店又は営業所等を有する市内事業者であることを
 必須条件としています。ただし、複数の事業者(共同事業体)による応募の場合には、
 市内事業者を含む共同事業体であることを応募要件としています。

■公募対象施設
 13施設(小中学校4施設、災害公営住宅8施設、その他1施設)

■企画提案書受付期間
 平成26年8月7日(木)午前9時から平成26年8月22日(金)午後4時まで。

■提出先、提出方法
 環境企画課に正本その他の資料を持参願います。

※詳しい情報や公募要項等については、市ホームページをご覧ください。
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/bukyoku/seikatsukankyobu/kankyokikaku/018435.html

■お問合せ先
 いわき市 生活環境部 環境企画課(担当:木田、坂本)
 〒970-8686 福島県いわき市平字梅本21番地
 TEL:0246-22-7528 FAX:0246-22-7599

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.23   
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  『Eco-CRIP』参加事業者募集のご案内
┃ 
┃  主 催:いわき市 生活環境部 環境企画課

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆いわき市 生活環境部 環境企画課からのお知らせです◆◇◇

 Eco-CRIPは、中小企業の皆様が、環境経営の専門家(支援相談人)による支援(無料)
を受けながら、CO2削減やコスト削減に無理なく取り組むためのプログラムです。
 無料で派遣される支援相談人と一緒に、環境省が策定したシンプルな5つの手順を進
め、CO2とコスト 削減に取り組み、その効果や環境活動の結果を「見える化」すること
で、「組織横断的な取組を通じた、組織を再活性化」、「経営力の強化」、「企業の
イメージアップ」などが実現でき、環境保全と事業発展の両立を目指すことができます。
皆様のご応募をお待ちしております。

■支援内容
 エコアクション21審査人の中から選ばれた、省エネに関する知見やノウハウを持つ
環境経営の専門家(支援相談人)が、事業所等へ直接伺い、5回の取組支援を行います。
 取組にあたっては、支援相談人と一緒に進めていただきます。参加いただく各事業者
の状況に応じた方法を相談していただき、効果的かつ効率的に環境経営に取り組むこと
ができます。

■参加メリット
・省エネ等によりCO2を削減すると同時に経費を削減
・取引先等の経営力強化に活用
・サプライチェーン管理に活用することで、グループ企業の価値向上
・「エコアクション21」認証取得制度への基礎固めとして活用など。
 (成果を保証するものではありません。)

■募集期間:平成26年7月15日(火)より開始

■募集事業者数:300社程度(原則先着順)

■お申込み方法
所定参加申込書に必要事項を記入し、電子メール(申込書を添付)、FAX、郵送の
いずれかの方法でお申込みください。

※お送りいただいた申込書の内容を確認の上、申し込まれた事業者に参加についての
ご案内を致します。

※参加できない事業者は下記の通りです。
(1)他の事業者とフロアを共有している、あるいは電気使用量を
 按分しているなど、電気使用量等を実測できない事業者
(2)すでにエコアクション21の認証を取得している事業者

※詳細については、下記ホームページをご覧ください。
・エコアクション21中央事務局
 http://www.ea21.jp/
・いわき市ホームページ
 http://www.city.iwaki.fukushima.jp/eisei/energy/018534.html

■お申込み・お問合せ先
エコアクション21地域事務局 環境ネットやまがた(山形県)
TEL:023-679-3340 FAX:023-679-3389
E-mail:eco-crip@eny.jp
URL: http://eny.jp/index.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.18  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 平成26年度 いわき市起業家サポートネットワーク主催
┃ 起業家応援講演会『東北の殻を破り世界へ羽ばたけ~被災地からの挑戦~』
┃ 開催のご案内

