お知らせ一覧

2021年10月 アーカイブ


項 目
概 要
開催
テーマ
福島イノベーション・コースト構想参画促進セミナー
 第2回全体説明会
概 要

  福島県では、「福島イノベーション・コースト構想」のもと、再生可能エネルギーの導入拡大や水素社会のモデル構築等に向けた技術の確立や普及に向けた取組みが推進されています。また、バッテリーや石炭灰、廃プラスチック等の先端的なリサイクル技術の開発に関する取組みも進められ、将来的な環境・リサイクル関連産業の集積が期待されています。特別講演では、植物由来の生分解性プラスチック(ポリ乳酸)の成形技術等において「第7回ものづくり日本大賞・内閣総理大臣賞」「第1回気候変動アクション大賞(環境大臣表彰)」を受賞された、小松技術士事務所・小松道男所長を講師にお迎えし、生分解性プラスチックの開発・商品化に向けた取り組みや、海洋マイクロプラスチックの現状と課題、環境配慮型ビジネスの動向や地域企業の参入可能性等についてお話しいただきます。

【スケジュール】
13:30 開会挨拶・趣旨説明
13:35 第Ⅰ部 特別講演
       演題:福島から世界へ!生分解性プラスチックがもたらす     
          脱炭素社会と低環境負荷ビジネスの将来展望
14:45 第Ⅱ部 福島イノベ構想参画促進セミナー
      ①福島イノベーションコースト構想について
      ②福島イノベ構想関連施策・支援制度等について
      ③事例紹介ー地域で活躍するイノベ企業
15:30 閉会

講師紹介
komatsu-koushi.JPG

小松 道男 (こまつ みちお) 氏
小松技術士事務所 所長/技術士(機械部門)/ものづくり名人
開催日時
 令和3年 11月 24 (水)  13:30~15:30 
会 場
 ホテルニューパレス 3階コンベンションホール
 福島県会津若松市中町2-78
受講形式
  会場受講 または web配信   ※どちらかお選び頂けます
主 催
 福島県
共 催
 (公財)福島イノベーション・コースト構想推進機構
後 援
 福島県ハイテクプラザ、(公財)福島県産業振興センター
事務局
 (公社)いわき産学官ネットワーク協会
参加費
  無 料
申込方法

 申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにて下記申込み先へ
お申込みください。

 ○案内チラシ&申込書 (icon_pdf.gifPDF/片面/カラー)

 ○申込書 (icon_doc.gifWORD/片面/カラー)

 ■申込先

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com




項 目
概 要
開催
テーマ
 福島イノベーション・コースト構想参画促進セミナー
 第2回分野別説明会(ロボット・ドローン分野)
概 要

福島県では、「福島イノベーション・コースト構想」の下、世界的に類を見ないロボット開発実証拠点である「福島ロボットテストフィールド」の開設や、各種研究開発補助金の整備、県外の関連企業の積極的な誘致等により、関連産業の集積と県内企業のロボット産業への参入を促進しています。本説明会では、実際にそれらを活用している地域企業の事例や課題等を共有することで理解を深め、ロボット分野でのビジネス展開や市場参入可能性について考察します。

【スケジュール】
13:30 開会挨拶・趣旨説明
13:35 第Ⅰ部 福島イノベ構想関連施策・支援制度等説明会
      ① 福島イノベ構想に関する取組・施策等について(ロボット・ドローン関係)
      ② 福島県における支援制度等について
14:15 第Ⅱ部 イノベ企業取組事例発表(ロボット・ドローン関係)
      ① 福島県内におけるロボット関連市場参入に向けた取組みと課題
      ② 地域企業のロボット関連産業への参入事例
      ③ 質疑応答・意見交換
15:15 閉会

発表企業
紹介

第Ⅱ部 イノベ企業取組事例発表(ロボット・ドローン関係)

①福島県内におけるロボット関連市場参入に向けた取組みと課題
 株式会社菊池製作所 様

② 地域企業のロボット関連産業への参入事例
 株式会社品川通信計装サービス 様
 イームズロボティクス株式会社 様

開催日時
 令和3年 11月 15 (月)  13:30~15:15 
会 場
 福島ロボットテストフィールド  会議室1~3
 南相馬市原町区萱浜字新赤沼83
受講形式
  会場受講 または web配信   ※どちらかお選び頂けます
主 催
 福島県
共 催
 (公財)福島イノベーション・コースト構想推進機構
後 援
 福島県ハイテクプラザ、(公財)福島県産業振興センター
事務局
 (公社)いわき産学官ネットワーク協会
参加費
  無 料
申込方法

