セミナー・イベント情報

2017年7月 アーカイブ

いわき知財塾 知的財産管理技能検定3級講座 受講生募集のご案内

項 目
概 要
概 要

  当協会では、知的財産に関わるフィールドで幅広く活躍できる専門人材を福島発で養成することを目的とした「いわき知財塾」を実施致します。

 尚、本講座は平成29年11月12(日)に開催予定の「知的財産管理技能検定3級試験」に向けての対策講座となります。
 また、知財についての基本的知識を習得する目的に最適で、検定試験を目的としない方でも受講可能です。この機会に是非ご参加ください。



  『 知的財産管理技能士 』 の魅力

 ◆知的財産管理技能士は国家資格であり、キャリアパスとして最適。
 ◆知的財産管理技能検定3級は、基礎を学習する上で最適。

 ※検定についてはこちらをご参照ください→ http://www.kentei-info-ip-edu.org

 ◎ 日本の流れ

 2002年の「知的財産立国宣言」以来、我が国の知的財産制度改革とその環境整備が大きく推進されている。
 ◎ 知財の重要性
 人間のアイディアから生まれる「知的財産」は、物資資源の少ない日本にとって重要。
 ◎ 知財学習の必要性
 知的財産は企業や団体が権利を取得した場合、重要な経営資源となる。一方で、他人の権利を侵害した場合、裁判を起こされ、会社の信用を失う恐れもある。これらのトラブルを未然に防止するため、「知財管理」を行う人が様々な企業・団体で求められている。

開催
日時

 平成 29 28日 (木)・10日 ()・1019日()・11日(
 18:00~20:30 【全8回/4日間】 
講 師



  sakai2.jpg

佐藤 辰彦 氏

創成国際特許事務所
代表/弁理士

酒井 俊之 氏

創成国際特許事務所
弁理士

m.png

魔 沙織 氏

創成国際特許事務所
弁理士



講義
内容

単なる勉強ではなく、社会で役に立つ実務能力を備えた知財人の育成を目的とします。

そのため、ケーススタディを中心とした実践的な講義内容を提供します。

2017年11月の検定での100%合格を目指します !!



 ◆ケーススタディ ケースメソッドを通じ、知的財産の知識を整理します。
 ◆講 義 ケースメソッドに関連した知的財産の基礎的知識を習得します。
 ◆演 習 受講した内容の理解度を確認するためミニテストを行います。
 ◆情報交換会 適宜、情報交換できる機会を提供したいと考えております。



第1回
9/28
(木)
【1】知的財産の全体構造
国の知財制作の波が来た。
いわきの理想の特許戦略とは?
イメージ画像
第2回
【2】特許法
(特許法の目的・保護対象・権利化)
いわきで発明が完成した。
では、まず何をすべき?
第3回
10/5
(木)
【3】特許法(権利行使・存続期間等)
いきなり特許権侵害の警告を受けた。
検討すべきことは?
第4回
【4】意匠法(デザインの保護)
新たな桐ダンスをデザインした。
どんな法律で保護できる?
第5回
10/19
(木)
【5】商標法(ブランドの保護)
いわきで評判の商品を全国で売りたい。
新たにいわき発のブランド商品を作りたい。
商標法と地域活性化の関係とは?
第6回
【6】著作権法(特許法との相違点)
いわきPRのためのキャラクター作成依頼。
著作権契約の必要性は?
第7回
11/2
(木)
【7】その他の法律(不正競争防止法)
福島名産の桃が産地偽装された!?
その対応策は?
第8回
【8】模擬試験

 

会 場
  いわき産業創造館 会議室2 (LATOV6階)
受講料
 協会会員・学生/無料  非会員/10,000円(テキスト代込み)
 ※「会員」については、当協会の企業会員の所属員及び個人会員を対象としています。
主 催
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
共 催
 特許業務法人創成国際特許事務所 福島事務所 いわき市
後 援
 いわき商工会議所
定 員
 15
申込
方法

 所定の参加申込書に、必要事項(氏名・住所・連絡先)をご記入の上、「FAX」または「Eメール」により、お申込みください。 

 ※申込書、案内チラシはこちらからダウンロードできます↓

 案内チラシ&申込書 (icon_pdf.gifPDF/両面/カラー)

 ○申込書 (icon_doc.gifWORD/片面/カラー)

 ■申込先

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp



image_0612_01.png

事業概要

(公社)いわき産学官ネットワーク協会では、経済産業省補助事業・福島県等復興産学官連携支援事業(いわき地域ものづくり技術連携・販路開拓支援事業)の採択を受け、風評被害はじめ、未だ原子力災害の影響が色濃く残る、いわき市をはじめとした福島県浜通り地域13市町村のものづくり企業を対象として、国内及び海外(台湾・ASEAN)の大学や研究機関、企業等とのマッチング機会の創出と産学官連携等による共同開発・試作開発、販路開拓等に向けた支援事業を実施しております。

