メールマガジン

「上海レポート」12月号

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2014.01.05        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「中国への企業進出セミナー」でお馴染みの
┃  佐藤忠幸氏から『上海レポート』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 現在、中国は上海に事務所を構え、
中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「上海レポート」12月号をお届けいたします。

==========================================================================

◇上海レポート12月号(中国の12月)◇

日本の12月は、年末で大忙しの時期であり、忘年会時期でもありますね。
しかし、中国では年末と呼ぶのは1月です。
中国正月(春節という)は、1月下旬から2月にかけてが多いので1月が年末となるわけです。
したがって、ボーナスも1月に出す会社が殆ど、今頃スーパーやデパートに行っても、年末商戦の雰囲気は全く無くクリスマス商戦のみです。
そんな中国の12月風景を報告いたします。

<贅沢禁止令>
公務員の腐敗は目に余るものがある。
習政権としては最も頭の痛い問題であり、粛清に躍起となっている。
そこで、つい最近出されたのが贅沢禁止令。
フカヒレとツバメの巣料理は【公的宴会】で出すのは禁止となった。
昨年の高級たばこと酒のプレゼント禁止に次ぐ施策である。

酒の値段は、500㏄で50円から50万円までの価格差があり、これでは、立派な賄賂になるのも理解できる。 
煙草も、20本で60円から5,000円までと日本では考えられない価格差である。
価格差は、貧富の差を露骨に表わしているような気がしてしまう。

ちなみに、フカヒレやツバメの巣料理で安いものは無い。
全てが高級料理であるのだから接待で出すことを禁止することもやむを得ないだろう。
しかし、「公的宴会では・・・禁止」の公的と私的の区分はどうするのだろうか?
この通達は尻抜けの気がするなー。
しかし、まともにやられたら日本の岩手県は大打撃だ。
何故なら高級フカヒレの大半は岩手県産だからね。

中華料理の宴会は一卓幾らと決まっている。
一卓に座る人数は12名ぐらいまで、何人でもよい。
前菜から始まって、温かい肉や魚料理がメインとなり、最後はお菓子や果物。
この全コースでの宴会料理は、一卓で3万円ぐらいから300万円ぐらいまである。
貧しい地方へ行けば、300万円コースは数カ月先まで予約で埋まっている。
その大部分が役人接待。すなわち公的宴会。
1月からは、家族や親戚の私的宴会に役人を招待するという名目が増えるだろうな。
しかし、300万円コースからフカヒレやツバメの巣を抜いてもやはり200万以上はする、焼け石に水だね。
接待そのものを禁止しなければ駄目だが、それを望むのは一党独裁政権が続く間は無理だろう。

<2014年の休日発表>
12月11日に来年の法定休日の発表があった。
この発表は国務院からのものであり、公式のもの。
今までに色々な発表があり、来年のカレンダーも印刷・発売されているが全て憶測である。
今月の発表は昨年までのものと様相が変わっている。
中国の休日は、土日の104日の他に11日の法定休日がある。
毎年のように解説しているのでお分かりと思うが、次の7回11日である。
・元 旦:1月1日
・春 節:農歴(旧暦)の1月1日(来年は1月31日)~3日
・清明節:来年は4月5日
・労働節:5月1日
・端午節:農歴の5月5日 来年は6月2日
・中秋節:農歴の8月15日 来年は9月8日
・国慶節:10月1日~3日
農歴で決まる休日が3回5日間もあるが、農歴は毎年公的機関で決めるので発表が毎年11月ごろとなる。
(清明節は、春分の日から15日目 24節気の一つで墓参の日。春分の日は毎年3月20日ごろであり、若干動くので毎年日付が変わる)

今回の発表で大きく変わったのは法定休日前後の連休である。
今年までは春節・国慶節の2つは、前後の土日休みを動かして7連休にする。
その他の休日は同様にして、3連休にしていた。
それが今回の発表では、2回の7連休は同じだが、その他5回の休日は、飛び石の休みの場合は無理に連休にしなくなった。

今年までは飛び石の休みでも土日を動かして無理やり3連休にしていたのである。
このため、稼働日が7日8日連続という月がいくつも出来て不評となっていたのである。
施行当初は、連休が7回もでき、家族サービスができてよい、観光および交通機関にとって大きなビジネスチャンスだと言われ歓迎もされたが、この7回の連休に観光
地は大混雑しその熱も冷めた。

特に今年の国慶節休みは「高速道路は渋滞で車が動かず駐車場のよう、観光地はどこも黒山の人だかり、観光客は思い出を持ち帰ってゴミを置いて帰り、商売人はこ
の時とばかりモノの値段をつり上げるといった光景がテレビで映し出された。本来は心と体を休めるための長期休暇だが、旅行者には心が落ち着かず身の置き所もない休
日となった。」(この項人民日報)

ということで、10月下旬から11月下旬にかけて数回国民の意識を調べて正式発表が遅れたのである。
こういうことは思想に無関係であるので政府も気軽に国民の声を聞くようだ。

改めて、来年の土日以外の休日は下記である。
・元 旦:1月1日・・・連休は無し、振替休日も無し。
・春 節:1月31日~2月6日・・・1月26日(日)と2月8日(土)は振替出勤。
・清明節:4月5日~7日・・・土日に法定休日が重なったので月曜日が休日。
・労働節:5月1日~3日・・・5月4日は振替出勤
・端午節:5月31日~6月2日・・・振替出勤無し。
・中秋節:9月6日~8日・・・振替出勤無し。
・国慶節:10月1日~7日・・・9月28日(日)と10月11日(土)は振替出勤。

それにしても、遅い発表で困ったものだ。
だから最近のカレンダーでは法定休日のみ印を付けて3連休や7連休を記載しなくなった。
政府発表の後、自分で印をつけるのである。
困るのは旅行会社や交通機関。
来年では元旦が連休無しとのことで、大方の予想が外れたそうだ。

ある中国人の話。
元日を中心とした正月行事を行うのは日本だけ。
だから連休対象から外したのだ!
まあ、うがち過ぎは止めましょう。

本年もお世話になりました。
私にとっては、20年ぶりの空輸作戦で命拾いをし、無事に古希を迎えることができた節目の年でもあります。
せっかく命拾いしたのですから、来年は健康で元気で恩返しをしたいと考えております。
皆さんもよいお年をお迎えください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 佐藤忠幸/Sato Tadayuki 佐藤中国経営研究所
 E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
 SBF.HP::http://www.sbfnet.cn/
 HR研究会HP:http://www.sh-hra.cn/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.