 申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにて下記申込み先へ
お申込みください。

 ○案内チラシ&申込書 (icon_pdf.gifPDF/片面/カラー)

 ○申込書 (icon_doc.gifWORD/片面/カラー)

 ■申込先

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com



新型コロナウイルス感染症の状況により、日程の変更、または開催方法が変更となる場合がございますので、予めご了承願います。
項 目
概 要
開催
テーマ
令和3年度 経営革新セミナー
DX・デジタル化推進セミナー ~DXによる中小企業の競争力強化に向けて~
概 要
 昨今「 DX 」や「デジタル化」を見かけない日はなく、コロナ禍でその必要性は高まっています。 DXやデジタル化は中小製造業も無関係のテーマではありません。一方で、これらは目的達成の「方法」でありデジタル化自体が目的ではありません。
 本セミナーでは「中小製造業の抜本的な生産性向上」を目的に、対象を「非競争領域」と定め、デジタル化をそのための方法と位置付けることで、 受講後に自社で具体的な取り組みに繋げられるようにしています。
 特に、セミナー内で詳説する「非競争領域」は業務のやり方・それを支えるシステムを高い水準で整えた「型」が確立しており、多くの企業はこれを使いこなしています。この「型」を、実際に現場で使用されているシステムに落とし込んだ CMEs プラットフォームを通じて、「非競争領域のデジタル化による生産性向上」の方法を具体的に説明します。
 本セミナーではこれら理論的な内容に加え、実際に非競争領域のデジタル化による全社改革の軌跡をマツモトプレシジョン社(喜多方市)松本社長に語って頂きます。
講演 
【第1回】
DXの基礎・DX時代に伸びる中小製造業のデジタル化戦略
~『非競争領域』デジタル化のポイント~

生産性向上のためのデジタルの活用方法、特に従来とは異なる デジタル化時代のIT システムの構築法を説明。また、重要概念の「競争領域・非競争領域」についてご説明します。

【第2回】
全社横断視点で生産性を向上する標準業務プロセスのポイント


非競争領域の生産性向上を支える「標準業務プロセス」について、
4 つの領域(受注~生産計画、製造指示・工程指示、購買計画・発注、棚卸・在庫管理)のやり様を紹介します。

tanaka2.jpg  
鈴木 鉄平 
アクセンチュア株式会社
テクノロジーコンサルティング本部
アクセンチュア・イノベーションセンター福島 シニア・マネジャー

【第3回】
CMEs を活用した全社改革
~マツモトプレシジョン・松本社長との対談~


これまでのセミナー内容を前提に、実際に CMEs 導入を通じて全社改革を実施した事例を紹介します。導入意思決定の理由、プロジェクトの苦労話、効果など、経営者目線でしみじみ語って頂きます。質疑多めのディスカッションの回になる予定です。
 
yoshida2.jpg
 松本 敏忠 
(マツモトプレシジョン株式会社 代表取締役社長)

Aizu Connected Industries プロジェクトのご紹介は、こちらからご確認ください。
〇Aizu Connected Industries プロジェクトのご紹介unnamed.png

開催日時
 【第1回】令和3年    9月24日(金) ※開催終了
 【第2回】令和3年 10月28日(木)※開催終了
 【第3回】令和3年 11月12日(金)※募集中
  時間 : 13:00~14:30 
会 場
  いわき産業創造館  会議室1 (いわき市平字田町120 LATOV6階)
参加費
 受 講 無 料
定 員
 各回30名 (1回のみの参加も可能です)
受講形式
 会場受講 または web配信 (どちらかお選びいただけます)
主 催
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
共 催
 いわき市
申込方法

必要事項をご記入のうえ、E-mailまたはFAXにてお申し込み願います。

 〇案内チラシ&申込書(PDF)

 〇申込書 (WORD)

 ■申込先

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com



【無料】専門コンサルタントが貴方の事業化をサポートします。

 いわき市内での起業・創業(予定)される方を対象とした起業・創業に関する相談のほか、中小企業や自治体、支援機関の方々に対して、経営課題の解決に向けたアドバイスを行うための相談窓口も開設しております。
 相談は無料となっております。
 創業前・創業後のさまざまな経営課題について、是非お気軽にご相談にいらしてください。