┃ 【※再度のお知らせです】
┃ 
┃ 主 催:いわき市起業家サポートネットワーク   

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◇◆◇ 

「被災地復興には『志』がキーワード」。
東日本大震災からの復興に立ち向かう起業家の支援に精力的に取組む(一社)MAKOTO
の代表理事、竹井智宏氏。復興をリードし、新しい東北経済・日本経済を担うヒト・
企業を育成するためにはビジネスモデルや技術よりも、経営者には自分の身を挺して
でも事業を成し遂げるという強い「志」が必要と竹井氏は考えている。
本講演ではこれまでの取組み、そして竹井氏自身の起業家支援にかける熱い「志」に
ついてお話をうかがいます。皆様のご参加をお待ちしております。

■日 程:平成26年7月30日(水)
     【講演会】16:00~17:30(※15:30受付開始)
     【交流会】17:30~18:30
         
■場 所: いわき産業創造館 企画展示ホール
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。

■講 師:竹井 智宏 氏(一般社団法人MAKOTO 代表理事)

■定 員:50名程度  ※希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

■参加費:無 料(交流会参加の方は別途1,000円)

■申込み方法
FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」
・「連絡先」・「交流会参加の有無」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。


※案内チラシ、申込書はこちらからダウンロードもできます↓↓
○案内チラシ&申込書
(PDF)http://www.iwaki-sangakukan.com/docs/h26_kigyouka_suport.pdf
〇申込書
(WORD)http://www.iwaki-sangakukan.com/docs/h26_kigyouka_suport_m.doc

■お申込み・お問合せ先
公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:関内)
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

※詳細はこちらをご覧ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2012/09/iasn.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.15
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 来たれ!起業家~あなたの挑戦を応援します~
┃『いわき産業創造館 創業者支援室(インキュベートルーム)入居者募集』のご案内
┃ 募集期間:平成26年7月11日(金)~平成26年8月25日(月)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆いわき産業創造館からのお知らせです◆◇◆

 いわき産業創造館では、館内に設置の創業者支援室(インキュベートルーム)の
入居者を募集いたします。
 いわき産業創造館 創業者支援室(インキュベートルーム)では、創業者や創業
意欲者などの支援、育成を行うことを目的にいわき市が開設した起業家支援施設です。
新規創業者をハード・ソフトの両面からサポートいたします。
 いわき市内で起業や新事業をお考えの方からのお申込みをお待ちしております。
 
■募集期間
 平成26年7月11日(金)~平成26年8月25日(月)※必着

■募集対象者
 情報通信技術(ICT)分野をはじめとして、将来性・成長性が期待されると考えられ
る産業分野において、現在創業準備中(現在、創業を考えている方も含む)の方
(大学生、主婦の方でも可)、創業後間もない(5年以内)中小企業等、もしくは
新分野・新事業へ進出して間もない(5年以内)中小企業等で、本市に本社を置く
ことが可能な方(個人・法人は問いません)

■募集ルーム数:3室 
(メインインキュベートルーム:3室)

■申込み方法
 創業者支援室(インキュベートルーム)に入居を希望される方は、
所定の使用許可申請書等に必要書類を添付して、いわき産業創造館
(指定管理者:いわき産学官ネットワーク協会)まで、持参してお申込ください。

※募集要項・申請書類等はこちらからダウンロードできます。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/offering/2014/07/ir.html

■申込み・お問合せ
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 いわき市平字田町120番地 LATOV 6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
 ※起業をお考えの方はお気軽にご相談ください。

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.07
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:株式会社エコハイテクコーポレーション
        
■キャッチフレーズ:
「仕事は遊び、遊びは仕事」
 仕事は遊ぶように楽しくやろう。「楽しく無い仕事」は上手くまとまらない。
 遊びは真剣になって遊ぼう。真剣にならない遊びは楽しく無い遊びである。

■会社の特徴:
㈱エコハイテクコーポレーションは、「廃棄物の有効活用」を目的に、
自らの経験を生かした事業を展開しております。
主に、産業資材の研究、開発、製造及び販売。また、再生産業資源からの
有価物の抽出及び加工手法の調査、研究及び開発を実施しております。
現在は、浄水発生度から「塗り壁材」を開発し、「吸着剤」として販売展開を目指しております。
又、杉小径木の有効活用を目的とした「キット式組立間仕切壁材」の販売や、
「杉小径木の加工械」の販売展開を実施いたします。

