セミナー・イベント情報

2019年2月 アーカイブ


項 目
概 要
開催
テーマ
 第3回 いわき新ヘルスケア産業研究会
『介護・福祉現場に技術革新の力を
  ~マンパワー不足を改善するものづくり技術の活用~』開催のご案内
概 要
 介護・福祉現場における介護サービスの質や安全の向上、介護スタッフの負担軽減など様々な観点から、介護現場にセンサーや見守りシステムが導入されることが多くなりました。今回、病院や特別養護老人ホーム、グループホーム等の共通の課題でもある「リスクマネジメント」(医療・介護の安全)を取り上げ、その課題を参加企業と共有、解決に向けた意見交換等の場づくりを前提としてプレゼン発表会と交流会を実施します。この機会に是非ともご参加ください。この機会に是非とも、ご参加ください。
講演内容
 【第一部】(15:00~17:40)
 講 演1(15:00~15:50)
 テーマ福祉現場にソリューションを -無いものを創るために
 福祉現場のお仕事は、利用者や事業所の急増の結果、慢性的な人手不足に悩まされています。人支援の福祉現場には尊厳や自己決定を尊重しつつ、人手に代わる機器の導入が必要です。新しい発想による福祉現場改革とは何か考えます。
      
 無題.png
 講 師:鎌田 真理子 氏
 ( かまた まりこ )
     (いわき明星大学 教養学部 教授
     NPO法人地域福祉ネットワークいわき 理事長)

 <講師プロフィール>
 北海道立苫小牧東高等学校卒業。
 東北福祉大学及び大学院社会福祉学専攻修課程修了(社会学修士)
 東北福祉大学助手、東京都武蔵村山市立のぞみ福祉園で知的障害者
 通所授産施設支援員・武蔵村山市社会福祉協議会主事(福祉活動専
 員・ボランティコーディネーター)を経て、福祉教育の現場へ。
 2015年から現職、いわき明星大学教養学部地域教養学科 教授。
 専門は、社会福祉、ソーシャルワーク、地域福祉など

 【第二部】
 講 演2(16:00~16:50)
 テーマパナソニックの"スマートエイジングケア"取り組み概要』 
 介護にAIやビッグデータ分析などの先進テクノロジーを導入し、効率的で効果的な自立支援を実現していくことを目指すスマートエイジングケア事業についてお話し頂きます。      
 
 (パナソニック石川)顔写真.jpg
 講 師:石川 一郎 氏 ( いしかわ いちろう )
     パナソニック株式会社 ビジネスイノベーション本部
     事業開発センター スマートエイジングケアプロジェクト
 
 <講師プロフィール>
  平成元年 松下電器(当時)入社。以来主にBtoBデバイス営業に従事。
  (水戸大阪京橋インドニューデリー名古屋八王子の各営業拠点
  →大分・宮崎製造事業場大阪門真東京虎ノ門)を経て177月より現職
  (勤務地:東京汐留)

 【第三部】
 講 演3(17:00~17:50)
 テーマ:『スタッフ支援、施設密着提案型商品開発
      ガードアイセンサーによる「見守り機器の集約化と今後」
 高齢者施設等におけるベッドからの転落や歩き出す際の転倒を未然に防止するために開発した、超小型のデジタル機器「ガードアイセンサー」の開発経緯と現場での活用について紹介します。
 fujisawa.jpg
 講 師:藤沢 雅憲 氏 ( ふじさわ まさのり )
     (株式会社ガードアイ 代表取締役
 
  <講師プロフィール>
 電子回路開発商品化一筋
 1974年 クリアー無線(現株式会社ベルにクス)入社(さいたま市)
      スイッチング電源開発設計    
 1983年 東京三洋電機入社(群馬県大泉町) 半導体事業部LSI開発
 1992年 ローム株式会社入社 (京都) 半導体LSI開発本部
 2011年 株式会社ガードアイを起業。現在にいたる。
      電子回路開発による商品化 全国介護福祉施設、病院向けのデジタ
      ル見守りセンサーのレンタル・販売。

 【第二部】 交流会(17:40~18:40)


開催日時
平成 31  28(木) 15:00~18:40
 ※14:30より受付を開始いたします。
会 場
 いわき産業創造館  会議室1 (LATOV6階)
主 催
 いわき新ヘルスケア産業研究会・公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
共 催
 いわき市
後 援
 いわき商工会議所
参加費
 無 料
参加対象
 新ヘルスケア産業分野への参入・進出を目指す、または関心のある企業/事業所ものづくり企業自治体関係機関等。※一般の方の申込みも可能です。
定 員
 80名 
申込方法

 所定申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-Mailにて、FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」・「連絡先」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

 ○案内チラシ&申込書 (icon_pdf.gifPDF/片面/カラー)

 ■申込先

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会 (担当:阿部)
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com




項 目
概 要
概 要
 川崎市では、水素エネルギーの積極的な導入と利活用による「未来型環境・産業都市」の実現を目指し、市内における優れた環境技術の集積や、水素・燃料電池関連企業が多数立地する地域特性を活かし、多様な主体と連携した様々な水素のリーディングプロジェクトに取り組んでいます。
 今回の研究会は、川崎市の水素戦略 リーディングプロジェクトとして実証を行う、三菱化工機株式会社 プラント事業本部 水素・エネルギープロジェクト部長 山崎 明良 氏を招聘して、 2017年より実証試験を行っている、【パッケージ型水素ステーション】の取り組みについてご紹介頂きます。実証に伴う法規制等の課題や運用コスト、現在の取り組み状況、今後の展望についてお話頂き、いわき地域企業の参入・導入可能性や水素関連事業推進にむけた課題抽出を図ります。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

※ビッグデータを活用した地域中核企業等育成支援事業について
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会では、福島県からの委託を受け、「平成30年度ビッグデータを活用した地域中核企業等育成支援事業(いわき地域)」を実施致します。
 地域経済活性化のため地域を牽引する「地域中核企業」の創出と育成に資するネットワークの形成を図り、いわき地域の強みを活かし、且つ、今後大きな成長が期待できる産業分野で、新事業・事業化を目指す地域中核企業や有望企業等の発掘と、企業間連携等によって取り組む新事業プロジェクトの創出を支援致します。本事業の一環として、「いわき地域水素エネルギー関連産業研究会」を開催致します。
0219_suisoenergy.jpg
開催日時
 平成31年 19 (火)
 
 【講演会】15:00~16:30 (受付 14:30~) 
会 場
  いわき産業創造館  会議室1 (LATOV6階)
主 催
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
(いわき地域水素エネルギー関連産業研究会)
参加費
 聴 講 無 料
申込方法

 FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」・「連絡先」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

 ○案内チラシ&申込書 (icon_pdf.gifPDF/両面/カラー)

  ○申込書 (icon_doc.gifWORD/片面/モノクロ)

 ■お問合せ・申込先

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(担当:阿部・横山)
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp




公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.