◎創業・起業したい
◎補助金を申請したい
◎経営を改善したい
◎ビジネスアイデアを形にしたい
◎事業や販路を拡大したい
◎事業承継・M&Aしたい
などのお悩み、お気軽にご相談ください。

新型コロナウイルスの感染症の発生により影響を受けている中小企業・小規模事業者の方々を対象とした支援施策や融資制度による資金繰り、その他経営に関するご相談についても対応いたします。

令和3年度 創業者・中小企業者向けの起業・経営相談会概要


項 目
概 要
開催日時

10 月
11 月
相談日
相談員 相談日 相談員
5日(火) 佐 藤
4日(木)
奥 瀬
 6日(水)
移 川
4日(木)
宮 口
 7日(木)
奥 瀬
 9日(火)
佐 藤
19日(火)
佐 藤
11日(木)
奥 瀬
20日(水) 宮 口
16日(火) 佐 藤
21日(木) 奥 瀬
17日(水) 宮 口
26日(火) 佐 藤
25日(木) 奥 瀬
28日(木) 奥 瀬
30日(火) 佐 藤
―   
―   


◆相談時間(1回/50分程度)
【午前】9時~、10時~、11時~ 【午後】13時~、14時~、15時~
※移川氏・宮口氏は、午後のみの相談対応になります。

会 場
いわき産業創造館内 マネージャ室または相談室 (LATOV6F)
※佐藤氏・奥瀬氏は、オンライン相談も可能です。
相談時間
 50分 
対象者
・これから創業・起業をしようと考えている方
・すでに創業・起業の準備を始めている方
・創業・起業してから間もない方
・新規事業の立ち上げを考えている方
・経営課題を抱える中小企業者等の方 等
相談員

 

 image_keieisoudan1.jpg

佐藤  直美 氏

中小企業診断士、ITコーディネータ、
ターンアラウンドマネージャー

【専門分野】
創業支援、経営革新支援、
企業再生支援
【支援内容】
創業支援、経営革新支援、企業再生支援、IT導入・活用支援、補助金申請支援 等



 image_keieisoudan2.jpg

奥瀬 円 氏

中小企業診断士、
特定社会保険労務士、MBA

【専門分野】
人事労務・事業計画書策定支援

【支援内容】

創業支援、各種補助金にかかる事業計画書策定支援、労働基準監督署是正勧告対応、BCP策定提案 等

 

 utsushikawa.jpg

移川 康輔 氏

中小企業診断士、税理士
行政書士

【専門分野】
全般
【支援内容】
経営計画、管理会計、法務(事業再生)、IT・情報システム(会計・人事)、事業承継・M&A(法務以外) 等



 miyaguchi.jpg

宮口 直也 氏

博士(工学)、中小企業診断士
技術士(経営工学)、ITコーディネーター

【専門分野】
製造業、建設業、情報通信業、
サービス業 等
【支援内容】
商品価値最大化戦略、デジタル直販戦略、投資採算最適化 等



申込方法

相談ご希望の方は、電話・FAX・メールのいずれかの方法にて、
【相談日の2日前までに】お申込みください。(予約状況によっては、
ご希望の日時に予約が取れない場合もございます。予めご了承ください。)

※案内チラシ・申込書(PDF)はこちらからダウンロードできます。

※申込書(WORD)はこちらからダウンロードできます。

(公社)いわき産学官ネットワーク協会事務局
〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-Mail:icsn@iwaki-sangakukan.com



  いわき産業創造館では、創業者支援室(インキュベートルーム)の入居者を募集致します。インキュベートルームとは、創業者や創業意欲者などの支援、育成を行うことを目的に、いわき市が開設した創業者支援施設です。

  いわき市による入居審査に合格した【入居認定創業者】として、いわき駅前の好立地なオフィスを廉価な料金でご利用頂けるほか、経営に関する専門家(インキュベーションマネージャー)による、スタートアップ支援、事業化実現に向けた経営支援やビジネスプランの策定支援、技術・財務・法律相談等が受けられます。  