■自己紹介:
 建築の仕事に長く携わってきておりますが、住むだけの家では納得し得ない。
健康に良い、環境に良い、これからのライフスタイルをどうするか、
又、地域の町作りをどの様にすればよいか等考えると専門書を読みあさり
食らい付いて行く性格ですが、明るさは先天的に持っていると自負しております。
周りからは、「粘り強い」等といわれますが、あきらめる事が嫌いなだけかと思っております。
建築の仕事も当然でありますが、一人では何もまとまりません。
多くの人の力、協力があってまとまって行くと思います。
 私の信念は、どんな物でも無駄な物は無い、どの様な境遇の人でも、出来る事は必ずある。
手を取り合って役に立つ物を創り出していこう。「産業創造」の原点であります。

■株式会社エコハイテクコーポレーションの問合せ先はこちらです。
担当者: 篠崎 良司(しのざき りょうじ)
TEL: 0246-29-8220
FAX: 0246-29-8220
E-mail:shino@wakaba-sks.net
URL:http://eco-hi.jp/

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃私にとって、祖父は育ての親と言っても過言ではありません。共働きで当直、残
┃業のあった両親の代わりに、物心つく頃から妹弟そろって面倒をみてもらいまし
┃た。幼稚園の送り迎えから、遠足の同伴、小学校では掃除が終わると自転車で迎
┃えに来た祖父の背中にくっつかりながら、大嫌いだった耳鼻科へも通いました。
┃厳格な人で、親以上に説教もされましたが頂いた愛情はそれ以上でした。祖父は
┃3月にこの世を去りました。享年93歳。大往生で、お葬式で泣いている人は一人
┃もいなかったそうです。私は祖父のお葬式に参列することができませんでした。
┃祖父が危篤と連絡を受けた日は、出産予定日の前日でした。孫としては行きたか
┃ったですが母親としては行けませんでした。そしてその日、娘が生まれ、半日後
┃に祖父が息を引き取りました。お通夜から帰宅した主人の「じいちゃん、勝ち誇
┃った顔してたぞ」の一言で、ようやく祖父の死を受け入れる覚悟が出来、泣くこ
┃とができました。おじいちゃん、ありがとう。ひ孫はすくすくと育っています。(遊)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.14
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  7月&8月『特許等無料相談窓口』のご案内
┃ 
┃   主 催:(公社)いわき産学官ネットワーク協会
┃   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、特許をはじめとする産業財産権
の取得支援及び戦略的活用を図り、高付加価値の製品・サービスを生み出し、活力あ
る地域経済の実現に寄与するため、月1回弁理士による特許等の無料相談窓口を設置
しております。是非、お気軽にご活用下さい。

■相談日時:平成26年7月25日(金)「14時~、15時~」
          :平成26年8月29日(金)「13時~、14時~、15時~」
      (相談時間は、1案件につき原則45分までとなります。)

■相 談 料:無 料

■相談範囲:特許・実用新案・意匠・商標に関するもの
      (相談内容の秘密は厳守いたします。)

■設置場所:いわき産業創造館内 相談室
      (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)  

■相 談 員:
【7月】児島 敦 氏(児島特許事務所 弁理士)
    ※一般社団法人 福島県発明協会 特許等取得活用支援事業
   【特に実績のある分野】機械/メカトロ/コンピューター関連/商標

【8月】片寄 恭三 氏(片寄特許事務所 弁理士)
   【特に実績のある分野】半導体/コンピューター(ハード)/電子回路

■お申込みについて
所定申込書に必要事項を記入の上、(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局へ
メール又はFAX、直接持参のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

※詳細、所定申込書についてはこちらをご覧下さい↓↓
http://www.iwaki-sangakukan.com/project_manager/2011/04/tokkyo.html
 
■お申込み・お問合せ先
(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局 
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571 
E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
URL:http://www.iwaki-sangakukan.com

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.05
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:海嶺知財経営コンサルタント事務所
         
