メールマガジン

2013年8月 アーカイブ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2013.08.01        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  「中国への企業進出セミナー」でお馴染みの
┃  佐藤忠幸氏から『上海レポート』が届きましたのでお知らせいたします。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 現在、中国は上海に事務所を構え、
中国での会社設立・販路拡大等を支援している、
(公社)いわき産学官ネットワーク協会アドバイザーの佐藤忠幸氏から
「上海レポート」7月号をお届けいたします。

==========================================================================

◇上海レポート7月号(高速マナー)◇

暑中お見舞い申し上げます。
しかし、本当に毎日暑い日が続きますね。
26日の上海は40℃を超えてしまい141年ぶりの大記録だとか。
そんな140年前という大昔の記録は、測定技術も測定器も異なり比較データにはなら
んと思うのですが、如何?
なお、気象局の公式発表以外の民間の測定結果では、連日40℃を超えています。
以前報告したように、38℃以上だと野外作業中止となるのを減らそうと気象局が協力
しているように思えてなりません。

公害・交通事故・炭鉱事故・自然災害・汚職事件等など地方政府に都合の悪い数字は
全て矮小され、逆のGDPなどは拡大されて報告されるのが、中国地方統計の常ですの
で驚くことはありませんね。

7月は、中旬に一時帰国しました。
久しぶりに東名高速道路を家内の運転で走りましたが、中国の高速道路との相違に改
めて驚きましたので報告します。

日中の高速道路は、道路の外観としては殆ど同じである。
中国の高速道路の大部分がこの10年以内に作られたものであるのだからそれは当然だ
ろう。
しかし、大きく異なるのは運転マナーとサービスエリアである。

運転マナーの違いは想像通りだったかもしれないが、それにしてもこの差は大きい。
ドライブしたのが平日であることから、通勤やビジネスのため、すなわち高速に慣れ
た運転手が多かったとは思われるが、高速道路として守るべきマナーは絶対に守って
いた。
スピード制限、急ブレーキ・急ハンドル・割り込み運転禁止、車間距離保持、ゴミポ
イ捨て禁止などはほぼ100%守られていた。
車線上も極めて綺麗であり、ゴミひとつ落ちていない。

中国でのこれらは、ほぼ100%違反している。
いや、違反走行をしているという感覚は無い。
そんなものを守ったら、馬鹿にされ嫌がらせをされると思っているのであろう。
したがって、法律違反をしているという罪の意識は全くなく違反行為を日常行為とし
ている。
ただし、カメラなどで測定され取締をしている区間ではスピードを守っている。
つまり、何らかの形で取り締まられ罰金を取られる場合は、その区間だけ違反行為を
【一時中止】するということである。

東名高速のサービスエリア・パーキングエリアの進歩は凄まじい。
ほんの数年前までのそれは、単にコンビニやお土産屋が出来た程度の感覚。
それが今回見たら驚くことに、立派な商店街に生れ変っていた。
簡単にいうと、モノを売るという店から、ココロを売る店に変わった。
特に、東名高速は第2東名高速という強力な競争相手が出現したことが大きいのであ
ろう。お店を覗きながら歩くだけで楽しいエリアとなった。

中国は?
いや、モノでも何でも、売ってくれるだけで我慢しよう。
日本とは比較する段階ではない。

真心で経営し、お客様を大事にし、ココロを込めて製品を作りココロを込めてサービ
スに務める。
ここに日系企業の生きる道があるように感じた。

中国の労務費は高騰した、既にインドネシアやタイを上回っている。
安くて豊富な労働力を求めて「世界の工場」を目指して進出した企業は、成り立たな
くなってきた。
では、新たに登場した莫大な「世界の市場」はどうだろうか?
確かにGDP世界第二の超巨大な市場となった。しかし、よい市場には世界中から競争
相手が進出してくる。
特に顕著なのが家電製品、まずは韓国系に圧倒されている。
更に、最近は中国系企業にも押されて日系製品のシェアは落ちるばかりである。

他と同じようなものを作り価格競争、品質競争に走っても勝てるわけがない。
品質競争といっても、家電製品に100年の寿命は不要である。
必要最小限の機能をもち、要求価格に見合った適性な品質であればよいのである。

そこで他と有意差を持つには「ワーッこれが欲しかったんだ」と心に訴える製品や
サービスを出す以外には無いだろう。
それが、本来の日本企業の強みではないだろうか?
日本に来た中国人の99%が日本のマナーに感心し、日本を好きになってくれる。
高価な日本製品をごっそりと買ってくれる。
心のこもったサービスには喜びを感じ、それが立派な商品になるということである。
少々高いが、品質が良くて安心できて、サービスがよいから買おうという時代であ
る。
食うだけがやっとの時代からは脱しつつある中国である。

そのような商品を中国で作るには、社員の意識改革が必要です。
中国式高速道路の運転マナーを、社内に持ち込まれたらお終いです。
中国人にも、東名高速の運転マナーをさせ、そのサービスエリアのサービスをしてい
ただきましょうよ。

いくつかの日系企業は、意識改革の必要性に気がついて教育予算を取り始めました。
しかし、それはまだ少数派であることが残念です。

ろくに教育しないで「中国人は・・・困ったものだ」とは絶対に言わないで欲しいも
のです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 佐藤忠幸/Sato Tadayuki 
 E-Mail: tada-sato@mvb.biglobe.ne.jp
 SBF.HP::http://www.sbfnet.cn/
 HR研究会HP:http://www.sh-hra.cn/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局  
┃住  所:〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃     LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL    : 0246-21-7570      FAX    : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp 
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.