 新型コロナ発生以降、ビジネスを取り巻く外部環境は大きく変化し、ポストコロナ時代におけるDXやデジタル化、ITをはじめとした新たなニーズを掴むビジネスチャンスが到来している今こそ、いわき市を拠点にこれから創業をお考えの方からのご応募をお待ちしております。

募集期間(申請書類受付期間)

令和3年10月18日(月)~令和3年11月30日(火)※必着

募集対象者

現在創業準備中(現在、創業を考えている方も含む)の方、創業後間もない方(創業5年以内)、もしくは新分野・新事業への進出、業態転換して間もない中小企業等で、本市に本社を置くことが可能な方(個人・法人は問いません)

【求める創業者像】
〇新たなビジネスモデルの実現・成長に向けた熱い意志とビジョンをお持ちの方
〇新たな産業・事業の発展による社会への貢献を志している方
〇いわき市にUターン・Iターン・Jターンし、今後のいわき市を盛り上げたいという高い意欲と熱意をお持ちの方 など

対象分野

(1) 医療・福祉関連分野 (2) 生活文化関連分野 (3) 情報通信関連分野 
(4) 新製造技術関連分野 (5) 流通・物流関連分野 (6) 環境関連分野
(7) ビジネス支援関連分野 (8) 海洋関連分野 (9) バイオテクノロジー関連分野
(10) 都市環境整備関連分野 (11) 航空・宇宙(民需)関連分野
(12) 新エネルギー・省エネルギー関連分野 (13) 人材関連分野
(14) 国際化関連分野 (15) 住宅関連分野 等

募集部屋数:5室

■メインインキュベートルーム:3室
シェアードオフィスタイプ(簡易パーテーション等で仕切られた部屋)
【M1】面積:約21.515㎡    月額使用料:27,110円/月
【M3】面積:約11.916㎡    月額使用料:15,020円/月
【M7】面積:約11.049㎡    月額使用料:13,930円/月

■ポストインキュベートルーム:2室
個室タイプ(天井まで壁で仕切られた部屋)
【P1】面積:約25.566㎡  月額使用料:32,220円/月
【P2】面積:約18.425㎡  月額使用料:23,220円/月

※電気使用料、電話・インターネット通信回線使用料等は別途自己負担となります。

※インキュベートルーム施設概要については、いわき産業創造館HP をご覧下さい。

入居期間

3年以内
(当該許可に係る創業者支援室の使用を開始した日から起算して6年を超えない範囲内において更新することができる。ただし、市長が相当の理由があると認めるときは、この限りでない。) 

入居条件

・他の入居者に迷惑を与える事業や社会規範から外れるような事業、施設の維持保全を害する事業等は行えません。
・不特定多数が利用するような業種等の事業は行えません。(製造販売や飲食業等)
・販売代理店及びフランチャイズ契約に基づく事業を中心に行う場合は対象となりません。
・入居スペースおよびオフィス内の改造は原則として認めません。

申込方法

創業者支援室(インキュベートルーム)に入居を希望される方は、募集要項をご確認のうえ、下記の提出書類一式をいわき産業創造館(指定管理者:公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会)まで持参または郵送にてお申込ください。(締切厳守となりますので、余裕を持ったご準備をお願いします。) 

※「事業計画書の書き方がわからない」等の場合は、事前に書き方等について相談を受け付けております。(要予約)

募集要項(PDF)
募集チラシ(PDF)

■提出書類

(1) 申請書類一式(WORD)
(いわき産業創造館創業者支援室使用許可申請書、申請者概要資料、事業計画書)
(2) 定款等及び登記事項証明書(これから起業する方、申請者が個人の方は住民票の写し)
(3) 直近2期の決算書及び確定申告書の写し(これから起業する方は不要)
(4) 代表者の経歴書
(5) 会社概要等が分かる資料及び役員名簿(これから起業する方、申請者が個人の方は不要)
(6) 直近2年分の納税証明書
  (市区町村が発行する申請者個人(法人の場合は代表者)の市区町村税納税証明書とする)

※提出された書類等は返却いたしません。予めご了承願います。

入居審査

入居者選定審査会を設け、一次審査(書類・面談審査)、二次審査(プレゼンテーション審査)の2段階の審査を行い、入居者を決定します。

■審査会体制:
 一次審査:事務局による基礎的な審査
 二次審査:商工団体、民間経営者、高等教育機関、金融機関、行政等

■審査方法:
 一次審査:面談形式(面談・質疑応答 約20分)での審査を実施
 二次審査:プレゼンテーション形式(プレゼンテーション15分、質疑応答10分)での審査を実施