■キャッチフレーズ: 経営法務サービスを身近に提供します。
           ともに成長を実現しましょう。 

■会社の特徴:
1. ブランド・デザイン・コンテンツなど知的財産を活用した経営向上の支援
2. 許認可、会社・NPO法人設立など行政手続の支援
3. ビジネスパーソン等に対するビジネス法務知識の教授など、
    人的資産の能力向上の支援 

■自己紹介:
 いわき市常磐出身です。大学で哲学と物理学を学んだのち、福島県職員として
22年間勤務しました。県では環境行政・商工行政など様々な仕事を担当しましたが、
それらの経験を通じ、地域の中小企業が人々の生活の基盤であり、その発展なくして
地域振興はないと感じました。そして、自らの能力を最大限に活かし、社会貢献
したいと思い、弁理士資格を取得しました。 
 福島大学大学院や中小企業大学校で学んだ企業経営の知識に加え、行政経験や
経営法務の専門知識を活かし、中小企業経営者・ビジネスパーソン・学生の皆様に
ビジネス法務サービスを身近に提供したいと考えております。
 平成24年9月の創業を目標に頑張っております。 

■海嶺知財経営コンサルタント事務所の問合せ先はこちらです。↓
担当者:鈴木 賢一 (すずき けんいち)
TEL:0246-38-6819
FAX:0246-38-6829
E-mail:kaireico@gmail.com

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃最近、家庭菜園もどきを始めました。手始めにトマトの苗を買い、大好物のほう
┃れん草の種を植えました。種を撒いてから2日目には、ほうれん草の芽が出始め、
┃こんなに嬉しいものなんだと初めての感覚を覚えました。
┃併せて水栽培が出来るスプラウトの種も撒きましたが、一週間程度で育ち、すぐ
┃に食べられました。自分で育てるとおいしく感じるのは何故なんでしょうか?
┃本当に不思議ですよね。水栽培ができる食物はお手軽なのでオススメですよ。
┃ただし、この時期水栽培はカビには要注意ですので徹底してくださいね。(奈)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.13         
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃   
┃  平成26年度夏季技術セミナー「溶接・接合技術の最前線」開催のご案内
┃  主 催:一般社団法人溶接学会東北支部
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆一般社団法人溶接学会東北支部からのお知らせです◆◇◇
 
 一般社団法人溶接学会東北支部では、下記のとおり夏季技術セミナー「溶接・接合
技術の最前線」を開催致します。昨年度に引き続き、主に鉄骨溶接に関する基礎および
最新技術動向を交えたセミナーとなっており、東北地区の鉄骨業界の一助となればと
考えております。本セミナーは溶接学会員に限定しておらず、どなた様でも気軽に参加
いただけます。皆様、奮ってご参加ください。
 
■開催日時:平成26年8月20日(水) 13:00~17:00
      平成26年8月21日(木)  9:00~12:00
 
■開催場所:いわきワシントンホテル(福島県いわき市平字一町目1番地)
 
■プログラム
(1)8月20日(水)
13:00~13:05
 東北支部長挨拶 岩手大学工学部 中村 満 氏
 
13:05~15:30
『鉄骨の溶接施工の基礎技術 ~溶接基準図の歴史的経緯と解説~』
 株式会社角藤 山下 達雄 氏
 
(15:30~15:40 休憩)
 
15:40~16:20
『溶射皮膜の健全性』 福島工業高等専門学校 木下 博嗣 氏
 
16:20~17:00
『金属材料に対する超音波接合の最新研究状況』
 東北大学大学院工学研究科 藤井 啓道 氏
 
 懇親会
※セミナー終了後、いわきワシントンホテルにて開催予定(会費:5,500円)
 
(2)8月21日(木)
9:00~11:00
『進化した建築鉄骨における25度狭開先溶接技術の現状と施工事例』
 株式会社ムラヤマ 早坂 和美 氏
 
(11:00~11:10 休 憩)
 