 


 

【1】いわき地域産業イノベーション展・ビジネスマッチングEXPO2017
(国内マッチング:いわき開催)

bg_1124-25.1.png
概 要 いわき市をはじめとした福島県浜通り地域のものづくり産業の復興・創生の早期実現を図るため、地域のものづくり力を発信することで、新たなビジネスチャンスの獲得を図るとともに、地域内外の企業や大学等との産学官のネットワークを形成し、創造的な技術の蓄積と付加価値の高い新たな産業の創出を目指して、「いわき産業フェスタ(いわき地域産業イノベーション展・ビジネスマッチングEXPO2017)」を開催いたします。
開催日時 平成29年11月24日(金)・25日(土)
【1日目】 13:00~17:00/【2日目】 10:00~16:00
場 所 いわき産業創造館 企画展示ホール(いわき駅前LATOV6F)
出展企業

35社・団体程度(予定)
企業、支援機関、大学・研究機関、複数企業等連携体(研究会)等。

対象テーマ

(産業分野等)

福島イノベーション・コースト構想(※)の重点分野(ロボット、エネルギー、環境・リサイクル、農林水産業、医療機器、環境回復・放射線)等をはじめとする福島県浜通り地域の産業復興に資する成長産業分野等。

(※)福島イノベーション・コースト構想(福島・国際研究産業都市構想)とは、震災及び原発事故によって失われた浜通り地域等の産業基盤の再構築を目指し、廃炉やロボット技術に関する研究開発拠点の整備を始め、再生可能エネルギーや次世代エネルギー技術の積極導入、先端技術を活用した農林水産業の再生、さらには、未来を担う人材の育成、研究者向けた生活環境の確保や必要なインフラなど様々な環境整備を進める国家プロジェクト。

プログラム 【1日目 (11/24)】
13:00~13:10 オープニング・主催者挨拶
13:00~17:00 出展企業等展示会
13:30~17:00 産業イノベーション・ワークショップ(1日目)
          (1) 特別講演・セミナー①
          (2) 連携ニーズ発信会(大手企業等)
          (3) 出展企業PRプレゼンテーション
14:00~16:30 ビジネスマッチング・技術相談会
18:00~     出展者交流会(ワシントンホテル椿山荘)
          会費:調整中
    
【2日目 (11/25)】
10:00~16:00 出展企業等展示会
10:00~14:00 ビジネスマッチング・技術相談会
13:30~15:00 産業イノベーション・ワークショップ(2日目)
          (1) 特別講演・セミナー②
          (2) 出展企業PRプレゼンテーション
参加費 出展料無料 (交流会のみ実費相当分(予定) )

【2】台湾グローバル技術連携交流会 (海外マッチング:台湾開催)

bg_1124-25.1.png
概 要 台湾に渡航して「台湾グローバル技術連携交流会」を開催し、現地の企業や研究機関等とのビジネスマッチングを行います。 ※詳細は調整中。
開催日時 平成29年10月下旬予定
参加企業 7社程度(予定)
参加費 原則として、1社あたり1名分の国内・海外マッチング事業参加に係る費用(公共交通機関利用費、海外渡航費(航空券代、宿泊費)、現地での交通費等)については、当会にて支弁いたします。食事代等その他の費用および2名様以降に係る費用については、各社にてご負担いただくことになります。

【3】ASEANグローバル技術連携交流会 (海外マッチング:シンガポール開催)

bg_1124-25.1.png
概 要 シンガポールに渡航して「ASEANグローバル技術連携交流会」を開催し、現地の企業や研究機関等とのビジネスマッチングを行います。
開催日時 平成30年1月下旬予定
参加企業 7社程度(予定)
参加費 原則として、1社あたり1名分の国内・海外マッチング事業参加に係る費用(公共交通機関利用費、海外渡航費(航空券代、宿泊費)、現地での交通費等)については、当会にて支弁いたします。食事代等その他の費用および2名様以降に係る費用については、各社にてご負担いただくことになります。

【1】~【3】お申込み・お問合せ方法について

申込方法

所定の参加申込書に必要事項をご記入の上、E-mailまたはFAXにて下記お申込み先までお申し込み下さい。

※所定参加申込書、案内チラシは下記よりダウンロードが可能です。↓
 ・ 案内チラシ&申込書(PDF)
 ・ 参加申込書(PDF)
 ・ 参加申込書(WORD)

<お申込み・お問合せ先>
公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会 (担当:長瀬、阿部)
いわき市平字田町120 LATOV6F
TEL 0246-21-7570 FAX 0246-21-7571
E-mail icsn@iwaki-sangakukan.com

主 催 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
共 催 いわき市、いわき商工会議所

 

【本事業に関するお問合せ先】

公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会 (担当:長瀬、阿部)
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp




公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.