■審査基準:
事業の明確性、商品等の市場性、成長の可能性、資金確保の具体性、創業意欲、積極性、実務経験、協調性等の基準を満たしているかどうか(全項目において10点満点中5点以上)を審査し、入居者を選定します。
ポストインキュベートルームに入居を希望される方におきましては、上記の基準に加え、雇用の創出として「事業の実施により3名程度の常時雇用が見込まれていること」が追加となります。
※尚、審査に関するお問い合せには一切お答えできませんので、予めご了承ください。

■審査時期:
 令和3年12月上旬:一次審査
 令和3年12月中旬:二次審査、入居者内定
 令和3年12月下旬:審査結果通知 ※審査結果については、文書で通知します。

■入居可能日:
 令和4年1月1日以降、順次入居していただく予定となります。 

応募・問合せ先

いわき産業創造館

【指定管理者】公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
(担当:横山)

〒970-8026 いわき市平字田町120番地 LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-mail:icsn@iwaki-sangakukan.com




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2021.10.17     
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃    
┃  『ふくしま産業応援ファンド事業(助成金)』のご案内

┃   主 催:公益財団法人福島県産業振興センター

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆公益財団法人福島県産業振興センターからのお知らせです◆◇◇

 (公財)福島県産業振興センターでは、福島県内の中小企業者のみなさまが実施
する新製品・新技術開発、開発に向けた調査・分析等の費用や販路開拓に要する費
用の一部を助成することで、本県産業の活性化、本県産業の自立的発展を図ること
を目的として、ふくしま産業応援ファンド事業を実施しております。

■募集期間
  令和3年10月18日(月)~令和3年11月19日(金)必着

■対象期間
 交付決定日(令和4年1月上旬予定)~令和4年9月30日まで

■助成対象者
 次のいずれかに該当する者
 (1)県内に事業所を有する中小企業者、NPO法人等
 (2)助成期間内に県内において創業する者
 (3)(1)、(2)で構成されるグループ
  ※みなし大企業は対象外となります

■対象経費および助成上限額
 ○事業可能性等調査事業
  旅費、調査・分析費、その他の事業費:100万円
 ○技術開発事業
  原材料費、機械装置・工具器具費(生産設備は対象外)、外注加工費(主たる
  研究課題は外注不可)、技術指導費、その他の事業費:500万円
 ○販路開拓事業
  展示会出展関連費用、広告宣伝費、印刷製本費、外部委託費、職員等旅費、
  その他の事業費:100万円
 
■助成率
 助成対象経費の1/2以内
 
■お申込み・お問い合わせ先
 公益財団法人福島県産業振興センター 技術支援部 技術総務課
 〒963-0215 郡山市待池台1-12(福島県ハイテクプラザ内)
 TEL:024-959-1929  FAX:024-959-1889
 E-mail:f-tech@f-open.or.jp

※1.お申し込みにあたっては、事前に「公募要領」をご確認ください。↓↓
<ふくしま産業応援ファンド事業公募要領>
https://fukushima-techno.com/r/R4-1.kouboyouryou2.pdf
<助成金の公募のお知らせ>
https://fukushima-techno.com/r/R4-1chirashi.pdf

※2.新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本公募についての説明会
は実施いたしません。

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.74
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:山幸電機株式会社

■キャッチフレーズ
プリント基板一枚から設計製作。早い!安い!高品質!

■会社の特徴
当社は、電子機器製造業で、主にプリント基板の設計から
電気試験機の設計製作をしております。
小ロット多品種を得意とし、実験・試作等、一台から製作いたします。
製品開発等の電気回路試作のお手伝いもさせて頂きます。
お気軽にご相談ください。
ISO9001・KES環境マネジメントシステム認証取得

■山幸電機株式会社の連絡先はこちらです↓
担当者:南日 賢次(なんにち けんじ)
電話番号:0246-56-0148
E-Mail:nannichi@sanko-dk.co.jp
URL http://www.sanko-dk.co.jp

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2021.10.15 
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃  福島イノベーション・コースト構想
┃ 「ふくしまみらいビジネス交流会in富岡」開催のご案内