11:10~12:00
『摩擦攪拌接合の基礎と最新動向』 東北大学大学院工学研究科 佐藤 裕 氏
 
 修了証書授与
 
■参加費:5,000円(懇親会参加者は別途会費5,500円)
 
■定 員:50名
 
■特 典:WES更新クレジットポイントおよびIIW特認コース履修ポイントの認定を予定
 
■申込方法
氏名、所属、連絡先(TEL, FAX, E-mail)、懇親会参加の有無を明記のうえ、
E-mail、FAX、TELのいずれかで8月8日(金)までに下記宛にお申し込み下さい。
 
※詳細は下記、(一社)溶接学会東北支部のホームページをご参照ください。↓
 
■お申込み・お問合せ先
東北大学大学院工学研究科材料システム工学専攻 藤井啓道
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-02
TEL:022-795-7353 FAX:022-795-7352 E-mail:fujii@material.tohoku.ac.jp
 
┌──────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.04
└──────────────────────────────────     
このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         
 
■企業名:青木環境技術士事務所
        
■キャッチフレーズ:『環境配慮経営とコスト削減』両立への多角的アプローチ
 
■事業内容
環境ソリューション支援による持続可能な循環型社会構築へのコンサルティング事業
環境ソリューション支援の内容は次の通りです。
1.環境経営システム(エコアクション21)構築支援及び審査
2.省エネルギー診断事業
3.廃棄物の処理再生事業の支援(ゼロエミッション、再資源化)
4.水環境改善事業(排水処理、中水利用、雨水利用)
5.再生可能エネルギー導入支援事業
6.環境教育・研修支援事業
 
■自己紹介
 化学品メーカーに勤務の中、日本の高度経済成長期にローマクラブから発表された
「成長の限界」の論文がインセンティブになり、地球環境のことを考えるように
なりました。40年前の警告が現実味を帯びて迫るとき、ただ手を拱いていては
始まらないと思い、今まで培ってきた知識や経験を持続可能な社会形成に少しでも
役立てたいと思い起業しました。
 事業推進の原動力は、能動的「邂逅」であり、想いを馳せ、気付き、感動、経験や
継続などを大切することがもたらす出会いによって命が熱を帯びる瞬間に導かれながら
事業を進めていきたいと思っています。
 環境配慮経営は、企業の収益性向上に直結し、持続可能な循環型社会に繋がっている
ことを実感できると確信しています。
 
■青木環境技術士事務所の問合せ先はこちらです。↓
担当者:青木 敏春(あおき としはる)
TEL&FAX:0246-38-3336
 
┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ サッカーのワールドカップが開幕し、深夜~早朝の試合のおかげで連日睡眠不
┃足と戦っている。前回優勝国の予選敗退、開催国のエースの骨折と大敗など、
┃様々なドラマを経て、残すは決勝戦。欧州の強豪が下馬評通りの強さを発揮する
┃のか、南米の強豪がエースの活躍で28年ぶりの優勝を勝ち取るのか。残りも思
┃う存分楽しみたいと思っている。ちなみに、我が日本代表については、選手が口
┃をそろえて発していた「自分たちのサッカー」が全く通用せず予選敗退。もちろ
┃ん程度・限度はあるものの、某国の噛み付き選手のような敵意むき出しの闘争心
┃が日本選手にもう少しあってもいいのではないかと感じて感じてしまった。(HIRO)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.10     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  平成26年度 いわき市産業人材育成支援事業
┃  『いわきものづくり塾』受講生募集のご案内
┃ 
┃  主 催:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆(公社)いわき産学官ネットワーク協会からのお知らせです◆◇◇

 『いわきものづくり塾』は、いわき市の製造業に従事する若手社員の基礎力向上や、
中核人材のボトムアップを図ることを目的に、「ものづくり」には欠かせない
基礎的な講義をはじめ、再生可能エネルギー等の先進的な講座等も行い、
地域内企業における技術力の向上を目指します。
 是非とも、この機会にご参加下さい。

