お知らせ一覧

2018年8月 アーカイブ

項 目
概 要
開催
テーマ
 平成30年度 第3回 オフタイムサロン
 
「地域産業と中小企業の未来を考える」開催のご案内
概 要
 今回の講演では、地場産業や地域産業で活躍する"小さくても強い会社"に注目し、全国の製造業の現場を自らの足で調査し続けている経営学者の関満博氏をお招きします。『東日本大震災と地域産業復興』シリーズ公刊をはじめ、これまでのフィールドワークによる具体的な事例から地域産業の現状をご報告頂きます。また震災から7年が経過し、改めて「地域の暮らしと産業・中小企業」の意味を問い返していく中で、まさに今、中小企業が抱える人口減少・少子高齢化による事業承継等の課題についての考察と、地域経済発展のためのこれからについてお話し頂きます。

講師紹介

0921profile.JPG
一橋大学 名誉教授
関 満博(せき みつひろ)
開催日時
 平成30年 月 21 (金)
 
 【講演会】18:30~19:30 【交流会】19:30~20:30
 ※18:00より受付を開始いたします。
会 場
  いわき産業創造館  会議室1 (LATOV6階)
主 催
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
共 催
 いわき市
後 援
 いわき商工会議所 福島県中小企業家同友会いわき地区
参加費
 聴 講 無 料
申込方法

 FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・「住所」・「連絡先」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。

 ○案内チラシ&申込書 (icon_pdf.gifPDF/両面/カラー)

 ○案内チラシ&申込書 (icon_doc.gifWORD/片面/カラー)

 ■申込先

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp



いわき知財塾 知的財産管理技能検定3級講座 受講生募集のご案内

項 目
概 要
概 要

  当協会では、知的財産に関わるフィールドで幅広く活躍できる専門人材を福島発で養成することを目的とした「いわき知財塾」を実施致します。

 尚、本講座は平成30年11月18(日)に開催予定の「知的財産管理技能検定3級試験」に向けての対策講座となります。
 また、知財についての基本的知識を習得する目的に最適で、検定試験を目的としない方でも受講可能です。この機会に是非ご参加ください。



  『 知的財産管理技能士 』 の魅力

 ◆知的財産管理技能士は国家資格であり、キャリアパスとして最適。
 ◆知的財産管理技能検定3級は、基礎を学習する上で最適。

 ※検定についてはこちらをご参照ください→ http://www.kentei-info-ip-edu.org

 ◎ 日本の流れ

 2002年の「知的財産立国宣言」以来、我が国の知的財産制度改革とその環境整備が大きく推進されている。
 ◎ 知財の重要性
 人間のアイディアから生まれる「知的財産」は、物資資源の少ない日本にとって重要。
 ◎ 知財学習の必要性
 知的財産は企業や団体が権利を取得した場合、重要な経営資源となる。一方で、他人の権利を侵害した場合、裁判を起こされ、会社の信用を失う恐れもある。これらのトラブルを未然に防止するため、「知財管理」を行う人が様々な企業・団体で求められている。

開催
日時

 平成 30 10月 日 (木)・1018日 (
 平成 301025日()・11日(
 18:00~20:30 【全8回/4日間】 
講 師



  sakai2.jpg

佐藤 辰彦 氏

創成国際特許事務所
代表/弁理士

酒井 俊之 氏

創成国際特許事務所
弁理士

m.png suzuki.bmpのサムネール画像

破魔 沙織 氏

創成国際特許事務所
弁理士


鈴木 俊二 氏

創成国際特許事務所
弁理士


講義
内容

単なる勉強ではなく、社会で役に立つ実務能力を備えた知財人の育成を目的とします。

そのため、ケーススタディを中心とした実践的な講義内容を提供します。

2018年11月の検定での100%合格を目指します !!



 ◆ケーススタディ ケースメソッドを通じ、知的財産の知識を整理します。
 ◆講 義 ケースメソッドに関連した知的財産の基礎的知識を習得します。
 ◆演 習 受講した内容の理解度を確認するためミニテストを行います。
 ◆情報交換会 適宜、情報交換できる機会を提供したいと考えております。



第1回
10/4
(木)
【1】知的財産の全体構造
なぜ知財が必要か?知財とは。
イメージ画像
第2回
【2】特許法
(特許法の目的・保護対象・権利化)
いわきで発明が完成した。
では、まず何をすべき?
第3回
10/18
(木)
【3】特許法(権利行使・存続期間等)
いきなり特許権侵害の警告を受けた。
検討すべきことは?
第4回
【4】意匠法(デザインの保護)
新たな桐ダンスをデザインした。
どんな法律で保護できる?
第5回
10/25
(木)
【5】商標法(ブランドの保護)
いわきで評判の商品を全国で売りたい。
新たにいわき発のブランド商品を作りたい。
商標法と地域活性化の関係とは?
第6回
【6】著作権法(特許法との相違点)
いわきPRのためのキャラクター作成依頼。
著作権契約の必要性は?
第7回
11/1
(木)
【7】その他の法律(不正競争防止法)
福島名産の桃が産地偽装された!?
その対応策は?
第8回
【8】模擬試験

 

会 場
  いわき産業創造館 セミナー室 (LATOV6階)
受講料
 協会会員・学生/無料  非会員/10,000円(テキスト代込み)
 ※「会員」については、当協会の企業会員の所属員及び個人会員を対象としています。
主 催
 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
共 催
 特許業務法人創成国際特許事務所 福島事務所 いわき市
後 援
 いわき商工会議所
定 員
 15
申込
方法

 所定の参加申込書に、必要事項(氏名・住所・連絡先)をご記入の上、「FAX」または「Eメール」により、お申込みください。 

 ※申込書、案内チラシはこちらからダウンロードできます↓

 案内チラシ&申込書 (icon_pdf.gifPDF/両面/カラー)

 ○申込書 (icon_doc.gifWORD/片面/カラー)

 ■申込先

 公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
 〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
 LATOV6階 いわき産業創造館内
 TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp




公益社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 いわき市平字田町 120番地 LATOV6F いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570  FAX:0246-21-7571 E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp
Copyright (C) ICSN All rights reserved.