┃  主 催:公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構
┃      公益社団法人福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇◆◆(公財)福島イノベーション・コースト構想推進機構、(公社)福島相双
復興推進機構からのお知らせです◆◆◇◇

 本交流会は、浜通り地域等において工場等を新増設された企業と、浜通り地域等
の地元企業とのビジネスマッチングを推進するためのイベントです。
 今回は発注のニーズを持つ企業(ニーズ企業)4社にご参加いただき、ニーズ企
業のプレゼンテーションや、ニーズ企業と参加企業との名刺交換・個別商談会を行
います。
 また、会場(富岡町学びの森)での交流会に加え、オンラインでの商談会も別途
開催する予定です。
 新たなビジネスチャンスを求める企業様等、是非ご参加ください。参加は無料です。

■開催概要
 1.現地交流会
  〇日 時:令和3年 11 月 30 日(火) 13:00 ~ 15:35 ( 12:30 受付開始)
  〇会 場:富岡町文化交流センター 学びの森
       (福島県双葉郡富岡町本岡王塚 622-1 )
  〇定 員: 100 名
  ○プログラム(予定)
   12:30  開場
   13:00  開会
   13:10  ニーズ企業プレゼンテーション
   13:30  名刺交換タイム(自由参加)
   13:50  個別商談会(要事前申込)
   15:35  閉会

 2.オンライン商談会
  ○日 時:令和3年 12 月7日(火)、8日(水)、9日(木)
       10:00 ~ 15:00 (予定)
  ○会 場:自社 PC 等でご参加いただけます。

 3.交流会プラットフォーム
  ○今回のビジネス交流会をより充実させるため、参加申込をいただいた企業様
   を対象にオンライン上で参加企業間の交流が図れるプラットフォームを整備
   いたしました。
  ○事前に参加企業情報の確認や自社 PR ができるほか、気になる企業とメッセー
   ジ・ Zoom での交流ができる機能等がございます。

■お申込み
 ○参加申込〆切: 11 月 12 日(金) 
  ※現地交流会・オンライン商談会どちらも同日〆切となります。
 ○お申込み方法:交流会オフィシャル web サイト「参加お申込みフォーム」 
  https://fukushima-biz.jp/

■お問い合わせ先
 ○ふくしまみらいビジネス交流会 事務局
 (受付時間 10:00 ~ 17:00 (土・日・祝日は除く))
 TEL : 024-983-9898  E-mail : office2@fukushima-biz.jp

詳細はこちらをご覧ください。↓↓ 
交流会オフィシャル web サイト( https://fukushima-biz.jp/ )

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.73
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:株式会社 品川通信計装サービス

■キャッチフレーズ
 メカ・電気/電子回路・ソフトウェア開発
 「設計から製造まで」

■事業内容:ODM製品の受託開発、医療系ソフトウェア開発

■主要製品
 医療現場で使用するプリンター、医療系ソフト
 産業用インクジェットプリンター
 産業用ロボットSier
 ロボットを組み込んだ省力化自動機等   

■特徴
 弊社は、計測・通信・制御・機械・ソフトの5つの分野の
  設計開発技術者を有し、レーザーカセットプリンタや
  スライドガラスプリンタ等の病院向けのプリンター。
  AIによる画像認識を応用した製品
  人と協働できるアーム型ロボットを組み込んだ自動機、
 試作から量産までのシステム開発をご提供いたします。

■連絡先
 担当者 営業部 関根 雄一
 所在地 いわき市小名浜島字高田町44-7
     郡山市八山田西3丁目214番地
     (郡山R&Dセンター)
 電話番号 0246-58-3334
 FAX  0246-58-3335
 E-Mail  info@sinagawa-tsushin.co.jp
  URL    http://www.sinagawa-tsushin.co.jp/  

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃           LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL : 0246-21-7570 FAX : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃(公社)いわき産学官ネットワーク協会News  2021.10.14        
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃  ジェトロ福島・デジタルスクール
┃ 「EC(電子商取引)を活用した海外展開について学ぶ」開催のご案内
┃ 
┃  主 催:日本貿易振興機構(ジェトロ) 福島貿易情報センター
┃  共 催:福島県、福島県貿易促進協議会
┃  後 援:福島県商工会議所連合会
┃  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆日本貿易振興機構(ジェトロ) 福島貿易情報センターからのお知らせです◆◇
 