 本カリキュラムは「機械加工コース」「材料工学コース」「電気・電子コース」
「組込みシステム開発技術者養成コース」「再生可能エネルギーコース」の5コースと、
3回の工場見学を含めた全28講座の実施を予定しております。

■期 間:平成26年9月5日(金)~12月上旬

※各コース毎のカリキュラム、日程等詳細については下記をご参照ください。↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2014/07/26mono.html
 
※「再生可能エネルギーコース」「工場見学」におきましては、
 詳細が決定次第ご案内致します。

■会 場:いわき産業創造館 会議室1 ・ IT研修室 (LATOV6階)

■対象者:いわき地域内の製造業に従事する方、入社間もない若手社員の方、
「ものづくり」における基礎知識を学びたい方(一般の方の参加も受付可能です。)

■募集人員
(1)講義研修/20名程度 
※各講座実施後からでも受付可能ですので、
お気軽にお問合せください。 

■参加費:3,000円
※コース毎に3,000円をご負担いただきます。
※徴収させて頂きました受講料につきましては主に資料代となります。
※基本的に各コースは全講座を受講頂きますが、講座単体でも受講可能ですので、
 事務局にお問合せください。
※受講のための交通費等については、受講される方でご負担願います。
 なお、LATOV駐車場は2時間以上になりますと、駐車料金がかかります。
 (30分100円)

■申込方法
所定申込書に必要事項をご記入の上、「FAX」または「電子メール」にて
下記申込先へお申込ください。

※申込書はこちらからダウンロードして頂けます。
【EXCEL】http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/26_mono_m.xls
【PDF】http://www.iwaki-sangakukan.com/event/docs/26_mono_m.pdf

※詳細はこちらをご覧下さい↓
 http://www.iwaki-sangakukan.com/event/2014/07/26mono.html  

■お申込み先
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:阿部)
 〒970-8026 いわき市平字田町120番地
 TEL:0246-21-7571 FAX:0246-21-7571
 E-Mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

┌──────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.03
└──────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:人材マネジメント・オフィスRinen

■キャッチフレーズ
 「活人=人を活かす」で働く人・企業・地域社会の元気を引き出す
          
■事業内容
 ・社会保険労務士業務
 ・人事コンサルティング業務

■自己紹介
 企業と従業員双方が成長できる仕組みと環境づくりを顧客のニーズに沿って
 実現致します。
 ・素質・行動特性に着目する採用手法のご提案
 ・助成金を活用した社員教育訓練のご提案 
 ・人が育つ人事制度づくりのご提案
    
■人材マネジメント・オフィスRinenの問合せ先はこちらです。
 担当者:鈴木 麻衣子(スズキ マイコ)
 TEL:0246-38-9801
 FAX:0246-38-9802
 E-Mail:info@office-rinen.biz
 URL:http://office-rinen.biz:80/

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ これから起業されるという方で、起業形態を「個人事業主」と「法人」のどち
┃らにするか悩んでいる、というお話をよく聞きます。また「法人」にする場合は、
┃株式会社や合同会社、NPO法人、一般社団法人などの選択肢があり、この点に迷っ
┃ている方もいます。債務の責任範囲や信用度、かかる費用などの違いがあります
┃が、どれが良いかは起業者によって異なりますので、それぞれのメリット(デメ
┃リット)をよく理解したうえで、起業者のビジネスに適した形態を決めましょう。
┃いわき産学官ネットワークでは、起業者や起業を志す者に対して、専門家による
┃個別相談やインキュベーションルーム(貸オフィス)の提供、ハンズオン型の指
┃導プログラムなど、様々な支援メニューを用意しています。ぜひお気軽にご相談
┃ください。(関)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.10 
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃  太陽光発電に係る公共施設の屋根等貸し事業の事業者公募について
┃ 
┃  主 催:いわき市 生活環境部 環境企画課

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◇◇◆いわき市 生活環境部 環境企画課からのお知らせです◆◇◇
 
 いわき市では、公共施設への再生可能エネルギー導入推進に加えて、
自主財源の確保や地域産業の振興という観点から、再生可能エネルギーの
固定価格買取制度により太陽光発電事業を行う者に対し、有償で公共施設の
屋根その他の場所の使用許可を行う「屋根等貸し事業」を実施いたします。
ついては、今般、当該事業の事業者を公募します。
 
■公募方法
 公募型プロポーザル方式により公募します。
 
■対象事業者
 いわき市内に本社、支社、支店又は営業所等を有する市内事業者であることを
 必須条件としています。ただし、複数の事業者(共同事業体)による応募の場合には、
 市内事業者を含む共同事業体であることを応募要件としています。
 
■公募対象施設
 13施設(小中学校4施設、災害公営住宅8施設、その他1施設)
 
■企画提案書受付期間
 平成26年8月7日(木)午前9時から平成26年8月22日(金)午後4時まで。
 
■提出先、提出方法
 環境企画課に正本その他の資料を持参願います。
 
※詳しい情報や公募要項等については、市ホームページをご覧ください。
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/bukyoku/seikatsukankyobu/kankyokikaku/018435.html
 
■お問合せ先
 いわき市 生活環境部 環境企画課(担当:木田、坂本)
 〒970-8686 福島県いわき市平字梅本21番地
 TEL:0246-22-7528 FAX:0246-22-7599

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.03  
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃  平成25年度補正
┃  中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業
┃ 『ものづくり・商業・サービス革新補助金(新ものづくり補助金)』
┃  2次公募開始のお知らせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆◆福島県中小企業団体中央会からのお知らせです◆◆◇◇

 平成25年度補正 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業
『ものづくり・商業・サービス革新補助金』の2次公募を以下のとおり開始します。

※『ものづくり・商業・サービス革新補助金』とは
試作品・新商品の開発や生産プロセスの改善、新しいサービスや販売方法の導入など
事業革新に取り組む中小企業・小規模事業者に対し、試作品開発・設備投資等に要する
経費の一部を補助するものです。(補助上限1,000万円等、補助率2/3)

■公募期間:平成26年7月1日(火)~8月11日(月)〔当日消印有効〕
※ 必ず郵送により福島県地域事務局あてに送付していただくようお願いいたします。

■公募要領・申請書様式
下記の福島県中小企業団体中央会のホームページよりダウンロードできます↓
http://www.chuokai-fukushima.or.jp/monozukuri/h25koubo02.html

■公募説明会
当事業に関する説明会を開催いたします。
※参加申込書は下記よりダウンロードして頂けます↓
http://www.chuokai-fukushima.or.jp/monozukuri/h25setsumei2.pdf

■お問合せ・お申込先
 福島県中小企業団体中央会 福島県地域事務局
 〒960-8053 福島市本町5-5 フコク生命ビル9階
 TEL 024-529-7603 FAX 024-529-7604

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.07.02         
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 『平成26年度 福島県ハイテクプラザ 研究成果発表会』開催のご案内

┃  主催:福島県ハイテクプラザ
┃     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆福島県ハイテクプラザからのお知らせです◆◇◇

 福島県ハイテクプラザでは、昨年度に実施した技術開発及び技術支援の成果を
広く企業の皆様にご活用いただくため、標記発表会を開催します。
 たくさんの皆様にご参加いただけますようご案内申し上げます。

(1)いわき会場

■日 時:平成26年7月25日(金) 13:30~16:15

■場 所:福島県ハイテクプラザいわき技術支援センター 研修室 

■内 容
・特別講演【演題】「水素エネルギー社会に向けた技術開発」
     【講師】(独)産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所
          再生可能エネルギー研究センター 副センター長 古谷博秀氏
・研究成果発表  「シーム溶接における接合部の高品質化技術」ほか3件
・ポスターセッション

(2)郡山会場

■日 時:平成26年7月18日(金) 13:00~16:30

■場 所:福島県ハイテクプラザ 多目的ホール 研修室

■内 容
・特別講演【演題】「イノベーションコースト構想~浜通り再生に向けた視点と具体策~」
     【講師】復興庁 福島復興局 参事官補佐 野崎開太氏
・研究成果発表  「浅部地中熱利用システムの開発」ほか8件
・ポスターセッション