 新型コロナウイルスの影響下において、各国共に小売店や飲食店等での販売が減
少傾向の中、インターネット上の通販サイト(ECサイト)を通じた商品の販売はさ
らに増加すると見込まれています。ジェトロ福島は、県産品の輸出拡大を目的に、
改めて注目されるEC(電子商取引)を活用した海外展開を学ぶ「デジタルスクール」
を開講します。
 本スクールでは、越境ECの最新動向、国際取引の留意点、海外ECの紹介、国・市
場別の取組方法、知的財産のリスクなど、越境ECの基本から実践まで幅広く解説し
ます。またオンラインだからこそ重要となる魅せる写真の撮り方に関するワーク
ショップを開催します。さらに、参加者への個別相談も実施し、輸出に繋がるよう
サポートします。
 
■デジタルスクール概要
 【第1回】
  海外向けECはどう始めればよいか ~最新動向と始めるためのノウハウ~(仮)
  日 時:令和3年11月2日(火) 13:00~14:45

 【第2回】
  海外向けECの実務のポイントとは ~国際取引ならではの留意点~(仮)
   日 時:令和3年11月10日(水) 13:00~15:00

 【第3回】
  海外のECモールへ出展するには ~これだけは必ず押さえておきたい要点~(仮)
  日 時:令和3年11月19日(金) 13:00~15:00

   <会 場>
 【第1回・第2回・第3回】:ウェビナー

 【第4回】
   お手持ちのカメラでも可能な伝わる商品写真の撮り方
   日 程:令和3年11月25日(木) 
  <会 場>アピオスペース2階研修室(会津若松市インター西90番地)
   日 程:令和3年11月26日(金)
   <会 場>ビックパレットふくしま3階研修室(郡山市南2丁目52番地)
   時 間:
  (1)10:00~10:50 (2)11:00~11:50 (3)13:30~14:20
  (4)14:30~15:20 (5)15:30~16:20

 【第5回】
  デジタルスクール参加者向け個別相談
   ※12月上旬で個別調整

■対 象:福島県内に本社や事業所がある法人、もしくは在住する個人のみ

■費 用:無 料

■申込期限:
 【第1回・第2回・第3回】:令和3年10月31日(日)
 【第4回】:令和3年11月19日(金)
 【第5回】:令和3年11月30日(火)

■お問い合わせ先:
 日本貿易振興機構(ジェトロ) 福島貿易情報センター  担当:大野、辻本
  Tel:024-947-9800 E-mail:fma@jetro.go.jp

※詳細および申込先はこちらからご確認いただけます。↓↓
 http://www.jetro.go.jp/events/fma/c437eef210dcd2df.html

┌───────────────────────────────────
|☆いわきの元気な企業紹介コーナー☆ Vol.72
└───────────────────────────────────
 このコーナーでは、いわきの元気ある会員企業をご紹介しております。
本日、紹介する企業はこちらです!

■企業名:有限会社テクノサンショウ

■キャッチフレーズ:「サンショウは小粒でもピリリと辛い」の精神で
技術に裏づけされた製品を提供いたします。

■会社の特徴:当社は、1990年の創立以来、OA機器、光通信の精密部品を生産。
近年は半導体装置 および、光学機器、医療機器などの分野にも製品を提供し、
また、精密機械加工のみではなく、協力工場との連携により、表面処理や
組立まで付加した形での製品を提供しています。

■有限会社テクノサンショウの連絡先はこちらです↓
担当者:山野邉 勝之
電話番号:0246-83-2625
E-Mail:k-yamanobe@t-sansho.com
URL http://www.t-sansho.com/

※当協会では会員企業紹介コーナーへの掲載企業を随時募集しております!
企業のキャッチフレーズ、アピール文を記入し、下記ICSN事務局までメール又は
FAXでお送りください。この機会に、あなたの企業を紹介してみませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃発行元 : 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会(ICSN)事務局
┃住 所 : 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地
┃       LATOV6階 いわき産業創造館内
┃TEL   : 0246-21-7570     FAX  : 0246-21-7571
┃E-mail : iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
┃URL   : http://www.iwaki-sangakukan.com
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※配信の登録、及び解除については、こちらからどうぞ↓
┃ http://www.iwaki-sangakukan.com/m_magazine/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.