■参 加 費:無 料
      
■申込方法
「所定申込書」に必要事項をご記入の上、各会場へ事前にお申込みください。
 
※詳細は以下のホームページをご覧ください。
「所定申込書」もこちらからダウンロードして頂けます。
 http://www4.pref.fukushima.jp/hightech/news/news-89.html
     
■お申込み・お問合せ先

(1)いわき会場
 福島県ハイテクプラザいわき技術支援センター
 〒972-8312 いわき市常磐下船尾町杭出作23-32
 TEL:0246-44-1475 FAX:0246-43-6958
 Mail:iwaki-kizai@pref.fukushima.lg.jp

(2)郡山会場
 福島県ハイテクプラザ(担当:企画連携部 企画管理科)
 〒963-0215 郡山市待池台1丁目12番地
 TEL:024-959-1736 FAX:024-959-1761
 URL:http://www.fukushima-iri.jp
 Mail:hightech-kikaku@pref.fukushima.lg.jp

┌─────────────────────────────────     
|☆いわき産業創造館インキュベートルーム入居者紹介コーナー☆Vol.02
└─────────────────────────────────     
 このコーナーでは、いわき産業創造館設置のインキュベートルーム
(創業者支援室)に入居する起業家をご紹介します。
いわきをこれからを創る挑戦者です。
 本日、紹介するインキュベートルーム入居者はこちらです!         

■企業名:久野システムエンジニアリング
        
■キャッチフレーズ:インターネットを使った効果的な宣伝方法をサポートします!

■事業内容
1.ホームページの分析とリニューアル業務、ホームページの作成業務
2.ブログ、Twitter、Facebok、動画サービスなどのSNSを使った、情報発信など、
  日々、必要とされる更新業務における効果的な宣伝方法のサポート業務
3.集客を目的としたイベントの企画、立案、運営業務
4.イベントの様子を動画による生中継配信業務
5.パソコンの修理、初期設定、各種ツールの使い方の案内

■自己紹介
 福島高専卒業後、東京にて14年間システムエンジニアとして業務に携わる傍ら、
ブログやTwitter、Faecbookの専門家として活動しておりました。
 東日本大震災もあり、情報発信の重要さは再認識され、ピンポイントでリアルタイムな
正確な情報、お客様にとって必要とされる情報発信業務を支援できればと創業を
決意しました。
 日々、めまぐるしく変わるインターネットサービスの中から効果的に使えるサービス
の選択と提案、個人、お店、企業、それぞれに合った役立つインターネットを使った
宣伝方法をサポートできればと思っております。

■久野システムエンジニアリングの問合せ先はこちらです。↓
担当者:久野 雅己 (ひさの まさみ)
TEL:090-7727-6293
E-mail:hisanosystem@gmail.com
URL
○HPはこちらです↓
 http://www.iwaki-twitter.jp/
○Twitterはこちらです↓
 https://twitter.com/iwakicity
○Facebookページはこちらです↓
 https://www.facebook.com/iwakisomeken
○ブログはこちらです↓
 http://ameblo.jp/iwakicity/

┏◇◆編集後記◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ オフィス限定で販売を展開している「置き菓子」が世に出てから久しいが、最
┃近は同じ様な形式で「野菜」を販売するのが流行りつつある。すでにこの事業は
┃展開されているのだが、販売する野菜はスーパー等で売っているような物ではな
┃く、栽培するなかで小さく成長してしまったなど、いわゆる「規格外」とされて
┃いるサイズが中心だ。通常であれば廃棄される野菜だが、オフィスで働く人にと
┃っては手軽に摂取できるミニサイズの野菜となる。売り方も、小分けにパック詰
┃めでの販売としているので、お昼食べたり持ち帰り用として購入したりと売れ行
┃きは良いらしい。この「野菜販売ビジネス」もオフィスの定番になるのはそう遠
┃くない話しかもしれない。(洋)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.